転職したいけどできない!本当にやりたい仕事に転職するための秘訣

悩むスーツの男性 転職コラム

「転職したいけど…」まで考えている方は、その後に「やりたいことがわからない」だったり、ただぼんやりと「転職したいなあ…」と思っているなんて方も多いはず。

ぼんやりした気持ちでいざ転職したとしても、その後継の職場もすぐやめてしまう…そんな未来が見えます。

今では「一社に長く勤める」という価値観は古いものになっているものの、転職活動はそんなに軽はずみに行うべきでもありません。

転職したいけど、自分がどうなりたいのか。

自分がどうなっていくべきなのかわからない、という方のために、今回はやりたいことを明確にして幸せな転職をするコツを紹介します。

そもそも、「転職したいけど…」と思いあたった理由は何?

「転職したいけど…」

と転職への思いを抱くのには、当然それなりの理由があるはず。

そもそもどうしてあなたの頭に「転職」の二文字が思い浮かんだのか。

その理由から考えていきましょう。

仕事内容が合わない

日々こなす仕事、その仕事内容が合わないで苦痛を感じるなら、当然転職したくなる気持ちも出てくるもの。

「やりたいこと」ではない仕事に就いてる人は多いですが、まったく自分に合わない仕事を続けていても、現状に不満を抱くのも無理ないもの。

仕事内容が自分にあってないと感じる…。

これでは当然、転職したいと思うのも当然のことです。

人間関係の問題

職場で過ごす時間は長いです。

その長い時間を過ごす中で、一緒に過ごす人間関係に不満を持ってしまうと、「転職したい」と思うのもやむなしです。

人間関係が苦しい、そもそも自分は人間関係のことを考えるのが苦手だ…。

なんて考える方の多くが、「転職」という選択肢を選びがちです。

生活の変化

女性に多いのが、結婚や出産、育児など生活状況の変化で転職せざるを得ない人も多いです。

一時退職してしまうと、再び再就職するのは難しくなるので、転職を選ぶ人は多いです。

生活状況が変わると、今の職場より、時間や勤務地などに自由が効く職場に転職しますよね。

収入が少ない

仕事は突き詰めると「給与をもらうため」にやるものです。

仕事をやるなかで「十分な給与をもらえてない」というのは、仕事する中で一番の目的を果たせていないのも同じ。

給与が仕事に見合ってないならなおのこと、転職で年収アップを狙ってください。

スキルアップ狙い

今の仕事よりスキルが上がる仕事に就きたい!

と思うのも、十分転職の同期となりえます。

「毎日同じ仕事をしている…」
「将来性を感じない…」

なんて思いを抱く、向上心あふれる人は「転職したい」と思って実際に行動を起こしがちです。

仕事での挫折

今の仕事でなにか大きな挫折をした人は「転職」を考えがちです。

とはいえ、日々仕事をしていると仕事のなかで失敗や挫折は誰しも経験するもの。

多少の挫折で、「転職したい」と考えている方は、もう一度考え直したほうが良いかもしれません。

もちろん、自分の責任ではない挫折、他人にとても大きな迷惑をかけたことによる挫折などなら、転職を考えても無理ないことかもしれませんが…。

漠然とした将来への不安

漠然と将来に不安を感じており、その不安によって「転職したい」と考える人がいるのも無理ありません。

お金、現在の状況、同級生との比較…。

将来への不安を抱く要素は多いです。

こうした不安を抱きがちな人は、今働いている企業より安定している企業への転職を考えがちです。

体力面の問題

仕事していく中で、若い頃より体力が持たなくなったという理由で、転職を考える人も多いです。

特に肉体労働の仕事に就いている人は、若い頃と同じ仕事ができないという理由で、頭脳労働よりの仕事に転職する人が多いです。

体力面の問題は、転職したいという思いが頭によぎる大きな要因なのです。

転職したいけど転職できない理由

続いて、「転職したい」とは思っているが転職に踏み切れない理由について考えていきましょう。

やりたいことがわからない

転職の意思はあっても、次何の仕事に就けばいいかわからない…なんて人は転職を行動に移せません。

しかし多くの人がやりたいことではない仕事に就いているのも現実。

仕事を選ぶときは「やりたいこと」よりも、自分のスキルを活かすことができる「自分にあっている仕事」を選ぶべきなのです。

転職活動に時間が割けない

「今の仕事が忙しすぎて転職活動に時間を割けない…」

なんて人もいます。

しかし、こうした「時間の成約」が転職できない理由の方は、転職エージェントを上手に活用すれば転職可能です。

転職活動には確かに多くの時間とお金のリソースが必要ですが、工夫で転職活動に割くリソースは節約可能です。

安定している生活、職場

今働いている職場の経営が安定しており、それによって生活も安定している…。

このような人は、転職する決断に踏み切れない人が多いです。

人間の脳には「現状維持バイアス」がかかります。

生活を変えるストレスより、「現状維持」を選ぶのが人間というものなのです。

しかし本当にやりたいことがある人にとっては、「転職したい」という気持ちが脳裏に浮かぶもの。

転職活動は若ければ若いほうが有利なのは言うまでもありません。

なるべく決断は早めに下すようにしてください。

家族に反対される

生活が変わるストレスは、自分だけの問題でもありません。

生活が変わると、同居している家族にもストレスが及ぶことがあり、それによって「転職したい」と思う方も多いのです。

特に、すでに結婚している人が、妻からの反対を理由に結婚できない…なんて声もよく聞きます。

転職が自分だけの問題ではない人にとって、転職の難易度は上がります。

家族、資産、立場、部下…守るものを守るための現状維持…を選ぶ人はとても多いのです。

転職を逃げだと思っている

転職する、という選択肢を逃げであるという認識を持っている人にとって、転職したいけどできない、という状況に陥りがちです。

本来、転職というのは自分の状況を前向きに変えるための行動です。

逃げるためにやることではないので、少し認識を変える必要があるかもしれません。

「逃げの転職理由」でもかまわない!幸せな転職のコツ
転職する理由が「逃げ」だったとしてもかまいません。逃げた先の、転職先の企業で幸せになることができれば、あなたの人生はうまくいっているのです。逃げの転職だったとしても。適切な手順を踏んで、転職活動を進めていきましょう。

「転職したいけど…」転職したいけど転職に踏み切れない人が転職する方法

転職したいけどなんらかの理由で、転職できてない方。

転職したいけど、なにかの要因で転職活動を踏み切れない方は、どうやって本格的に転職するべきなのか。

転職するための現実的な方法を、一緒に考えていきましょう。

何でも相談できる相談相手を見つける

まずは、転職に関する相談をできる相手を見つけるところからはじめましょう。

人は会話の中から自分の姿を見つけていくものです。

自分の考えをアウトプットして、自分が抱いている思想の形をより明確なものにしていきましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントに登録すれば、キャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進めることができます。

いざ転職の決意を決めたとしても、自分の判断のみで転職活動を進めるのは危険です。

利用者個人ごとに、「最適な求人の紹介」「適切な面接対策」「書類作成の手伝い」を行ってくれるので、一人ひとりにあわせて適切な転職活動を進めることができるようになります。

キャリアアドバイザーと相談して自分のやりたいことを見つける

キャリアアドバイザーなら、あなたのやりたいことを見つける手伝いをしてくれます。

細かいヒアリングで、転職エージェント利用者の仕事する上でどんなことに重きをおいているのか。

それを見つける手伝いをしてくれます。

転職したいけど転職活動に踏み切れない方におすすめの転職エージェント

具体的に、転職活動に踏み切るためにはどの転職エージェントに登録するべきなのか。

おすすめの転職エージェントを具体的にいくつか紹介します。

リクルートエージェント

やはり、とりあえずリクルートエージェントに登録しておくのはおすすめです。

リクルートエージェントは、他のどの転職エージェントより豊富な求人数と、過去多くの人の転職を成功させた実績があります。

どの転職エージェントに登録するか迷ったなら、まずはリクルートエージェントに登録してみてください。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

DODA

DODAは、転職エージェント業界第二位のエージェント。

DODAはリクルートエージェントに負けない求人数と、過去の豊富な実績が自慢です。

キャリアアドバイザーの質の評判も良いので、あなたの転職活動を強くサポートしてくれます。

DODAエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職エージェント大手「DODAエージェント」の説明をしています。DODAは求人数も多く、非公開求人の質も良いです。

こんな人は転職を慎重に

私の知る限り、転職しようか迷っている人のなかで、転職するべきではない人も存在します。

転職したいけど…と思っている方のなかで、転職するべきではない人はどんな人なのか。

転職するべきではない人の特徴も調べていきましょう。

年齢が30代以上

年齢が30代以上の方は、転職活動は慎重に行うべきです。

転職市場で強いのは、まだ今後未来のある「20代」なのは言うまでもありません。

30代をこえると、企業は「長く働いてもらえない」リスクを感じるので、採用をためらいます。

安定志向

安定志向の方と、転職活動は相性が悪いです。

「安定したい」という思いが頭にある時点で、転職活動は順調に進みません。

年収が高め

現職で高い年収をもらっているとしたら、転職には慎重になるべきです。

転職活動によって、年収が下がってしまうリスクがあるからです。

現在の生活に満足している方は、なおさらです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「転職したいけど…」

と悩み、転職活動に踏み切ることができない方に向けて、今回はお話しました。

「どうして転職したいのか」
「実際に転職するべきなのか」

転職するとすれば、どのように転職活動を進めるべきなのか。

いろいろ考えてから、転職活動を進めてください。

コメント