仕事でストレスを溜めやすい方とストレスの危険性

顔を覆う男性 転職コラム

仕事をしていると多かれ少なかれストレスを感じざるを得ませんが、人によってはひどく溜め込んでしまって大変な状態になる場合もあります。ストレスの危険性を理解して、うまくやり過ごせるようにする方法を知りましょう。

ストレスがもたらす恐怖とは

ストレスは医学的には過度な緊張が起こっている状態を示すものであり、仕事や家庭生活、人間関係などの様々なものが原因でだんだんと蓄積されていく性質があります。

ストレスはあまり感じないという人もいますが、ストレスに無自覚すぎるのもリスクがあります。

ストレスによる初期症状としてよくあるのが、イライラする、疲れやすくなる、集中力が低下するといったものであり、これだけでも様々な活動に対する意欲が低下してしまいがちです。

このような症状は自律神経系の失調によって生じていると考えられていて、本来あるべき神経活動が行えなくなっているために症状が出てきています。そのため、さらに進行すると自律神経系の制御がどんどん効かなくなっていき、心身に大きな不調をもたらすようになるのがストレスの恐怖です。

ストレスの症状は多岐に渡る

うつ病になるのが最も有名なものですが、それ以外にも各種生活習慣病のリスクを高めたり、頭痛や腹痛、吐き気や下痢などをもたらす場合もあります。

症状は多岐に渡っていて、薄毛や肥満の原因にもなり、女性の場合には生理周期の乱れや更年期障害をもたらすリスクもあるのが特徴です。

このような恐ろしさがあるため、ストレスはまだ気づいていないうちから気にかけて少しでも減らしていくことが必要になります。

ストレス耐性が低い人の特徴

同じようにストレスを受けているようでもストレスに弱い人も強い人もいます。

ストレスを溜め込んでしまうストレス耐性が低い人の特徴として、自分に厳しくて物事に対して執着心が強く、失敗を恐れているのが典型的です。

また、プライドが高くて批難の声に対して敏感であり、内向的で人付き合いがあまり良くない傾向もあります。自分に厳しくてプライドも高いと成功しなければならないというプレッシャーを自ら自分にかけてしまい、それがストレスになるのは明らかです。

また、執着心が強いと些細なミスをしたときにいつまでも忘れられず、気持ちの切り替えができなくていつも思い悩んでしまいがちになります。

内向的な人は要注意

それによって周囲から批判されているのではないかと被害妄想を持ってしまいやすく、実際には褒め称えられていたとしても自分が非難の対象になっていると思いこんでストレスを抱え込んでしまうことも少なくありません。

また、内向的になっている影響で人がどのように自分を評価しているかがわからず、被害妄想の傾向と強めてしまうことがよくあります。

一方、失敗を恐れるあまりに大きなリスクを取って仕事に励んだことがなく、努力をして成果を上げた経験がなくて自分に自信を失いがちになると、やはり自分は能力がないのではないかという懸念を抱きがちです。

それが原因でストレスが大きくなってしまう傾向があります。

ストレスを発散する習慣が肝心

ストレスが多い職場で働いていてもストレスを発散する習慣を作ってバランスを保っていれば大きなトラブルが発生することはありません。

コミュニケーションでストレス緩和

職場で積極的に人とのコミュニケーションを取るようにすると、愚痴や不満もこぼすことができてストレスを緩和できます。

また、週末やアフター5に楽しめる趣味を作って息抜きをするとストレスは簡単に解消可能です。まずはこのような簡単な取り組みから始めてストレス対策をするのが賢明と言えます。

転職をしてストレスを減らすのも大切

仕事から受けるストレスが大きく、もともとストレスを感じやすい性格という場合には、息抜きをしても抜本的な対策にならない可能性があります。

そのときには思い切って転職を考えるのが大切です。職場から受けるストレスの量は転職によって減らすことができます。重要なのは何がストレスの原因になっているかを考えて、そのストレスがない転職先を選ぶことです。

ストレスの原因を転職で取り除く

仕事の内容、上司や同僚との人間関係、成果についての評価制度、残業や休日出勤など、様々なものがストレスの原因になります。

自分にとって何が大きなストレスになっているかを順位付けして、特に上位になるものを全て解決できるように職場を選んで転職すれば心身ともに健全な状態で働き続けられるでしょう。

既に心身に支障を来している場合であっても、転職して速やかに改善するという例もあるので前向きに検討するのが大切です。

安易に転職すれば確実に解決されると考えずに、十分に原因の分析と転職先の職場の情報収集を行った上で決断すると失敗がありません。

ストレスを最小限にする努力が大切

ストレスは自律神経系の失調を介して心身に大きな影響を与える恐ろしいものです。

ストレス耐性が低い人は特にストレスを最小限にする努力をするのが大切であり、ストレス発散を習慣付けるだけでなく、転職も考慮した方が無難と言えます。

まずはストレスの原因をよく分析して、新しい職場では大きなストレスの原因を全てなくすのを目標に掲げるのが肝心です。

コメント