履歴書は手書きで書くべき?PC作成は悪印象なのか?

ペンと履歴書 提出書類

履歴書の作成は一般的に手書きで行うものだと言われており、PCからフォーマットをダウンロードしたりPC上で履歴書を作成してはいけないのかどうか議論に上がります。

そこで今回は履歴書の作成はどのようにするべきなのか、手書きとPC作成を比較して紹介します。

何故履歴書は手書きがスタンダードとされているのか

そもそも履歴書の作成を手書きで行わなければいけないと言われているのには、いくつかの理由があるとされています。

例えば字が綺麗にかけているかどうかや誤字脱字がないかどうか、企業に対する熱意があるかどうかを判断するためなどの理由があります。

ほかにも「履歴書を手書きで作成するのが一般常識」であるという事実を把握しているかどうかを確認する意図がある場合もありますし、手書きで作成してほしいという企業側に対応しているかどうかなどの対応力を見極めるための判断材料としているところもあるようです。

ただ根底にはPCが導入される前の考えが根付いていると指摘されており、日本人独自の考え方である「手書きの方が丁寧に見える」ところも手書きの履歴書がスタンダードとされている理由ではないかと考えられています。

手書きで履歴書を作成するメリット

では手書きで履歴書を作成することにはどのようなメリットがあるのかというと、最も言われているのが「人柄が出る」ところです。

手書きがスタンダードとされているポイントを抑えながら丁寧に作成していけば、それだけ丁寧に仕事ができる人間だと評価してもらえますし、字が綺麗で読みやすいようにされていれば人柄の良さも文字からアピールできるとされています。

また面接の際にはなかなかアピールしにくい個性に関しても文字の大きさや字体を通して面接官にアピールできるようになっているので、自分を売る際の一つの手段として用いるのが就活や転職活動での戦略の一つだと言われています。

そして何より手書きはスタンダードな作成方法なので、どのような企業であってもまずNGと判断されにくいところが大きなメリットになっています。

手書きで作成された履歴書のデメリット

手書きによる履歴書作成にはメリットだけではなく、当然デメリットもあります。
特に問題となるのが人柄や個性をアピールできる文字であり、字が綺麗な人や丁寧に書ける人であれば問題はないのですが字が汚い人の場合は相手に読みづらい印象を与えてしまいます。

そのため間違って解釈されてしまったり、字の汚さから面接前に評価を落としてしまう可能性があるので注意が必要です。

さらに就活や転職活動で多くの企業に履歴書を送付しなければいけないとなった場合には、手書きで作成しているとどうしても時間がかかってしまいます。

書き間違えてしまったら手書きだと修正ができないので最初から書き直さなければいけないなど、手間がかかってしまう点もデメリットとして指摘されています。

PC作成の履歴書は悪印象になるのか?

インターネットやPCの普及に伴い、PCで履歴書を作成したりインターネット上の履歴書のフォーマットをダウンロードして利用するという人が増えてきています。

ただ実際の利用に関しては、手書きがスタンダードとされているため「手抜きと思われるのではないか」、「悪い印象を与えてしまうのではないか」と不安になる人も多いです。

実際大手企業や歴史の長い企業などの場合はPCで作成された履歴書に対してよい印象を持っていないところもあるようですが、最近ではPCで作成した履歴書でも問題ないとしている企業も増えてきています。

そのため必ず手書きにしなければいけないというわけではなく、PCでの履歴書を推奨している企業もあるということを理解しておかなければいけません。

どちらで作成するのかは応募する企業によって判断する

自分が応募する企業の履歴書を手書きで作成するか、それともPCで作成するのか判断するためには企業による違いを見極める必要があります。

例えば応募時に履歴書の提出方法が指定されている場合はその方法に従って提出する必要があり、一般的にインターネット上で応募できるところはPCで履歴書を作成してメールで送信する形を取っています。このような場合に手書きした履歴書をスキャンして送付するのは、PCスキルやリテラシーがないと判断されてしまう可能性があるので避けた方がいいです。

では応募時に履歴書の提出方法が指定されていない場合はどうするのかというと、外資系やIT・WEB業界などの場合はPCで作成するのが望ましいとされています。ほかにもまだ文化や歴史が浅い企業や人材紹介会社及び転職サイトからの応募の場合も、PCで作成したものをデータ送付するのがおすすめです。

これに対して歴史が長い企業や大手企業、社員の年齢層が高い企業に関しては「手書きがスタンダード」の考えを重視している傾向があるので、社風に則って手書きの履歴書を郵送するのが望ましいと考えられています。

まとめ

日本でも徐々にPC作成の履歴書が普及してきている傾向はあるものの、やはり一般的には手書きと考える企業は多いので基本的には手書きで作成するのが望ましいです。

それを踏まえて企業によってPCで作成したり、内容のブラッシュアップや丁寧に書くように配慮すれば、より内定に近づけるようになります。

コメント