ホワイト業界とはどんな業界?おすすめのホワイト業界はここ!

大企業 転職コラム

誰しも共通の願いとして、「なるべくホワイトな業界で働きたい」というものがあるはず。

ブラック業界に一度入ってしまうと、その中で「低賃金」「休み無し」など、とても働きやすいとは言えない会社でこきつかわれてしまうのです。

反対にホワイト業界にて働くことができれば、安定した休日設定にて、安定した賃金をもらいながら働くことができます。

ホワイト業界の仕事は、社会の生活に根付いたとてもやりがいのあるものが多いです。

もう言うまでもなく、ホワイト業界で働くほうがはるかに生活満足度が上がります。

現在ブラック業界で働いており、「次転職するなら絶対にホワイト業界」と考えている方のために、今回はどの業界がホワイト業界なのか?

ホワイト業界で働くにはどうすればいいのか?

ホワイト業界について詳しく説明していきたいと思います。

どんな業界がホワイト業界なのか?ホワイト業界の定義

それではまず、「ホワイト業界とはどんな業界のことをいうのか」。

ホワイト業界の定義から初めていきたいと思います。

生産性が高く利益率も高い、新規参入の難しい業界

ホワイト業界とはまず、競争率が低く新規参入が難しい業界を指します。

そして、生産性や利益率が高く、業界で働く人の持つ専門性が高い業界が、一般的に「ホワイト業界」と呼ばれます。

まとめると「代替が効かない」、唯一無二な業界が「ホワイト業界」と呼ばれるのです。

一度ホワイト業界に入ってしまえば、生活に確固たる基盤を築くことができるので、大きな苦労なく働きやすい環境で仕事することができるのです。

ホワイト業界の企業は働きやすい

また後ほど詳しく説明しますが、ホワイト業界に属す会社は一般的に「ホワイト企業」と呼ばれ、とても働きやすい企業が多いです。

逆に、ブラック業界に属すブラック企業で働いていると、どれだけ長時間勤務を続けたところで「充実感」「幸福感」を味わうのは難しいでしょう。

絶対オススメなホワイト業界

それではさっそく、どの業界がホワイト業界なのか。

ホワイト業界の種類を調べていきましょう。

地方公務員

国や市、区の職員「地方公務員」の業界はホワイト業界です。

新規参入が難しいどころか、公務員は参入が不可能な業界。

仕事に市場はありません。

地方公務員の特権は、「土日休み」「残業なし」「昇級も安定している」「退職金も多い」など、ホワイトな特徴を挙げればきりがないほどです。

働く自治区によっては、とても楽な仕事で一日を終えることができるほどです。

その分、地方公務員の業界に入るには、厳しい公務員試験をクリアしなくてはなりません。

しかし一度入ってしまえば、その後の人生はかなり安定する…と言っていいはずです。

インフラ業界

社会的インフラに関わる仕事にまつわる「インフラ業界」は、社会を回す上で必ず必要な業界です。

インフラ業界で働いていれば、まず「仕事がなくなる」ということはありえません。

新規参入が困難で、生産性も高い。

文句なしのホワイト業界です。

インフラ業界の親会社だけでなく、子会社も安定しており、社員はかなり高待遇を受けることができます。

その分、インフラ業界本社に入社するのはかなり難しいですが、インフラ業界で働くために努力する価値は十分あると思います。

タバコ業界

日本で唯一たばこの販売が許されているのはJTだけ。

タバコ業界には「競争」という言葉がないのです。

昨今たばこの規制が厳しくなっていますが、まだまだ日本でもたばこの需要は強いです。

原価は70円と安いにもかかわらず、500円で販売するという強気の価格設定。

これも、JTが市場を独占しているからこそできることです。

JTの売上は現在も増え続けており、売上高は2兆5000億円にも登ると言われています。

航空・海運業界

航空・海運業界もホワイトな業界です。

JALやANAなど大手航空会社や、日本郵船、商船三井、川崎汽船など大手海運会社がその代表的な例です。

国の認可が降りないと参入できない航空・開運業界は、新規参入がとてもむずかしい業界。

さらに、ジャンボジェット機や大型船を導入するコストはとても高く、購入がとてもむずかしいです。

今後もこれら航空・海運の代表的な企業を打ち負かす新規企業が出てくることは、もしかしたら無いのかもしれません。

当然航空・開運業界も、企業の入社が難しい業界ですが、平均年収が高く働きやすい企業ばかりです。

元公務員業界

今でこそ民営企業ですが、以前は公務員だった業界もホワイト業界です。

もともと公務員だったため、業界全体が生産性が高く、新規参入が難しい業界であること、そして企業の体質として「公務員時代」が抜けきってないので働きやすいところが多いです。

日本郵便などがここに当たります。

ホワイト企業の定義

ホワイト業界で働くとはつまり、ホワイト企業で働くことと同義です。

「ホワイト業界に行きたい」=「ホワイト企業で働きたい」

ということですよね?

それではここからは、ホワイト企業とはどんな企業なのか?

について調べていきましょう。

働きやすいとはいうものの、ホワイト企業はどんなところがどのように働きやすいのか?

チェックしておきたい!ホワイト企業に転職するためのポイント
残業は終電まで、休日出勤は当たり前。 今の会社辛いけれど、転職するにも一歩踏み出せない。 そんな人のために、ホワイト企業への転職に向けてのポイント・準備をご紹介いたします! ホワイト企業へ一歩踏み出すためにお役立てください...

福利厚生がしっかりしている

まずホワイト企業の特徴として、「福利厚生がしっかりしている」ことが挙げられます。

福利厚生がしっかりしているとは、例えば「住宅手当」「育児休暇」「社員旅行」「健康診断」などの制度があるということ。

ホワイト企業は資本に余裕があるので、社員に福利厚生制度として多くを還元します。

福利厚生の設定は企業によってバラバラです。

ホワイト業界といっても、企業によってあるなしがはっきりしてくるので、入社前にしっかり調べておきましょう。

年収が高い

ホワイト企業の特徴としてやはり外せないのが「年収が高い」点ではないでしょうか。

そして年収が高いだけでなく、年収の額も一定で安定しているのが特徴。

ホワイト業界は生産性が高いので、年収が下がるということがあまりないのです。

離職率が低い

せっかく苦労して入ったホワイト業界のホワイト企業、そう簡単に辞めるわけがありません。

ホワイト企業の特徴として「離職率が低い」というのも一つ挙げられます。

人が転職するのは、「企業に不満があるから」です。

働きやすいホワイト企業に対して不満が出てくるわけがないのです。

女性が働きやすい

ホワイト業界のホワイト業界は、女性社員への扱いも手厚いのが特徴です。

また、ホワイト企業は女性管理職の割合が多いのも特徴の一つです。

ホワイト業界で働くには?

ここまでで、ホワイト業界、ホワイト企業の魅力を散々語ってきました。

誰しもホワイト業界で働きたいとおもうのが当然のこととは思うのですが、さてどうすればホワイト業界にて働くことができるのか。

ホワイト業界で働くための手順、方法も学んでおきましょう。

自分の能力を棚卸しして最大限に使う

ホワイト業界で働くのはとても大変です。

ホワイト業界の企業はどの企業も、働く社員に高い専門性が求められるからです。

そこで働くにはまず、「自分には何ができるのか」を考える必要があります。

自分にはどんなスキルがあるのかを考えてから、その自分のスキルを最大限に引き出して、フルに能力を引き出してから入社試験に臨むこと。

普通の業界からホワイト業界に転職するとしたら、かなり過酷な試練をくぐり抜けなければならなくなるでしょう。

働き出す前にしっかりと事前調査を行う

ホワイト業界は、一般的な業界と比べてかなり特殊な体質です。

独特な常識のもと経営がされており、求められる人材、働く上で求められるスキル、求められる資格もかなり独特なものです。

それらを、事前にしっかり調べておき、その条件を満たしておくこと。

これが、ホワイト業界で働くために必要なことです。

転職エージェントを使う

ホワイト業界で働くためにはまず、求人探しからしっかり行う必要があります。

そして、ホワイト業界のハイクラスな求人は、一般的な誰でもみられる転職サイトにはなかなか降りてこないものです。

そもそも、ホワイト業界の人材登用は、縁故採用や紹介など、一般的な転職活動と同じ手順で行うことが少ないです。

それでもなんとかホワイト業界で働きたいと思うなら、多くの優良非公開求人を扱う「転職エージェント」の活用をおすすめします。

それも、過去の実績が多く、質の良い求人をたくさん扱う、とびきり優秀な転職エージェントを利用しましょう。

リクルートエージェント

転職エージェント最大手「リクルートエージェント」がまずおすすめです。

リクルートエージェントの良いところはやはり、「圧倒的な求人の量」でしょう。

豊富な求人の中には、「非公開求人」としてホワイト業界の求人も多く含まれています。

ホワイト業界の求人は、リクルートエージェントの「非公開求人」として扱われていることが多いです。

良い条件の求人は、一般公開すると「応募が殺到する」など不都合が生じるからです。

非公開求人を見るには、リクルートエージェントに登録して会員となるしかないのです。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

ちなみに「ブラック業界」は?

働く社員にとって魅力的なホワイト業界。

それでは対象的に、社員が働きにくいブラック業界とは具体的にどんな業界なのか。

ブラック企業の種類について、ここでは調べてみましょう。

IT業界

IT業界は、一般的にブラック企業が多い、すなわちブラック業界だと言われがちです。

IT業界は、現代ニーズが強く生産性も高いですが、とにかく人手不足。

社員はかなり辛い環境下での仕事を強いられています。

IT業界で働きやすいと感じている人は、かなり限られた一握りの人だけだと言われています。

飲食業界

飲食業界は全体的にブラック業界です。

休みが少なく、利益率も低いので社員の年収も低いです。

飲食店の運営元も、「少しでもコストを抑えること」を考えるので、社員の給与を削るなど環境の悪化につながることを続けます。

個人経営のお店でもフランチャイズのチェーン店でも、社員の働きやすさにそう大差ありません。

介護業界

離職率が高く、反比例して年収が低い介護業界は、はっきり言ってブラック業界です。

介護施設は基本的に24時間常に可動しているので、職員の休日が少ないのも特徴です。

ブラック業界である介護業界で働くことになったなら、少しでもホワイトな施設で働くために努力するべきです。

ホワイト業界まとめ

いかがだったでしょうか。

ホワイト業界について、今回は詳しく説明しました。

ホワイト業界で働けば、しっかりした福利厚生制度のもと、高い年収をもらいながら仕事することができます。

ですが、ホワイト業界で働くためには、かなり厳しい試練を乗り越えねばならないのです…。

コメント