出会いを求めて転職するべきなのか?職場を変えることで出会いは手に入るのか?

転職コラム

女性が言う「職場に出会いがない」は聞き飽きました。

確かに職場は複数の異性が集まる空間で、まるで学校のクラスのよう。

しかも会社となると、年代も違う異性と出会うチャンスもあるとあって、多くの女性が出会いを求める空間だったとしても無理ありません。

しかし、出会いを求めるあまり転職まで踏み切るのは正しいのか。

転職したとして、実際に出会いは手に入るのか。

今回は、「転職で出会いが手に入るのか」という疑問について考えていきたいと思います。

職場の出会いに関して、過去こんな記事も書きました。

「職場で出会いがない」ってうるさすぎてしんどみの極み
社会人になると出会いが無くなるっていうじゃないですか。 確かに言いがち・ありがち。わかる。 女子会でその手の話になっても、私のターンは「職場も出会いが無いからね~」って済ませちゃうよ。もはや常套句だよね。 だって実際、社内...

出会いを求める方法として「職場を変える」は適しているのか

まず大前提の問題として、「出会い」がほしいがために職場を変えるのはいいことなのかを考えてみましょう。

もちろん、人生というのはその人個人の問題で、個人の価値観でもって選択を下すべきです。

しかし一般論として、出会いを求める目的で職場を変えることの是非も一度思いを馳せておくべきでしょう。

環境が変われば人生は変わる

人生において働く時間は大きな割合を占めます。

それはつまり、人一人が職場で過ごす時間はとても長いということ。

単純に、転職で職場を過ごせば、その後の人生の時間の使い方、過ごし方が変わるので人生が一変します。

出会いもあるかもしれません。

お金の扱い方も変わるかもしれません。

倫理や道徳など多くの問題に関連するかもしれないのが、この「職場を変える」という行動です。

転職に正解はない

結論から言ってしまうと、転職自体に良い悪いはありません。

確かにその後給与が下がるかもしれません。

つまらない仕事に従事することになるかもしれません。

しかしそれが良いか悪いか、それは関係ない話です。

人生は、選択と後悔の連続。

たとえ職場を変えたとしても、それは人生の中でのたくさんある選択の一つでしかありません。

転職で実際に恋人はできるか?

それでは具体的に、転職することで恋人はできるのか否か?それを具体的に考えていきたいと思います。

転職で恋人ができる人も多い

事実、職場を変えることで恋人ができる人は多いです。

職場を変えることで新しい出会いが手に入るのは、転職した本人だけでなく転職先の人も同じだからです。

お互い新鮮な気持ちで出会えたなら、それが恋愛に発展するとしても不思議ではないですよね。

よくあるのが、以前の職場は人が少なかったけど、転職先の大企業で恋人ができるパターン。

転職で結婚も

転職することに寄って、恋人関係に発展してそれによって結婚…。

なんてことも十分考えられます。

転職で恋人と分かれることももちろんありますが、それ以上に恋人ができたり、結婚できるなんてこともあるのです、

「彼女のために転職」は正気の沙汰じゃない!転職は自分のためにするべき!
彼女のために行う転職。そんな主体的ではない転職はするべきではありません。転職はあくまで自分のために行うべきもの。誰かのために行うものではないのです。

転職で気分が一新する

転職で恋人ができる要因として、「気分が一新する」ことが挙げられます。

以前の職場では、少しうだつのあがらない人間だという印象を与えていたとしも、転職先では評価はリセット。

今後は気分を一新して仕事できます。

気分新たに転職して、結果恋人ができる…なんてことも十分考えられるのです。

同じ景色ばかり見ていてはいけない

人生で安定してくると、毎日同じ過ごし方で時間を使って、毎日同じ景色を見て過ごすことになるでしょう。

しかしそれではいけません。

同じ景色を見て人生を過ごしていると、考え方も凝り固まってしまいます。

「人生が楽だ」と感じているということは、それだけ同じ景色をみて、同じような生き方をしているということ。

いつも多少の苦難を感じているくらいのほうが、働き方として最適なのです。

「出会い」目的のみで職場を変えるのは少し難あり

さて、出会いを求めて職場を変えることについて、もう少し考えていきましょう。

確かに、転職するかどうかは個人の自由ですが、転職する目的が「出会い」最優先だったとしたら、それは少し考えものです。

転職すること自体にリスクがありすぎて、「出会い」なんてふわふわした理由で転職するのはかなりリスキーなのです。

今の職場にまったく不満がないなら転職は慎重に

今の職場にまったく不満がないとしたら、職場を変える判断は慎重に下してください。

上でも言ったように、転職すると自分の生活が一変します。

それは良いこともありますが、悪いことも多いのです。

転職によってもたらされる多くのリスク、これを考えると現在の職場に不満がないなら転職するべきではありません。

なんとか転職以外の方法で、出会いを増やす努力をしてください。

出会いを求めるのは第2希望以降で

もちろん、「転職で出会いが増えればいいな」と思ってもかまいません。

しかしそれは、転職する目的の最優先事項にするべきではありません。

「出会い」は、転職で改善する要素の第二希望以降に出しておきましょう。

転職しないで出会いを増やす方法も多い

はあちゅうさんも言っていますが、社外でパートナーを探すことも一度検討するべきです。

参考:出会いがない職場環境… 出会いのために転職すべき?【はあちゅうの塩対応人生相談】

最近はマッチングアプリも普及して、以前ほどアプリでの出会いに対して過度に嫌悪感を感じる人も少なくなりました。

または、友人の紹介や、食事会、社会人サークルなど、選択肢も決して少なくないはずです。

なんとか出会いの幅を広げる方法はないか、少し検討してみてください。

職場を変えるより出会いを増やすほうが楽

職場を変えるのは、かなりのエネルギーが必要になります。

対して、ネットやその他方法で出会いを広げるのは、それほどエネルギーを消費しません。

転職するくらいなら、社外で出会いを探すほうが遥かに楽なのです。

今あなたの回りには、まったく出会いがないでしょうか?

転職は人生に大きな影響が出る!慎重な転職を

転職を行うことで、人生には大きな影響が出ます。

それはもちろんいい影響もありますが、悪い影響も多いです。

それら両面の影響を考えたうえで、職場を変えるか否か、慎重な判断を下してください。

転職エージェントで相談もあり

転職エージェントに登録して、自分の今後の職場選びの相談をするのも良いでしょう。

現在社員が少ない、中小企業で働くのに限界を感じている方は、もっと規模の大きな会社で働く方向性を模索してはいかがでしょうか。

その際におすすめなのは、多くの求人を抱えるリクルートエージェントなどがおすすめです。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

職場を変える 出会いまとめ

今回は、職場に出会いがなさ過ぎるから、職場を変えようかと考えている方と一緒に、出会いを求める転職について考えました。

転職で出会いが増えることはあるかもしれませんが、出会いを最優先で転職するのはリスキーです。

職場を変えるのは慎重に…。

コメント