SEの平均残業時間は?どうすれば残業時間を短くできるのか

エンジニアのお悩み

「システムエンジニアの残業時間」と聞いて、みなさんはどんなイメージを抱くでしょうか。

SEの残業時間って長そう…そんなイメージの方も多いのではないでしょうか。確かに、世のエンジニアとのなかには、様々な開発案件に追われて、日々長い残業に追われている人も少なくありません。

具体的にSEのどんな仕事が、どれくらいの残業を発生させているのか。SEの残業時間を短くするためにはどうすればいいのか。それぞれ考えていきましょう。

SEの平均残業時間は長い?

まずは「SEの平均残業時間」から調べていきましょう。

厚生労働省の発表によると、東京都内で働くSEの平均残業時間は「一日平均1.5時間」だそうです。

つまり月平均で「23時間」ということになります。これだけ見ると、「意外と残業時間が短い」なんて思ってしまいますよね。しかし他の職種とくらべてみるとその残業時間は長めです。

しかし、この数字はあくまで全体の平均であること。また、企業側が残業時間を正確に申告していないパターンを考えると、どこまで信用できるものかわかりません。

「デスマーチ」の存在が平均残業時間を長くしている

実際、SEの残業時間は長いです。私の知る限り、過労死ライン以上の残業時間で働くSEも多く、気の毒なほど。

この残業時間を長くする要因が「デスマーチ」です。他社システム開発を担う下流SIerが、無茶なスケジュールを背負い込み発生する「デスマーチ」。このデスマーチの存在により、一気にSEの平均残業時間は長くなるのです。

また後でも説明しますが、デスマーチに組み込まれて仕事するSEは、早めの脱出を考えるべきでしょう。

SEの働く業界によって平均残業時間が変わる

SEの残業時間というのは、SEが働く業界によって、かなり差が出ます。

SEといえば、IT業界だけでなく、様々な業界で働くことができ、それぞれの業界により残業時間がまったく異なります。

SEという仕事には満足していても、残業時間に不満を抱いている方は、「別の業界で働く」ことを念頭に置いてみてください。

SEの平均残業代

残業時間と同じく考えるべきなのが「残業代」です。残業時間が長くても、それに見合った賃金が払われていれば、それなりに我慢できます。

しかしSEの中には、「働きに見合った残業代」が支払われていないケースがあります。

ブラック企業は「残業時間過少申告」「残業代なし」なんてところも

日本の法律で「36協定」というものがあります。

労働基準法36条で、「1日8時間、週40時間残業を行った場合、労働基準監督官に届け出る義務がある」というもの。

しかし、企業の中には、ある程度以上の残業時間において申告しない。もしくは少なく過少申告することで、労働基準法違反を免れるのです。

SEの残業時間を短くする方法

それでは、すでに働いているSEの残業時間を短くする方法を調べていきましょう。

SEという仕事は、たしかにきつい仕事が多くなります。しかし、働き方に高い自由度があり、働き方を選ぶことができるという魅力があります。

働き方を変える

残業時間が長いということは、それだけ作業がもたついてるということ。

それならばもっと作業効率を上げて、業務時間内に自分のタスクを片付けられる努力をするべきです。

作業能率を上げる

作業スピードアップという観点から考えていきましょう。

自分の抱えているタスクを4つに分けます。最優先でやること、優先度は高いが今日やらなくても良いこと、数日後でも間に合うもの、期日が設定されてないもの。いかに「最優先事項」を片付けつづ、優先度が高いが期日の迫っていないものも片付けるか。それが大切です。

転職という選択肢

手っ取り早いのが、今の働きを根底から変える「転職」です。

今現在のあなたが、残業時間の長いSEならば、残業時間の短いSEへと転職すれば良いのです。

「自社システム開発」を行うSEに転職する

残業時間の短いSEの代表格が「自社システム開発」を行うSEです。

「他社システム開発」を行う弱小SIerで働くSEは、上から支持された「タイトなスケジュール」で働くことを強いられるので、必然的に残業時間が長くなります。

これが「自社システム開発」を行う会社なら、社員に無茶なスケジュールを割り振らないため、残業の少ない無理ないスケジュールで働くことができるのです。

元請けのSEに転職する

残業時間の長いSEというのは、「SIピラミッドの下層SIer」ではたらいている人が多いです。

2次請け企業、3次請け企業と、下請けになればなるほど厳しい労働環境で働くことになり、残業時間も長くなります。

残業時間の短いSEとして働くならば、システム開発の「元請け企業」のSEになると、残業時間を短くすることができるでしょう。「大企業のSE」として働くことを一度目標としてみましょう。

「ハイクラス向け求人」を扱う転職エージェントなんかに、一度相談してみてはいかがでしょうか。

ビズリーチの使い勝手は?サポートの充実性は?
ビズリーチは、ハイクラスの求人が集まった転職エージェント。スカウトシステムなど、独自の優秀なサービスが揃っていますが、一部サービス利用にはお金がかかってしまいます。

フリーランスエンジニアになる

一企業で働くから、残業時間の長さで一喜一憂することになるのです。

どの企業にも属さない「フリーランス」として働けば、残業時間の長さに悩む必要もなくなります。年々増えつつ有る「フリーランス」のエンジニア。いっそフリーランスとして働く選択肢も、一度見当してみてください。

別業界の「社内SE」に転職する

IT業界の、それもSIerで働いていては、いつまで経っても「残業」という呪縛から逃れることができません。

IT業界以外の、別業界企業の「社内SE」として働くことで、残業時間を短く働くことができるはず。それに、「金融業界」や「医療業界」などに転職すれば、今より「年収アップ」も狙えます。

長い残業はあなたの思考を鈍らせる

日々長い残業時間に耐えながら働いていると、だんだん思考が鈍ってきます。思うに、心身のプログラムが働いて、「今の状態に適用しよう」として、思考停止の状態となるのではないでしょうか。

そうなってしまうと、再び動き出すのは大きなエネルギーが必要となります。現状維持バイアスに惑わされることなく、転職するなら転職する。今の場所で働き方を変えるなど、判断をはやめに下すのをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

残業時間に悩むSEは、今回の記事で少し働き方を考え直すことができたでしょうか。大切なのは、「今の働き方」を見つめ直して、どうすればより良い環境で働くことができるか、を考えることです。

自分の理想の働き方、その理想像を思い描いて、その理想像に至る道筋をしっかり考えてみてください。

コメント