薬剤師の7割が転職失敗の経験アリ?失敗の経験談と成功するためのポイントとは

薬剤師のお仕事

せっかく薬剤師転職をしたのに、なんか思ったのと違う結果になった…」「せっかく転職できたけど、なんか失敗だった気がする…」

実は転職経験のある薬剤師の7割は、転職を失敗したと感じているのです。

しかしいざ蓋を開けてみると、転職を失敗をしてしまったと感じている薬剤師には、共通の理由があることが分かりました。

そこで今回は転職失敗をしたと感じている薬剤師の転職失敗理由の体験談や、転職失敗になりやすい原因、また転職失敗を回避するためのポイントなどを解説していきます

目次

薬剤師の転職失敗にありがちな理由

薬剤師が転職を失敗してしまった…!と感じる理由は、実は同じようなものが多いです。

まずは、転職の失敗にありがちな理由をチェックしていきましょう。

POINT

  • 転職の理由が明確でない・なんとなくで決めてしまう
  • 待遇だけみて決めてしまう(残業時間などが見れていない)
  • 転職先の企業研究ができていない
  • 教育制度が整っていない
  • 自分一人で転職活動を進めてしまう

    各ポイントについてもう少し詳しく解説をしていきます。

    転職の理由が明確でない・なんとなくで決めてしまう

    なんとなく今のままじゃダメな気がする

    もうちょっといい職場がありそう

    などと言ったように、明確な目的がないまま、転職活動を行ってしまうケースです。

    この場合、辞める目的や転職をする目的も明確でないため、いざ退職をして転職活動を行っても

    「うちじゃなくてもいいんじゃない?」「また同じように辞めてしまうのでは?」

    などと判断されてしまい、なかなか内定に繋がらない…なんてことになりかねません。

    またなんとなくで転職活動を進めてしまうため、転職先もなんとなくで決めてしまいがちです。

    働きだしてから「前の方が良かった…」「早まった選択をしてしまったのでは…?!」と言った後の祭り状態になってしまうのです。

    薬剤師の転職を考えてしまう12の理由
    薬剤師や看護師、医師などのコメディカルは、国家資格にもとづいて働く仕事です。 資格と技術があれば、転職することは難しくないので、転職率が高い業種でもあります。 転職のきっかけや理由は、キャリアアップやスキルアップのために転職をす...

    待遇だけみて決めてしまう(残業時間などが見れていない)

    待遇だけみて決めてしまう(残業時間などが見れていない)

    転職活動時に求人票の待遇だけで決めてしまうのも、転職失敗にありがちな原因の一つです。

    POINT

    • 月の給与が高かったので決めたら、残業が多く、かつ見込み残業込みの給与だった…
    • 給与は良いけど、雰囲気が最悪だった

      など、求人票の情報だけではチェックできないような落とし穴があり、転職を失敗してしまった…!という原因になりかねません。

      給与が平均より高い転職失敗にありがちな理由のは要注意

      確かに待遇が良いに越したことはないですが、同じエリア間の薬剤師平均給与よりも待遇が良すぎる場合は要注意です。

      常に人手不足であったり、離職率が高い、業務内容が過酷であるような場合、給与面を好待遇にしないと人員を確保できない、なんてことも多いです。

      待遇が良すぎる場合は、少し念入りにチェックをしておく必要があるでしょう。

      転職先の企業研究ができていない

      求人先の企業研究が出来ていない場合も、転職失敗となる原因となることが多いです。

      待遇だけで決めてしまうなどと少し被ってしまうところがありますが、口コミサイトなどを少しチェックすれば出てくるような情報を確認しないまま、入職したら思ったのと違った…!なんてことになってしまうことも。

      求人票の情報だけでなく、しっかりと企業研究を行わないと、「思っていた転職と違った…!」なんてことになりかねません。

      教育制度が整っていない

      未経験可の求人に応募をしたものの、実際に入職してみると研修や教育制度が整っておらず、なかなか職場にな慣れない・仕事が上手くいかない…なんてケースも、薬剤師転職にはよく見受けられます。

      特に未経験での転職活動をなる場合、未経験可と書いてあってもどの程度の研修制度が整っているかをチェックする必要があるでしょう。

      未経験可と書いてある求人も、実は離職率が高く、ハードルを下げることで人員を確保していることも多いです。

      しかしふたを開けてみると人手不足で十分な教育制度が機能していない・そもそもOJTスタイルで教育・研修制度が事実上ない、なんてこともよくあります。

      結果、憧れの職場に転職が出来たとしても馴染めずにまた再転職活動をする羽目に…なんてことになりかねません。

      薬剤師の未経験での転職は可能なのか?未経験でも転職成功させるコツとは
      薬剤師の転職時に気になるのが、未経験でも転職は可能なのかですよね。 国家資格のため資格があれば経験が無くても可能ではありそうですが、現場での経験が無いと難しいなんて声もききます。 一口に薬剤師と言っても、働き口は多岐に渡るため、...

      自分一人で転職活動を進めてしまう

      薬剤師転職において、自分一人で進めてしまうケースも転職失敗に繋がりやすいです。

      これまでの転職失敗の理由の総括にもなりますが、第三者の意見や口コミなどを十分にチェックせず、自分の思い込みで進めてしまった結果、「入ってみたら全然違った…!」なんてことも多いです。

      また一人で進めていくとなると、相手とのやりとりから面接対策、内定後の条件交渉など一人で進めていかなくてはならず、肝心の労働環境のチェックまでに気が回らないなんてことも。

      薬剤師転職の失敗体験談

      悩む薬剤師

      薬剤師転職において、「転職失敗してしまった…」と感じるケースには、どのような理由があるのでしょうか。

      ここでは、転職失敗経験のある薬剤師の失敗にありがちな理由を、体験談共にご紹介していきます。

      やめることが目的になっていた

      残業多いわ人間関係は最悪だわで、とにかくさっさとやめたくて仕方なかったです。

      このままじゃ会社に殺される…とおもいあわてて転職活動をはじめましたが、とくによくチェックもせず適当に決めてしまったせいで、新しい職場もあまりよくなくて…、

      残業も相変わらずあるし、職場の雰囲気とかも前の方が良かったかも…と後悔しています。早まった選択をしてしまいました。

      (女性・20代)

      人間関係が最悪だった

      シフト制で現場の人数が限られているからか、人間関係がギスギスしていました。

      一番上の立場の男性上司がとにかく横柄で、若手がどんどんターゲットになってはすぐ辞めていくような環境でした。

      面接時に実際に働いている職員、みたいな感じで紹介された時は感じのよさげな人だったので、なんていうか見た目だけじゃわからないなと…。

      いくら面接や職場見学で環境をチェックできても、実際の人間関係は入ってみないとわからないな…と思いました。

      (女性・20代)

      実は残業が多い職場だった

      残業なし♪残業実績月10時間程度♪って書いてあったのにぜんぜんそんなことなかった。サビ残は当たり前だし、そもそも人が足りていないので、ちょっと残らないと全然回らない。

      さすがに求人票と違いすぎて…。

      でもすぐ辞めたところでまたすぐ就職先が見つかるとも思えず、暫く働き続けました。

      (女性・30代)

      激務で体を壊してしまった

      新卒のときに受かった病院で病院薬剤師として従事していました。

      自分が想像していたよりも忙しくて結構しんどくて…。平日はフルで働いて、土日は何かと勉強会に顔を出さなくてはいけなかったり…。

      きついと思っても、1年目なんてそんなものかもしれない、周りも同じように働いているんだからと言い聞かせてたら体を壊しました。

      (女性・20代)

      研修が全くなくてしんどかった

      未経験で入職したら、研修制度とは名ばかりのものでそのまま一人前で放り出されることに。

      そもそも人が足りていないので、上司が教育にまで頭が回らない…なんて状況でした。

      それでも何とか自分で勉強したり、質問したりしながら頑張ったものの、特段給料が高いわけでもないのにここまで頑張る意味とは…と思い、また再転職活動を始めました。

      未経験可に飛びついてはいけないと身をもって感じましたね…未経験OKをプッシュしているなんて、「うちは人手が足りていないですよ」って言っているもんだと思いました。

      (女性・30代)

      待遇だけで決めてしまい雰囲気を見ていなかった

      前職の給料が安く、昇給も見込めなかったので、待遇がいい所に転職を決めました。

      でもいざ蓋を開けてみると、毎日数時間の残業に人手は常に足りていないしで、こりゃ給料高いわ!って感じです…。

      そんな感じで忙しいので、同僚も殺伐としていて雰囲気は最悪。上司の機嫌が悪いともうお通夜状態。給料だけで飛びついてはいけないなとはんせいしました…

      (男性・20代)

      なんとなくで転職を決めてしまった

      周りがキャリアアップのために転職したり、子供ができたりで、焦っていたところがあります。

      それなりに大手ではあったものの、今の職場でキャリアアップも見込めなくて…。

      このタイミングで環境を変えてもいいかもと思って転職を決めました。

      でも正直辞めることが目的というか、キャリアアップしたいなんて漠然としていたので、全然次が決まらず…。面接でも結構厳しいことを言われることが多かったです。

      結局一旦派遣で働いていますが、結構早まった選択をしてしまったなと感じます。

      (女性・30代)

      薬剤師転職の失敗を回避するためのポイント

      薬剤師の転職活動の失敗を回避するためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

      そこでここでは、薬剤師転職時に気を付けたい、失敗を回避するためのポイントを解説していきます。

      POINT

      • 転職において優先順位を明確にする
      • 残業時間など数字面での情報をしっかりチェックする
      • 実際の現場もチェックさせてもらう
      • 具体的な仕事内容をしっかり把握する
      • 勤務エリアの給与相場を確認
      • 転職時期のタイミングを図る
      • 自分でもしっかりと企業研究を行う
      • 退職理由は前向きな理由で伝える

        各ポイントを解説していきます。

        転職において優先順位を明確にする

        転職先に求めること・自分が働く上で優先しておきたいポイントの優先順位を明確にしておきましょう。

        優先順位が明確になっていないと、何のための転職活動なのかがブレてしまい、好待遇の求人に目がくらんでしまう…なんてことになりかねません。

        もちろん待遇を改善したい!という場合はそれでも良いですが、「この待遇条件は本当に適用されているのか」「待遇がいいが、その分なにか裏が無いか(残業代込みで、長時間の見込み残業が含まれていないか、職場の環境はなど)」、周辺の情報をチェックしておく必要があります。

        この周辺情報がしっかりとチェックできていないと、「思っていた転職活動にならなかった」と、転職に失敗してしまった…と感じてしまう原因になりかねません。

        転職時の一つの指標になるように、自分が今回の転職において一番優先したいことは何か・転職先に譲れないポイントはどこか、と細かいところを洗い出しておくことで、転職失敗を防ぎやすいと言えるでしょう。

        箇条書きでもいいので、自分が転職時に譲れないポイントを洗い出しておきましょう。

        残業時間など数字面での情報をしっかりチェックする

        転職活動時には、求人票の数字面もしっかりとチェックをしておきましょう。

        口コミや評判では「休みも取りやすい」「残業が少なく働きやすい」と書かれていても、実際は異なっていたり、店舗によって異なる、ということも無いとは言えません。

        評判だけで決めずに、求人票などできちんとデータでチェックを行い、明確な数字で判断をしましょう。

        求人票でチェックをしておきたいポイント

        チェック項目内容
        給与額月収はいくらか・見込み残業代は込みなのか・その他の手当てはどの程度つくのか
        取得休暇数有給はいつからどの程度付与されるのか
        年間休日数年間休日数が125日だと、完全週休二日+休日も含まれる。逆に120日いかになってくると、週6日シフトなども考えらえれる
        有給消化率在籍者の有給消化率はどの程度か、パーセンテージが低いと、休みがとり辛い環境である可能性あり
        月間の残業時間月間残業時間はどの程度か、
        職員数どの程度の職員数で回しているのか、職場の規模感の見あった人数であるか、常勤薬剤師の割合は
        処方箋枚数・メイン科目ひと月当たりの処方箋枚数は、常勤薬剤師一人当たりの処方箋数は、メイン科は
        離職率職場の離職率はどの程度か。離職率が高いと、退職につながる根本的な原因がある可能性も
        職場の平均年齢若い職場なのか、年齢層が高めなのか

        上記のように自分でもリスト化を行い、応募求人に問題が無いかを可視化することが大切。

        転職時は対応しなくてはいけないタスクが多すぎたり、気持ちが落ち着かずにいて、冷静な判断が出来ていないことも多いです。

        そんな状態でチェックして確認漏れが起こり、転職失敗になってしまっては勿体ないです。

        上記のチェック項目を元に求人票上でもチェックを行い、気になるところは面接時にもヒアリングを行いましょう。

        実際の現場もチェックさせてもらう

        選考が進んだのであれば、実際に働く現場の職場見学をしておきましょう。

        条件は満たしている、面接担当者の雰囲気もいい感じであっても、実際の職場を見学することで、環境や働く先輩の雰囲気をチェックできます。

        もちろん入職しないとわからないことも多いですが、実際の現場をチェックできていることで、なんとなくの雰囲気をつかむことできます。

        実際に入職後に働くのは自分です。現場の雰囲気や、一緒に働くであろう先輩や同僚の雰囲気もしっかりとチェックをしておきましょう。

        具体的な仕事内容をしっかり把握する

        具体的な仕事内容のチェックもしっかりと把握をしておきましょう。

        薬剤師としての採用なのに、気づいたら関係のない仕事まで任されてしまっている、聞いていた仕事内容と違う、なんてことになってしまうことも。

        入職後のギャップを防ぐためにも、具体的な仕事内容を把握し、面談時などにすり合わせを行いましょう。

        勤務エリアの給与相場を確認

        希望エリアの給与相場を確認しておきましょう。

        応募職種の給与が勤務エリアの平均給与額よりも高額の場合、高額になる原因がある可能性が高いです。

        仕事内容が激務・人手が足りない・すぐ離職してしまうなど、高給にしないと人材が集まらないため、平均よりも高給に設定がされている可能性が高いです。

        明らかに平均よりも高い場合は、口コミなどをチェックする、給与内訳を確認する、面接時にヒアリングするなど、高い理由を確認しておくようにしましょう。

        意味もなく好待遇なんてことはありません。

        転職時期のタイミングを図る

        転職時期のタイミングを図ることも大切です。

        転職市場では求人が多く出回りやすい時期と、そうでない時期があります。特に期限安堵が無いのであれば、時期を狙って転職活動を進めていくのも、ひとつの対処法と言えるでしょう。

        求人が出回りやすい時期:1月~3月頃

        年明け1月~3月頃は市場に求人が出回りやすい時期と言えます。

        新年度に合わせて人員を確保しておき、年度開始と同じタイミングで入職と言ったサイクルで進める企業も多いためです。

        このような時期を狙うのも良いでしょう。

        転職におすすめなのは何月?最適な時期やタイミングとは?
        転職したいと思っても、何の戦略もなしに転職活動を始めてしまうのは効率が悪いといえます。 転職をするのなら、時期やタイミングについてもよく考えるべきです。 何月に求人数が多いのか、逆に何月だと求人数が減ってしまうのか、転職におすす...

        より転職成功を狙うのであれば

        今の職場で働き始めたばかりの場合、急を要していないのであれば、1年ほど働いてから転職活動を行うのも一つの対処法です。

        勤務期間が短期間であると、転職時にネガティブな評価になりやすいです。

        『とりあえず3年は働くべき』なんて聞いたことがあると思いますが、これは3年働けば最低限の社会人マナーなども身につき、また忍耐力もあると評価されやすくなります。

        しかしさすがに3年は待てない…という場合は、とりあえず1年間働いたという経歴をつくってから、転職活動を始めるのも良いでしょう。

        もちろん激務で体を壊しているなど、すぐにでもやめなくてはいけない状況下で無理をする必要はありませんが、短い労働期間では印象が悪くなりやすいのも事実。

        まずはとりあえず1年間頑張って、転職活動を指導する準備を進めるのもおススメです。

        転職面接の定番「転職回数が多いようですがそれはなぜ?」を聞かれたときの正しい答え方
        転職面接で「転職回数が多いようですがそれはなぜ?」と聞かれたこと、ありませんか? 面接では定番の質問ですが、かなり人によっては答えにくい質問でもあります。 実はこの質問、正しく答えないと不採用になる確率が最も高くなると言っていい...

        退職理由は前向きな理由で伝える

        転職活動時には、前職の退職理由を聞かれることも多いです。

        その際には、前向きな理由での退職理由を答えるようにしましょう。

        退職理由を聞く理由としては、その人の考え方をチェックするために行われます。

        ここで「前の職場が最悪で」「給料が低くて」とネガティブな理由であると、その人に対してネガティブな印象をもってしまいかねません。

        そのため「御社が魅力に感じて」「自己成長のため」といったように、前向きな理由での退職であることを伝えられるようにしておきましょう。

        面接で前職の退職理由を聞かれたときの正しい回答
        面接で聞かれる事が多い「退職理由」。この退職理由の答え方でミスすると面接において大きなマイナスとなります。退職理由に関してしっかりと考えておくべきでしょう。

        薬剤師転職におすすめの転職サイト

        薬剤師の転職失敗の原因の中には、「一人きりで転職活動をしてしまう」という項目がありました。

        そのため少しでも薬剤師転職を成功させるためには、プロの手を借りて転職活動を進めることもおススメです。

        そこでおすすめが、薬剤師の求人に特化した薬剤師向けの転職エージェントを利用するこ都です。

        ここでは薬剤師の転職におすすめの転職エージェントをご紹介していきます。

        • 薬キャリ
        • マイナビ薬剤師
        • リクナビ薬剤師

        薬キャリ

        総合評価
        対応エリア全国
        公開求人数61,743件
        雇用形態正社員、契約社員、派遣、パート
        対応施設調剤薬局、病院、調剤薬局・OTC販売、OTC販売のみ、企業、その他
        登録・利用料無料
        運営会社エムスリーキャリア株式会社

        POINT

        • 薬剤師利用満足度ナンバーワン
        • 病院・調剤薬局の求人に強い
        • 最短三日で転職可能

          薬キャリは、メディカル領域に強いエムスリーキャリアが運営する転職エージェントです。

          薬剤師の他にも医師転職サービスなども手掛けており、医療業界で培ったノウハウが充実しています。そのため、薬剤師転職においても高い満足度をキープしていると言えるでしょう。

          また最短で3日で転職が可能と、スピーディーなサービス体制も魅力的です。

          薬剤師転職時には登録しておきたいサービスです。

          薬キャリエージェントの口コミ・評判の真相とは!本当におススメなのか
          数ある薬剤師転職サイトの中でも、薬キャリエージェントに目をつけて、これから利用しようかと検討中の方も多いのではないでしょうか。 薬キャリエージェントは実際転職を考えている薬剤師にとって使いやすいのか。 他の薬剤師転職サイトと何が...

          マイナビ薬剤師

          総合評価
          対応エリア全国
          公開求人数49,931件(※非公開求人を除く)
          雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
          業種調剤薬局、病院・クリニック、ドラッグストア(調剤併設)、ドラッグストア(OTCのみ)、臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)、臨床開発(QA、QC、DM、統計解析など)、学術・企業・管理薬剤師、薬事、営業(MR・MS・その他)
          登録・利用料無料
          運営会社株式会社マイナビ

          POINT

          • コンサルタントのサポート体制が手厚いと評判
          • 地方でも対面でのサポートが受けられやすい
          • 安心のマイナビグループ
          • 企業系の求人に強い

            マイナビ薬剤師は、人材大手のマイナビが提供している薬剤師転職サービスです。

            メディカル領域のマイナビ薬剤師やマイナビドクターをはじめ、新卒向けのマイナビ新卒・マイナビ転職など各ジャンルで培ってきたノウハウがあります。安心感が魅力の一つと言えます。

            またマイナビ薬剤師はコンサルタントの手厚いサービスも魅力の一つです。

            求人紹介だけでなく、書類添削や面接対策なども力を入れているため、選考に自信がない人や初めての転職活動でも、安心して臨むことができるでしょう。

            求人も幅広いですが、中でも企業系の求人が多い傾向にあります。

            手厚いサポートを受けたい人には、マイナビ薬剤師がおススメです。

            マイナビ薬剤師の評判の真相は?口コミから分析するメリットデメリットを徹底解説
            「マイナビ」といえば、転職サイトをはじめあらゆる分野のサイト運営でおなじみの一大企業。 そのマイナビが運営する薬剤師向け転職支援サイトが「マイナビ薬剤師」です。 人材関連事業の古株マイナビの薬剤師専門転職サイトということで、その...

            リクナビ薬剤師

            総合評価
            対応エリア全国
            公開求人数41,119件
            雇用形態正社員、アルバイト・パート
            対応施設調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)、病院、企業、漢方薬局、ドラッグストア(OTCのみ)、クリニック、その他
            登録・利用料無料
            運営会社株式会社 リクルートメディカルキャリア

            POINT

            • 人材大手のリクルートが運営
            • 求人数は業界トップクラス
            • 薬局やドラッグストアの求人が強い

              リクナビ薬剤師は、人材大手のリクルートが提供する薬剤師転職サービスです。

              リクルートもメディカル領域だけでなく、総合ジャンルの転職サービスも高い評価を受けているため、安心感という点では強い転職サービスと言えるでしょう。

              また薬局やドラッグストア求人に強い傾向があります。薬局での転職を検討している場合はリクナビ薬剤師をおすすめしたいです。

              リクナビ薬剤師の評判の真相とは?口コミから調査した特徴を徹底解説
              転職業界でも最大手の一つとしてよく知られるリクナビが運営している薬剤師専門の転職サイトがリクナビ薬剤師です。 就職や転職をする上で多くの人が利用している企業だからこそ、薬剤師専門のサイトにも安心できるサポート体制が整っていると期待でき...

              薬剤師転職でエージェントを利用した方がいい理由

              薬剤師店転職でエージェントを利用した方がいいことは分かったけど、別に一人でも転職活動を進められるでしょう?

              わざわざエージェントを利用するメリットなんかある?

              薬剤師向けの転職エージェントを利用には、ただ求人紹介をして貰える他にも、たくさんのメリットがあります!

              ここでは、なぜ薬剤師転職にはエージェントを利用した方がいいのかについて解説していきます。

              • 企業とのやりとりを代わりにやってくれる
              • 面接練習などにも対応して貰える
              • 市場には出回っていない内情を教えてくれる
              • 公には出されない非公開求人を紹介してもらえる
              • 内定後の条件交渉などを代わりにやってくれる

              各ポイントをもう少し詳しく解説を行っていきます。

              企業とのやりとりを代わりにやってくれる

              一人で転職活動を進めていくとなると、求人先との面接日程の調整から、求人先ごとに作成する履歴書などの作成に面接練習に企業研究など、1社応募するだけで自分の負担がとても大きいです。

              その上、同時に複数の企業に応募したり、現職で働きながらの転職活動となると、完全にキャパオーバーとなってしまうケースも。

              筆者もエージェントを頼る前はExcelで管理しながら活動をしていましたが、それでも管理が追い付かず頭の中で何回も情報がこんがらがる…なんてことが常にありました。

              しかし転職エージェントの場合、基本的に企業との連絡はエージェントが代行して行います。

              そのため自分は面接対策などに集中することができるのです。

              特に現職で働きながら薬剤師転職活動を行う人こそ、エージェントの利用をオススメしたいです。

              面接練習などにも対応して貰える

              転職エージェントでは、選考に必要な提出書類の添削や、面接の実技練習などにも対応をして貰えます。

              なかなか書類選考から先に進めない…

              面接でいつも失敗してしまうけど、どう改善すればいいかわからない…

              こんな方でも、自信をもって選考に臨むことができるようにしっかりとサポートをして貰えます。

              選考に落ちてもフィードバックが貰いやすい

              仮に面接などに落ちてしまっても、エージェントでは選考に落ちた理由をヒアリングしているケースが多いです。

              そのため選考に落ちた理由を元にまた対策を行って貰えるため、確実に次に繋がる改善を行うことができます。

              一人で転職活動を進めている時は落ちてしまった理由を憶測で考えるしかないため、より確実にスピーディーに転職活動を進めていくことができる点も、大きなメリットと言えるでしょう。

              市場には出回っていない内情を教えてくれる

              転職エージェントでは気になる求人の現場の内情や、どういった人物が求められているのかなども教えてもらうことができます。

              転職エージェントでは、各求人先の採用担当者と繋がっています。

              そこで企業の内情や求人の背景などもしっかりとヒアリングしているため、どういった人物が求められているのかなど自分のリサーチでは得られない内情なども教えてもらえる可能性が高いです。

              エージェントとしても、よりマッチング度の高い人材が紹介できないと、内定を出してもすぐに退職されてしまい、再度コストをかけなくてはいけなくなります。

              そのためクレームに繋がりかねないため、よりマッチング度を測るためにもそういった内情を教えてくれる傾向にあります。

              公には出されない非公開求人を紹介してもらえる

              転職エージェントには、他社では公開されていない非公開求人を保有していることが多いです。

              そのため転職エージェントを利用するだけで、チェックできる求人の母数が増えるというメリットがあります。

              エージェントが非公開求人を保有している理由としては、エージェントと独占契約をすることで、良い人材を優先的に回してもらうという背景があります。

              求人を掲載して選考を行うよりもコストがかからず、より良い人材を確保できるというメリットもあります。こういった企業は大手やホワイト企業であることが多いです。

              そういった良求人を回してもらうためにも、薬剤師転職活動時には転職エージェントを登録しておくべきと言えるでしょう。

              より良い求人を回してもらうには?

              そんな良い求人をまわしてもらえるのなんて、一部のハイスペックな人だけなんでしょ?

              普通の薬剤師の自分じゃ結局紹介されないんじゃない?

              確かにエージェントとしても、企業が求める条件にあう人材を紹介しなくてはいけないため、必然的にスペックが高い人に回りやすいのも事実です。

              非公開求人のすべてがそういった求人だけではありません。中には「一定の条件で、すぐにでも入れる人」や、細かい指定がある人材であることも。

              そういったお宝求人を回してもらうには、自分の転職の熱意をエージェントに伝えて、優先順位を上げてもらうことが大切です。

              エージェントの担当スタッフとしても、複数人の利用者を抱えています。

              中には転職を急いでいないけど、とりあえず登録をしてみようかな…なんてケースもあります。

              返事が遅かったり、熱意が感じられないと「この利用者はあまり転職を急いでいないのかも」と判断されてしまい、他の急いでいる人に、合わされてしまうことも。

              自分に優先的に回してもらうためにも熱意を伝えるようにしていきましょう。

              内定後の条件交渉などを代わりにやってくれる

              転職エージェントでは、内定後の条件交渉なども対応して貰えます。

              入社日の相談や待遇の条件など、自分ではなんとなく言いづらい・難しいところもありますよね

              しかし薬剤師転職エージェントでは、入職後の日程調整や待遇の条件も行って貰えるのです。

              薬剤師転職の失敗をできるだけ回避しよう!

              今回は薬剤師転職の失敗にありがちない理由などをご紹介してまいりました。

              あらためて、薬剤師の転職失敗にありがちな理由を振り返っていきましょう。

              • 転職の理由が明確でない・なんとなくで決めてしまう
              • 待遇だけみて決めてしまう(残業時間などが見れていない)
              • 転職先の企業研究ができていない
              • 教育制度が整っていない
              • 自分一人で転職活動を進めてしまう

              薬剤師転職において、失敗してし舞ったと感じる人の多くは準備不足であることが分かります。

              勢いで決めてしまったり、よく調べもしないできめてしまうことで、失敗してしまったかも…なんて感じてしまうケースが多いでしょう。

              もちろんときには勢いも大切ですが、それはケースバイケース。成功を目指すには、入念な準備が何よりも大切です。

              今回ご紹介した転職失敗を回避するコツを駆使しながら、薬剤師転職の成功を目指していきましょう。

              貴方の薬剤師転職が成功することを願っています。

              監修薬剤師 五冷ヒロ 
              薬剤師→フリーライター
              薬学部卒業後、調剤薬局の保険薬剤師として内科・外科・小児科・皮膚科・肛門科、脳神経内科に従事。20年よりライター業に転向し、薬剤師転職や旅行記事のほかに、スパイス&ハーブの解説なども執筆経験があります。
              大学時代から続けている写真撮影を組み合わせた、オリジナル記事の執筆が得意。
              幅広い科目での経験を元に、皆様の知りたい!に応えられる、信頼性と分かりやすさを両立した情報をお届けします。
              こんな薬剤師転職サイトは選ぶな!と言われがちな特徴とは?ほんとうにおすすめのサービスとは
              薬剤師が転職を考えた時、利用するべきなのが「薬剤師専用の転職エージェント」です。 薬剤師業界に特化した転職エージェントを利用することで、専門性の高いキャリアアドバイザーの支援を受けながら、効率的な転職活動を行うことができます。 ...
              薬剤師転職サイトライブラリー!転職サイトのベストの選び方と活用方法も紹介!
              薬剤師の転職サイトは、一般的なリクナビやdodaなどの転職サービスではなく、薬剤師専用の転職サイトが用意されていることが特徴です。 薬剤師が転職を考えるとき、これらの転職サイトを使うことが、一般的な方法となっています。 ただ、転...
              30代で薬剤師に転職は難しい?転職にオススメの薬剤師とは?
              新卒で薬剤師として働き始め、仕事にも慣れてきた30代は、ふと立ち止まって新たにキャリアを見直す人も多いと思います。 今回は、30代で薬剤師に転職をすることはできるのか? また国家資格は持っているものの30代まで一度も薬剤師として...
              薬剤師の離職率はどれくらい?職種ごとにデータ比較
              薬剤師はすぐに転職してしまう。 そんな話を誰もが1度は聞いたことがあるはず。 労働環境、年収アップ、スキルアップなどと転職理由はさまざまです。 ところで薬剤師の離職率ってどれくらいなのでしょうか。 周囲の薬剤師の転職...

              コメント