新卒で仕事を辞めたい場合の対策方法を解説!リスクも理解しよう

既卒・第二新卒

「新卒で入社した会社がブラック企業だったから早く辞めたい…」
「でも早く辞めてしまったら転職活動が難しくなってしまうのではないかな…」

このような疑問や不安を抱えている方はとても多いです。

新卒1年目の仕事は、覚えることが多く残業が多くなってしまうこともあります。

毎日、よくわからないことをひたすらやらなければいけないため、仕事にやりがいを感じない方も多いですよね。

また、下っ端ということで、いろいろな雑務をやらされることもあります。

このような理由から、新卒で会社を辞めたいと思ってしまう方が多いです。

そこで今回の記事では、新卒で会社をやめる前に知っておくべきことや辞めることのリスクについて解説します。

これから会社を辞めたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 新卒が会社を辞めたいと思ってしまう理由
    1. 仕事が合っていない
    2. 人間関係が合っていない
    3. 残業が多い
    4. 給料が仕事に合っていない
    5. 将来性を感じられない
  2. 新卒で会社を辞めたいと思っている方の意見を紹介
    1. 配属先がランダムだった
    2. 人間関係が最悪
    3. 会社で決められている意味のないルールに懲り懲り
    4. 残業が多すぎる
    5. 会社のイベントに強制参加させられる
    6. 給料が低すぎる
  3. 新卒が会社を辞めるリスク
    1. 転職活動で「またすぐ辞めてしまうのでは」と思われる
    2. 新卒でも中途でもない半端な立場になる
    3. 同年代と差がついてしまう
  4. 新卒が会社を辞めてもいい判断基準を解説
    1. 労働環境が劣悪
    2. 心身ともに疲弊してしまっている
    3. やりたいことが見つかった
    4. 不満が改善されそうにない
  5. 新卒が会社をやめるメリットについて解説
    1. 時間を無駄にしない
    2. 未経験の業界にチャレンジしやすい
    3. 第2新卒の需要が高まっているから転職しやすい
  6. 第二新卒として転職を成功させる方法
    1. 転職する目的をはっきりさせる
    2. 次はすぐに辞めないという根拠を用意する
      1. 仕事に対するモチベーションをアピールする
      2. 新卒で辞めた理由を説明する
    3. 会社を辞める前に転職の用意をする
    4. 転職サイト・エージェントを利用する
  7. 会社を辞めたいと思っている新卒におすすめの転職サイト・エージェント
    1. リクルートエージェント
    2. マイナビエージェント
    3. doda
  8. 【まとめ】会社を辞めたいと思っている新卒はリスクを理解しよう

新卒が会社を辞めたいと思ってしまう理由

そもそも、新卒で会社を辞めたいと思っている方の理由はどのような理由なのか気になりますよね。

新卒で仕事を辞めたいと思う方のほとんどが仕事内容についての不満です。

それ以外にもいろいろな理由があるので、それぞれ解説します。

新卒が会社を辞めたいと思ってしまう主な理由は以下のとおりです。

  • 仕事が合っていない
  • 人間関係が合っていない
  • 残業が多い
  • 給料が仕事に合っていない
  • 将来性を感じられない

これらの理由についてそれぞれ解説します。

第二新卒がやばいといわれるワケとは?転職市場で成功するコツ

仕事が合っていない

就職活動が思うように進まずに、妥協して選んでしまった企業の場合によくあるのが、仕事が合っていないということです。

就職浪人にならないためにも、どこでもいいから就職がしたいと考えている学生は多いですよね。

そのようにして、会社を選んでしまった結果、仕事が合っていないことがわかることがあります。

そもそも、学生時代にはやりたいことすら決まっていなかった方も多いでしょう。

やりたいことを元に、仕事を決めることがおすすめですが、就職難の時代なのでそうも言っていられません。

それ以外にも、会社の知名度や有名さで選んだ場合、仕事が合っていなくて新卒で辞めたいと思う方がいますね。

人間関係が合っていない

会社では、同じメンバーと毎日のように会わなければなりません。

学生時代であれば、クラスの好きなメンバーだけでコミュニケーションを取ればよかったですよね。

そのため、苦手なタイプの人とはコミュニケーションを取らずに済みました。

しかし、会社では誰とでもコミュニケーションを取らなければいけないのです。

つまり、相性が合わなかったとしても、関わる必要があるので、精神的にストレスを感じてしまいます。

その結果として、新卒で会社を辞めたいと思ってしまいます。

特に、上司や同僚とうまくコミュニケーションを取れない場合に辞めたいと思うことが多いです。

残業が多い

労働時間に関しても、辞めたいとおもう理由に繋がりますね。

そもそも、労働基準法が定めている法的労働時間は、週40時間です。

アルバイトをしていなかった方からすると、この時間数ですら長いと感じてしまいますよね。

それなのに、法定時間に加えて残業をしなければいけません。

特に新卒1年目となると、覚えることがたくさんあるため、人よりも多く働かなければいけないことがあります。

そうなると、家に帰って寝るだけの生活になってしまう可能性もあります。

結果として、ストレスを感じてしまい、会社を辞めたいと思ってしまいますね。

労働時間が長すぎることも、新卒で会社を辞めたいと思う理由の1つです。

給料が仕事に合っていない

仕事の大変さと、給料が見合っていないと感じてしまうときに、会社を辞めたいと思う方もいます。

給料が20万円だとしても、実際に手取りは16万円になってしまうと、仕事量に見合っていないと感じてしまいますよね。

仮に、これが理由で転職をしたとしても、他の会社でも税金の天引きがされてしまうので、変わりません。

とはいっても、元の給料が低いと辞めてしまいたいと思う理由になりますね。

将来性を感じられない

会社に入社をすると、その会社でどのような成長ができるのか、ある程度わかるようになります。

新卒で半年も働けば、ある程度の将来像が見えてきますよね。

そこで、今の会社に務めて10年後、20年後を想像してしまうことがあります。

想像してみて、この会社にいても成長できないのではないかと感じてしまうと、辞めてしまいたいと感じてしまいます。

特に、先輩の社員が活き活きとしていなかったり、愚痴を多く漏らしたりしているような会社だと不安を感じますよね。

また、年功序列の会社だと、すぐに活躍できないため、新卒で働いている意味を見いだせなくなってしまいます。

このように、将来的なことを考えて、新卒で会社をやめたいと感じてしまう方もいますね。

新卒で会社を辞めたいと思っている方の意見を紹介

続いては、実際に新卒で会社を辞めたいと思っている方や新卒で会社を辞めた方の意見を紹介します。

これから新卒で会社を辞めたいと思っている方にとっては参考になるので、ぜひ読んでみてくださいね。

ここで紹介する、新卒で会社を辞めたいと思っている方の意見は以下のとおりです。

  • 配属先がランダムだった
  • 人間関係が最悪
  • 会社で決められている意味のないルールに懲り懲り
  • 残業が多すぎる
  • 会社のイベントに強制参加させられる
  • 給料が低すぎる

これらの理由についてそれぞれ解説します。

配属先がランダムだった

同期は職場に社員さんがいるし、パートさんもいい人ばっからしく羨ましい。私なんて社員自分1人だし、クソババアばっかで嫌になる。配属先ガチャ失敗しすぎ
@htrktkni_21

配属先がランダムだった結果、行きたくもない場所に配属されてしまうこともあります。

それ以外にも、配属先の人間関係に耐えきれない場合もありますね。

やっぱ配属先ガチャえぐいんやなぁ(店長にいびられ続けて1年で結婚退職…社長催事の際転勤勧められたが通勤1時間かかるのは厳しいっす…って辞めた)
@sichan_sichan_

配属ガチャという言葉が生まれるくらい、配属先が重要ということがわかりますね。

配属先に恵まれないと、新卒でも仕事を辞めてしまう方が多いです。

人間関係が最悪

【20代男性】
上司の言っていることが本当にわからなくて毎回ギスギスしてしまっていました。
何を言っても否定されて毎回イライラしてましたね。
それがだんだん嫌になってしまって、会社に行くのが嫌になってしまったのでやめました。

職場での人間関係が重要ということは先程も伝えましたね。

人の嫌味を聞いていると、どうしてもうまいコミュニケーションを取れなくなってしまいます。

上司に詰められてしまったり、裏で悪口を言われているのを聞いてしまったりすると、だんだん辞めたくなってしまいますよね。

職場での人間関係によっても仕事をやめたいと思ってしまうことがわかります。

会社で決められている意味のないルールに懲り懲り

【20代女性】
わけのわからないルールが多すぎてやめました。
新卒だからって全員のコップを洗わされてましたね。
将来性も全く感じなかったので無駄な時間でした。

会社独自のルールにうんざりしている方もいます。

もちろん、社会人としてのルールやマナーであれば誰しもが遵守するべきです。

しかし、会社内の暗黙の了解や意味のないルールに縛られてしまうと、仕事をやりにくくなってしまいますよね。

特に、新卒で入社してきたばかりの方にとっては、疑問や不満をいだいてしまいます。

その結果として、志戸子を辞めてしまいたいと思ってしまう方が出てきてしまいますね。

残業が多すぎる

【30代女性】
新卒で入った企業がブラック企業でした。
毎日23時帰りはあたりまえ、同期のほとんどが残っていました。
その結果同期とは仲が良くなったのですが体調が持たないと思ったので辞めました。

新卒1年目となると、覚えることがたくさんあり、残業をしなければならないことが多いです。

また、スキルや技術も身につけられていないので、仕事の効率が悪いですよね。

そうなると、仕事に行って帰って寝るだけの生活になってしまいます。

そのような生活を続けていると、いつか倒れてしまいますよね。

倒れる前に辞めようと思う方もいますが、実際に倒れてしまってから辞めることを決意する方もいます。

逆に仕事に慣れてしまえば、残業をしなくても済むようになります。

それまでに時間がかかってしまうので、それまでに辞めてしまう方も多いですね。

会社のイベントに強制参加させられる

【20代女性】
社長の意向で、マラソン大会に出させられました。
土日返上でマラソンをしていたので、意味を見出せませんし、休みがほしかったです。
その時点でこの会社変だなと思ったので、辞めることを決意しました。

会社のイベントに強制的に参加させられてしまうこともありますよね。

研修やレクリエーションなどいろいろなイベントがあります。

仕事の時間内であれば、そこまで苦に感じることはありませんが、休日や仕事終わりに参加させられるとなると最悪ですよね。

特に新入社員の場合、忘年会や新年会などいろいろなイベントに強制参加ということが多いです。

このようなイベントへの強制参加が嫌で、仕事を辞めてしまう方もいます。

給料が低すぎる

【20代男性】
寮を借りていて、その分の費用は引かれていたのですが、それでも給料が低すぎてやめました。
手取りで8万円ってどこでそんなに引かれているのか全くわかりませんでしたね。
これだけしかもらえないなら辞めたほうがマシだと思ってやめましたね。

給料が低いと、仕事へのモチベーションも下がってしまいますよね。

「これだけ頑張っているのに、たったのこれだけしかもらえないの…?」というふうに感じるようになってしまいます。

そうなると、仕事へのやりがいも見失ってしまうので、仕事を辞めたいと思ってしまいます。

新卒が会社を辞めるリスク

東京への転職を後悔している

続いては、新卒が会社を辞めるリスクについて解説します。

転職をするのであれば、3年間働いてからにしたほうがいい」という言葉を聞いたことがある方も多いはずです。

しかし、なぜ「転職をするのであれば、3年間働いてからにしたほうがいい」と言われているのか、深く知っている方は少ないでしょう。

その理由について解説します。

新卒が会社を辞めるリスクは以下のとおりです。

  • 転職活動で「またすぐ辞めてしまうのでは」と思われる
  • 新卒でも中途でもない半端な立場になる
  • 同年代と差がついてしまう

これらのリスクについてそれぞれ解説します。

第二新卒の転職は失敗しがち?成功に導くための挽回方法とは

転職活動で「またすぐ辞めてしまうのでは」と思われる

次に転職活動をした際にも、「またすぐ辞めてしまうのでは」と思われてしまう可能性があります。

特に、入社1年未満で辞めてしまうと、このように思われてしまいますね。

会社側からすると、採用にも多額の費用を投資しています。

採用担当の労力や広告のための費用など様々です。

費用を掛けて採用をおこなっているので、すぐに辞められてしまうととても大きな損失につながってしまいます。

採用担当者が、それを避けたいと思うのは、普通ですよね。

そのように考えると、「またすぐ辞めてしまうのでは」と思われて、転職活動で不利になってしまうことがわかります。

転職で不利になってしまう可能性があることを理解しておきましょう。

第二新卒の転職は厳しい?スムーズに内定を得るためのコツ

新卒でも中途でもない半端な立場になる

新卒として就職して1年未満で辞めてしまうと「新卒ブランド」はなくなってしまいますよね。

しかし、だからといって「中途」という扱いになるのかというとどうでもありません。

というのも、中途採用というのは、その業界で数年間経験して、転職後に即戦力として使えることを求められています。

しかし、新卒として1年未満で辞めてしまっているとなると、即戦力として働くことはできませんよね。

そのため、新卒でも中途でもない「第2新卒」という立場になってしまいます。

近年では、第2新卒を受け入れる企業が増えていますが、それでも新卒者や中途と比べてしまうと、転職活動が不利になってしまうことを覚えておきましょう。

同年代と差がついてしまう

同タイミングで就職した同年代と差がついてしまいます。

就職をするとなると、4月入社の方が多いですよね。

一緒に新卒として働き始めて、成長をしている最中にリタイアしてしまうとなると、そこで成長が止まってしまいます。

周りは成長を続けているため、同年代と差がついてしまうことがわかります。

もちろん、頑張り次第で、巻き返すことはできるのですが、20代となると置いていかれていることに焦りを感じてしまいます。

それで将来的な不安を抱えてしまうことにもつながるので、リスクと言えるでしょう。

新卒が会社を辞めてもいい判断基準を解説

オフィスで悩む男性

ここからは、新卒が会社を辞めてもいい判断基準を解説します。

新卒で会社を辞めるリスクを知った上で、なお会社を辞めたいと思っている方も多いですよね。

そこで、新卒が会社を辞めてもいい判断基準について解説します。

以下の項目に当てはまっているのであれば、新卒でも会社を辞める基準を満たしていると考えられます。

  • 労働環境が劣悪
  • 心身ともに疲弊してしまっている
  • やりたいことが見つかった
  • 不満が改善されそうにない

これらの判断基準についてそれぞれ解説します。

労働環境が劣悪

新卒だから仕事が辛いということも考えられますが、そもそも労働環境が悪いという可能性もあります。

いわゆるブラック企業に分類されるような企業の場合には気をつけましょう。

労働環境が劣悪という判断基準としては、以下のとおりです。

  • 労働時間が長い・残業時間が多い
  • 有給を取らせてもらえない
  • 休日出勤が多い・休日が取れない
  • パワハラやセクハラが多い

上記に当てはまる部分があるのであれば、ブラック企業と考えてOKです。

ブラック企業の場合、そのやり方が改善される見込みがないので、どう頑張っても良くなることはありません。

そのため、早めに転職したほうが将来的にもいいと考えて、転職をすることがおすすめです。

心身ともに疲弊してしまっている

辞めたいとずっと思っていると、心身ともに疲弊しきってしまいますよね。

仕事に行こうとするだけで吐き気が起きてしまったり、お腹が急に痛くなってしまったりと、いろいろな不調が訪れます。

そして、休みの日にも何もしたくないというふうに感じてしまい、寝るだけの休日になってしまいます。

このような生活を続けていると、うつ病になってしまう可能性があるので、一刻もはやく会社を辞めるべきでしょう。

うつ病になってしまうと、治療が大変なので、できるのであればうつ病になる前に仕事を辞めたほうがいいです。

やりたいことが見つかった

新卒として入社する前には、なんとなく就職したものの、就職してから本当にやりたいことが見つかった方もいますよね。

実際にやりいたいことが見つかってしまうと、その職場でやっていることに意味を見いだせなくなってしまいます。

その結果として、仕事がうまく行かないこともありますね。

また、単純にやりたいことが見つかっているのであれば、仕事を辞めて人生の目標や目的のタメに転職をしてみることもおすすめです。

ただし、先程お伝えして、新卒が会社を辞めるリスクについてしっかりと理解した上で転職を検討しましょう。

1年目で辞めることにはリスクがあるので、もう少し経験を積んでから辞めたほうがいいという判断をする方もいます。

しっかりと検討した上で転職をするか決めてくださいね。

不満が改善されそうにない

労働環境や人間関係に不満がある場合、それらが改善される見込みがあるのであれば仕事を辞めるべきではないでしょう。

しかし、不満が改善される見込みがないのであれば、転職を決意しても問題ありません。

不満を抱えているとなると、仕事をしていてもつらいだけですよね。

うつ病になってしまうリスクもあるので、なるべく早めに見切りをつけましょう。

新卒が会社をやめるメリットについて解説

続いては、新卒が会社を辞めるメリットについて解説します。

新卒が会社をやめることにはリスクがあります。

ただ、リスクだけではなく、メリットもあるのです。

ここでは、新卒が会社を辞めるメリットについて解説します。

新卒が会社を辞めるメリットは以下のとおりです。

  • 時間を無駄にしない
  • 未経験の業界にチャレンジしやすい
  • 第2新卒の需要が高まっているから転職しやすい

これらについてそれぞれ解説します。

時間を無駄にしない

時間を無駄にしないで済みますよね。

20代という貴重な時間を、成長できない職場で潰してしまうのはもったいないです。

やりたくもない仕事を続けていても、なんにもなりません。

そのため、早い段階で会社を辞めることによって、時間を無駄にしないで済みます。

年齢を重ねれば重ねるほど、仕事をする気力も体力も失われていきます。

そうなってから転職をするのは、とても難しいです。

時間を無駄にせず転職できる点が、メリットですね。

未経験の業界にチャレンジしやすい

新卒であれば、ほとんどどの業界でも未経験で入社することができましたよね。

そこまで自由度が高いわけではありませんが、第2新卒もいろいろな業界にチャレンジしやすいです。

若ければ若いほど仕事の飲み込みが早いと考えられているため、年齢が若いことはメリットです。

若いというメリットを使って、未経験の業界にチャレンジできるのが、新卒で会社を辞めるメリットといえるでしょう。

第2新卒の需要が高まっているから転職しやすい

現在、第2新卒の市場価値が高まっています。

なぜなら、新卒よりも教育費を掛けずに済むからですね。

短期間で即戦力化することができるので、価値が高いと思われています。

そのため、新卒で会社を辞めたとしてもそこまで悲観する必要はありません。

リスクはあるにしても、比較的転職しやすいということも覚えておきましょう。

第二新卒として転職を成功させる方法

面接①

続いては、第二新卒として転職を成功させる方法について解説します。

これからどうしても新卒で会社を辞めるとしたら、転職をしなければいけません。

しかし、新卒の方は転職をしたことがないので、どのようにしていいのかわからないことが多いです。

ここで紹介する、第二新卒として転職を成功させる方法を参考に、うまく転職をしましょう!

第二新卒として転職を成功させる方法は以下のとおりです。

  • 転職する目的をはっきりさせる
  • 次はすぐに辞めないという根拠を用意する
  • 仕事に対するモチベーションをアピールする
  • 新卒で辞めた理由を説明する
  • 会社を辞める前に転職の用意をする
  • 転職サイト・エージェントを利用する

これらの方法についてそれぞれ解説します。

転職する目的をはっきりさせる

まずは、転職をする目的をはっきりとさせることが大切です。

なんとなく「転職したいなぁ」と思っているだけでは、同じことを繰り返してしまう可能性が高いです。

なぜ転職をしなければならないのか、なぜ転職をするのかについてしっかりと考えておきましょう。

具体的に、以下のポイントについては考えておくことがおすすめです。

  • 会社を辞める理由
  • 会社に不満を感じていた部分
  • 自分自身の将来像

これらについて考えておくことで、しっかりとした転職をすることができます。

新卒で会社を辞めて、転職はできたとしてもまたミスマッチをしてしまう可能性があります。

そうなって、また転職をしてしまうと、今度こそ転職活動がしづらくなってしまいます。

そうならないためにも、二度と就職に失敗しないという意思を持って転職活動を進めましょう。

次はすぐに辞めないという根拠を用意する

新卒で会社を辞めてしまった理由をしっかりと考えておく必要があります。

転職活動をするとなれば、必ず「なんでこんなに早く会社を辞めたの?」という質問が来るでしょう。

そこで、会社を辞めた理由をしっかりと解説することが大切です。

その上ですぐに辞めないという根拠を示しましょう。

すぐに辞めない根拠がしっかりとしていれば、説得力もあるので不利にはなりません。

具体的には、以下の2通りのことを説明しましょう。

  • 仕事に対するモチベーションをアピールする
  • 新卒で辞めた理由を説明する

これらについてそれぞれ解説します。

仕事に対するモチベーションをアピールする

やりたい仕事が見つかった場合には、その仕事に対するモチベーションをアピールすることが大切です。

ただ単純に「やる気があります!!!」というふうに伝えても「前の会社を辞めているのに?」と思われてしまいます。

そのため、根拠を用意しておきましょう。

具体的には、次の仕事で必要とされている資格を持っておくことがおすすめです。

資格を持っていれば、どれだけ本気で転職したいのか伝わりますよね。

今の会社を辞めるまで転職活動をしつつ、資格の勉強をするとなるととてつもない負担が掛かってしまいます。

それでも、やりたいことが決まっているのであれば頑張って転職を成功させるために頑張りましょう。

新卒で辞めた理由を説明する

そもそも、新卒でなぜ会社をやめたのかについての説明をしなければなりません。

新卒で会社を辞めた理由がはっきりとしているのであれば、しっかりと受け入れてもらえる可能性があります。

ただし、前の会社のことをボロクソに言うことは辞めておきましょう。

印象が悪くなってしまうので、退職理由をこまかく説明する程度にしておくことがおすすめです。

また、その退職理由と志望動機が関連しているのであれば、更に前向きに捉えてもらえます。

しかし、「残業が多かったから」や「人間関係が嫌だったから」といった理由だとなめていると思われてしまいます。

しっかりとした理由を見つけてから仕事を辞めるようにしましょう。

転職と退職の理由はセットで考える!第二新卒者が押さえるべき注意点

会社を辞める前に転職の用意をする

新卒で会社を辞めたいと思っている方の中には、今すぐにでも辞めたいと思っている方もいますよね。

しかし、今の会社を辞める前に転職を始める必要があります。

先程も言いましたが、資格の取得や辞める理由の整理など、できることはたくさんあります。

これらについて、会社を辞める前に考えておきましょう。

そうすることで、余裕を持って転職できるようになります。

しっかりと、転職する準備を進めてから会社を辞めてくださいね。

第二新卒者必見!転職に最適な時期はいつ?

転職サイト・エージェントを利用する

最後におすすめすることは、転職サイト・転職エージェントを利用することです。

転職サイトや転職エージェントを利用することで、比較的楽に転職を進めることができます。

新卒で会社に入社しているのであれば、転職の経験はありませんよね。

そうなると、右も左も分からない状況になってしまいます。

ただでさえ、会社を辞めてすぐに転職をしようとしているので、転職サイトや転職エージェントを利用して、効率よく転職活動を進めることがおすすめです!

第二新卒の転職で役立つ転職サイト・エージェントランキング

会社を辞めたいと思っている新卒におすすめの転職サイト・エージェント

最後に、会社を辞めたいと思っている新卒におすすめの転職サイト・エージェントを紹介します。

転職サイト・エージェントを利用することで、効率よく転職活動を進めることができます。

特に、転職経験がないのであればエージェントに相談しながら転職を進めることがおすすめです。

ここでおすすめする転職サイト・エージェントは以下のとおりです。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • doda

これらの転職サイト・エージェントについてそれぞれ解説します。

転職サイト比較ランキング!本当に優秀な転職サイトはどれなのか?

リクルートエージェント

リクルートエージェント

  • 求人数:20万件
  • 対象エリア:全国

POINT

  • 業界最大手のため安心感がある
  • 多くの職種・業界の求人を取り扱う
  • スキルがない人にも親身なサポートを実施

リクルートエージェントは、大手人材会社のリクルートが運営しているサービスです。

リクルートエージェントには、圧倒的な求人数があります。

非公開求人数も多いため、いろいろな求人を見ることができます。

またキャリアアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれるので、第2新卒の方であっても安心して転職活動ができますよ!

ぜひリクルートエージェントを利用してみてくださいね。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!

マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    • 求人数:約3万件
    • 対象エリア:全国

    POINT

    • キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれる
    • 非公開求人が多い
    • サービスが充実している
    • 20代など若者の転職に強い

    マイナビエージェントは、大手人材会社のマイナビが運営しているサービスです。

    また、平成27年には厚生労働省が定めた条件をクリアし、職業紹介優良事業者に認定されているため、信頼して利用することができますね!

    マイナビエージェントでも、キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれます。

    特に、20代前半の転職活動に強いサービスなので、第2新卒の方におすすめです。

    マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?

    doda

    doda

    • 求人数:10万件
    • 対象エリア:全国

    POINT

    • 求人数が国内で最大クラス
    • 懇切丁寧なサポートを展開
    • 模擬面接のレベルが高い

    dodaには、エンジニア・技術職・営業職の求人が多く掲載されています。

    そのため、上記の職に就きたいと考えている方は、dodaを利用することがおすすめです。

    また、転職フェアというものを開催しており、いろいろな企業の話を一気に聞くことができます。

    年収査定やレジュメビルダーのようなコンテンツも提供しているので、求人探しのサポートも充実していますね!

    dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

    【まとめ】会社を辞めたいと思っている新卒はリスクを理解しよう

    この記事では、新卒が会社を辞めるリスクや辞める際の基準について解説しました。

    もう一度、新卒が会社を辞めるリスクについて解説します。

    • 転職活動で「またすぐ辞めてしまうのでは」と思われる
    • 新卒でも中途でもない半端な立場になる
    • 同年代と差がついてしまう

    このようなリスクがあります。

    また、新卒が会社をやめる際の基準は以下のとおりです。

    • 労働環境が劣悪
    • 心身ともに疲弊してしまっている
    • やりたいことが見つかった
    • 不満が改善されそうにない

    これらに当てはまっているのであれば、上記のリスクを理解した上で会社を辞めることがおすすめです。

    新卒1年目で仕事を辞めるとなると、リスクはありますが、一度きりの人生なのでできるだけいい生活がしないと考える方が多いです。

    転職をして新しい生活を手に入れるためにも会社を辞めてみましょう。

    また、第2新卒が転職を成功させるためには、いろいろなことを想定していなければなりません。

    以下の記事で具体的に解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    第二新卒者の転職を成功に導くコツ

    コメント