手に職をつける資格12選!働きながら取れる資格やメリットも解説

手に職をつける資格12選!働きながら取れる資格やメリットも解説-ア手に職をつける資格12選!働きながら取れる資格やメリットも解説-アイキャッチイキャッチ 転職コラム

「手に職をつける資格って働きながらでも取れるの?」
「手に職をつける資格のおすすめが知りたい!」

手に職をつける資格をとりたいけど、何が良いか分からない方は多いですよね。

最近では、将来のことを考えて男女ともに手に職をつけたいという方は増えています。

そこで今回は手職をつける資格を12選紹介します。

記事の後半では、手に職をつける資格を取る方法やメリットとデメリット、選ぶ際の注意点も詳しく解説するのでぜひ参考にしてみてください。

手に職をつける資格おすすめTOP12!

今回紹介する手に職をつける資格のおすすめは以下の12選です。

手に職をつける資格

  1. 中小企業診断士
  2. 公認会計士
  3. 税理士
  4. 一級建築士
  5. 宅地建物取引士
  6. 日商簿記1級
  7. 社会保険労務士
  8. キャリアコンサルタント
  9. 介護福祉士
  10. ファイナンシャルプランナー
  11. 保育士
  12. 登録販売者

ではそれぞれの資格について詳しく解説します。

本当にオススメの稼げる資格ランキング!給料が多い仕事に就きたいなら資格取得だけが選択肢ではない!

①中小企業診断士

転職する女性

中書企業診断士とは、経営コンサルタントに関する唯一の国家資格です。

中小企業の経営課題に関する診断や助言を行う仕事で、企業の成長戦略策定やアドバイスが主な内容です。

中小企業診断士の資格には、企業の経営に関する知識を全般的に持っている必要があるため、非常に大きな強みとなります。

経営の知識とは、会計や財務、経営情報システムなど企業にとって欠かせない知識なので、キャリアアップや転職に大きく役立てられますね。

そのため、中小企業だけでなく大企業などあらゆるビジネスシーンでの活躍が期待されている資格ですよ。

中小企業診断士は将来的に独立もできるので、持っておいて損はないでしょう。

社会人が働きながら取れる資格の中で、人気も非常に高いので悩んでいる方はまず検討してみましょう。

②公認会計士

ポイント 男性 スーツ 指さし

公認会計士とは、企業の財務情報を監査する会計のスペシャリストのことです。

主な仕事は財務情報の監査ですが知識を持つ公認会計士だと、コンサルティングや税務に関する業務も行います。

企業の公正な経済活動を保証するための重要な役割を担うため、需要もあり人気の資格です。

また公認会計士は、税理士として登録し税理士の業務も行えます。

税理士試験を受ける必要もないため、公認会計士の資格を持っていると幅広い場で活躍できますよ。

特に最近ではIT化やグローバル化も進んでいることからニーズが高まっているため、働き方の選択肢も一気に広げられるでしょう。

税理士については後ほど詳しく解説するのでチェックしてみてください。

公認会計士は資格を持っていないとできない仕事であり独立開業も可能なので、将来性がある手に職の資格ですね。

③税理士

仕事に打ち込む男女

税理士とは、法人や個人の確定申告などの税務を納税者の代わりに行う仕事です。

他にも税務に関する相談を受け付けることや会計処理のサポートなども、業務内容の1つです。

税務業務は税理士の独占業務であり、税理士資格を取った方のほとんどが独立開業をしています。

また、税理士は公認会計士と間違われることが多いですが、実際の仕事内容は大きく異なります。

税理士の独占業務は税務書類の作成や税務代理、税務相談ですが、公認会計士の独占業務は財務監査です。

税に関する専門家はあらゆる場面で重宝されるので、税理士の資格を取ることで活躍の場も一気に広がるでしょう。

企業によっては、税理士に資格を取ることで社内評価や給料が高くなることもあるので、事前に確認することがおすすめです。

④一級建築士

そもそも建築士とは、主に建物の設計図を作る仕事です。

その中でも設計できる建築物の範囲が決まっていて、一級建築士は設計する建物に制限がない資格になります。

そのため、戸建て住宅から大規模な建築物まで全ての設計が可能です。

設計以外にも工事監理や調査企画業務もあり、一級建築士はあらゆる建物の監理もできます。

一級建築士には高度な知識が必要とされますが、需要も高いため人気の資格です。

一級建築士の資格があれば主に不動産業界や建築業界で活躍できますが、他の資格を受ける際に優遇される、キャリアアップに繋がることもあります。

中心となる業界だけでなく、自分の昇給や進級にも役立てられる資格ですよ。

⑤宅地建物取引士

宅地建物取引士は、独占業務として不動産に関する重要事項の説明ができる不動産取引のエキスパートです。

不動産の取引において必ず同席する必要があり、非常に需要が高い資格となっています。

特に不動産業界で需要が高い資格ですが、建築会社や金融機関、全国に支店をもつ大手企業にも活躍の場が広がっています。

また、宅地建物取引士の資格は昇給などのキャリアアップにも役立つでしょう。

将来的に独立開業も目指せる資格なので、仕事の幅を広げるために将来を見据えて取っておくのもおすすめです。

仕事以外でも、マイホームを持つ際の土地選びなどで知識を役立てられますよ。

宅地建物取引士は働きながらでも勉強でき、比較的挑戦しやすい資格です。

⑥日商簿記1級

転職のポイントを指す女性

そもそも簿記とは、日々の営業取引を記録や計算をして財政状態を明確にすることで、お金が動く全ての企業で使われています。

そんな簿記の知識や技術を知らせるためにとる資格を日商簿記といい、その中でも1級は非常に高度な資格です。

日商簿記1級は難易度が高い分希少価値が高く、高度な知識を身につけていることからあらゆる場で活躍できます。

また、日商簿記1級の資格を取ることで税理士の受験資格を得られるため、税理士を目指している方には必須の資格です。

公認会計士にも簿記の資格は必要になるので、資格を取っておくメリットは大きいですよ。

日商簿記1級の資格があれば会計のプロとして転職や進級にも役立ちますが、独立や起業をする際にも使えます。

簿記の資格は他にも種類があるので、気になる方は一度調べてみましょう。

⑦社会保険労務士

社会保険労務士とは、社会保険や労働法など人材に関する専門家として指導を行う仕事です。

主に人事や労務管理においての改善策の提言、医療保険や年金制度への相談も行います。

社会保険労務士は、雇用や社会保険、蝋合法や公的年金の分野において唯一の国家資格なので、需要が非常に高いです。

人の専門家として人の役に立てる仕事なので、活躍の場も広く責任も大きい業務ができます。

社労士事務所や法律事務所、企業の人事で活躍することが多いですが、独立開業もできる資格です。

最近では雇用問題も複雑になってきていることから、社会保険労務士のニーズは高まっています。

社会保険労務士は将来性の高い資格だといえるので、人の役に立ちたいという方におすすめの資格です。

⑧キャリアコンサルタント

相談する人

キャリアコンサルタントとは、キャリアコンサルティングを行う専門家です。

キャリアコンサルティングとは主に、一人一人のキャリア形成に関する助言を行う仕事です。

そのため、人材紹介や公的就業期間、企業の人事や教育部門など幅広い場面で活躍しています。

キャリアコンサルタントは2016年に国家資格となり、厚生労働省に企業への導入を積極的に推進されている資格です。

社会的にも注目が集まっている人気の資格なので、取得することで将来の選択肢の幅も広がりますね。

自分自身でキャリア形成を行う方は増えているので、将来的にも需要のある資格ですよ。

キャリアコンサルタントは経験を積んだ後に独立する方も多いので、自分に合わせた働き方もできますよ。

⑨介護福祉士

介護士の女性 ワンポイント

介護福祉士とは、介護業務を行う仕事です。

自力で生活することが難しい高齢者や障害がある方に対して、食事や入浴などのサポートやお世話をします。

介護福祉士の資格を持っていると、より専門的な知識や技術が備わっていることから資格手当など給与が上がることが多いです。

近年では介護される方の割合も増えているので、介護福祉士という国家資格を持っていることは介護業界でキャリアを積むには非常に役立ちます。

将来性も高く需要がある資格なので、持っているメリットは大きいですね。

介護福祉士は、主に老人ホームやホームヘルパーなど、社会福祉施設や訪問として活躍します。

ちなみに介護福祉士として5年働くと、ケアマネージャーの受験資格が得られます。

介護業界でキャリアアップを目指している方は、ケアマネージャーの資格取得を目標に取り組むこともおすすめですよ。

⑩ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは個人の資産運用に対してアドバイスを行う、お金に関する専門家です。

一人一人の顧客から資産運用に関連する情報を集め、望まれるライフプランを叶えるための資産設計を行います。

ファイナンシャルプランナーは、金融や保険、不動産や証券などあらゆる業界で活躍できる資格です。

また、最近では資産運用を始める方も増加傾向で、資産運用のアドバイスを求める方も増えています。

活躍の場も幅広く需要も高まるファイナンシャルプランナーは、将来性のある役立つ資格ですよ。

また、お金に関する豊富な知識は仕事だけでなく自分の生活にもいかせるので、人気も集まっています。

ファイナンシャルプランナーの資格にはいくつか種類がありますが、最難関試験に合格すると高収入も期待できるでしょう。

特に業界内で活躍したい方は、国家資格の1級FP技能士や民間資格のCFPの取得がおすすめです。

⑪保育士

保育士は、保育園の先生として働く仕事で、子どもの身の回りのお世話をします。

保育士は国家資格であり、保育園の先生以外でも活躍の場は幅広いです。

保育資格が必要になる場所には以下があります。

保育資格が必要な職場

  • 保育園
  • 幼稚園
  • 企業内保育所
  • 児童福祉施設
  • 介護施設

保育士の資格を持っていないとできない仕事は多く、専門的な知識の証明として信頼を与えられます。

保育園などは全国にあり保育士は人手不足なことも多いため、資格を持っていると働き先も見つけやすいですよ。

また仕事だけでなく自分の育児にも知識を活かせるので、女性から人気の高い資格です。

また、保育士資格をとって公務員試験に受かると公立の保育所で働けます。

公立の保育所は私立保育園に比べて待遇も良く人気も高いです。

保育士資格を取った後は、公務員試験に向けて勉強するのもおすすめですよ。

⑫登録販売者

薬剤師_女性00

登録販売者とは、一般用医薬品の販売業務に関する専門資格です。

一般用医薬品とは医師の処方箋がなくても購入できる医薬品のことで、登録販売者が扱える医薬品は第2類・第3類です。

薬の販売やお客さまからの薬の相談を受け付けるなどが主な業務内容であり、場合によっては品出しやレジ打ちも担当します。

登録販売者は薬剤師に比べて扱える医薬品が少ないですが、薬剤師よりも挑戦しやすく十分に活躍できますよ。

登録販売者の資格を持っていれば、薬局やドラッグストア以外にもコンビニやスーパーで役立てられます。

医薬品の取扱店舗は増えているので、登録販売者の需要や活躍の場も広がり将来性は高いでしょう。

また、登録販売者には正社員からパートまであらゆる働き方が選べるという強みもありますよ。

手に職をつける資格はどうやってとれる?

これまで手に職をつける資格のおすすめを紹介しましたが、資格を取得するにはどうすれば良いのか知りたいですよね。

そもそも手に職をつけるとは、一般的に仕事にいかせるスキルや資格をとることを指します。

そのため汎用性の高い資格が手に職をつける資格と言われますが、そのような資格は働きながらも取れることが多いです。

未経験者でも手に職をつける資格をとるには以下の方法があります。

タ手に職をつける資格を取る方法

  • 勤務時間外で通信講座や独学に励む
  • 専門学校に進学する
  • 実際に取得したい資格の分野で働く

勤務時間外で通信講座や独学に励む

働いている社会人で多い資格の取り方は、勤務時間外に通信講座や独学で勉強する方法です。

働きながら資格勉強に取り組むのであれば、独学よりも通信講座がおすすめです。

通信講座であれば、資格取得に向けた効率的なカリキュラムで勉強できるので、未経験者でも安心して取り組めますね。

独学の場合費用は浮きますが、自分に必要な参考書を集めて分からない問題は自力で解決する必要があります。

独学だと通信講座よりも勉強時間や手間がかかってしまうことや、思うように身につかないことがあるので気をつけましょう。

特に資格試験が迫っている方や取得する資格の知識がほとんどない方は、通信講座の検討がおすすめですよ。

通信講座では、インターネットの授業や添削や質問できる仕組みもあるので、自分の苦手分野に集中できますね。

専門学校に進学する

資格を取るためには専門学校に通うことも1つの手です。

専門学校に通うことで資格の知識を本格的に見つけられるので、資格合格に一気に近づきます

また、資格の受験資格として専門学校の卒業が必要な場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

しかし専門学校に通うとなると、仕事を辞めなくてはいけないと心配になる方もいますよね。

今では社会人として働きながらも専門学校に通うことが可能です。

そのため、スケジュールはハードになりますが社会人と専門学校の両立はできますよ。

専門学校には、社会人が学びやすい制度が整っていることや社会人歓迎であることも多いです。

まずは自分のライフスタイルに合った専門学校を探してみましょう。

実際に取得したい資格の分野で働く

資格を取るために、まずは取りたい資格の分野で働いて経験を積むことも良いでしょう。

実際に取得したい資格の分野で働くことで自然と知識がつくため、資格勉強に効率良くいかせます。

特に資格をとって転職などキャリアアップに役立てたい方は、実務経験も必要な場合があるのでおすすめです。

また資格にこだわらず手に職をつけたいのであれば、その分野で働きスキルを磨くことで可能です。

手に職をつけるには資格取得がおすすめですが、他にも方法はあるので一度視野を広げてみても良いでしょう。

手に職をつける資格を取るメリットとデメリット

これまで手に職をつける資格をとる方法を紹介しましたが、大変だと感じた方もいるのではないでしょうか。

働きながら資格を取ることは簡単ではないので、事前にそのメリットやデメリットも知っておくことが重要です。

手に職をつける資格をとる主なメリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
  • 安定して長期間働ける
  • キャリアアップやスキルアップに繋がる
  • 一生モノの資格を取る安心感がある
  • 時間とお金がかかる
  • 資格取得が難しくなかなか取れない可能性もある

ではそれぞれのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

手に職をつける資格を取るメリット

手に職をつける資格を取るメリットは以下の通りです。

メリット

    • キャリアアップやスキルアップに繋がる
    • 仕事の幅や選択肢が広がる
    • 将来的に独立開業もできる
    • 安定して長く働ける
    • 自己成長ができる

    キャリアアップやスキルアップに繋がる

    手に職をつける資格を取ることで、昇給や昇進などキャリアアップにも繋がります。

    資格が取れると仕事へのスキルや知識があると見なされるので、新しい業務もできる可能性があります。

    業務の幅も広がることから、資格を取ると評価され昇進もしやすいでしょう。

    また、企業によっては資格手当があるため必要とされる資格を取得して昇給を狙うことも手できます。

    資格を取得することで、自分の希望する部署に転属できることや任される仕事が増えるなど、やりがいにも繋がることは大きいメリットですね。

    仕事の幅や選択肢が広がる

    資格を取ることで、転職など仕事の選択肢も広がります。

    今後転職を考えている方は、特に自分の入りたい業界で役立つ資格を取っておくと良いでしょう。

    転職は簡単ではないので資格を取得してから転職活動を始めることがおすすめですよ。

    また求人の中には応募条件として資格が必須な場合もあります。

    資格がないことで転職の幅を狭めないように、事前に必要な資格や即戦力として扱われる資格を調べておきましょう。

    また、女性の場合結婚や出産などで一度仕事から離れることも多いですが、資格があれば仕事復帰もしやすいです。

    資格があると自分が取り組める仕事の幅が広がるので、持っていて損はないですよ。

    将来的に独立開業もできる

    最近では、いつか独立したいと考えている方も増えていますよね。

    開業できる資格を取得すれば、経験を積んだ後独立も選べます。

    独立をすることで、働き方の自由度も高くなり収入も期待できるでしょう。

    ちなみに独占業務ができる資格は独立に向いていて稼ぎやすいのでおすすめですよ。

    独占業務とは、資格を持っている人だけが行える業務なので資格を持つ大きい強みでもあります。

    定年まで会社勤務は避けたいという方は、資格取得を検討しましょう。

    安定して長く働ける

    資格があれば年齢や学歴に左右されずに働けます

    また、働き口も見つかりやすいので安定して長く働けることもメリットです。

    万が一自分が勤めている会社が業績不振などで倒産してしまっても、資格を持っていれば比較的簡単に他の職場で働けます。

    資格があることで常に就職先を見つけやすいことはありがたいですね。

    特に将来に不安がある方やキャリア分断の可能性が高い方は、資格を持つことで安定した働き先を得られますよ。

    自己成長ができる

    資格を取ることは自己成長にも繋がります。

    資格取得に向けて勉強をするだけでも自分のためになりますが、取得を実現することでより自信もつきますね。

    資格を取ったという事実は、自分の知識やスキルを明確にアピールできる材料にもなるので、周りからも評価されるでしょう。

    自分にできることが増えると視野も広がるので、より向上心を持って仕事に取り組めますね。

    また、一生モノの資格を取ることで安心感や自己肯定感も高まるので、余裕を持った作業も可能ですよ。

    手に職をつける資格を取るデメリット

    手に職をつける資格を取るデメリットは以下の通りです。

    デメリット

    • 時間とお金がかかる
    • 取った資格をうまくいかせない可能性がある

    時間とお金がかかる

    手に職をつける資格を取るには、時間とお金がかかります。

    特に通信講座や専門学校に通うとなればまとまったお金が必要ですね。

    また、資格の試験は年に1回しか行っていない場合もあります。

    試験回数が少ないとその分資格取得のチャンスが少ないため、資格取得まで数年単位の時間を費やすこともあります。

    特に難しい資格であれば何回も落ちることが多いので、長期戦を覚悟しておきましょう。

    働きながらの資格取得であれば、必要な費用を稼げますが勉強に避けられる時間は限られるので、すきま時間も活用することが大切ですよ。

    取った資格をうまくいかせない可能性がある

    せっかく資格をとっても就職などにうまくいかせないこともあります。

    例えば取得した資格をいかせる求人が少ないことや、取得した資格の需要が減ってきてしまう場合です。

    また、資格があっても実務経験がないと採用されないこともあるので気をつけましょう。

    資格を取る際は、将来性があるのか需要は高まるのか考える必要があります。

    さらに一度資格を取っても時間が経つにつれて知識を忘れてしまっては意味がありません。

    仕事にいかすためには、勉強は継続しつつ経験も積むことが大切ですよ。

    手に職をつける資格を選ぶ際の注意点を解説!

    手に職をつける資格を選ぶ際の注意点は以下の通りです。

    注意点

    • 将来性はあるのか
    • 自分のライフスタイルや目標に合うのか
    • 自分に受験資格があるのか

    将来性があるのか

    手に職をつける資格を選ぶ際は、その資格を活かせる分野に将来性があるのか考えましょう。

    将来性がある資格とは、人手不足などで今後需要が伸びる資格や取得難易度が高い資格などです。

    また、長期的に求められて稼げるスキルであることも重要です。

    手に職をつける資格であれば、将来的にも人の手が必要なのか、AIの発達などで仕事がなくならないかも考えましょう。

    特に最近ではAIに任せる仕事も増えているので、把握しておくことが大切です。

    自分のライフスタイルや目標に合うのか

    手に職をつける資格を取るのであれば、その資格を活かした仕事が自分のライフスタイルや目標に合うのか考えましょう。

    資格取得を目指す方には、将来独立したい方、育児と両立しながらパートで働きたい方など様々です。

    自分がどのような働き方をしたいのか明確にして、理想の働き方ができる資格を選びましょう。

    また、将来性のある資格だとしても興味がない資格や目標にそぐわない資格であれば、取得しても活かしにくいです。

    自分の仕事人生に役立つかだけでなく、自分が本当にやりたい仕事なのか考えてみましょう。

    自分に受験資格があるのか

    手に職をつける資格には、受験資格が決まっているものもあります。

    受験資格としては、学歴や資格、実務経験が必要になることが多いです。

    他にも決められた講座を受講することで受験資格を得られる場合もあります。

    受験資格なしで誰でも受けられる資格は多いですが、中には事前に必要な資格があるので気をつけましょう。

    取得したい資格を決める前に、自分に受験資格がある資格を絞ることがおすすめですよ。

    手に職をつける資格に関するよくある質問

    このトピックでは、手に職をつける資格に関するよくある質問について以下の2つを紹介します。

    よくある質問

    • 手に職をつけるためにするべきことってある?
    • 資格がなくても手に職をつけられるの?

    手に職をつける資格のためにするべきことってある?

    手に職をつけるためには、事前に基礎知識をつけておくと良いでしょう。

    基礎知識があれば、どのような仕事や業界に資格の需要があるのか把握できます。

    そのため、自分に合っている資格なのかどのように経験を積めば良いのか、明確になりますね。

    また、資格取得を目指すなら資格取得支援制度である「教育訓練給付金」を調べておきましょう。

    教育訓練給付金とは、厚生労働省が実施している支援制度で幅広い資格が対象になります。

    企業によっては独自の資格支援制度があるので、一度確認してみましょう。

    制度を受ける条件などは異なるので注意が必要です。

    資格がなくても手に職をつけられるの?

    資格がなくても手に職はつけられます。

    手に職をつけるには資格が必要だと考える方も多いですが、働いて経験をつむことでスキルは身につけられます

    男女ともに資格があれば将来的に安心ですが、資格取得にこだわりすぎると時間やお金を浪費しかねません。

    まずは、自分の気になる分野で働いて手に職をつけることも1つの手ですよ。

    実際に働くことで働き方をイメージでき自分に合っているかも把握できます。

    転職には、資格と実務経験両方が必要になることも多いので、現場を知ることから始めるのもおすすめです。

    手に職をつける資格を取得して長期的なキャリアを形成しよう!

    手に職をつける資格には多くの種類があります。

    その中でも自分に合った資格を見つけることが重要です。

    手に職をつける資格を取るメリットは大きいので、ぜひ資格勉強に取り組みましょう。