転職ドラフトのサポート内容・口コミ評判

IT転職サイト

ITエンジニアは今も昔も、人材の流動性が高い業界です。

エンジニアとして、現在の働きに満足いっていないならば、転職エージェントを使って積極的に転職活動を行うべきです。

さらに、現在のエンジニア業界は、スキルがあれば転職先に困ることはない「売り手市場」が続いています。

それを表すかのような、独特の転職サイトがこの転職ドラフトです。

転職ドラフトでの転職活動は、サイトにレジュメを登録しておけば、その情報を元に企業がエンジニアをドラフトにかけるというもの。

レジュメの登録には、事前の審査があるので、ある程度自分のスキルに自信のある方向けのサービスとはなりますが、「企業がドラフトにかける」というスタイルなため、「よりよい条件の企業に転職」が約束されています。

転職ドラフトのメリット

転職ドラフトには、他の転職エージェントとは違うメリットが多数あります。

企業から条件付きの指名を受けられる

転職「ドラフト」というくらいですから、転職希望者を企業が「ドラフト」をかけます。

登録者にスキルさえあれば、複数の企業から条件を提示された指名が入ります。

エンジニア側は、企業の提示した条件の中で気に入ったものに応募すればいいのです。

高いスキルがあること大前提ですが、転職ドラフトを使えばかなり良い条件での転職を行うことができるのです

条件を交渉するのではなく、「提示された条件の中から選んで転職する」という特徴的な転職活動を行うサービスです。

競争入札なので転職で年収アップしやすい

転職ドラフトは、特に転職で「年収アップしたい」と思っている方にピッタリのサービスです。

企業側は、気に入ったエンジニアに来てもらうために良い条件を提示します。

その条件は、必ずしも年収だけではありませんが、「他社より高い年収」が一番わかりやすい比較項目です。

今の自分のスキルと、もらっている給与が釣り合ってないと感じる方はぜひ、転職ドラフトで起業からの指名を待ってみてください。

他のエンジニアの情報を見られる

転職ドラフトでは、自分以外の登録者の基本的な情報を閲覧することができます。

普段はあまり知ることもない、「他人のスキル」をみることができ、「エンジニア業界での自分の市場価値」を知ることができます。

他のエンジニアがどれくらいのスキルを持っているのか。自分とどんな違いがあるのか。

転職ドラフトに登録しておくことで、自分を俯瞰的に見ることができるのです。

転職ドラフトのデメリット

転職ドラフトは、これだけクセの強いサービスですから、利用者にとってデメリットもあります。

レジュメの審査が厳しい

転職ドラフトは、まず登録までのハードルが高いです。

転職ドラフトは、希望者が誰でも登録できるサービスではないのです。

登録時、持っているスキルや、過去どんなプロジェクトに参加してきたか、どんなタスクを果たしてきたかという内容のレジュメを登録することになります。

転職ドラフトは、そのレジュメを審査して、レジュメが認められた人のみが転職ドラフトのサービスを利用することができるのです。

転職ドラフトのレジュメ審査は厳しいです。自分のスキルに自信のある方は、レジュメの審査をチャレンジしてみてください。

自分の希望通りに転職活動が進まない

ドラフトが行われる時期も決まっており、奇数月にドラフトが行われます。

登録した時期によっては、ドラフトが行われるまでかなり待つなんてことも。

転職ドラフトを使った転職では、「自分の希望通りの時期に転職できない」ことを覚悟しておく必要があります。

自分で目当ての企業を選べない

転職ドラフトでは、基本的に「指名された企業のみ」の選択肢から選ぶことになります。

つまり、どれだけ「あの企業に転職したい」と思っても、その企業から指名が入らないと転職を行うことはできないのです。

「一つの目当て企業」を決めている方には、転職ドラフトを使った転職は不向きかもしれません。

転職ドラフト利用者からの評判

転職ドラフトを利用して転職した人に、実際の使い勝手を聞いてみましょう。

半分気まぐれで登録してみた転職ドラフト。まさか本当に転職することになるとは。自分が期待していたよりずっと高い年収を提示されて、それなら…と転職に至りました。エージェントが持ってくる求人とかって、結局エージェントが転職してほしい都合が入ってたりするから、実際に企業から「来てくれ」って言われた方がいきやすい。エンジニアは自分の市場価値を知るためにも、一度登録してみたらいいと思います。

サービス上では年収600万円を提示されたのに、実際に会社で話を聞いてみたらそれよりだいぶ低い金額の提示を受けました。なんでサイトの年収と剥離があるのか…?みなし残業費とかで、年収に違いが出てるんでしょうか?ほかもこんな感じかと思うと、なんか怖くて使えないです。

大手企業から指名を受けました。エージェント経由で企業へ転職のアプローチをかけるより、向こうから指名(スカウト)って形の方が安心です。

転職ドラフトはどんな人の利用に向いているのか

転職ドラフトのサービスは少々独特です。

そのため、利用するべき人の特徴もはっきり表れてきます。

自分のスキルに自信があるエンジニア

転職ドラフトは登録時レジュメの審査があること。

そしてそもそもスキルがないと、企業から指名を受けられないことなどの理由から、「高いスキルがある人」におすすめです。

「他のエンジニアには無いスキルがある」
「企業から自分のニーズを感じる」

など、自分の市場価値を信頼している方におすすめのサービスです。

転職に焦ってないエンジニア

転職ドラフトは、ドラフトの時期が決まっていること、こちらから転職のアプローチがかけられないことなどが理由で「転職の時期が遅れがち」です。

そのため、「転職時期に焦ってないエンジニア」におすすめのサービスです。

「良い企業がいれば」くらいの軽さで転職を考えている方は利用してみましょう。

転職ドラフト利用の流れ

転職ドラフトを利用して転職活動を進める流れをみていきましょう。

アカウント登録

転職ドラフト利用の第一歩が、「アカウント登録」です。

登録フォームに沿って、ユーザー名やパスワードを設定してください。

レジュメの審査

アカウントを作ったあとは、ログインして、レジュメを作成します。

そのレジュメを転職ドラフトが審査して、レジュメが認められたら審査通過となり、転職ドラフト利用可能となります。

ドラフト

レジュメが認められたら、次回のドラフトへ自動エントリーが行われます。

ドラフトは奇数月開催なので、エントリー後すぐに参加とはいきません。開催までしばらく待たされることもしばしば…。

企業からの指名

ドラフトが開催されたら、利用者のレジュメが公開されて、実際に企業から指名を待つことになります。

企業からの指名は、「検討中」というフェーズがあるなど、何段階か分けて指名が来ることも。

指名を承諾・辞退

エンジニアに届く指名は一社からと限りません。

複数社から指名が来た場合は、自分にとってより良い条件の企業の指名を承諾してください。

逆に、「もっと良い条件の企業に行きたい」と思ったなら、その指名を辞退してください。

企業との面談→内定

指名を承諾した企業と実際に会ってコミュニケーションを取ります。

そこで、サイト上で受けた条件と差異がないかの確認や細かい条件のすり合わせを行いましょう。

他は、通常の中途採用の面談と同じです。

転職ドラフト 総評

転職ドラフトは、通常の「利用者からの求人応募→面談→内定」という流れを汲まない転職サービス。

自分のスキルに自信のあるエンジニアなら、転職ドラフトにレジュメを登録しておけば、企業側からドラフト会議にかけてもらえます。

何もしなくとも、「良い条件でスカウト」を待つことができるのです。

WEBデザイナーに特化したデザイナードラフトもある

転職ドラフトは、主に「ITエンジニア」の転職のために用意された転職サービス。

しかし、IT業界で転職したいと思うのは、何もエンジニアだけではないはず。

WEBデザイナーに特化された「デザイナードラフト」やWEB業界に特化したウェブエキスパートドラフトなども開催されています。

それぞれの業界で、自分のスキルに自信のある方は、ドラフトにエントリーしてみてはいかがでしょうか。

コメント