「つまらない仕事をどのようにこなしますか?」の回答例

面接の質問

新卒採用の面接と同じく、転職面接の場においても「定番の質問」というのはあるものです。

そんな「定番の質問」の一つが「つまらない仕事をどのようにこなしますか?」というもの。

この質問は普段の仕事で考えている人も少いでしょうから、あらかじめ自分のなかで準備してないと即答は難しいです。

それどころか、多少考えたところで答えるのが難しい質問でもあります。

この質問には、採用担当が「面接相手の仕事観を知りたい」という意図があります。

質問の意図がわかっていれば適切に答えるのは簡単なこと。

面接官に「うちでもバリバリ仕事してくれそう」と感じさせる返答をすればいいだけです。

「つまらない仕事をどのようにこなしますか?」の回答例

さっそく、「つまらない仕事をどのようにこなしますか?」と聞かれた時答えるべき回答例から調べていきましょう。

ここで紹介する回答例を一語一句正しく言えとは言わないですが、大きな方向性はここで紹介する回答例に沿って回答してください。

回答例1「仕事の意義を考える」

はい。私はまず仕事についてまず考えるところから考えます。

私個人がその仕事についてどのような感情を抱いていたとしても、会社にとってはその仕事に必ず意味があるはず。

ですからまず私は、任された仕事の意義から考えます。

その仕事はもしかすると、他の社員をアシストする意味があるのかもしれない。

もしかすると、社内のコスト削減につながる仕事なのかもしれない。

もしかすると、つながりの深い他社を喜ばせる意味がある仕事なのかもしれない。

どうしても仕事をする以上「好き嫌い」は出てきます。

ですがその感情はひとまず置いて、「意義」を考えることで仕事の責任感は出てきます。

それによって、個人的にも仕事に張り合いが出てきて、一生懸命務めることができると思います。

回答例2「つまらない仕事などない」

私は仕事に「面白い、つまらない」を持ち出すことがまず間違っていると思っています。

仕事としてある以上、かならず会社にとって意味があります。たとえどんな仕事でも。たとえ、資料をホッチキスで留めるような仕事でも同じと考えています。

例えば複数の仕事を同時に任されたとしたら私は、「面白い」「つまらない」で取り掛かる優先順位を考えるのではなく、会社にとっての重要度で考えています。

もちろんその重要度も、事前に上司などへ確認を取って、独断で決めないようにします。

そうすることで、個人の感情で仕事にあたることなく、会社にとっての重要度順に、スムーズな仕事を当たることができると思っています。

「つまらない仕事をどのようにこなしますか?」の質問意図

さて、「つまらない仕事をどのようにこなしますか?」の質問には、面接官が何を確かめたいという意図があるのか。

記事の最初でも少し触れた質問意図を、もっと深堀りして考えてみたいと思います。

仕事をどう捉えているか

一番大きな質問意図は、面接官が「この人は仕事をどのように捉えているか」です。

仕事に対して、楽しい、楽しくない、面白い、面白くないの感情をどこまで介在させるのか。

自分に回ってきた仕事を、どのように対処しているのか。

それらを確かめる意図があります。

面接官はそのものずばり、「あなたは仕事に対してどのような感情を持っていますか」というストレートな質問はあまりしません。

その質問を回りくどく外堀を埋める形の聞き方が「つまらない仕事をどのようにこなしますか?」というものなのです。

業務を選んで仕事しているか

この質問には、「仕事に対する感情」を確かめる意味があります。

つまり、回ってきた仕事を選んでいるのか。

もっとわかりやすく言うと、「業務を選んで仕事しているか」「仕事に不満を持ちやすい人か」というものです。

業務に対して不満を持ちやすいということは、採用して働いてもらっても、再びすぐ会社を辞めてしまいかねません。

企業としては、「なるべく長く働いてくれる人」を採用したいと思っているのです。

面接で気をつけるべきこと

面接で困った回答をされることも多いです。

どのように答えるべきか、何を聞かれたら何を答えるべきか。

それを考えておくことは大切です。

未来の話をする

面接で採用されやすいのは、いつだって「未来の話をする人」と相場が決まっています。

採用担当者が「この人を採用したら長い目で見て活躍してくれそうだ」と感じる人。

未来を感じさせてくれる人が、いつだって採用されるのです。

相手企業のメリットを考えた返事をする

相手先企業のメリットを考えて面接の返答をするのも大切です。

自分のことばかり、目先のことばかり考えているようでは二流です。

相手にとって「メリットがある返事は何か」を考えながら面接に臨んで下さい。

「つまらない仕事をどのようにこなしますか?」まとめ

「つまらない仕事をどのようにこなしますか?」

という、転職面接における困った質問。

この質問が来たときの回答例、面接官の質問の意図などを説明しました。

他にも困った質問は多いですが、いつだって答えるとき考えることは同じで、「相手にとってのメリットを考えながら返答する」ことに尽きます。

しっかりと面接官の思考をロールプレイしながら返答を考えましょう。

合否結果を大きく左右する!転職面接のマナー
転職面接でのマナーは、実は転職活動の合否に大きく関わります。面接のマナーで減点されてしまうのはあまりにもったいないです。

コメント