転職したいけどスキルがない!解決策と転職を成功させるポイントを徹底解説

転職コラム

「転職をしたいけど、スキルがないから無理だ」と思っていませんか?

結論から言うと決して無理ではなく、スキルがなくても転職ができる可能性は、十分にあると言えます。

そのため転職をしたい人は、今すぐに解決策を知り、行動を起こすことが大切です。

本記事では、転職したいけどスキルがない人に向けて「解決策」と「成功へのポイント」を徹底的に解説します。

転職をしたいけれど、スキルがないことで悩む人は、ぜひ今後の参考にしてください。

  1. 転職したいけどスキルがない!それでも大丈夫かは人による
    1. ①スキルを不要とする仕事を選ぶ
    2. ②自身が努力をして、必要とされるスキルを得る
      1. 希望の仕事でアルバイトをする
      2. 資格を取得する
      3. 独学で勉強をする
  2. 転職でスキルがない場合、転職できる可能性は年代で異なる
    1. 20代の場合
    2. 30代前半の場合
      1. スキルをカバーする努力
      2. マネジメント能力の保持
    3. 30代後半以上の場合
  3. 転職したいけどスキルがない人が失敗しやすい理由
    1. スキルがないことを言い訳にしている
    2. 明確な目標を立てていない
    3. 自分の適性を把握できていない
    4. 「未経験者も可能」という文字を鵜呑みにしている
    5. 準備不足である
  4. 転職したいけどスキルがない人が転職を成功させるポイント
    1. 明確な目的を立てる
      1. 明確な目的の立て方
    2. 自分の適性に合った仕事を目指す
      1. 自己分析をする
      2. 第三者から分析をしてもらう
    3. 転職の準備をしっかりと行う
      1. スキルがないことを、どのようにカバーするかを決める
      2. 応募先の情報を調べる
      3. スキルがなくても映える「応募書類」を用意する
      4. 事前の面接対策を行う
    4. スキルがないことを言い訳にしない
    5. 転職エージェントを利用する
  5. 転職をしたいけどスキルがない人におすすめの職種
    1. 製造業
    2. ITエンジニア
    3. 介護職
    4. 営業
    5. 接客・販売
  6. 転職したいけどスキルがない人が利用すべき転職エージェント5選
    1. リクルートエージェント
    2. doda
    3. マイナビメーカーAGENT
    4. 介護ワーカー
    5. ワークポート
  7. まとめ

転職したいけどスキルがない!それでも大丈夫かは人による

東京への転職を後悔している

「スキルがないけれど転職できるか?」については、人によります。

スキルがない人が転職をする方法は、以下の2パターンであり、それに基づき行動ができるかで、結果が左右されるからです。

  1. スキルを不要とする仕事を選ぶ
  2. 自身が努力して、必要とされるスキルを得る

以下に詳しく解説します。

①スキルを不要とする仕事を選ぶ

スキルを不要とする仕事は、スキルがなくても転職できる可能性は高いといえます。

「絶対にこの仕事がしたい」という希望がなければ、こうした仕事の選択も視野に入れると良いでしょう。

詳しい職種については「転職をしたいけどスキルがない人におすすめの職種」の項目を参考にしてください。

②自身が努力をして、必要とされるスキルを得る

希望の仕事が「スキルを必要とする」場合には、自身が努力をして、必要とされるスキルを得ると良いでしょう。

例えば下記の方法があります。

希望の仕事でアルバイトをする

正社員としての採用は厳しいものの、アルバイトとして採用してもらえることがあります。

アルバイトでスキルをつけ、ゆくゆくは正社員の仕事を目指すというものです。

ただし月日がかかるため、年齢・金銭的に余裕がある人や、どうしても対象の仕事に就きたい人におすすめです。

資格を取得する

資格を取得することで、知識・スキルの保持を証明できます。

また資格を取得する努力が伝わるため、熱意のアピールも可能だと言えます。

独学で勉強をする

資格などの「目に見える」形ではないものの、必要とされるスキルについて、独学で勉強をする方法があります。

努力を証明することになるため、アピールの材料となり得ます。

転職でスキルがない場合、転職できる可能性は年代で異なる

オフィスで悩む男性

ひとくちに「転職でスキルがない」と言っても、年代によって可能性は異なります。

一般的にいうと、年齢が若い方が可能性は高いと言えます。

以下に詳細を解説します。

20代の場合

20代に対しては、未経験の仕事への吸収も早いと考えるため、スキルがなくても採用をしてくれる企業は多いです。

そのため20代であれば、熱意や柔軟性をアピールし、これから伸びる人材であることを示すことが大切です。

30代前半の場合

30代になると、20代よりも転職へのハードルは高まりますが、30代の前半であれば、アピール次第では転職をすることが可能です。

そのためには、以下の点を踏まえてアピールすると良いでしょう。

スキルをカバーする努力

「資格の取得」や「同等の勉強」を行っている旨を伝える

マネジメント能力の保持

30代からは、マネジメント能力が問われる傾向にあります。

学生時代やアルバイトなどの経験を思い出し、マネジメント能力に結び付けると良いです。

30代後半以上の場合

30代後半以上の場合には、転職自体のハードルがかなり上がるため、スキルがないと転職は厳しい傾向にあります。

とは言え慢性的に人手不足の企業や、スキルを問わない職種では、採用される可能性はあると言えます。

また資格の取得によって、前向きに採用を考える企業もあるため、諦めずに行動をすることが大切です。

転職したいけどスキルがない人が失敗しやすい理由

悩む女性

転職したいけどスキルがない人が、失敗しやすいことには理由があります。

つまりこの点をクリアできれば、成功への道が開けると言えます。

以下に「失敗しやすい理由」を解説するので、チェックしてみましょう。

スキルがないことを言い訳にしている

スキルがある方が、採用面で有利だと言えますが、スキルだけが全てではありません。

転職で失敗しやすい人は、自分のスキルがないことを言い訳にし、ネガティブな思いを抱えていることや、実際に努力をしていないケースも多いです。

事実スキルがなくても、転職を成功させている人は、多く存在します。

明確な目標を立てていない

スキルがない人が失敗する理由の1つに、明確な目標を立てていないことが挙げられます。

明確な目標を立てていない人は、目的地を決めずに進んでいるため、向かうべき方向が分からず、時間と労力だけを費やしている状態だと言えます。

多くの企業に応募をしているのに不採用が続く人は、一度立ち止まって、明確な目標が立てられているかを確認しましょう。

自分の適性を把握できていない

自分の適性は、言い換えると「長所」のことです。

例えばコツコツと作業をすることが得意で、初対面での会話が苦手な人の場合は、内勤での事務や製造などに特性があると言えるでしょう。

その一方で、販売や営業職などを目指していれば、自分の適性を把握できていないと言えます。

もちろん、自分の適性を分かったうえで、適正とは異なる仕事に「あえて」応募をしているのであれば、別の話になります、

「未経験者も可能」という文字を鵜呑みにしている

転職したいけどスキルがない人は、求人広告の「未経験者も可能」という文字を、鵜呑みにしてはいけません。

なぜかというと「未経験者も可能」には、下記の意味を持つことが多いからです。

  • ある程度の知識を持ち合わせた未経験者ならOKである
  • 多くの人材からの応募を願うため、あえて「未経験者も可能」と記載している
    (※実際の選考では、未経験者は除外している)
  • 経験者が「未経験者も可能であれば、採用される確率が高そう」と考えることを、狙っている

つまり、スキルが全くない未経験者は、相手にされないと言えるでしょう。

ただし、本当にスキルを必要としない仕事や、未経験者を一から育てようと考える企業も「未経験者も可能」と記載することがあるため、見極めが必要です。

準備不足である

スキルがない人が準備不足だと、必ず失敗すると言っても過言ではないでしょう。

転職がうまくいく人は、きちんと準備をしています。

そのため、スキルがない時点でハンデがある人は、スキルがある人よりも、多くの準備を行う必要があると言えます。

準備の進め方が分からない人は、転職エージェントなどを利用し、プロの力を借りるのも良いでしょう。

転職したいけどスキルがない人が転職を成功させるポイント

笑顔でキャリアについて語る女性

転職したいけどスキルがない人が、転職を成功させるためには、ポイントを押さえた行動が大切です。

以下に、5つのポイントを紹介します。

明確な目的を立てる

明確な目的を立てることで、成功への確率が高まります。

まずは、自分が以下のどちらに該当するかを判断します。

  1. やりたい仕事があるけれど、スキルがない
  2. 仕事内容は問わない(または、どの仕事を選べば良いか分からない)

ケース別に、明確な目的の立て方を説明します。

明確な目的の立て方

① やりたい仕事があるけれど、スキルがない

  1. やりたい仕事で必要とされるスキルを洗い出す
  2. 自分のスキルと、手順1のスキルとの差を理解する
  3. スキルの差を埋めるために、どのような道筋をたどるかを決める

② 仕事内容は問わない(または、どの仕事を選べば良いか分からない)

  1. 自分がやりがいを感じることや、欲する条件(給与や勤務地)を洗い出す
  2. 自分がこの先において、仕事で叶えたいことを考える
  3. 2の内容をもとに、どの職種を目指すかを決める

以上のように、具体的に考えることで、明確な目的が見えてくることでしょう。

自分の適性に合った仕事を目指す

自分の適性に合った仕事とは、興味や知能・技能とマッチする仕事を指します。

言い換えると、自分の強みを生かせる仕事だと言えます。

転職したいけどスキルがない人は、自分の特性に合った仕事を目指すことで、成功への確率が高まります。

自分の適性が分からない人は、以下のように探すと良いでしょう。

自己分析をする

下記などを通して、苦痛を感じずに続けられたことや、やりがいを感じた出来事を振り返ってみます。

  • 学生時代の部活動
  • アルバイトでの経験
  • 趣味・好きなこと

ここで「人と接することが好き」や「クリエイティブなことが得意」などの強みが見えたなら、それが適性だと言えます。

第三者から分析をしてもらう

【家族や知人】
自分の適性を聞いてみると、第三者として的確なアドバイスをしてくれることがあります。

【転職のプロ】
転職エージェントなどのプロに依頼すると、忠実に分析をしてくれるため、自分では気がつかない適性が分かることもあるでしょう。

転職の準備をしっかりと行う

スキルの有無を問わず、転職の準備をしっかりと行うことで、成功する確率が高まります。

特にスキルがない人は、下記の点を意識し、準備を行いましょう。

スキルがないことを、どのようにカバーするかを決める

スキルがないことをカバーする方法は、以下の3つです。

  • 資格の取得
  • 独学や通信講座で勉強する
  • スキルを要しない仕事を目指す

自分の希望・状況によって、いずれかを選ぶと良いと言えます。

応募先の情報を調べる

応募先の企業を知ることで、相手が求めるものと、こちらからのアプローチ方法が見えてきます。

特に下記に対しては、入念に情報を調べましょう。

  • 応募先の業界に関する情報
  • 応募先の内情
  • 応募先が採用募集をしている経緯

自分で調べることも大切ですが、転職エージェントや、企業のOBなどから情報を入手することもおすすめです。

スキルがなくても映える「応募書類」を用意する

応募書類が光っていなければ、スキルがない人は、なかなか書類選考を通過できないと言えます。

つまり、スキルがなくても映える「応募書類」を用意することが、大切だと言えます。

そのためには、下記のポイントを意識し、応募書類を作成すると良いでしょう。

  • スキルがない分、どのように努力するか?
  • 過去の経験から、スキルに結び付きそうな内容を見つける
  • 他の人より勝る部分を記載する

またスキルがないことを引け目に感じるような表記は、避けた方が無難です。

事前の面接対策を行う

書類選考が通った後は、最後の難関である「面接」が行われます。

面接に呼ばれたということは、企業から「この人は、うちで働けるだけの能力を持つ(もしくは持つかもしれない)」と、認識されたと言えます。

そのため、事前の面接対策をしっかり行うことで、勝負が決まると言えるでしょう。

スキルがないことを言い訳にしない

スキルがないことを言い訳にしても、前進はできませんし、自分の足をひっぱる要因にしかならないと言えます。

そのため、現状を踏まえたうえで、どのように行動するかを考えると良いでしょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、下記のように、転職に向けた幅広いサポートを展開しています。

  • 求人の紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 日程の調整
  • 転職に関わる全ての相談

転職したいけどスキルがない人は、こうしたサポートを実施する「転職エージェント」を利用しながら、成功への道を目指すべきだと言えます。

その理由は以下の通りです。

  • 転職を成功させるためのノウハウを持つ
  • 転職エージェントは、転職に関するプロ集団です。

そのため、転職を成功させるためのノウハウを、多く持つことが特徴です。

転職エージェントを利用すると、こうしたノウハウに触れながら活動ができるので、転職を成功させる確率が高まると言えます。

  • 全てのサービスが無料である
  • 転職エージェントで実施しているサービスは、全てが無料です。

なぜなら、企業から成功報酬を得ているため、利用者から料金を取る必要がないからです。

そのため、転職希望者が利用することで、損はないと言えます。

転職をしたいけどスキルがない人におすすめの職種

スキルがない人への採用を、積極的に行う仕事を選ぶことも、選択肢の1つだと言えます。

ここでは、スキルがない人におすすめの職種を5つ紹介します。

製造業

製造業は物をつくることから、不特定多数の人が作業を行った場合にも、一定の品質が保てるよう「マニュアル化」されているケースが多いです。

このことから、スキルがない人にとって、参入しやすい職種の1つだと言えます。

例えばフォークリフトやクレーンを扱う場合には、資格が必要なこともありますが、無資格でできる仕事も豊富に存在します。

また重労働な仕事もあれば、比較的体力を使わない仕事もあるため、希望にそった仕事も見つけやすいことが特徴です。

ITエンジニア

ITエンジニアは、システムエンジニアやプログラマなどを指します。

技術を要する職種ですが、常に人手が不足しているため、スキルがない人にもチャンスが多いことが特徴です。

もちろん、スキルがある人の方が採用されやすいですが、採用をしてから教育・研修を実施する企業も存在します。

昨今ではオンライン学習も充実しているため、独学でスキルを身に着けることも可能だと言えます。

介護職

少子高齢化が進む日本では、介護職の需要が増加しており、常に人手不足な状態だと言えます。

介護の仕事は主に、入浴や体位変換などの「身体に対する介護」と、食事の準備・洗濯などの「生活への援助」の2つに分けられます。

この中から無資格でも可能な仕事は多いため、スキルがなくても転職できる可能性は高いです。

体力が必要な場面が多いですが、人の世話をすることや、コミュニケーションを取ることが好きな人には向くと言えるでしょう。

営業

営業職は、どこの会社でも必要な職種であり、離職率も比較的に高いことから、常に人を募集しています。

そのため、コミュニケーションに問題がない人や、やる気のある人であれば、スキルがなくても採用されやすいと言えます。

さらに下記のような業界は、特に人手が足りない傾向にあるため、挑戦しやすいでしょう。

  • 不動産業界
  • IT業界
  • 保険業界
  • 人材サービス業界

接客・販売

接客・販売は、人に対して物やサービスを販売・提供する仕事です。

コミュニケーション能力が重視されるため、スキルがなくても、採用される可能性があると言えます。

顧客への提案の他に、店によっては商品のレイアウト・レジ打ち・電話での営業も行います。

スキルがない状態で転職をしても、実力があれば若くして店長などのポジションを任されることもあるため、成果主義だと言えるでしょう。

転職したいけどスキルがない人が利用すべき転職エージェント5選

転職したいけどスキルがない人には、転職エージェントの利用をおすすめします。

なぜなら、プロと二人三脚で転職活動ができるため、効率よくスムーズな転職を実現しやすいからです。

ここでは、スキルがない人が利用すべき5つの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

  • 求人数:20万件
  • 対象エリア:全国

POINT

  • 業界最大手のため安心感がある
  • 多くの職種・業界の求人を取り扱う
  • スキルがない人にも親身なサポートを実施

リクルートエージェントは、業界最大手の「リクルート」が運営元の転職エージェントであり、安心感があると言えます。

また取り扱う職種・業界は幅広く、求人数も豊富に持つことが特徴です。

スキルがない人に対しても、親身なサポートを実施するため、安心して利用することができるでしょう。

自分の「適性」や「目標の立て方」を知りたい人も、利用する価値があると言えます。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

doda

doda

  • 求人数:10万件
  • 対象エリア:全国

POINT

  • 求人数が国内で最大クラス
  • 懇切丁寧なサポートを展開
  • 模擬面接のレベルが高い

「doda」は老舗の転職エージェントであり、各業界への強固なネットワークを持つことから、求人の数が国内で最大クラスです。

1人1人にそった懇切丁寧なサポートが特徴で、着実に転職を進めたい人に、おすすめだと言えます。

また模擬面接のレベルが高く、面接の本番までに、必ず受けたいサービスの1つです。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

マイナビメーカーAGENT

  • 求人数:6万件
  • 対象エリア:全国

POINT

  • ものづくり・メーカーの転職に特化
  • 20代・30代の転職に強い
  • 転職活動をトータル的にサポート

マイナビメーカーAGENTは、人材業界大手のマイナビグループが運営している「ものづくり・メーカー」の転職に特化した転職エージェントです。

なかでも20代・30代の若手の転職に強く、若年層の悩みや転職ノウハウに詳しいことが特徴です。

求人の紹介から、書類添削・模擬面接や条件交渉まで、転職活動をトータル的にサポートしてくれるため、スキルがない人も積極的に利用すると良いでしょう。

介護ワーカー

  • 求人数:8万件
  • 対象エリア:全国

POINT

  • 介護職への転職に特化
  • 好条件の非公開求人を豊富に持つ
  • スキルがない人の転職をしっかりとサポート

介護ワーカーは、介護職への転職に特化しており、好条件の非公開求人を豊富に持ちます。

スキルがない人の転職も歓迎しており、専任の担当者がしっかりとサポートを実施するため、さまざまな相談をすることも可能です。

条件交渉にも強く、自分で応募をするよりも、好条件で入社できるケースが多いことも特徴です。

ワークポート

  • 求人数:4万件
  • 対象エリア:全国

POINT

  • ITエンジニアの転職に強い
  • スピード感を持った転職が可能
  • スキルがない人に向けた「エンジニアスクール」を開催

ワークポートは、ITエンジニアの転職に強く、システムエンジニア・プログラマなどを目指す人におすすめです。

連絡がスムーズで、求人も惜しむことなく紹介するため、スピード感を持った転職が可能です。

また20代向けではありますが、スキルがない人に向けた「エンジニアスクール」を開催していることが特徴です。

ワークポートの評判の真相とは?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底分析
ワークポートの利用の際に気になるのが、利用者の口コミや評判です。 口コミサイトなどで調べてみても、多くの口コミが煩雑しており、結局どういう口コミが多いのか、評判の傾向がわからないことが多いです。 そこで今回は口コミサイト・SNS...

まとめ

スキルがなくても、解決策と成功へのポイントを知ることで、転職の可能性も高まることが分かりました。

そのためには、転職エージェントを利用することが、重要なポイントとなります。

本記事で紹介した転職エージェントは、スキルがない人も安心して利用できるため、気になるところには、全て登録をしても良いでしょう。

複数を登録することで、自分に合った転職エージェントが見つかりやすく、可能性も広く持てると言えます。

それぞれの希望にそった転職が実現できることを、心から期待しています。

転職サイト比較ランキング!本当に優秀な転職サイトはどれなのか?
転職サイト・転職エージェントを求人数、サポート内容などで比較して、優秀なサイトごとにランキング形式で紹介しています。記事内のランキングを参考にすれば、きっと転職活動の強い助けとなるはずです。

コメント