就職Shopの使い勝手は?サポートの充実性は?

就職shop 転職エージェント

「就職shop」は、大手人材企業リクルートが運営する就職支援サービス。

職探しに悩める20代の若者に向けて、手厚い就職支援サービスを展開しています。

社会人経験、正社員経験がなくとも、就職shop登録者なら適切な求人を紹介してもらうことができます。

特に正社員経験のない人の転職活動は、不安がつきまとうだけでなく、単純に転職活動で不利です。

本当に正社員経験がなく、面接でアピールするスキル、経歴がないとしても転職できるのか。

就職shopを実際に利用した人の口コミ・評判をみながら、使い勝手を調べていきましょう。

就職shop基本情報

公開求人数約8,000件以上
対応地域日本全国
運営地域リクルート株式会社
おすすめポイント全求人書類選考なし!

就職shopのメリット

  • 未経験可の求人多数!
  • 既卒、第二新卒の就職に強い!
  • リクルートの運営する転職エージェント
  • 店舗が駅チカロケーション

就職shopのデメリット

  • 希望通りの求人を紹介してもらえない
  • 中小企業の求人を中心に取り扱っている
  • 関西以外への転職が弱い

就職shopのメリットを一つずつ紹介

上で簡単に並べただけの、「就職shopのメリット」について、さらに詳しくみていきましょう。

既卒、第二新卒の就職に強い!

やはり就職shopの最大の特徴であり、就職shop最大のメリットはこの「既卒、第二新卒の就職に強い」というポイントでしょう。

正社員経験もまったくなく、面接でアピールできる経歴もない…。

そんな方は、普通に就職活動したところでまともに採用されるとは思えません。

未経験の状態で就職するには、未経験でも採用してくれる求人に応募する必要が出てきます。

そうした「未経験可」の求人を多く扱っているのが、他でもないこの就職shopなのです。

「自分は今後正社員として働くことができないのでは」

なんて思っている方も大丈夫!

就職shopがあなたの就職活動をサポートします。

リクルートの運営する転職エージェント

就職shopを運営するのが、大手人材企業「リクルート」であるのも嬉しいポイントです。

運営元が大手企業だと、企業の実績を信頼している企業から多くの求人が集まってきます。

そして求人が多いだけでなく、求人の質も高くなります。

リクルートが運営しているとなると、求人への信頼感は抜群です。

店舗が駅チカでロケーション抜群

就職shopを利用するなかで最初のヒアリングが行われる実店舗は全部で10店舗。

そしてそれぞれの店舗が、駅チカで誰でも通いやすい場所にあります。

転職エージェントによっては、店舗がわかりにくいビルの中に入っている…なんてことも多いです。

就職shopの店舗ならその心配はなさそうです。

就職shopのデメリットを一つずつ紹介

就職shopを問題なく利用するには、就職shopが持つデメリットもしっかり把握しておく必要があります。

就職shopにはどんなデメリットがあるのか?

そのデメリットは、利用者にとってどうても避けて通れないものなのか?

少し考えてみましょう。

希望通りの求人を紹介してもらえない

就職shopでは、利用者が採用される可能性の高い企業の求人を紹介します。

つまり、利用者が「こういう求人を紹介してほしい」と伝えたところで、その希望通りの求人を紹介してもらえるとは限らないということです。

あくまで「就職shop目線」での求人紹介を受けることになるのが、利用上の注意点です。

中小企業の求人を中心に取り扱っている

就職shopに求人を掲載している企業は、従業員数100人以下の中小企業ばかり。

そのため、「大企業就職希望!」という意気込みで利用していると、少し拍子抜け…なんてこともあるかもしれません。

「とにかく正社員として就職したい!職務経歴が欲しい!」

という方にこそ、就職shopがおすすめなのです。

地方転職が弱い

就職shopは、一応全国の求人を取集っているものの、店舗が関東と関西の主要都市にしかありません。

これでは、利用者が最初に受ける「ヒアリング」ができません。

関東、関西の主要都市近くにお住まいの方以外は、別の就職支援サービスを利用してください…。

就職shopの利用がおすすめの人

ここまで、就職shopのメリット、デメリットなど、特徴を説明しました。

今までの説明を受けて、どんな人が就職shopを利用して職探しをするべきか、少し考えていきましょう。

正社員経験のない20代

当然ですが、一番おすすめなのが「正社員経験のない20代、もしくは30代前半の若者」です。

若者向けの「未経験可」の求人を一番多く扱っているのが、この就職shopです。

正社員経験が欲しくてたまらないなら、まずは就職shopに登録して、適切な手順にて就職活動を進めてください。

入った会社を早期退職してしまった第二新卒

就職shopは、正社員経験がない若者以外でも利用可能です。

例えば多いのが、新卒で入った会社をすぐやめてしまった「第二新卒」。

このケースでも、就職shopは次の職場探しのサポートを助けてくれます。

第二新卒は、転職市場においてまだまだ有利です。

現在日本は慢性的な若者不足です。

喉から手が出るほど若者を採用したい企業ばかりなので、たとえ「早期退職」を行っていても、問題なく採用してくれる企業ばかり。

そして、就職shopには「第二新卒向け」の優良求人が多く集まっています。

20代社員の転職率は?新卒社員も転職しているのか?
現在転職を考えている20代は、「自分と同じ20代のうち、どれくらいの割合の人が転職しているのか」気になっている人もいるはず。 そもそも「20代で転職するのってどうなの?」とか、20代で転職って「我慢できないと思われるのでは」なんて不安...

就職を諦めかけているニート・フリーター

長年アルバイト生活を続けているフリーター、私もそうでした。

そして、半ばやけくそ気味なニートであっても、就職shopなら正社員として就職可能です。

「まだ若者である」という条件はつきますが、ニート、フリーターでも働きやすい求人が揃っているです。

まずは、登録してキャリアアドバイザーと相談してみてください。

就職shopと併用するべき転職エージェント

就職shopはリクルート運営の、とても優秀な就職支援サービスです。

しかし、就職支援サービスを利用して職探しするなかで、就職shopだけ利用する…というのは少し不安です。

他の就職支援サービスを利用しながら、正社員就職をより現実的なものにしましょう。

ハタラクティブ

ハタラクティブも、就職shopと同じく20代など若者に向けた就職支援サービスです。

運営会社のレバレジーズ株式会社は、リクルートほどの知名度こそないものの、人材事業の成功で成長を果たしている企業です。

就職shopとハタラクティブ両方に登録することで、あなたの就職活動をより確実なものにしてください。

本当に就職shopは正社員経験なしでも就職できるのか?

「就職shopを使えば、ニートでも就職できる!」

なんて触れ込みをネット上でも散見します。

しかし、ニートが就職するのは難しいことなんて、いまさら言うまでもなくわかること。

ニート歴が浅ければ第二新卒として扱われることも

ニートと自称している人の中には、まだまだニート歴があさく「第二新卒」として就職活動を進められる人がいます。

第二新卒はまだまだ就職先を選び放題なのは、上でも少し触れた通り。

あなたが思っている以上に、あなたの状況は就職しやすい状況である可能性は十分あります。

すぐにでも、就職shopのドアを叩いて、あなたでも働ける求人を探してください。

大学を出ていれば十分採用の見込みあり

もし「ニート」を自称するあなたが、大学を卒業しているとしたら。

そしてまだ20代なら、就職できる確率は十分あります。

もちろん、「夢見た通り」の仕事に就くことができる保証はありませんが、正社員として採用される確率は十分あります。

就職shopを上手に使いこなすコツ

就職shop利用を上手に行うことで、就職活動をより円滑に行うことができます。

どのように使えばよいのか、コツを紹介します。

「就職時期の希望」を聞かれたら「すぐにでも」と答える

就職shopへ登録すると、まずはキャリアアドバイザーとの面談を行うことになります。

この面談にて「希望就職時期」を聞かれたら、「すぐにでも」と伝えてください。

これは、就職への強い意思を伝えるためです。

就職shopとしては、少しでも意思の強い、就職確率が高い利用者を優先してサポートしたいからです。

マメに連絡して「就職の熱意」を伝える

上の「コツ」と通じる部分ではありますが、担当してくれたキャリアアドバイザーにマメに連絡を入れて、「早く就職したい」という意思を伝えてください。

就職shopを利用するときは、とにかく「優先してサポートする」対象になるのが大切なのです。

就職shop総評

就職shopは、20代、30代前半の若者向けに「未経験可」求人を提供している就職支援サービス。

正社員経験なし、スキルが乏しい、など就職活動において状況が悪い方はぜひ、就職shopへ登録して求人の紹介を受けてください。

就職shop利用者の口コミ

大学を出てからバイトだけして、フラフラ遊ぶこと5年ほど…。このままではさすがにやばいと就職shopへ登録しました。キャリアアドバイザーと面談した結果、IT企業の営業として今は働いています。そりゃ、めちゃくちゃ待遇が良いかといえばそんなことはありません。でも、あのお先真っ暗な気分だったフリーター時代と比べれば全然マシですね。

コメント