転職サイト比較ランキング!本当に優秀な転職サイトはどれなのか?

転職サイト比較

「転職したい!」と一念発起して、いざ転職サイトを使って転職活動を考えたあなた。

しかし、転職サイトの数は多いです。

どの転職サイトに登録すればいいの?なんて疑問で頭を悩ませる人も多いはず。

確かに、転職サイト・転職エージェントまで含めるとその数は膨大。

どのサイトをメインで使って転職活動するか、そこを考えるために今回は、利用者の口コミ・その他様々なスペックから総合的に「おすすめランキング」を紹介します。

少しでも優秀な、自分にあった転職サイトを使って、自身の転職活動を円滑にしましょう。

  1. 転職サイトと転職エージェントの違い
    1. 転職サイトとは?
    2. 転職エージェントとは
  2. 自分にあった転職サイト・エージェントの選び方
    1. 自分にあった求人が掲載されているか?
    2. 転職サイトのサービスは使いやすいか?
    3. キャリアコンサルタントの口コミは上々か?
    4. あなたの未来にとってプラスな存在となりそうか?
    5. 転職活動をどのように進めたいか
      1. 転職活動のタイムリミットは?
      2. 転職活動のテンション
  3. 転職サイト一覧比較表
    1. 誰にでもおすすめ転職エージェント
    2. 30代におすすめの転職エージェント
    3. キャリアアップにおすすめ転職エージェント
    4. IT業界での転職を考えている方におすすめの転職サイト・転職エージェント
    5. 看護師におすすめの転職サイト・転職エージェント
    6. 薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェント
    7. 保育士の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント
    8. 介護士の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント
  4. おすすめ転職エージェントランキング
    1. 1位 リクルートエージェント
    2. 2位 dodaエージェント
    3. 3位 ビズリーチ
    4. 4位 マイナビエージェント
    5. 5位 JACリクルートメント
  5. おすすめ転職サイト比較ランキング
    1. 1位 リクナビNEXT
    2. 2位 doda
    3. 3位 マイナビ転職
    4. 4位 エン転職
    5. 5位 @type
  6. 30代におすすめ転職サイトランキング
    1. JACリクルートメント
    2. ビズリーチ
    3. doda
  7. 若者におすすめ転職サイトランキング
    1. 1位 マイナビジョブ20’s
    2. 2位 ハタラクティブ
    3. 3位 工場ワークス
  8. IT業界の転職におすすめな転職サイトランキング
    1. 1位 レバテックリキャリア
    2. 2位 ワークポート
    3. 3位 マイナビエージェント×IT
    4. 4位IT・Web転職サイト Green
  9. 看護師におすすめの転職サイトランキング
    1. 1位 看護roo!
    2. 2位 マイナビ看護師
    3. 3位 看護のお仕事
  10. 薬剤師におすすめの転職サイトランキング
    1. 1位 マイナビ薬剤師
    2. 2位 ファルマスタッフ
    3. 3位 薬キャリ
  11. 保育士におすすめの転職サイトランキング
    1. 1位 保育ひろば
    2. 2位 マイナビ保育士
    3. 3位 ほいく畑
  12. 介護士におすすめの転職サイトランキング
    1. 1位 きらケア介護求人
    2. 2位 かいご畑
    3. 3位 スマイルSUPPORT介護
    4. 4位 マイナビ介護職
    5. 5位 カイゴジョブ
  13. 転職サイトを上手に使って転職活動を進めるコツ
    1. キャリアコンサルタントと密な関係を作る
    2. 転職サイトはいくつか併用する
    3. 転職サイトを併用したなら「応募状況の管理」を徹底する
    4. なるべく似てない転職サイトを併用する
  14. 転職エージェントに好かれるのが大事
    1. 転職時期を「すぐにでも」と伝える
    2. キャリアコンサルタントとの連絡を密に取る
    3. 登録情報を更新する
  15. 転職サイトの言うことを鵜呑みにしない
    1. 紹介された求人を信じない
    2. 希望をしっかり伝える
  16. 転職成功者に聞く!転職成功の心構え
    1. 「大企業への転職」にこだわらない
    2. 「誰かのため」に転職しない
    3. 転職サイトの口コミをしっかりチェックする
    4. 次の職場が決まってから退職する
    5. 転職サイトよくある質問集
    6. 同時に複数の転職サイト・転職エージェントを使うのはアリ?
    7. 「何をしたいか」ではなく「何ができるか」を考える
    8. 自分の中で「幸福」の基準を理解する
      1. お金をもらうだけが幸福ではない
      2. 世間の声に流された転職をしない
  17. 面接が苦手ならなおさら転職エージェント
    1. キャリアコンサルタントからアドバイスがもらえる
    2. キャリアコンサルタントが面接に同行する場合も
  18. キャリアアップ、年収アップなど転職の目的が明確なら転職エージェントに相談
    1. 非公開求人にこそあなたの目的の求人が
  19. 転職回数は転職成功に影響を及ぼすか
    1. 転職回数が多いと偏見を呼ぶのは確か
      1. 転職回数が多い人は異性との付き合いが続かない人と同じ
    2. 転職回数が多くても納得できる要因があれば問題なし
  20. まとめ

転職サイトと転職エージェントの違い

まず、混同している人も多い「転職サイト」と「転職エージェント」の違いについてはっきり理解しておくべきです。

転職サイトとは?

転職サイトは、主に自分の希望する条件で求人をサイト内検索して、目当ての求人を見つけたら応募するという自分主体の転職活動を行うというものです。

転職サイトで行う場合は、自分ひとりの力で転職することになる、基本的に誰も助けてくれない、ということを前もって理解しておくべきです。

転職サイトの利用が向いているのは、自分ひとりの力で転職したい、自分のペースで転職したいと思っている方です。

転職活動に不慣れな方なら、むしろこの後説明する転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは

転職エージェントは、サイト登録で担当のキャリアコンサルタントが割り振られて、担当コンサルタントが利用者の転職活動を助けてくれるサービス。

キャリアコンサルタントが行うのは、転職活動におけるすべてです。

求人探しから応募先の企業とのやり取りまですべて行います。

このキャリアコンサルタントに助けられながら行う転職活動なら、自分の転職活動に確固たる意思がなくとも、どのように転職活動を進めればいいかわからない方でも安心です。

また、転職エージェントを使った転職活動は、現職を続けながら行うことができるというメリットもあります。

転職エージェントについてのさらに詳しい説明は別記事で。

転職エージェントとは?どのエージェントを使えばいいのか?
「最近転職エージェントって人気だけど、転職エージェントって何するところなの?」 なんて声をよく聞きます。 最近は転職エージェントのテレビCMも増えて、以前より一般的になったとはいえ、まだまだ転職サイトとの違いを理解してない人も少...

自分にあった転職サイト・エージェントの選び方

では、自分にあった転職サイト、または転職エージェントを選ぶためにはどうすればいいのか?

自分にあった転職サイト・転職エージェントを見つけるためには、転職サイトが持つ特徴が、自分にあっているか?を考えれば良いのです。

「そもそも転職サイトと転職エージェントって何が違うの?」

と思われた方もいるはず。転職エージェントには、転職サイトと違い「キャリアコンサルタント」が在籍しています。

転職エージェント利用者は、そのキャリアコンサルタントと相談しながら、転職活動を進められるのです。

つまり、転職サイトを利用しながらの転職活動は、求人の検索から企業とのスケジューリングまで、すべて一人でこなさなければならないのです。

「自分にあった転職サイト・エージェント」の見定め方を具体的にご紹介します。

転職エージェントとは?どのエージェントを使えばいいのか?
「最近転職エージェントって人気だけど、転職エージェントって何するところなの?」 なんて声をよく聞きます。 最近は転職エージェントのテレビCMも増えて、以前より一般的になったとはいえ、まだまだ転職サイトとの違いを理解してない人も少...

自分にあった求人が掲載されているか?

転職サイトを利用する上で大切なのは、「自分にあった求人が掲載されているか否か」です。

どれだけ実績があり、優秀なキャリアコンサルタントがいたとしても、その転職エージェントがあなたにとって使いやすいかは別の話です。

目星をつけた転職サイト・転職エージェントが、自分の転職ニーズへ応えてくれるか。

自分の転職活動にあったサービスを提供してくれるかが、利用する転職サイトを選ぶ時大切なポイントです。

転職サイトのサービスは使いやすいか?

転職サイトは、それぞれのサイトで異なるサービスを提供しています。

スカウトサービス、自己分析ができるサービス、エージェントサービス…。

それぞれの転職サイトが、他のサイトを出し抜くために、独自性のあるサービスを展開しています。

その転職活動を助けるサービスが、自分にとって使いやすそうか否か。

転職サイトのサービスを事前に比較しておくことも、自分にぴったりの転職サイトを見つける時の助けとなります。

キャリアコンサルタントの口コミは上々か?

転職エージェントを比較する時大切なのが、「キャリアコンサルタントの対応力」です。

キャリアコンサルタントの質が、利用者の転職成功の可否に関わってると言っても過言ではありません。

キャリアコンサルタントの質を確かめる意味で、事前に転職エージェント利用者の口コミを調べておくことは大切です。

【転職成功者に聞いた】口コミで評判のいい転職サイト・エージェントランキング
誰しも、利用する転職サイト・エージェントは、利用者からの口コミで評判の良いサイトとエージェントを希望するはず。 確かにその狙いは正しいです。 転職サイト・エージェントの真の使い勝手を調べるには、ネット上の特徴や、公式サイトの情報...

あなたの未来にとってプラスな存在となりそうか?

ここからはあなたの感覚込みで、果たして「自分の未来にプラスになりそうか」を考えるのも大切です。

どれだけサービスが強くても、口コミで人気でも、あなたの未来を良くする手助けをしてくれないようなら、それは良い転職サイトとは言えないのです。

転職活動は誰のためでもなく、自分の未来のためにやるものです。

比較する時、選ぶ時には「自分主体」で選ぶことを心がけてください。

転職活動をどのように進めたいか

転職活動に対する認識も、個人によって異なると思います。

「いい仕事があれば転職したいな…」

「条件が上がらないと転職したくない」

「今すぐにでも転職したい」

など、様々な考えを持っているはず。

そういった転職活動のスケージュール、転職活動の認識の違いでも、利用する転職エージェントを使い分けるべきです。

転職活動の進め方でも、利用するべき転職エージェントの種類が変わってきてしまうからです。

転職活動のタイムリミットは?

転職活動にどれくらい時間をかけるか。

それによって「スピード転職のサポートが得意な転職エージェント」を使うべきか「じっくり相談に乗ってくれる転職エージェント」を使うべきか、判断が変わってきます。

ですからまず転職活動のスタート時には、転職活動のスケジューリングを考えるのが大切になります。

転職活動のテンション

転職に関してどれくらい前向きか。

そこでも利用するべき転職エージェントの種類が変わります。

あなたは今、「なんでもいいから今の仕事を変えたい」?

「キャリアアップ転職がしたい」?

「夢だった業界へ転職したい」?

あなた自身が、自分の転職に関して求めるものはいったいなんですか?

転職サイト一覧比較表

誰にでもおすすめ転職エージェント

転職エージェント求人数特徴
リクルートエージェント・転職エージェント業界第一位
・求人数がとにかく多い
DODAエージェント・他のエージェントで断られてもdodaなら案件を紹介してくれる場合あり
・担当するキャリアコンサルタントに外れが少ない
マイナビエージェント・若手求人が多い
パソナキャリア・利用者満足が高い
・首都圏の求人が豊富

30代におすすめの転職エージェント

転職エージェント求人数特徴
ビズリーチ・約1700人のヘッドハンターが在籍
・ハイキャリア・高収入求人多数
JACリクルートメント・外資系・国内企業転職実績No1
ランスタッド・世界最大級の外資系転職エージェント
doda・キャリアコンサルタントの提案力が高い

キャリアアップにおすすめ転職エージェント

転職エージェント求人数特徴
ビズリーチ・ハイキャリア求人が多い
・スカウト機能が充実
リクルートエージェント・求人が多いのでキャリアアップに対応できる
JACリクルートメント・外資系求人が多い
キャリトレ・若手のハイキャリア求人が多い

IT業界での転職を考えている方におすすめの転職サイト・転職エージェント

転職エージェント求人数特徴
レバテックキャリア・IT業界最大手の転職エージェント
レバテックフリーランス・フリーランスエージェント向けのエージェント
ギークリー・WEB、ゲーム業界の転職に強い
ワークポート・幅広い求人が揃っている

看護師におすすめの転職サイト・転職エージェント

転職エージェント求人数特徴
看護roo!・非公開求人の量が多く質も高い
ナースではたらこ・評判の良いサポートが自慢
ナースパワー・短期応援ナース求人がある
看護プロ
・現場の雰囲気を詳しく教えてもらえる
マイナビ看護師・地方の求人にも強い

薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェント

転職エージェント求人数特徴
マイナビ薬剤師・利用者満足度No.1!
・面談サポートが強み
ファーマキャリア・オーダーメイド求人がスゴい
薬キャリ・提案力が高いのでミスマッチが少ない
ファル・メイト
・高時給の求人多数!
ファルマスタッフ・コンサルタントが実際に職場へ足を運んでいる

保育士の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

転職エージェント求人数特徴
保育ひろば・求人数は業界トップ
・最短2日のスピード転職にも対応
保育士バンク・求人サービスでは業界最大規模
マイナビ保育士・マイナビの多様なノウハウを利用して転職可能
ほいく畑・結婚・出産・ブランクありなど多様な人向けのサポートあり
ほいくジョブ・全国の転職に対応!

介護士の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

転職エージェント求人数特徴
マイナビ介護職・求人数、求人の種類、求人の質どれをとっても優秀
スマイルSUPPORT介護・求人数が多く、キャリアアドバイザーの提案力も高い
カイゴジョブ・求人エリアが広い
・フェアを定期的に実施
MC介護のお仕事・祝い金サービスあり
ベネッセMCM・キャリアアドバイザーのサポートが手厚い

おすすめ転職エージェントランキング

それではまず、転職活動に不慣れな方でもキャリアコンサルタントが転職活動をサポートしてくれる「転職エージェント」のランキングからチェックしていきましょう。

転職エージェントの数は多く、それぞれ違ったスペックを備えています。

しかし総合的な目線でみてみると、優れた転職エージェントが見えてきます。

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェント
おすすめの転職エージェント1位は、転職エージェント規模第1位の「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントが優れているのはやはりその他サイト、他エージェントとは比較にならないほど多い「求人数」です。

やはり転職エージェントを選ぶ際もっともわかりやすい基準となるのが「求人数」です。

求人数が多いということは、それだけ利用者にとって転職の可能性が開けているということに他なりません。

求人数が多いというメリットは、他のメリットとは代えづらいメリットなのです。

加えて、親会社リクルートホールディングスの経営規模、そして過去の利用者を転職に導いた実績、もはや転職エージェント業界においてリクルートエージェントは敵なしと言っていいです。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

2位 dodaエージェント

DODA

転職サイトでも有名な「doda」のエージェントサービスもおすすめです。

豊富な非公開求人、優秀なキャリアコンサルタントなど、利用者の転職活動を強くサポートするポイントが盛りだくさんです。

しかしdodaエージェントは、他の求人数が多い転職エージェントと同じく、掲載求人の中に「ブラック企業の求人」も混ざっていることに注意が必要です。

dodaエージェントを使って転職活動を行う際には、キャリアコンサルタントとしっかり話し合って、求人情報の調査を怠らないようにしてください。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

3位 ビズリーチ

ビズリーチもおすすめの転職エージェントです。

ビズリーチが他の転職エージェントと違うのは、扱う求人が主に高年収、役職付きなど、「ハイクラス求人」が多いことです。

転職活動における目的が、「年収アップ」や「キャリアアップ」が最優先の目的なら、ぜひビズリーチで転職活動を行うべきです。

とはいえビズリーチが利用者に求める学歴やスキルも高く、ビズリーチを満足に使って転職できる人の条件もそれなりに限られてくるのが現実です。

自分のキャリアに自信があり、これからさらに高みにのぼりたいと思っている方にはぜひ、ビズリーチで転職活動をおすすめします。

ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介
『即戦力!』というCMでも話題のビズリーチ、高年収や役員向けの求人に特化した転職サービスですが、本当にハイクラスな求人が見つかるのだろうか?と、評判が気になりますよね。 そこで今回は、ハイクラス向けの転職求人サービスのビズリーチの評判...

4位 マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントは、人材大手企業マイナビが運営する転職エージェント。

利用者は他の転職エージェントと比べて比較的若者が多く、若年層の転職に強い傾向があります。

はじめての転職で、どうすればいい?

という戸惑う気持ちが多い方はぜひ、マイナビエージェントで自身の転職を成功させてください。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

5位 JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ビズリーチと同じく「ハイクラス向け転職エージェント」です。

高学歴、語学スキルも優秀、何らかのスキルに秀でていてるなど、ハイスペック層向けの転職エージェントなので、それ以外の人には多少使いづらさを感じるかもしれません。

マイナビエージェントなどが、「若年層向け転職エージェント」なら、JACリクルートメントは35歳以上の「優秀なミドル層向け転職エージェント」なのです。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
高収入、高キャリアなハイクラス求人を豊富に扱っており、ハイキャリア転職の転職支援が得意なJACリクルートメント。 ハイキャリア転職に特化した転職エージェントは他にもありますが、中でもJACリクルートメントはどんな特色、利用にあたってど...

おすすめ転職サイト比較ランキング

続いて、自分で求人を検索して探す「転職サイト」のランキングをみていきましょう。

転職サイトも転職エージェントと同じく、求人数の多さや、利用者を助けるサービスの質が決め手です。

もちろん、利用した人が使いやすいという口コミを残しているかどうか、というポイントも大きな決め手です。

1位 リクナビNEXT

1位はやはり「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントと同じく、リクルート運営なのは大きな決め手となりえます。

なぜなら、リクルート運営であることにより「多くの求人数」という強みが生まれるからです。

また、企業からの条件ごとに異なる3つのオファーが届くのも魅力の一つです。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容
リクナビNEXTは国内最大級の転職サイト。国内最大級がゆえ抱える求人数も膨大です。リクナビNEXTの、他にはないメリットとデメリットを調べてみることにしましょう。

2位 doda

DODA
エージェントサービスと同じく転職サイトでもDODAは優秀です。

豊富な求人数、入社後のアフターフォローなど、「かゆいところに手が届く」転職サイトだと私は思っています。

転職の幅が広がるスカウトサービスも備えているので、エージェントサービスと合わせて活用してください。

3位 マイナビ転職

マイナビ転職の魅力は、転職サイトとは思えない転職活動を助ける豊富なサービスです。

履歴書など書類の添削サポートから、希望通りの求人紹介、そして面接対策のアドバイスまで。

つまり、転職エージェントと同じサービスを受けられるということです。

それでいて、4種類のスカウトサービスがあるなど、転職サイトと転職エージェントのいいとこ取りのような転職サイトが「マイナビ転職」です。

4位 エン転職

エン転職
エン転職は、若年層の転職に強い転職サイト。

求人情報内に、「カイシャの評判」として会社の口コミが掲載されているのが特徴です。

転職活動がはじめてで不安が多い34歳以下の若者はぜひ、エン転職への登録をおすすめします。

エン転職の口コミ・評判 サービス内容
大手転職サイト、エン転職のメリット・デメリット、サービスまで説明したページです。業界最大手のリクルートにはかなわないものの、エン転職もかなり大きく、使いやすいサイトとなっています。

5位 @type

@type
@typeは、特にエンジニアの転職に強いサイト。

転職が活発なエンジニア業界、様々な理由で転職を考えるエンジニアに@typeがおすすめです。

様々なこだわりを指定して求人検索できる「こだわり検索」というシステムが@typeの強みです。

@typeの口コミ・評判サービス内容
@typeは知名度の高い、サービスも手厚い転職サイト。東京都の求人の扱いが強いので、関東、とくに東京での転職を考えている方におすすめの転職サイトです。

30代におすすめ転職サイトランキング

30代にもなると、転職に関して考えることも多くなります。

家族のこと、キャリアのこと、仕事内容など。

そういった多くの要素を考えながら、転職活動を進めるのは簡単なことではありません。

30代の転職活動を円滑に進めるために、「30代におすすめの転職サイト」を具体的に調べてみましょう。

30代にもなると、20代のころとは違う条件で求人を探して、面接でも20代の頃とは違う内容の話をすることになります。

その若い頃とは違う条件の転職活動をサポートしてくれるのは、どの転職サイトなのか。

具体的にランキング形式で紹介していこうと思います。

ちなみにここでは、30代の転職で多い「キャリアアップの転職に役立つ転職サイト」のランキングを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント
JACリクルートメントの強みは、大手企業や外資系企業の転職実績が強いことです。

担当キャリアコンサルタントのレベルが高く、交渉で条件アップできる可能性が高いのが強みです。

年収相場が800万や1000万円など高年収求人も多く、キャリアアップ、年収アップを考える30代にうってつけです。

面接前に企業の採用担当とやり取りした営業マンから「面接のアドバイス」を聞けるのも嬉しいです。

ビズリーチ


テレビCMでもお馴染みのビズリーチは、キャリアアップを考えた30代の転職にうってつけです。

ビズリーチは登録者と企業を「ヘッドハンター」と呼ばれる立場の人が取り持つ仕組み。

利用者の転職をサポートするヘッドハンターの数も1700人と、他の転職エージェントを圧倒しています。

キャリアアップのハイキャリア求人の扱いは当然のこと、中には年収500万前後のミドル層転職にも対応しています。

ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介
『即戦力!』というCMでも話題のビズリーチ、高年収や役員向けの求人に特化した転職サービスですが、本当にハイクラスな求人が見つかるのだろうか?と、評判が気になりますよね。 そこで今回は、ハイクラス向けの転職求人サービスのビズリーチの評判...

doda

幅広い転職のサポートが得意なdodaですが、30代のキャリアアップ転職にも対応しています。

dodaの強みはその多彩な求人数と、キャリアアドバイザーの提案力の高さ。

特にキャリアアドバイザーの提案力は、業界1位のリクルートエージェントへのライバル意識もあって、かなり力を入れているところでもあります。

dodaはキャリアアップだけでなく、幅広い転職のニーズに答えてくれるのです。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

若者におすすめ転職サイトランキング

若者の転職に特化した転職サイトがあります。

20代などの若者は、未経験OKなど20代でも働きやすい求人を多く扱っているサイトを利用するべきなのです。

具体的に20代向け転職サイトはどれがおすすめか?

ランキング形式で紹介したいと思います。

1位 マイナビジョブ20’s


20代の若者専門の転職エージェントが、「マイナビジョブ20’s」です。

若者が悩みがちな「人間関係」「労働環境がブラック」などの悩みも、マイナビジョブ20’sのキャリアコンサルタントに相談すれば、キャリアコンサルタントが条件にあった求人を紹介してくれます。

もちろん、転職活動における書類選考対策から、面接対策ほか、様々なサポートを行ってくれます。

第二新卒転職に強いマイナビジョブ20'sの口コミでの評判はいい?
マイナビジョブ20'sを利用して転職するべきか否か、マイナビジョブ20's利用者の口コミから調べたい…。 今回は、そんな方に向けて今回、口コミや評判をもとに転職エージェントとしてマイナビジョブ20'sが使いやすいか否か、詳しく説明して...

2位 ハタラクティブ

ハタラクティブ
20代ならば、ニートだろうが働いていない既卒だろうが第二新卒だろうが、最適な転職サポートを行ってくれるのが「ハタラクティブ」です。

対応地域が、東京、大阪の転職になるという制限がつくのが難点ですが、条件の悪い20代の転職ならハタラクティブがおすすめです。

ハタラクティブ評判・口コミとは?メリット・デメリットを徹底解説
ハタラクティブは20代の転職に特化した転職エージェント。正社員経験がなくとも、別のスキル、ポテンシャルがあれば、フリーターでもハタラクティブがサポートしてくれます。

3位 工場ワークス


若者でも転職しやすい「製造業」「工場」の求人をメインで扱うのが工場ワークス。

しかし、工場求人には「給与だけ高くて労働環境が最悪」といった、ひどい環境での勤務を強いられる求人も多いので、あらかじめ注意が必要です。

工場ワークスの使い勝手は?【特徴、評判、口コミ】
工場ワークスは製造業や工場の求人に特化している派遣会社です。 この職種の求人量では業界ナンバーワンです。 運営している親会社のインターワークスは「人が安心して働き続けられる社会」を目指しています。 福利厚生面では育児・介護...

IT業界の転職におすすめな転職サイトランキング

ここからは、業界をしぼっておすすめの転職サイトをランキング形式で紹介していこうと思います。

最近転職市場が熱くなっているIT業界の転職サイトから紹介します。

IT業界は、IT技術が進歩するのと同じくして事業が拡大しています。

そして同時に、IT業界の人手不足が多くなっています。

IT業界の平均年収は高いので、転職によって「年収アップ」を狙うことができます。

そして年収アップに役立つ転職サイトも、多いのです。

1位 レバテックリキャリア

レバテックキャリア
IT業界・WEB業界の転職サイトでおすすめなのは「レバテックリキャリア」です。

IT業界専門の転職サイトでもっとも規模の大きな転職エージェントであるレバテックリキャリアには、豊富なエンジニア求人などIT従事者の求人が揃っています。

求人の質も高いので、キャリアアップの転職にも対応可能で、利用した多くのITエンジニアが満足の口コミをくれています。

レバテックキャリアはIT求人に特化したエージェント!評判が悪いって本当?
転職市場が活発なIT業界は、利用する転職サイト、転職エージェントによって、その転職活動の色合いがまったく変わってしまいます。 今後もIT業界に身を置こうと思っているあなたにはぜひ、レバレジーズ株式会社運営の転職エージェント「レバテック...

2位 ワークポート

ワークポート
様々な業界の転職を扱うワークポートですが、もちろんIT業界の転職も扱っています。

ワークポートは中でも高年収求人の取り扱いと、キャリアコンサルタントの対応に定評があります。

転職サイトに登録しても、担当するキャリアコンサルタントの対応が悪いと転職活動は円滑に進みません。

ワークポートなら、転職活動が滞るリスクが減るのでおすすめです。

ワークポートのサポート内容・口コミ評判
ワークポートはIT分野の転職に強い転職エージェント。転職を考えたIT、WEBエンジニアにピッタリの求人が揃っています。

3位 マイナビエージェント×IT


人材大手企業マイナビが運営する「マイナビエージェント」のIT業界に特化した分野が「マイナビエージェントIT」です。

マイナビはIT以外にも暁鴉会に特化したエージェントが用意されていますが、それだけ業界に特化した経営方針に自信があるということです。

マイナビの大企業特有の大手企業との太いパイプ、評判の良いキャリアコンサルタントを頼りに、転職を考えるITエンジニアはぜひ転職に活用してみてください。

マイナビエージェント×ITのサポート内容・口コミ評判
マイナビエージェントITをご存知でしょうか。人材業界でも大きな存在感がある株式会社マイナビが運営する、「IT・Web業界特化型」の転職エージェントです。マイナビの会社規模はご存知国内有数の規模を誇ります。マイナビだからこその非公開求人の充実

4位IT・Web転職サイト Green

green
転職サイトでおすすめなのが、「Green」です。

実際私もこのサイトで求人を探して、転職活動に活用したことがあるほどです。

ITに特化した求人が、細かい職種、希望の年収条件で探すことができるので、ITに携わるエンジニアの転職活動がかなり円滑になります。

サイトデザインが見やすいのも、個人的におすすめポイントです。

IT・Web転職サイトGreenのサポート内容・口コミ評判
Greenは、IT業界に特化した転職エージェント。中小企業の求人案件が多く、現場でばりばり活躍したいエンジニア向きのエージェントです。東証マザーズに上場しているというのも、かなりうれしいポイントですよね。

看護師におすすめの転職サイトランキング

看護師の転職で役立つ転職サイト、転職エージェントも限られてきます。

「どのサイトを使って転職するべきか」の選択肢は広いですから、ここで紹介するランキングを参考に転職活動へ役立ててください。

1位 看護roo!

看護roo
看護師専門の転職サイトといえばこの「看護roo!」です。

求人数、サポートの質ともに看護師転職サイトの中でもトップクラス。

転職サイトを選ぶ基準で、特に求人数を重視するなら看護roo!を使って転職するべきです。

「はじめての転職でどの転職サイトを使えばいいかわからない」と戸惑っている看護師はぜひ、看護roo!での転職をおすすめします。

看護roo!は求人が多いだけでなく、キャリアアドバイザーからの手厚いサポート、サービスを受けながら転職できるのも強みです。

保育Fine!ってどうなの?口コミ・評判からみたメリット・デメリット
人材大手企業「ネオキャリア」が運営する、保育士専門の転職サイトが「保育Fine!」です。 ネオキャリアの多岐に渡る人材業、そこで得たノウハウをもとにこの保育Fineも運営されています。 ネオキャリアは保育Fine!の他にも、「保...

2位 マイナビ看護師

マイナビが看護師向けの提供する転職サポートが「マイナビ看護師」です。

マイナビは看護師だけでなく、様々な業界、職種の転職活動をサポートしています。

様々な分野で培ったノウハウで、利用者の転職活動を細かくサポートします。

また、マイナビは地方に多くの拠点を持っていることもあり、地方への転職にも強いのが特徴。

幅広いニーズに対応することができるのです。

マイナビ看護師の使い勝手は?みんなの口コミもチェック
転職求人大手のマイナビが運営するマイナビ看護師を使うことで、全国の看護師転職が効率的になります。求人数、求人の質共に高く、多くの転職希望看護師を満足させるはずです。

3位 看護のお仕事

看護のお仕事

看護のお仕事も豊富な求人数と高い求人の質が売りの、看護師専門転職サイトです。

また、派遣や紹介予定派遣の看護師求人も多く扱う看護のお仕事は、派遣看護師の仕事探しにも十分対応することができます。

看護のお仕事の使い勝手は?みんなの口コミもチェック
一人の判断で転職するのも良いですが、看護のお仕事のような転職サイトを活用することで、キャリアコンサルタントの助けを得ながら転職活動を進めることができます。メリット・デメリットをしっかり把握しておきましょう。

薬剤師におすすめの転職サイトランキング

薬剤師の転職市場も熱いです。

薬剤師の平均年収は高く、転職でキャリアアップ、年収アップする方が多いとして、転職を考える薬剤師の数がとても多いのです。

そんな転職先の選択肢が広い薬剤師。

間違いのない転職をするためにも、転職サイトを見誤ることのないようにしたいですよね。

今回のランキングを、利用する転職サイト選びの助けとしてください。

1位 マイナビ薬剤師

薬剤師転職サイトで一番規模の大きなサイトがこの、マイナビ薬剤師です。

他の薬剤師転職サイトよりかなり多数の非公開求人を持っており、高条件求人の多さも折り紙付きです。

キャリアアドバイザーとの面談が「電話のみ」のところが多い中、マイナビ薬剤師は必ず対面で行います。

全国各地に支店を持っているので、地方の薬剤師転職にも対応してくれるのが嬉しいです。

求人数、キャリアアドバイザーの対応、あらゆる面で優秀な薬剤師転職サイトです。

マイナビ薬剤師は特徴とは?利用者の口コミ・評判から強みを解説
マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

2位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフの強みはなんと言っても「高収入求人が多い」ことです。

年収600万円以上など、条件の良い求人がなんと毎日更新ということで、転職によって条件アップを考えている方にはかなり嬉しいサービスとなっています。

ファルマスタッフを運営するのは、薬剤師業界ではお馴染みの「日本調剤グループ」ということで、充実の教育・研修制度があるのが自慢です。

ファルマスタッフは使うべき?利用者の口コミから強みを解説
ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する転職サイトです。 日本調剤グループがもともと運営していたことから医療業界では高い信頼を獲得してきたサイトとしてよく知られています。 その歴史的背景からどのような特徴を持ってい...

3位 薬キャリ

薬キャリ

薬キャリはキャリアアドバイザーの提案力が高いのがメリットです。

利用者は、キャリアアドバイザーと電話で話すだけで、即日最大10件の求人を紹介してもらうことができます。

また、「産休・育児取得実績あり」の求人があるなど、ママ向け求人検索もあります。

薬キャリは利用者のことを考えられている、使いやすい転職サイトです。

薬キャリエージェントの口コミ・評判から強みを解説!本当におススメなのか
数ある薬剤師転職サイトの中でも、薬キャリエージェントに目をつけて、これから利用しようかと検討中の方も多いのではないでしょうか。 薬キャリエージェントは実際転職を考えている薬剤師にとって使いやすいのか。 他の薬剤師転職サイトと何が...

保育士におすすめの転職サイトランキング

保育士も転職市場が熱い業界です。

ブラックな職場が多い、ライフステージの変化で転職を余儀なくされるなど、保育士は転職の機会が多い職業なのです。

そんな転職機会の多い保育士が使うべき、転職サイト、転職エージェントはどれなのか?

具体的にランキング形式でまとめていきたいと思います。

優良な転職サイト・転職エージェントを使わないと、せっかくブラックな職場から転職したと思ったらまたブラックな職場に来てしまった…。

なんてことにもなりかねませんよ!

1位 保育ひろば

保育ひろば

転職を考えた保育士が、数あるサービスのなかで最も使うべきなのがこの「保育ひろば」です。

保育ひろばが優れているのはやはり、求人数が全国トップレベルであることです。

また、サービスも優秀で転職しやすいこと。

電話やメールのやり取りだけでも求人の紹介を受けられること。

さらに最短で2日というスピード転職が可能なことなど、メリットを挙げれば枚挙にいとまがないほどです。

相談だけでも、保育ひろばに持ちかけてみて、感触を確かめてみる価値はあるでしょう。

保育ひろばってどうなの?口コミ・評判からみたメリット・デメリット
保育師が転職を考えたときは、やはり「保育師専門の転職サイト」を利用するべきです。 そんな保育師専門転職サイトの中でも、規模の大きい大手転職サイトが「保育ひろば」。 保育ひろばは業界トップクラスの求人数があり、全国への保育師転職に...

2位 マイナビ保育士

マイナビ保育士

人材大手企業「マイナビ」が保育士の転職サービスに特化しているのがこの「マイナビ保育士」です。

マイナビは数多くの業界の転職を扱っているので、それぞれの業界で培ったノウハウがあります。

保育士の転職であっても、マイナビのノウハウでキャリアコンサルタントが、それまでのノウハウを活用したサポートを行ってくれます。

ですが求人が首都圏に集中していることもあり、首都圏以外で転職を考える保育士には少しミスマッチかもしれません。

マイナビ保育士ってどうなの?口コミ・評判からみたメリット・デメリット
大手人材企業「マイナビ」が運営する保育士専門転職サイト(転職エージェント)が、マイナビ保育士です。 これからマイナビ保育士を使って転職しようという方なら、マイナビ保育士の利用者の評判から、マイナビ保育士を利用するメリット・デメリット、...

3位 ほいく畑

ほいく畑

ほいく畑のメリットは、「条件ありの求人の強さ」でしょう。

多くの保育士が、結婚、出産を機に転職を強いられます。

そうした、家庭ありの保育士が働きやすい職場の求人を、ほいく畑が多く扱っているのです。

またブランクがある保育士の転職も、「ブランクありに対応した求人」の形でほいく畑から紹介してもらうことができます。

ほいく畑ってどうなの?口コミ・評判からみたメリット・デメリット
子供と付き合いながら働ける職場を探したいという人が保育士を目指すことも多くなり、保育士のための転職サイトも増えてきました。 その中でも定評があるサイトとしてよく着目されているのがほいく畑です。 転職サイトにはそれぞれに特色があり...

介護士におすすめの転職サイトランキング

介護職もまた、転職市場が活発に動く市場です。

理由としては、介護士が働く現場の多くが、職場環境の悪い「フラックな環境」が多いからです。

せっかく転職したのに、長く働くことのできない、勤務環境の悪い職場に転職してしまうとその転職活動は成功とは言えません。

そんな悪夢を避けるために、介護士も転職サイトをしっかり選ぶべきなのです。

1位 きらケア介護求人

きらケア介護求人

1位でおすすめしたいのは「きらケア介護求人」です。

きらケア介護求人は、医療・介護に特化した求人サービスを展開しています。

これまで数々の介護士のサポートを行った実績とノウハウを活かして、利用者の転職をサポートします。

これまでブラックな職場で働いていた人も、きらケア介護求人のアドバイザーを頼ればきっと遊興求人の紹介を受けることができるはず。

そしてきらケア介護求人は、「未経験」「無資格」の人でも働ける求人も扱っています。

介護業界に入る最初の一歩を踏み出すのも、きらケア介護求人で仕事探しもおすすめです。

きらケア介護求人の評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介
介護職の離職率の高さから、定着のための好待遇求人を多数取り扱っているきらケア介護求人。 介護職として転職するのであれば、好待遇求人が多く掲載されている転職サイトを利用したいところですが、きらケア介護求人は本当に良い転職サイトなのでしょ...

2位 かいご畑

かいご畑

かいご畑もおすすめの介護士転職サービスです。

全体の求人数こそ、マイナビ介護など大手サービスにかなわないものの、求人の質は高いです。

かいご畑が扱う求人の中には「資格取得支援」がついている求人があるほど。

そして、かいご畑の強みは「未経験」「無資格」でも対応できる求人が多いということです。

全国の求人を扱っているので、あらゆる地域で転職を考えている方にもおすすめです。

かいご畑の評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介
かいご畑は介護業界への転職をする上で役に立つエージェントサイトです。 独自のネットワークを活用してサポートをしてくれるのが特徴ですが、メリットやデメリットとしてどのような点が挙げられるのでしょうか。 登録してコーディネーターのサ...

3位 スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護のメリットはなんといっても、利用者満足度が驚異の97%という高さです。

利用者満足度を裏付けるのは、やはり現場を知り尽くしたスタッフの効果的なサポートによるところが大きいです。

そしてスマイルSUPPORT介護は首都圏の求人が多いです。

首都圏での転職を考える看護師はぜひ、スマイルSUPPORT介護で転職してください。

スマイルSUPPORT保育ってどうなの?口コミ・評判からみたメリット・デメリット
保育士の転職で便利に使うことのできる、保育士専門の転職サイトは数多くあります。 保育士の転職サイトは基本的に利用料は無料ですが、どのようなサイトかわからずに手当たり次第に登録してというよりは、しっかりと特徴や使い方などを調べてから利用...

4位 マイナビ介護職

マイナビ介護職

マイナビ介護職の強みはやはりなんといっても求人数が多いこと。

そしてその求人の質が高いことです。

専任のキャリアアドバイザーに相談すれば、豊富な求人の中から利用者の希望通りの求人を提案、紹介してもらうことができます。

あとは、その求人に応募、そして転職活動を進めるだけです。

その転職活動も、キャリアアドバイザーのアドバイス通り進めることができますよ。

マイナビ介護職の評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介
マイナビ介護職は、大手転職支援サービスのマイナビが運営している転職サイトで、福祉や介護職を専門として扱っています。 キャリアアドバイザーもいて、転職活動のサポートを行ってもらうことができます。 ここでは福祉業界に転職したい方に向...

5位 カイゴジョブ

介護職の求人に特化しているカイゴジョブは、業界最大規模の介護士求人掲載数を誇ります。

自分で求人を検索して転職活動を進めるため、転職エージェントのようなサポートを受けることはできませんが、正社員・派遣社員・契約社員など幅広い雇用形態の介護士求人を検索することができます。

カイゴジョブの評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介
カイゴジョブは、60万人もの会員数をほこる日本最大級の介護士求人サイトです。 60万人というと、介護従事者の3人に1人がカイゴジョブを利用している計算になります。 利用者がこれほど多いのには当然理由があります。 カイゴジョ...

転職サイトを上手に使って転職活動を進めるコツ


「転職サイトはしっかり選ばないといけない」ことはお伝えしたばかりです。

そして、いざ転職サイトを使って転職活動を始めた後も、転職サイトを使いこなす「コツ」をしっかりおさえておく必要があります。

転職サイト・転職エージェントは、適切に使いこなさないとその強みを十分引き出せないのです。

キャリアコンサルタントと密な関係を作る

まず大前提として、転職エージェント利用は「キャリアコンサルタントとの関係性」が命です。

キャリアコンサルタントとの関係性を密にしておくことで、キャリアコンサルタントからのサポートを優遇してもらうことができます。

とはいえキャリアコンサルタントも人、そして利用する側も一人の人間です。

人間同士の付き合いとなると、どうしても「合う合わない」が出てきてしまいます。

このコンサルタントとは相性が合わない…と感じたなら、遠慮なく転職エージェントに「キャリアコンサルタントを変えてほしい」旨を伝えてください。

転職サイトはいくつか併用する

転職サイトを利用しながら転職活動を進めるときは、利用する転職サイトを複数サイト併用することが大切です。

転職サイトごとに異なる強みがあり、複数サイト使うことでその強みを何倍にも拡大できます。

また、転職サイトごとに異なる弱みも、複数サイト利用することでお互いの弱みを打ち消し合うことができます。

同じタイプの転職サイトを使うのではなく、別タイプの転職サイトを併用することをおすすめします。

転職エージェントは複数登録して併用利用するべき!
現在転職活動を進めている方に知っていてもらいたいことがあります。 それは、転職エージェントは基本的に複数エージェント登録を行い、複数を並行利用するのが基本だということ。 投資だってなんだって、大切なのは「リスクヘッジ」です。 ...

転職サイトを併用したなら「応募状況の管理」を徹底する

転職サイトを併用しながら転職活動を行った時に起こる危険が「応募が重複する」ということです。

応募が複数の転職サイトからされた時、応募先企業は悪印象を受けます。

応募が重複すると、それだけ処理に採用リソースを奪われるからです。

複数の転職サイトで同じ希望条件を出していれば、紹介される求人は似てくるので「同じ求人」が紹介されたとしても「さもありなん」です。

くれぐれも同じ求人に複数の転職サイトから応募しないようにしてください。

なるべく似てない転職サイトを併用する

タイプの似た転職サイトをいくつか併用したとして、なんの意味があるでしょうか。

具体的に言うと、「求人数が多い転職サイト」と「求人数が多い転職サイト」を併用したとしても、受けられるメリットは少ないです。

転職エージェントに好かれるのが大事

転職エージェントを使った転職で大切なのは、あなたが転職エージェントに「どれくらい好かれているか」です。

転職エージェントに好かれているとはつまり、数多くいる利用者の中で、どれだけ優先して対応してくれるかということ。

転職エージェントを上手に使って転職するためには、「転職エージェントに好かれながら転職する」努力が必要になるのです。

具体的に、転職エージェントに好かれるためにはどんな努力が必要か?

それをお教えします。

転職時期を「すぐにでも」と伝える

転職エージェントに登録時「希望転職時期」を聞かれると思います。

この返答を「すぐにでも転職したい」と伝えるのがコツです。

転職エージェントは、転職成功した時点で成果が確定して報酬が支払われます。

つまり、すぐにでも転職したいと思っている人は、転職エージェントにとって「上客」以外の何物でもないのです。

たとえ前から転職エージェントに登録していた人がいても、転職時期を急いでないと回答した人がいたなら、「すぐにでも転職したい」と言っている人が優先されるのは当然です。

キャリアコンサルタントとの連絡を密に取る

キャリアコンサルタントと密に連絡を取り合っている人が、転職エージェントから気に入られる人です。

キャリアコンサルタントからの連絡を無視する人より、キャリアコンサルタントからの連絡を受けて、すぐに返事する人のほうが好印象ですよね。

転職エージェントによっては、頻繁にキャリアコンサルタントから連絡が入ることも多いです。

連絡が入るたびにしっかり応じて、キャリアコンサルタントとしっかり会話して、転職に対してやる気を見せてください。

登録情報を更新する

転職エージェントに登録している情報を更新するのも大切です。

そこまで情報を変更することがなくても、転職エージェントの情報更新することで、転職エージェントから「この人は転職活動に対してやる気がある」と思わせることができればこちらのものです。

転職サイトの言うことを鵜呑みにしない

転職サイト、転職エージェントに登録すると、手取り足取り転職活動を助けてくれるでしょう。

しかし、必要以上に転職エージェントの言うことを鵜呑みしてはいけません。

転職エージェントは、転職する張本人ではないのです。

本人しかわからないこと、本人しか考えないこともありますが、転職エージェントはあくまで「商売」です。

転職エージェントなりの都合で動いています。

利用者は、そうした転職エージェントの都合に合わせて動く必要はないのです。

紹介された求人を信じない

転職エージェントは、利用者に対してこれでもかというくらい求人を紹介します。

転職エージェントにとって、利用者の転職活動が終わった時点でゴールなわけですから、こうした「営業活動」が多いのはある意味当然です。

ここで紹介してもらう求人は、もちろん利用者の希望どおりの求人も多いでしょうが、中には転職エージェントの都合で紹介している求人も多いでしょう。

ですから、転職エージェントに「イチオシです」など言われて紹介された求人も、自分なりの基準でしっかり見極めて実際に申し込むかどうか考えることが大切になります。

希望をしっかり伝える

転職エージェント側に、しっかりと転職に対して抱いていている希望条件を伝えるのは大切です。

利用者から希望条件を念押ししないと、転職エージェントは勝手な都合で求人を選んで持ってきます。

利用者としては、それだけは避けたいはず。

ですから利用当初から、「希望年収」「仕事内容」など妥協できない条件をしっかり伝えるようにしてください。

転職成功者に聞く!転職成功の心構え

転職成功のためには、そもそも「転職を成功させるためのマインドセット」が必要です。

何も考えず、のんべんだらりとした気持ちで転職活動を進めても、良い結果に至るのは難しいです。

しっかりと、転職を成功させるための心構えを紹介します。

「大企業への転職」にこだわらない

「せっかく転職するのだから、ブランド力のある、皆が羨むような企業へ転職したい」

と考える方も多いでしょう。

しかし「企業ブランド」を最優先で転職するのはおすすめできません。

転職で考えるべきは、「その会社で働いて、自分の能力を活かした仕事ができるか」ということです。

「どこでもいいから大企業に転職したい」というのは、何も考えてない思考停止の状態に他なりません。

大企業に転職すればいいってものじゃない!大企業で働くデメリット
大企業に転職さえすればそれだけで幸せ…?そんなことはありません。大企業には大企業なりの、そこで働くデメリットがあります。仕事にやりがいを求める方は特に、大企業への転職は避けましょう。

「誰かのため」に転職しない

転職するのは、他でもない自分自身のためのはず。

自分以外の誰かのために転職するのは、悪い結果を招きます。

「親が言うから」
「友人知人がみんな転職してるから」
「彼女のために転職」

など、人の行動があってからの転職は、転職活動において悪手です。

「彼女のために転職」は正気の沙汰じゃない!転職は自分のためにするべき!
彼女のために行う転職。そんな主体的ではない転職はするべきではありません。転職はあくまで自分のために行うべきもの。誰かのために行うものではないのです。

転職サイトの口コミをしっかりチェックする

転職サイトの使いやすさをしっかり説明してくれているのは、公式サイトの説明ではありません。

一番的確に、転職サイトの強み、使いやすさを説明してくれているのは「転職サイト利用者の口コミ・体験談」です。

「自社の転職サイトはどこに強みがあるのか」

ではなく、

「転職サイトを使ってみて、どこが使いやすかったか」

の観点で、転職サイトを調べてみることが大切です。

次の職場が決まってから退職する

特に若者に言いたいのが、「次の職場が決まってから退職しろ」ということです。

転職活動にはもちろん時間がかかりますが、同時に多くのお金がかかります。

20代の若者ならなおさら、転職活動にかけるお金のリソースがそこまで多くないはず。

転職エージェントを使えば、業務時間外にキャリアコンサルタントと面談して、求人の提案を受けることも可能です。

色んな都合があり、「早く辞めたい」と思う方も多いかもしれません。

しかし、ここはぐっとこらえて、仕事と転職活動の両立をおすすめします。

転職サイトよくある質問集

転職サイト・転職エージェントを利用する上で、頭に思い描きがちな疑問、気になることには、一定の共通点があります。

そうした転職サービスを利用する上で、疑問に思うポイントをまとめておくので、転職サービスを使う上で参考にしてください。

同時に複数の転職サイト・転職エージェントを使うのはアリ?

転職サービスを使いながら転職活動をしていると、いくつかある転職サービスを同時に利用したくなるものです。

転職サービスを同時に複数利用するのは、結論から言うと「アリ」です。

転職サイト、転職エージェントによって求人数、求人の質は異なります。

何より、転職エージェントごとにキャリアアドバイザーの対応が違うので、いくつか同時に転職サービスを利用するのは「キャリアアドバイザーの違いを知る」ために大切です。

しかし複数利用した場合、1つの求人に複数サービスから申し込むのはやめましょう。

転職エージェントは複数登録して併用利用するべき!
現在転職活動を進めている方に知っていてもらいたいことがあります。 それは、転職エージェントは基本的に複数エージェント登録を行い、複数を並行利用するのが基本だということ。 投資だってなんだって、大切なのは「リスクヘッジ」です。 ...

「何をしたいか」ではなく「何ができるか」を考える

「どこに転職するか」を考える時、自分の希望と勤務環境のどちらも考えなくてはいけません。

働きたいところだけでなく、生活環境が一定担保されて、できれば良い環境で勤務したいものです。

そこで考えるべきなのは「どこで働きたいか」よりも、「今まで何をしてきて、自分は何ができるか」です。

自分に何ができるかを考えることで、良い環境で働ける確率があがります。

そして自分の得意なところで働くことで、褒められることが多くなりますし、実績も上げやすいです。

結果的にモチベーションアップにも繋がるのです。

「何をしたいか」中心で仕事を選ぶと、結果的に転職のミスマッチが起きてしまいがちです。

自分の中で「幸福」の基準を理解する

転職する最たる目的をそもそも思い出してください。

転職する目的は、「今の仕事より転職先で幸せになること」のはずです。

今現在仕事で不満な部分を考えてみてください。

たとえば収入が少ないなら、収入が多い仕事に転職することで幸福感を得られるでしょう。

そうではなく、業務時間が長いこと、残業が多いことに不満なら、今より業務時間が短い仕事に転職することで幸福を得られるはず。

そうした「幸福の尺度」は、人によって千差万別です。

ですからそうした「自分がどこに幸せを感じるのか」を理解できてないと、今後転職を行う軸も決まらないということです。

お金をもらうだけが幸福ではない

よくネットでも「転職で年収アップ」だったり、「年収に不満があるなら転職」のように、お金の問題解決メインで転職を促す広告文をみます。

しかし「お金お金」で考えて転職するのもおすすめしません。

お金の問題は解決が容易で、たしかに上手に転職すれば年収アップ自体はそう難しいことではありません。

しかしお金で得られる幸福には限度があります。

現在よほどお金に困っている、育児でお金が足りないなど、「最低限必要なお金がない」という方でない限り、お金のことをメインで転職を考えすぎるのはおすすめしません。

お金で転職成功しても、実際に勤務が始まった後またすぐ仕事で何らかの不満が出てくることが容易に想像できるからです。

世間の声に流された転職をしない

最近は確かに、以前の日本よりずっと転職しやすい社会になりました。

「新卒で入った会社を定年まで勤め上げる」

なんて価値観は過去のもの。

今では、「自分にとってより良い仕事に就くまで転職を繰り返してもいい」という常識になっています。

そして社会の常識はさらに多くを口出してきます。

「転職エージェントを使え」

「キャリアアップしろ」

「年収あがる転職をしろ」

確かにそういった意見は正しい部分も多いです。

しかしすべてを鵜呑みにする必要はありません。

自分にとっての唯一無二の価値観において、一番幸せを得られる目的のために転職するのが、転職活動を行う上において一番の正解だと言えるでしょう。

面接が苦手ならなおさら転職エージェント


転職活動においてとても重要な「面接」。

この面接に対して苦手意識があるならなおさら、転職エージェントを利用した転職を行うべきです。

面接が苦手な方に転職エージェントがおすすめな理由を、ここからお伝えしようと思います。

キャリアコンサルタントからアドバイスがもらえる

転職エージェントに登録すれば、それぞれにキャリアコンサルタントが担当するわけですが、ここで担当してくれるキャリアコンサルタントが面接の詳しいアドバイスをくれます。

面接でこれを聞かれたらこう答えるだとか、面接でイレギュラーな質問をされた時の対応まで、キャリアコンサルタントが二人三脚で面接という壁を乗り越える手伝いをしてくれるはず。

特にはじめての転職活動で、右も左もわからないあなたにぜひ、転職エージェントに登録の上転職活動をおすすめしたいです。

キャリアコンサルタントが面接に同行する場合も

パソナや、薬剤師転職エージェントのファーマキャリアなど、一部の転職エージェントは利用者の面接にキャリアコンサルタントが同行します。

面接に同行して、利用者が面接で聞かれた質問へ正しく答えるアシスト、交渉の手伝いなどを行い、転職活動を円滑にするための手伝いをしてくれます。

面接が苦手なあなたでも、キャリアコンサルタントが同行してくれるなら安心ですよね。

キャリアアップ、年収アップなど転職の目的が明確なら転職エージェントに相談

多くの人が、なんとなくではなく明確な目的を持って転職活動を行うものと思います。

例えば「今の仕事より多くの収入をもらいたい」であったり、「今より勤務環境の良い職場で働きたい」であるなど、わかりやすく転職の目的があるものと思います

転職に目的という明確なゴールがあるなら、そのゴールをキャリアコンサルタントに伝えてください。

転職の目的に合うような求人を紹介してくれるだけでなく、その求人へ転職できるように的確なサポートをしてくれるはずです。

元に私も、「年収アップの転職」という目的を転職エージェントに叶えてもらった一人です。

非公開求人にこそあなたの目的の求人が

年収アップ、勤務環境改善、仕事内容の充足、転職の目的も様々でしょう。

そしてその目的に合う条件の良い求人は、誰でも見られる公開求人ではなく、会員しかみられない非公開求人にこそ隠れています。

非公開求人は、転職エージェントに申し込んで、キャリアコンサルタントから求人を紹介してもらうしか知る術がありません。

条件の良い求人は、「応募殺到を避けるため」などの理由で、非公開求人とされていることが多いです。

転職回数は転職成功に影響を及ぼすか

転職活動を行う際に気になるのが、「転職回数が多いと転職活動に影響が出るか否か」です。

実際のところ、何度も転職していると、「またやるのでは」と警戒されるのも確かです。

しかし転職回数が多いというだけで転職できない、というわけではありません。

やむを得ず転職回数が多くなっている方も多いでしょうから、そういう方が転職する方法だってあるはずですよね。

転職回数が多いと偏見を呼ぶのは確か

転職回数が多い人に対し、人事は「また転職するのでは」という偏見の目でみるのは確かに間違いありません。

何度も転職していると、「会社に不満を持ちやすい」「一つの場所にとどまっていられない」「人間関係の構築が下手」など、色眼鏡でみられながら転職することになります。

ですからあらかじめ、「一つの職場ではなるべく長く働く努力」が必要になります。

勤務開始後まもなくしてすぐ辞めてしまうような人は、どの会社からも大歓迎を受けることはできないのです。

転職回数が多い人は異性との付き合いが続かない人と同じ

転職回数が多い人をわかりやすいというのは、例えるなら一人の異性と付き合いが長く続かない人といったところでしょうか。

一人の異性と長く付き合うには、「相手に対する不満を受け入れる」「相手のいいところを見つける」など、多くの前向きな努力が必要です。

少しの「嫌だな」というほころびを放っておくということ、そこから関係は崩れていくでしょう。

もちろん、大きなストレス元を放置するべきではありませんが、前向きにお互いが幸せで居続ける努力を怠るべきではありません。

転職回数が多くても納得できる要因があれば問題なし

転職回数が多い人は、それだけで転職できないのかというとそういうわけでもありません。

問題は、「何度も転職していることに理由があるか」ということです。

たとえ転職回数が多かったとしても、納得できる理由で何度も転職していたとしたら、人事も納得です。

「多くの経験を積みたかった」「自分のキャリアプランに転職が必要だった」など、人事が採用したくなる理由を伝えることができれば、採用確率が上がるはずです。

転職面接の定番「転職回数が多いようですがそれはなぜ?」を聞かれたときの正しい答え方
転職面接で「転職回数が多いようですがそれはなぜ?」と聞かれたこと、ありませんか? 面接では定番の質問ですが、かなり人によっては答えにくい質問でもあります。 実はこの質問、正しく答えないと不採用になる確率が最も高くなると言っていい...

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、おすすめの転職サイト・転職エージェントをランキング形式で紹介しました。

とはいえ、今回は主に「求人数が多い順」でランキングを決めました。

その人にとって本当に最適な転職サイトは、「相性」で決まるので、ここだけは絶対に外せない!と言い切るのが難しいです。

そのため、転職サイト・転職エージェント利用は基本的に複数利用が基本です。