登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「マイナビエージェント」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
15,492
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
マイナビエージェントの無料登録へ

仕事に行きたくなくて吐き気や涙が出るときは危険信号!最適な対処法とは

仕事のストレス

「仕事に行きたくない」
「吐き気がするし涙も出てくる。もう仕事したくない。」

このように毎朝起きて、仕事のことを考えれば考えるほど拒否反応を起こし、吐き気や涙が出てきて悩んでいませんか?

はっきりいって非常に危険な状態です。

吐き気や涙が出るということは、明らかに健康体とはいえないないので、今すぐ仕事を休んで病院へ行くべきです。

そして、今の仕事がつらいなら転職することをオススメします。

しかし「転職はできない。今の会社は辞められない。」と、勝手に思い込んでいる人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、仕事に行きたくないと思い吐き気などが出る状態の危険性から、仕事に行きたくないときの対処法、そして転職の必要性まで解説していきます。

仕事に行きたくないと思ったら休むべき!つらいなら転職も考えよう
「仕事に行きたくない。働きたくない。」 「でも仕事に行くのが当たり前だし自分は甘えてるだけだ。」 このように、仕事のことを考えるとつらくなり、仕事に行きたくないと感じているのであれば、まずは仕事を休みましょう。 仕事に行きたく...
  1. 仕事に行きたくなくて吐き気や涙が出るのは危険信号
  2. 仕事に行きたくないならとにかく休む
    1. 仕事を休む=甘えという思い込み
  3. 仕事に行きたくなさすぎて吐き気と涙が出てしまう人の特徴
    1. 完璧主義者である
    2. 長男・長女気質
    3. 「みんな仕事に行きたくないと思ってるんだ」という思い込みに悩みがち
  4. そもそも会社に行きたくない気持ちで吐き気や涙などに悩まされるのはなぜ?
    1. 社内の人間関係で悩んでいる
    2. やりたくない仕事をしている
    3. 寝不足
  5. 毎朝起きたら吐き気がするときの対処法
    1. 仕事に行きたくないと思う原因を探る
    2. 趣味を作って没頭する
    3. 運動をする
    4. 病院で相談する
    5. 転職する
  6. 仕事行きたくないなら選ぶべき「転職」という選択肢について
    1. 「自分なんかが他の会社に移ったところで役に立つはずがない」
    2. 「本当に転職できるという保証はない」
    3. 「会社を辞めたらキャリアに傷がつく」
    4. 「とにかく3年は今の仕事を続けなきゃ」
    5. 「親から転職を止められる」
    6. 「今の会社にお世話になったから恩返ししなくちゃ」
    7. 「人手不足だから今自分が辞めたら会社に迷惑がかかる」
  7. 転職するメリットとデメリット
    1. 転職するメリット
    2. 転職するデメリット
  8. 転職するなら転職エージェントがベスト
    1. 転職エージェントを利用するメリット:キャリアアドバイザーと相談できる
    2. 転職エージェントを利用するメリット:退職前に転職活動ができる
    3. 転職エージェントを利用するメリット:求人の内情を知ることができる
    4. おすすめの転職エージェント
      1. リクルートエージェント
      2. DODAエージェント
      3. パソナキャリア
  9. 仕事に行きたくなくて吐き気がするならすぐにでも転職を
  10. まとめ

仕事に行きたくなくて吐き気や涙が出るのは危険信号

朝起きて仕事のことを考えると吐き気がしたり、涙が自然と出てくる人は非常に危険な状態です。

うつ病などの精神的な病気にかかる一歩手前、あるいはもうすでに患っているかもしれません。

一度うつ病にかかると治すために時間がかかり、その間は働けなくなってしまう人がほとんどです。

病気を患っては遅いので、早いうちに対処しましょう。

一時的な「仕事に行きたくない」という感情であれば、数日経過して気にならなくなることもあるのであまり心配する必要はないです。

しかし、毎朝「仕事に行きたくない」と思い、吐き気や涙が出るなら一度仕事を休み、病院で専門医に相談しましょう。

朝起きて仕事に行きたくないと感じたらどうすればいい?うつ病の可能性も
「仕事に行きたくない」 「毎朝起きて仕事のことを考えるとつらい」 このように、朝仕事のことを考えるとつらくて、仕事に行きたくいと感じるなら、とにかく仕事を休むことをオススメします。 そのまま無理して仕事を続ければ、うつ病などの...

仕事に行きたくないならとにかく休む

仕事に行きたくないと思ったら、とにかく休むことが大切です。

上記でも伝えたとおり、無理して仕事に行けば働けない状態になってしまいかねません。

仕事に行きたくないと思いつつも、自分の気持ちに目を向けず、働けなくなるまで無理する必要があるでしょうか?

もちろん、「家でゲームをしたいから」という理由で仕事を休むことはできませんが、仕事に対してストレスを感じていて、仕事が原因で朝から吐き気がするようなら休むべきです。

「当日に仕事を休むなんてできるわけがない」
「ちょっと体調が悪いだけで休めるはずがない」

このように、仕事を休んではいけないと思い込んでいる人は少なくないでしょう。

ですが、自分が「仕事に行きたくない」と感じているのに、自分の気持ちを無視して、無理に会社に合わせる必要はありません。

たとえ自分が休むことで会社に損害を与えるとしても、自分の人生なので自分の好きに生きるべきです。

会社は休めないものと思い込んでいる人は、自分の気持ちと向き合い、自分を正当化して、自分の本心はどう思っているのか改めて考えてみてください。

仕事を休む=甘えという思い込み

「仕事に行きたくない」といえば、周りから「甘えている」といわれることは少なくないでしょう。

上司や同僚、親や友人からも甘えているといわれるかもしれません。

また、周りから何もいわれてなくても、自分が勝手に「仕事を休むのは甘えだ。だから働かなきゃ。」って思い込んでいる人も多いでしょう。

しかし、結論をいえば「仕事を休む=甘え」というのは根拠のない作り話です。

仕事を休むことがなぜ甘えといえるのでしょうか?

人にはできることとできないことがありますし、頑張れる基準も人それぞれです。

そのため、周りから「俺がこれだけやってるんだから、お前もこれくらいやれよ」といわれても「それはあなたの勝手な価値観です」といい返せばいいだけです。

自分がきついならきつい。

仕事に行きたくないなら休む。

何事も自分を軸に考えることが大切です。

会社のために生きているわけではないので、会社に行くかどうかは他の誰かがどう思うかではなく、自分自身で決めましょう。

仕事に行きたくなさすぎて吐き気と涙が出てしまう人の特徴

どんな人が、仕事に行きたくないと思いすぎて吐き気に襲われたり、涙が出てしまったり、そんな状態で苦しんでいるのか。

悩みがちな人の特徴はだいたい決まっているので、その特徴を調べてみることにしましょう。

完璧主義者である

「仕事は苦しくてもいくもの」

「仕事はちゃんとしなくては」

そんな課題を自分に課してしまっている人は、仕事に行きたくない思いで苦しみがちです。

悩まない、苦しまないストレスフリーな状態で仕事するためには、もっとのびのびとした楽な状態で仕事しないといけないのです。

まずは、自分をその苦しい気持ちの連鎖から開放してあげてください。

長男・長女気質

長男長女気質が強すぎる人は「仕事に行かないと」という思いに縛られがちです。

言い換えると責任感が強すぎる人。

「がんばって仕事行かないと」の気持ちが強ければ強いほど、ストレスがかかり吐き気、涙で悩まされがちです。

もっと良くも悪くも自己中な考え方で自分を甘やかしてあげてください。

「みんな仕事に行きたくないと思ってるんだ」という思い込みに悩みがち

仕事に行きたくないことで吐き気に苦しむ人は、「みんなも仕事に行きたくないと思ってるんだ」という勝手な自分への追い込みで悩みがちです。

他のみんながどんな思いで仕事に行っているかはあまり関係ないことです。

あなた自身が仕事にいくことをどう思っているか、それが何より大切なのです。

仕事のストレスを効果的に解消する方法一覧
自分で気をつけておかないと、仕事上のストレスは知らず知らずのうちにどんどん溜まってしまいます。 仕事をしていれば大なり小なりストレスはあるものですが、普段の生活の中で上手に解消していくことができれば、新たな気持ちで仕事に取り組めますよ...

そもそも会社に行きたくない気持ちで吐き気や涙などに悩まされるのはなぜ?

そもそも、「仕事に行きたくない」という感情により吐き気や涙、下痢などの症状に苦しんでしまっている原因は何でしょうか。

その原因がわからないと、気持ちを解消するための対応策も思いつかない人が多いのではないでしょうか。

社内の人間関係で悩んでいる

「仕事に行きたくない」と感じる人の多くがこの「社内の人間関係」で悩んでいます。

人間の悩みは、突き詰めるとほとんどが「お金」か「人間関係」に帰結すると言われています。

そして自分の勤める勤務先での人間関係の悩みはかなり奥深い問題です。

社内の人間関係が円滑にいっていないと、社内で行なう多くの作業がストレスになります。

会社にいる時間のほとんどで、ストレスを感じることになってしまうのです。

人間関係のストレスから開放されるためには、その職場から離れるのが一番です。

やりたくない仕事をしている

今自分がやっている仕事がやりたくない仕事である場合、そのストレスで「仕事に行きたくない」と思うとしても無理ありません。

自分に適性のない仕事なら、まだ自分の脳力を上げることで、その仕事が楽しくなることもあるでしょう。

しかし問題は、やっている仕事が社会的モラルに反している場合や、仕事によって誰か傷つく人が出てくる場合です。

自分の道徳心に反した仕事をしている人は特に「仕事に行きたくない」思いで吐き気を催す…なんてことも多いでしょう。

寝不足

日々の厳しい仕事、長い労働時間などが原因で、日々の睡眠時間が短くなり寝不足によって仕事に行きたくないと思うほどの吐き気に襲われることもあるでしょう。

どんな仕事をするにしても、いちばん大切なのは身体です。

一番大切な身体を崩してまでするべき仕事なんてありません。

寝不足で仕事に行きたくないと重いくらいの職場なら、別の職場に転職してしまうことをおすすめします。

毎朝起きたら吐き気がするときの対処法

毎朝起きたら吐き気がするということは、仕事に対して何かしらストレスを抱えているということです。

そのため、仕事のストレスを解消する工夫をしなければいけません。

仕事のストレスを解消し、毎朝の吐き気をなくすためには以下の対処法があります。

  • 仕事に行きたくないと思う原因を探る
  • 趣味を作って没頭する
  • 運動する
  • 病院で相談する
  • 転職する

ここからは、それぞれの対処法についてくわしく解説していきます。

仕事に行きたくないと思う原因を探る

まずは仕事に行きたくないと思う原因を探りましょう。

仕事に行きたくない原因を知ることで、その解決策が判明し、具体的にこれからどのような行動を取ればいいのかがわかります。

たとえば、いつも上司から理不尽なことをいわれることに限界を感じているのであれば、職場の人間関係が問題なので、転職をしたり異動をしたりなどといった方法があります。

このように仮に人間関係が問題なら、その人間と関係を持たないようにするためには、どうすればいいのかを考えて行動するだけです。

ほかにも、会社に行きたくないと思う理由には以下のものがあると考えられます。

  • トラブルやプレッシャー
  • 仕事に疲れている
  • ただ面倒臭い
  • 長時間労働、過重労働
  • いじめやパワハラ
  • 仕事があっていない
  • 通勤時間が長い

など

なんとなく仕事に行きたくないと思う人は、このようにその理由を明確にすることをオススメします。

また、その理由をより深掘りすればするほど、取るべき行動も具体的になります。

趣味を作って没頭する

特に趣味がないという人は、趣味を作ってそれに没頭するという方法があります。

趣味に没頭すればプライベートを充実させることができ、嫌な仕事も好きなプライベートのためにと頑張れるからです。

仕事をするのがつらいと感じる人ほど、趣味が特にないという人が多いです。

趣味がなく、プライベートでもやることがない、さらに仕事もつらいと感じれば「何のために生きているのかわからない」と悩んでしまうでしょう。

そのため、仕事ではなくプライベートの方に人生の生きがいを見いだすことが大切です。

たとえば趣味には主に以下のようなものがあります。

  • 読書
  • スポーツ
  • ドライブ
  • 美味しい物を食べる
  • 旅行
  • 恋人や友人と話す

など

趣味を見つけるためには自分の経験を広げることが重要になります。

スケボーをしたことがない人が、スケボーを趣味といえないように、趣味は経験から生まれるので、まずは未経験のことをたくさんやってみましょう。

運動をする

仕事に行きたくないときは、運動をして仕事に行きたくないという気持ちをなくすという方法があります。

運動をすることで、うつ病などの精神病にかかるリスクを減らし、不安や悩みを前向きな思考にできるのです。

ニューサウスウェールズ大学の精神医学者「サミュエル・ハービー氏」は、座ったまま過ごす時間が長いとうつ病のリスクが上昇すると話しています。

また同様に、運動をすることで将来的にうつ病になるリスクを減らせる可能性があることも明らかにしています。

これは運動をすることによって、ポジティブになれる「セロトニン」と、気分の高揚・幸福感を与える「エンドルフィン」の2種類のホルモンが分泌されるからです。

特に、ウォーキングやジョギング、サイクリングなど少し息が上がる程度の有酸素運動が効果的とされています。

そのため、仕事に行きたくないときは軽いウォーキングなどをして、気持ちが前向きになれるかどうか試してみましょう。
参考1:(:タンパク質と脳の栄養〜うつ病とタンパク摂取〜|NPO法人「食と健康プロジェクト」)

参考2:(運動によるうつ病・うつ状態の予防に関する基礎知識|宮城県成人病予防協会)

病院で相談する

仕事に行きたくないと思い、吐き気や涙が出るようなら必ず病院へ行き専門医に相談しましょう。

「ちょっとした体調不良なら大丈夫」と思い込んでいる人は多いかもしれませんが、自分の体調不良に気づくのは他でもなく自分です。

周りが気づいてくれることはほとんどないので、体が元気でも気持ちが落ち込んで体調が悪いなら、自分の意思で病院へ行く必要があります。

もし病院に相談せず、無理して働けばうつ病になる可能性は非常に高いです。

そのため、周りから何といわれようと、自分の気持ちと体調を最優先に考えて、病院へ相談に行くべきです。

なお、気持ちが落ち込んだことによって吐き気や涙が出る場合は心療内科を受診しましょう。

転職する

仕事に行きたくなくて体調不良を起こしているなら、転職することをオススメします。

その体調不良の原因は現在の仕事や職場にあるため、転職することで根本的な問題を解決できる可能性があります。

もちろん転職が成功する、あるいは転職したからといって問題が解決できるとは限りません。

しかし、今のまま無理して嫌な仕事をやり続ける必要性はないでしょう。

転職して少しでも問題を解決するための行動を起こすか、それとも少しの可能性を無視して、今まで通り無理して働き続けるのか、どちらが幸せか考えてみてください。

仕事に行きたくないと思う原因が、少しでも今の仕事にあるのだとすれば、転職することも頭に入れておきましょう。

以下では、転職するという選択肢がない人へ向けて、転職することの大切さについて解説していきます。

仕事行きたくないなら選ぶべき「転職」という選択肢について

仕事に行きたくないなら転職するという選択肢を持っておきましょう。

仕事に行きたくないと思いつつも、今の仕事を辞めない人は、以下のような考えを持っているのではないでしょうか?

  • 「自分なんかが他の会社に移ったところで役に立つはずがない」
  • 「本当に転職できるという保証はない」
  • 「会社を辞めたらキャリアに傷がつく」
  • 「とにかく3年は今の仕事を続けなきゃ」
  • 「親から転職を止められる」
  • 「今の会社にお世話になったから恩返ししなくちゃ」
  • 「人手不足だから今自分が辞めたら会社に迷惑がかかる」

など

これらは転職できない人のいい訳に過ぎません。

もしあなたが転職をしない理由がこのどれかなら、あまり大した理由ではないので自分の将来のために転職することをオススメします。

ではなぜ、大した理由ではないといい切れるのか。

ここからは、それぞれの理由について深堀していきます。

「自分なんかが他の会社に移ったところで役に立つはずがない」

「自分なんかが転職したところで役に立つはずがない」と思っていませんか?

そう思ってしまう人の多くが、きっと会社の上司や同僚から否定され続けている人です。

たとえば「仕事が遅い」「またお前のせいで」など、否定され続ければ人は自分はダメな人間なんだと自己否定をするようになります。

自己肯定ができない人は自分に自信がないため、転職してもどうせ仕事ができないと思い込んでしまいます。

しかし、仕事ができない人間と決まったわけではありませんし、万が一今の会社で仕事が遅いとしても、人にはできることとできないことがあるはずです。

つまり今の会社での仕事ぶりと、転職先で役に立つか立たないかは別の話です。

また仕事が多少できなくても、あなたを必要とする職場はきっとあります。

そのため、転職しても役にたつはずがないと思う人は、今の会社で否定されているだけであって、転職先ではそうとは限らないので気にする必要はありません。

「本当に転職できるという保証はない」

「本当に転職できるという保証はない」というのは、転職をしないただのいいわけです。

逆にいえば、転職が成功するかもしれません。

もちろん本当に転職できるか、また転職先で仕事がうまくいくという保証はありません。

しかし、物事のマイナス部分ばかりを見ては何もうまくいくはずがないです。

仮に転職が失敗したのであれば、また転職をすればいいだけのことです。

何回も転職を繰り返せば経歴に傷がつくことになりますが、そんな可能性の低い不安のために今無理する必要はないでしょう。

そのため、本当に転職が成功するかどうかではなく、今の仕事がつらいなら転職する、という考えに切り替える必要があります。

「会社を辞めたらキャリアに傷がつく」

「会社を辞めたらキャリアに傷がつく」というのは間違いなく正論です。

転職を繰り返せば「すぐに会社を辞める人」として判断され、徐々に転職自体が難しくなるでしょう。

しかし先でも説明したとおり、まだ転職を繰り返していない状態のうちに、将来的なキャリアの心配をして転職を拒否するというのはあまりにも愚策です。

2〜3度の転職で天職に就ける可能性は十分ありますし、不満のある今の会社で時間と労力を消耗する必要はないでしょう。

また、日本で中小企業と呼ばれる会社は380万社もあり、大手企業やベンチャー企業なども含めればそれ以上です。

日本全国に会社はいくらでもあります。

つまり、転職を繰り返してキャリアに傷がついたところで、自分を雇ってくれる企業はきっとあるはずです。

キャリアに傷がつくことを恐れるのは当然ですが、その漠然とした不安と今の苦痛のどちらを選択するかもう一度考えてみてください。

「とにかく3年は今の仕事を続けなきゃ」

「とにかく3年は今の仕事を続けなきゃ」と思い込み、無理している人は多いでしょう。

しかし、厚生労働省によれば、平成27年3月に大学を卒業して新卒で就業した人のうち、3年以内に離職した人の割合は31.8%となっています。
参考:新規学卒就職者の離職状況(平成27年3月卒業者の状況)を公表します

つまり令和元年現在、新卒者の3割以上の人が3年も経たずに転職・退職しています。

改めて考えてみれば3年とはあまりにも適当で、根拠のない数字です。

今の仕事を3年間続けたからといって、そのあと将来がうまくいく保証はありませんし、3年続けなくてもうまくいくこともざらです。

自分勝手に「3年」と抽象的に考えるのではなく、今の職場状況や仕事内容から考えなければいけません。

その上でもし現在、劣悪な仕事環境で働いているなら、転職した方が賢い選択といえるでしょう。

「親から転職を止められる」

親から転職を止められるために転職ができない人はいるでしょうか?

特に、大手や上場企業に就職している場合は、親からすればせっかくのステータスを手放すのを見ておけないでしょう。

結論からいえば、そんな人は自立すべきです。

あなたの人生は誰のものでもない、あなたのものです。

「親からいわれたから…。」「周りが反対したから…。」といって、自分の意見を曲げるのは学生までです。

親の人生を歩んでいるわけではありませんし、周りが納得するために生きているわけではありません。

自分がつらいと感じて仕事を辞めたいと思うなら、周りの声ではなく、自分の気持ちを最優先させましょう。

「今の会社にお世話になったから恩返ししなくちゃ」

「今の会社にお世話になった」というのは思い込みです。

会社にとって従業員は人材であって、恩を売るために雇っていないからです。

会社が頼んだことをただ遂行さえしてくれれば、はっきりいって誰だって構いません。

特に大手会社のように従業員の多い会社であればその傾向が顕著で、たとえば会社が嫌で辞めた人がいれば、その分新しい従業員を雇用すればいいだけのことです。

中には従業員を雇用して安月給で働かせ、時間と労働力を搾取するだけの悪質な会社も存在します。

つまり「今の会社にお世話になったから恩返ししなくちゃ」というのは、労働者のエゴといえます。

もし今の会社にこき使われて、いいように働かされているのであれば、そこで働き続ける理由はないはずです。

「今の会社にお世話になっている」と感じている人は、まずはその会社が自分を本当に手厚く扱ってくれているのかを再確認してください。

「人手不足だから今自分が辞めたら会社に迷惑がかかる」

「人手不足だから今自分が辞めたら会社に迷惑がかかる」というのもただのエゴです。

ひとりの従業員に、会社の迷惑を考え、損益を判断し、行動できるほどの決定権はありません。

人手不足で忙しいかどうかは、会社や人事的な問題であって、従業員の責任ではないのです。

仮にあなたが辞めたことによって、会社の業績が傾いたとしても、その責任を追う必要はありません。

また、「忙しいから辞められるのは困る」と会社からいわれても、気にする必要はないです。

なぜならそれは、あなたに「仕事に行きたくない」と思わせてしまった、会社側の問題だからです。

そのため、「人手不足だから」と会社の心配をするのではなく、自分の人生の方に目を向けましょう。

転職するメリットとデメリット

転職するという選択肢を持ったら、続いてそのメリット・デメリットについて考えましょう。

転職するメリットの方が大きいと感じれば、実際に転職するのもいいですし、逆にデメリットが大きいと感じれば、趣味を作るなど他の選択肢を考えるといいでしょう。

以下では転職することによってどんなメリット・デメリットがあるのか解説していきます。

転職するメリット

転職するメリットは主に以下の2つです。

  • 環境を変えられる
  • 自分の成長につながる

特に環境を変えられるというメリットが大きいです。

仕事に行きたくないと思う原因は、今の仕事内容や人間関係など、きっと現在の職場環境にあるはずです。

転職をすれば今の環境を変えられ、転職先で楽しく仕事ができる可能性があります。

また、転職することによって自分のスキルや経験などが培われ、自分の成長につながるでしょう。

このように、転職すれば新しいことにチャレンジできる上に、仕事が楽しくなるかもしれないといったメリットがあります。

転職するデメリット

転職するデメリットは主に以下の2つです。

  • 問題が解決するとは限らない
  • 社会的な信用が下がる

転職したからといって「仕事に行きたくない」という思いが、根本的に解決するとは限りません。

たとえば、現在の職場の人間関係に恵まれていないために転職しても、転職先の人間関係に恵まれない可能性は十分にあります。

また、特に就職して早くに転職してしまえば社会的な信用を低下させてしまいます。

徐々に転職をするのが厳しくなってくるでしょう。

実際に転職するかどうかはこのメリットとデメリットの両方を見つめ、自分で判断することが大切です。

転職するなら転職エージェントがベスト

転職をするなら転職エージェントがオススメです。

転職エージェントとはプロのキャリアアドバイザーのサポートを受けながら、転職活動を進めていくサービスです。

転職活動をする上で、その人に最適な求人を紹介してくれ、さらに面接対策や書類の添削などを行ってもらえます。

自分一人で活動する転職サイトやハローワークなどとは異なり、プロのアドバイスがあるため、より転職が成功しやすく、さらに転職先とのミスマッチを防ぐことができます。

現在、仕事に行きたくないと思っている人は、その理由や現状を事細かくアドバイザーに伝えることで、より親身になって最適な求人を紹介してもらえるでしょう。

転職エージェントを利用するメリット:キャリアアドバイザーと相談できる

仕事に行きたくない思いで吐き気と涙で苦しんでいる人の転職活動には、「転職エージェント」を利用するべきだとお伝えしました。

その理由、転職エージェントを使って転職活動をすすめる1つ目のメリットが「キャリアアドバイザーと相談しながら転職できる」ということです。

転職エージェントにはキャリアアドバイザーが在籍しており、利用者の希望条件に沿って「求人の紹介」や「面接のアドバイス」「退職の手伝い」などを行ってくれます。

ですからまずは、転職エージェントを利用して「働きやすい求人を紹介してほしい」と希望を出すことで、転職できる可能性をぐっと上げることができるはずです。

転職エージェントを利用するメリット:退職前に転職活動ができる

転職エージェントを利用すると、利用者が普通に働いている時間にキャリアアドバイザーが代行して、求人の検索、面接のスケジューリングなどを行います。

つまり転職活動のほとんどを利用者の仕事中行ってくれるので、転職エージェントを利用すれば「在職中の転職活動」が可能なのです。

退職してからの転職活動は、収入が途切れてしまうなど多くのリスクがあります。

職歴に穴が空くのもリスクですよね。

在職中に転職活動をすすめるためにも、転職エージェントを活用した転職活動を行いましょう。

転職エージェントを利用するメリット:求人の内情を知ることができる

転職エージェントのキャリアアドバイザーに聞くことで、求人票だけで見えてこない求人情報の内情を知ることができます。

求人情報では良いことばかり書いてあったのに、実際に蓋を開けてみたらブラック企業…なんてことも珍しいことではありません。

働く前に求人票の詳しい内情を知ることができるというのも、転職エージェントで転職活動をすすめるメリットでしょう。

おすすめの転職エージェント

ここからは具体的に、登録するべきおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

リクルートエージェント

まずおすすめしたいのは、転職エージェント業界最大手「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも最も多い求人を抱えています。

そして過去の実績も十分

それらのノウハウと求人をもってすれば、現職で吐き気を催すほど「仕事行きたくない」と思っている方にも魅力的な求人を用意してくれるはずです。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

DODAエージェント

DODAのエージェントは、転職エージェントのなかでリクルートエージェントを次いで第二位です。

第二位の転職エージェントということは、それだけ多くの求人数を抱えており、利用者のサポートも親身に行ってくれるということです。

DODAは在籍するキャリアアドバイザーの質にも定評があるので、高い水準のサポートを期待する方にも、DODAエージェントがおすすめです。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

パソナキャリア

パソナキャリアは、利用者の満足度が高い転職エージェント。

サポートの丁寧さ、キャリアアドバイザーの質に定評があります。

求人の質も高いので、現在よりも職場環境が良い職場の求人を教えてもらえるはずです。

パソナキャリアの評判は?口コミを元にメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
パソナキャリアを利用する前に、実際の評判や口コミも気になりますよね。 パソナキャリアのような転職エージェントの場合、求人の質だけでなく、キャリアアドバイザーの質なんかも気になるところです。 転職を成功させるには、良い転職サービス...

仕事に行きたくなくて吐き気がするならすぐにでも転職を

仕事に行きたくないと思い、吐き気や涙が出るようなら早いうちに転職しましょう。

もしそのまま無理して働き続け、うつ病になってしまえば転職する気力がわかず、転職に成功する可能性も低くなってしまいます。

「あのとき思い切って転職していればよかった。」と後悔しても遅いです。

人はやったことの後悔よりも、やらなかったことの後悔の方が大きいものなので、きっと転職しても後悔することはないでしょう。

まだ正常な判断ができる状態のうちに転職することをオススメします。

まとめ

仕事に行きたくなくて吐き気や涙が出るときは非常に危険な状態です。

明らかに健康な状態ではないので、まずは仕事を休み、病院へ相談に行きましょう。

吐き気や涙が出るときに取るべき行動には以下のものがあります。

  • 仕事に行きたくないと思う原因を探る
  • 趣味を作って没頭する
  • 運動する
  • 病院で相談する
  • 転職する

特に、今の仕事がつらいなら転職をオススメします。

職場環境を変えられ、仕事に行きたくないと思う根本的な問題の解決につながるからです。

とはいえ、転職をすることに対して拒否反応を示している人は多いでしょう。

転職を検討するときは、そのメリットとデメリットを自分で考え、自分だけの答えを導き出すことが大切です。

仕事に行きたくないと思ったら休むべき!つらいなら転職も考えよう
「仕事に行きたくない。働きたくない。」 「でも仕事に行くのが当たり前だし自分は甘えてるだけだ。」 このように、仕事のことを考えるとつらくなり、仕事に行きたくないと感じているのであれば、まずは仕事を休みましょう。 仕事に行きたく...

コメント