転職活動中にお金が減ってきたらどうすればいい?対処法と転職活動の費用を紹介

お金にこまる女性 転職コラム

転職活動中にお金が減ってきて困っていないでしょうか?

転職活動にかかるお金は少なくとも8万円以上で、生活費も含めると毎月数十万円かかります。

結論からいえば、転職活動中にお金が足りないと感じたら、国の給付制度を利用することをオススメします。

では、具体的に国の給付制度にはどのようなものがあり、またほかの対処法には何があるのでしょうか?

そこで今回は転職活動中にお金が減ってきて困っているという人に向けて、転職活動に必要な費用と、そのお金を工面する対処法を紹介していきます。

転職活動中にアルバイトをするのはあり?なし?メリット・デメリットを紹介
「アルバイトをしても転職活動はできる?」 「転職活動中にアルバイトをするメリットやデメリットが知りたい」 このように、アルバイトをしながら転職活動ができるのか気になっていませんか? 中には、すでに会社を辞めて転職活動をしている...

転職活動中にかかるお金はいくら?

転職活動中は少なくとも8万円以上の費用がかかると考えておきましょう。

転職支援サービスを提供する大手転職サイト「マイナビ転職」が独自に行なった調査によれば、「転職活動にかかる費用にいくらかかりましたか?」という質問に対して、「8万円以上」という人が最も多いことがわかりました。
参考:転職ノウハウ|マイナビ転職

ただ、この調査結果はあくまでも転職活動にかかる費用なので、生活費などは別にかかることに注意しなければいけません。

食費や家賃、光熱費、保険料、その他雑費を含めると生活費に10万円以上かかる人も少なくないでしょう。

転職活動の期間によっても変わりますが、たとえば転職までに3ヶ月かかるとすると、生活費も含めて50万円ほどかかります。

転職が長引けばその分転職活動にかかる費用がかさむので、転職活動をするときはその資金と生活費分のお金をあらかじめ用意しておくことが大切です。

転職活動中にかかる費用

転職活動中にかかる費用には主に以下があります。

  • 交通費
  • 宿泊費
  • 服飾費
  • 転職時の引っ越し費用
  • その他雑費

また、そのほかにも生活費がかかりますし、会社を辞めているのであれば、国民年金や健康保険、また住民税なども自分で支払わなければいけません。

上記で説明したとおり、転職活動をするなら少なくとも50万円は用意しておくべきでしょう。

転職活動中にお金が減っていっても焦ってはいけない

転職活動中にお金が減っていても、転職を焦ってはいけません。

転職活動をする多くの人が何らかの目的、理由を持って、前職を退職したはずです。

しかし、転職を焦って適当に選んだ企業に入社しても、わざわざ会社を辞めて転職活動をした意味がないからです。

たとえば、職場を適当に選んですぐに辞めてしまっては元も子もありません。

そのため、転職活動中にお金が減ってきても、焦らずにアルバイトをしたり公共の支援期間を利用するなどで対処しましょう。

以下では、お金が減ってきた時の対処法について紹介します。

転職活動中にお金が減ってきた時の対処法

転職活動中にお金が減ってきた時の対処法として以下の3つがあります。

  • 単発や短期的なバイトをする
  • 国の給付制度を利用する
  • 派遣で生活を安定させる

それぞれくわしく解説していきます。

単発や短期的なバイトをする

転職活動中にお金が減ってきたら、単発や短期的なアルバイトをして転職費用をまかないましょう。

アルバイトをするメリットとしては、経済的ゆとりが生まれて心のゆとりにもつながりますし、生活のリズムが整うということがあげられます。

一方で、アルバイトをするデメリットとしては、体力的・時間的な拘束を受けることになり、急な面接に対応できないことがあります。

とはいえ、単発や短期的なものであれば、転職活動に充てる時間を確保できますし、シフトが柔軟なバイトなら急な用事にも対応できるでしょう。

なお、アルバイトを始める場合は現在の貯金がいくらあるのか、その貯金が尽きるまであとどれくらい期間があるのかを計算して計画的に行うことが大切です。

国の給付制度を利用する

国の給付制度を利用するというのも対処法のひとつです。

転職活動中に使える国の制度には主に以下があります。

  • 失業給付金
  • 退職金
  • 再就職手当
  • 職業訓練受講給付金
  • 住宅確保給付金
  • 年金の免除申請
  • 健康保険の減免と任意継続

給付を受けられる機関はそれぞれ異なり、たとえば退職金は前職の企業がから支給され、失業給付金や職業訓練受講給付金などは、ハローワークで手続き後に支給されます。

また、会社を退職すると年金や健康保険を自分で支払う必要がありあすが、免除や猶予、減免の制度があるので、それらの支払いが厳しい場合は減免の手続きが行えます。

これらの国の給付制度をうまく活用し、計画的に転職活動を行いましょう。

派遣で生活を安定させる

派遣などで生活を安定させるという方法があります。

派遣社員は、通常のアルバイトよりもシフトが柔軟なのでスケジュールを組み立てやすく、時給も高いので計画的な生活を送れる可能性が高いです。

また、派遣社員には「紹介予定派遣」というものがあり、正社員に登用することを前提として企業に勤めることも可能です。

そのため、派遣社員で生活を安定させつつ転職活動をするという対処法もオススメします。

まとめ

転職活動にかかるお金は少なくとも8万円以上で、転職活動を3ヶ月行うとすると、生活費も込みで最低でも50万円用意しておくことがベストです。

もし、転職活動の期間が長引いてお金が足りなくなってきても焦ってはいけません。

転職活動中のお金を工面する方法には主に以下3つがあります。

  • 単発や短期的なバイトをする
  • 国の給付制度を利用する
  • 派遣で生活を安定させる

特に、国の給付制度はさまざまで、一時的にお金をまかなうことができる可能性が高いので、まずは自分が受給できる給付制度があるか確認しましょう。

コメント