フリーターの就職時期はいつがベスト?企業によってベストの就職時期は変わります!

フリーターの就職・転職

「正社員に就職しよう」と思って、いざ就職活動をはじめても、やみくもに行った就職活動は成功しません。

とはいえ「就職したい」と思ったときが、フリーターにとっての就職タイミングなのも確か。

「就職したい」と思ったそのタイミングが、果たしてベストの就職時期なのか。フリーターの就職時期について学んでいきましょう。

正社員の求人が出回る時期などで、フリーターの就職ベストタイミングは変わります。

フリーターが就職するべきベストタイミングは、いったい何月なのでしょうか?

フリーターのベスト就職時期

では具体的に、フリーターが就職するべきベストなタイミングを探っていきましょう。

とはいえ、フリーターの就職時期にはいくつもの要素が絡むので、「ここがベスト」だと言いづらいのが本音です。

求人が一番出回るのは4月、9月など

フリーターが就職しやすいのはやはり、「企業が多くの求人を出すタイミング」です。

求人が多いということは、それだけフリーターが就職する選択肢が増えるということ。

求人が多く出回るのは、やはり人材の整理が行われる4月または9月のタイミングです。

すでに目星をつけた企業があるなら、その時期に求人が出ないか、よくチェックしておくことをおすすめします。

求人が出回る時期に就職活動をするのは遅い

とはいえ、求人が多く出回る時期に就職活動を行うのは遅いです。

就職活動の成功率を上げるには、求人が出回りはじめるのを見越して、早め早めの行動が必要です。

準備が出来てないと、せっかくいい求人をみつけても、的確な行動を起こすことはできませんよね。

中小企業への就職なら時期はあまり関係ない

しかし、求人が多く出回る時期を考えるべきなのは、「大企業」です。

中小企業は、もっと多くのタイミングで人材が流動的に流れるので、時期を考えずに就職することができます。

中小企業は大企業と違い、採用時期を固定しないことが多いので、フリーターの思い立った時期の就職に対応してくれます。

企業の規模や仕事内容などにこだわらないなら、中小企業への就職も見当してみてください。

考えるべきなのは時期より就職の流れ

フリーターの就職活動において、一番考えておくべきなのは「就職時期」ではありません。

一番重要なのは、就職活動をどのような手順で進めていくか。

どのように求人を探して、どのように就職を目指すか。

それさえ考えておけば、フリーターの就職活動で失敗することはかなり減るはずです。

フリーターの就職を成功させるコツ

フリーターの就職活動を成功に導くためには、しっかりコツを抑えておくべきです。

どんなポイントを抑えておけば、就職活動がうまくいくのか?

コツを調べておきましょう。

資格を活かす

フリーターという弱い属性をカバーするには、資格があることをアピールするべきです。

その資格の取得難易度が高ければ高いほど、就職活動を成功させられる可能性が高くなります。

就職するフリーターにおすすめの資格はどれ?
「今はフリーターだけど、ゆくゆくは正社員として安定した職につきたい」 なんて考えている方も少なくないはず。 しかし正社員経験なしの正社員への就職は、年齢や学歴など、条件にもよりますがかなり厳しいのも確か。 フリーターが就職...

就職しやすい業界を狙う

フリーターの就職活動は、やはり難易度が高いです。

特に「正社員の職歴なし」での就職活動は、それなりのハンデを負う覚悟が必要です。

しかしその難易度は、フリーターが就職しやすい業界への就職を狙えば、難易度を下げることができます。

こだわりの強い就職活動より、業界、職種にこだわらない就職活動のほうが、成功確率が高くなります。

フリーターのベストな就職先は?どうやって就職先を選べばいい?
後ろめたく苦しい、フリーター生活…。 そんな先行きが不確定なフリーター生活から、いつか抜け出して正社員として働きたい…そんなふうに考えている方は多いはずです。 しかし、「フリーターから就職」というスタートの時点で、ある程度選択肢...

志望動機を作り込む

フリーターは「スキル」や「社会常識」などを疑われた状態で就職活動を行うことになるので、かなり不利です。

この状態で就職するには、しっかりと作り込んだ志望動機を企業に提出することが必要です。

志望動機の作り込みで自信が無い方は、「転職エージェント」で相談してみるのも一つの手です。

就職を目指すフリーターが志望動機を作成する際に大切なポイント
志望動機に何を書けばいいのか分からずに悩んでしまう人は多いと言われています。 ちなみにフリーターだからアピールできる事が他の人よりも少ないのではなく、フリーターでのアルバイト経験や趣味として取りくんでいた活動などもしっかりと掘り下げて...

フリーターの就職で役立つサイト

フリーターの就職活動なら、フリーターの就職支援のために作られた転職サイト・転職エージェントを利用するべきです。

フリーターの就職のために必要な条件など、すべての就職ノウハウを把握しているので、フリーターの就職活動を成功に導きやすいサービスが揃っています。

ハタラクティブ

ハタラクティブはフリーターの就職サポートが強い転職エージェント。

たとえ正社員経験なしだったとしても、「未経験可」の求人を紹介してもらえるので、就職活動の成功確率がかなり高くなります。

ハタラクティブの使い勝手は?サポートの充実性は?
ハタラクティブは20代の転職に特化した転職エージェント。正社員経験がなくとも、別のスキル、ポテンシャルがあれば、フリーターでもハタラクティブがサポートしてくれます。

JAIC

JAICも、若手のフリーター人材の就職活動をサポートするノウハウがある転職エージェントです。

JAICは、自社の研修を受けることで、誰でも20社ほどの企業の求人を紹介してくれるという、懐の広い転職エージェントです。

スキルに自信のない方でもJAICへの登録を行ってみてください。

JAICの使い勝手は?サポートの充実性は?
JAICは、20代の若手をメインターゲットにした転職サービスです。悩める20代のフリーターなどに、ビジネスマナーなど基本的な心構えや考え方を教えることで、その後のキャリアを形成する手伝いをしてくれます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

フリーターが就職しやすい就職時期について、わかっていただけたでしょうか。

フリーターの就職という、ハンデのある状態での就職活動は、それなりに準備が必要なのです。

コメント