体調不良で退職するときの伝え方は?体調不良の度合いが伝われば退職できる!

転職コラム

会社を退職するときは当然「退職理由」が求められます。

「会社をやめたい」とまで思ったその理由はなにか、しっかりと伝えることを求められるのですが、この時の退職理由が「体調不良」だったとしたら。

「体調不良を理由に退職したい」と伝えても、「休めばいい」として会社が辞めさせてくれない未来は容易に想像がつきます。

体調不良を理由に退職したいと思ったなら、どれだけその体調不良が切実なのか。

その真剣味を伝える必要があります。

では、どのように体調不良を伝えるのか?

そもそも退職が認められるほどの体調不良とはどれほどのものなのか。

体調不良で退職する人は多いのか?

今回は体調不良で行う退職について調べてみることにしましょう。

仕事に行きたくない!やる気が低下する原因と対応策
「仕事や職場から思わず逃げ出したくなるときがある」、「ハッキリとした理由が分からないまま職場に向かう足取りが重くなっている」というときには、一度仕事についての考えを整理してみる必要があります。 この場合、どうして仕事に行く気力がなくな...

体調不良は退職理由として認められる!

大前提として、体調不良を理由に会社を退職することは「可能」です。

雇用期間に定められた期間のない正社員なら、そもそも退職するのに理由は必要ないのです。

民法では、14日前に退職を申し出れば、問題なく会社を退職できることになっています。

とはいえ、礼儀として最低でも1ヶ月前には、会社へ退職を申し出ておくべきでしょう。

体調不良という仕事の辞め方は円満に辞められるのか

現在の仕事を退職したいと思っている方のほとんどが「なるべく円満に仕事を辞めたい」と思っているものです。

そこで、今回のように「体調不良」を利用として仕事を辞めるというのは、果たして円満に仕事を辞めることにつながるのか?

きちんと根拠がある体調不良なら会社は文句を言えない

例えば、「もっと他にやりたいことがある」「違う仕事がしてみたい」「人間関係に問題を抱えてる」などが、退職の理由だったとしたら、会社側から「辞める必要はないだろ」と突っ込まれてしまいます。

対して「体調不良で仕事を辞めたい」という辞め方なら、会社はあまり文句は言えず、円満退職に繋げられるでしょう。

仕事ができないくらいの体調不良で、退職以外選択肢がないという方がいてようやく、体調不良で辞めたいという辞め方が円満退職に繋げられるのです。

体調不良で退職するときの伝え方

体調不良で退職する時、一番大切なのはやはり「伝え方」です。

体調不良という、時に「大げさな」と思われがちな退職理由であっても伝え方を工夫すれば、問題なく退職が認められるのです。

退職を考えるほど真剣に体調不良について悩んでいたとしても、周囲の人はその体調不良に気が付かないなんてこともしばしば、

どのように悩んでいるのか。

どれだけその体調不良が切実なものなのか。

しっかりとその内情を伝えてください。

体調不良の退職すると場合は直属の上司に思いを伝える

体調不良で退職したい意思があった時、その意思はそもそも誰に伝えればいいのか。

その伝える相手はやはり、「直属の上司」が一般的です。

直属の上司より上の人と話すことができる環境であっても、まずは一番関わりが深方t直属の上司に相談して、退職したい意思を伝えてください。

上司に伝えるタイミングも、飲み会や昼休みなどフランクな場ではなく、しっかりと二人で話せる場を設けてもらってから、しっかりと体調不良の事情と退職の意思を伝えてください。

大前提としてとして「治療に全力を尽くす」のが先

退職しなくてはならないほど、体調不良で苦しんでいたとしても、その前段階で「治療」は行っておいてください。

治療も何もせずに、ただ「体調不良だから退職させてほしい」と伝えたところで、会社側としてはただの失礼な人という印象を抱いてしまいます。

体調不良を「会社を辞めるための体のいい言い訳」に使わないでください。

体調不良で退職するときは「伝え方」が9割

体調不良で退職するときには、その退職の意思をどのように伝えるかという「伝え方」が一番大切です。

社会人として、一人の大人として、退職する時に恥ずかしくない「最低限のマナー」を持って退職の意思を伝えてください。

診断書を準備しておく

ただ単に「体調不良で辞めたい」と言葉だけ伝えるのではなく、体調不良である事実のエビデンスを持っていきたいです。

体調不良で退職する時に、診断書が必須…という決まりはありませんが、体調不良で辞める意思を伝えたいなら礼儀として診断書を持っていったほうが、退職を伝えられた会社側としても安心して退職を受け入れることができます。

退職前から体調不良を伝えておく

退職前ギリギリになってからはじめて「体調不良」だと伝えるのはおすすめできません。

退職の意思を伝える以前の段階から、直属の上司に「体調不良である」ことを伝えておくと、その後の退職がスムーズに進みます。

上司としても、急に「体調不良で退職したい」と言われただけでは、戸惑いが先行してすんなりと退職を受け入れ難いものです。

その後繁忙期などを避けたタイミングで、「体調不良で退職したい」と伝えるのが伝え方のコツです。

体調不良で退職について申し訳ない思いを伝える

体調不良で退職するのは、会社員として当然の権利だとはいえ、やはり礼儀として「申し訳ない」思いがあることも示さなければなりません。

「力足らずで申し訳ない」と言っている部下の言葉を聞けば、上司としても嫌な思いを抱かずに退職を受け入れてくれるはず。

どれくらい体調不良になったら退職するべきか?

体調不良には下限があります。

すごく辛くて外に出歩けないほどの体調不良もあれば、すごく休めば回復する体調不良もあるでしょう。

それでは、退職したいという意思が受け入れられるほどの体調不良とはどの程度の体調不良なのか。

退職が認められる体調不良について考えてみましょう。

仕事ができないくらいになったら退職の目安

当然ですが、体調不良が原因で仕事できないほどなら、今の仕事は退職してしまうべきです。

仕事することで、体調がどんどん悪くなる…という状態でずっと仕事するのはよくありません。

仕事はあくまで「生きるための一つの方法」と割り切って、今の仕事をすっぱり切り捨てる判断も時には大切です。

体調不良の状態で仕事を続ける意味はない

身体の状態を犠牲にしてまで、命を削ってまでやるべき仕事なんてありません。

仕事より常に体調の状態を優先するべきで、それこそ体調不良の状態なら無理せず退職という判断を下すべきなのです。

「今は会社も大変だし、苦労してるの私だけじゃないし…」

なんて考えは捨ててください。

あなたの人生において、ほかの人の状況なんてびた一文関係ないことなのです。

体調不良で退職すると転職活動で不利になるか?

体調不良が原因で退職して、その体調不良が多少回復したとして、その後再び転職活動を行うことになると思います。

ここで気になるのが、体調不良が原因で退職した場合、その退職理由がその後の転職活動で不利に働くのか?

ということですよね。

「体調不良が原因で退職」と聞くと、人によってはマイナスなイメージをいだきかねません。

中途採用を行う会社としては、「少しでも長く働く社員」を採用したいと思うからです。

さて、体調不良で退職した場合の転職活動について、ここで少し考えてみましょう。

理由と現在の状況を納得してもらえば不利にならない

体調不良で退職した後の転職活動で大切なのは、「退職した理由の説明」と「現在は大丈夫であることの説明」です。

どうして退職してしまうほど、体調を崩してしまったのか。

以前の職場環境が悪かったとか、会社の方針として無理な残業を強いられていたとか…。

この理由で納得してもらうだけで、転職活動はとてもスムーズになります。

そして、体調不良で退職したが、現在は治療も終わり就業は問題ないこと。

これらの説明で納得してもらうことができれば、中途採用にも支障をきたすことはないはずです。

面接で退職理由を聞かれた時の回答例

転職の面接ではほぼ確実に「退職理由」が聞かれます。

退職理由を聞く目的は、「また同じ理由で辞めるのでは」という採用側の警戒によるところが大きいです。

つまり、面接で「体調不良で前職を退職しました」と伝えると、採用率が下がってしまうということ。

ここでは、体調不良で退職したことを伝えても、採用率が下がらない伝え方をしっかり学んでおきましょう。

退職理由の伝え方

体調不良を伝えるときには、上手に伝える伝え方があります。

ありのまま「体調が悪いから辞めたい」と伝えるだけではいけないということです。

OK例

前職で働いていた時、働けないほど健康を害してしまいました。その時、健康の大切さをとても強く痛感しました。現在の健康状態に問題はなく、業務に支障はありません。以前の経験を元に、健康管理にもっと重点を置いて、会社のタスクに影響を来さないようにします。

大切なことは、「今の健康状態には問題がないこと」「同じことをしないようにする」ことを伝えることです。

NG例

体調不良で退職してしまいましたが、しばらく休んで現在は元気です。長い休暇をもらったことで、仕事に臨む気力も十分です。

言うまでもありませんね。これでは採用されないでしょう。

体調不良で退職後はどんな仕事に就くか?

体調不良で退職したあと大切なのは、その後どんな仕事に就くか。

転職後の働き方です。

体調不良で退職というところまで追い込まれたのに、転職後また体調不良に追い込まれては意味がありません。

再び同じことにならないように、長い目で働き方を考えて転職することが大切なのです。

転職活動は完全に体調が回復してから

転職活動は険しいです。

求人を探して、求人に申し込み、面接を受けて…。

これらの手順をこなすには、何より万全な体調が必要です。

体調が完全に回復したと思った時、転職活動を行うようにしてください。

まず何より働きやすい職場を探す

当然、次の職場ではまた退職してしまうようなことがあってはなりません。

次転職するとしたら、以前の職場よりずっと働きやすい職場へ。

職場環境が整っており、長く働くことができそうな職場へ転職するようにしてください。

転職エージェントを活用する

退職後の転職活動では、「転職エージェント」の活用がおすすめです。

転職エージェントにはキャリアコンサルタントが在籍しており、利用者の相談に応じて、最適な転職先を考えてくれるのです。

転職エージェントに退職の理由が体調不良であることを伝えれば、次は社員の体調を労ってくれる、働きやすい職場を紹介してくれるはずです。

転職活動で使うエージェントは、コンサルタントの質に定評のある「type転職エージェント」などがおすすめです。

type転職エージェントのサポート内容・口コミ評判
type転職エージェントは、独自の求人を多数抱えた優秀なエージェントサービス。キャリアコンサルタントのサポート、求人の質どちらも高い水準です。

体調不良で退職した時活用したい公的支援制度

体調不良で退職する時、気になるのがやはり「お金」の問題です。

体調不良で働けないとしたら、当然収入も途絶えてしまいますが、上手に公的支援制度を利用すれば本格的なお金のピンチから脱することができるのです。

傷病手当金を申請してまずは体調不良から回復

体調不良で苦しんでいるなら、すぐに退職する必要はありません。

3日以上の長期休暇と取る場合、会社から傷病手当金が降りる可能性が高いです。

傷病手当金は、給与のおよそ3分の2が振り込まれる制度ですから、働かずとも最低限の生活費が会社から受け取れるというわけです。

傷病手当金を受け取って、まずは体調の回復に努めてください。

生活を立て直すのは、その後でも問題ないはずです。

失業手当は受給期間延長手続きを行う

退職後もらえる公的資金といえば「失業手当」ですが、体調不良で退職した時にはこの失業手当で注意が必要です。

なぜなら、体調不良が原因で退職した場合、失業手当を申請することができないからです。

失業手当とは本来、「すぐに働けるが、事情で働けない」人のための制度。

体調不良でしばらく働けない期間が続くとその期間は失業手当を受け取ることができないのです。

そして、失業手当を受け取ることができる期間は1年間という制限もあります。

しばらく体調不良が続きそうなら、早めに役所で「失業給付の受給期間延長手続き」を行ってください。

この手続きにより、最長で受給期間を最長で3年間延長することが可能となります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

現在体調不良で苦しんでおり「退職」の言葉が頭に浮かんでいるほどの人に役立つ知識をご紹介しました。

体調不良を原因にして退職を考えるまでに追い込まれているなら、今後どうするか、もっと真剣に考えるべきです。

退職の伝え方、退職後の生活、退職後の転職活動など、あらかじめ考えておくべきことは多いはずです。

採用担当者にどう答える?転職に成功するための退職理由と回答例
転職活動をする際は面接において、退職理由をどのように回答するかが重要になってきます。 回答の仕方によっては採用担当者に良い印象を持たれることもあれば、悪い印象を持たれることもあります。そして、採用に繋げるためには、採用担当者に良い印象...

コメント