登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
77,778件
非公開求人数
61,365件
対応地域
全国+海外
対象属性
20~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ

サラリーマンにおすすめの副業は?サラリーマンが効率よく稼ぐための方法をご紹介します

男性 スーツ 喜ぶ ガッツポーズ転職コラム

サラリーマンが普通に働いたところで、収入はたかが知れています。

サラリーマンとして働くだけで、総支給から多くの税金を取られて、手取りは大きく目減りします。

少ない収入を補填するためには、サラリーマンでもできる副業でお金を稼ぐ必要があります。

しかしいくら世の中的に副業が珍しくない時代になったとはいえ、「副業する」と言ったって何をすればいいのかわかりません。

そもそも自分ができる副業があるのかもわからないですよね。

そこで今回は、サラリーマンにおすすめの稼げる副業について解説していこうと思っています。

今の世の中生き抜くには、収入源がいくつあっても足りません!

サラリーマンは副業でお金を稼ぐべき理由

私は個人的に、サラリーマンは皆副業でお金を稼ぐべきだと思っています。

サラリーマンとして勤め上げるだとかの価値観は、国や社会から刷り込まれた古い価値観。

今の時代を生き抜く時、その価値観を抱いたままでは古いです。

少しでも若いうちに、サラリーマンは副業での収入を作っておくべきです。

一社に一生勤め上げる時代は終わった

一昔前なら、「新卒で入った会社に定年まで勤め上げる」のが当然の働き方とされていました。

しかしその価値観はもはや古いです。

会社業績、社会情勢、そして今はコロナ情勢も不安定な現状では、安定した働き方なんて幻想です。

収入源が一つでは収入的に不安

収入源が一つしかないというのは、それだけで大きなリスクです。

なぜなら、その一つしかない収入源が潰えてしまうと、本人の収入はとたんに0となるからです。

副業で収入源が複数あれば、社会情勢が変わっても生活が破綻してしまうリスクを低くできるのです。

現状副業を始めやすい状況である

私がサラリーマンの副業をすすめる大きな理由の一つに、「副業を始めやすい状況だから」というのがあります。

ネット上には、あらゆる副業に関する知識、情報が転がっています。

これから副業を始める方は、ただその情報に基づいて事業を始めるだけです。

特に私が最近参考にしているのは「Youtube」です。

動画でわかりやすく、詳しく解説してくれるので情報収集ツールとしてかなり優秀です。

サラリーマンにおすすめの副業

それではここから具体的に、サラリーマンが副業でやるべき仕事について詳しく解説していこうと思います。

株式投資

株式投資は、企業が発行する株を売買することで利益を上げる方法です。

サラリーマンに向いていると言える理由もいくつかあります。

まず、株の取引はほとんど時間と労力を必要としません。

空き時間を見計らって、株の注文を出しておくことで、ある程度は思い通りの取引ができます。

また、株式市場が空いている時間も決まっているので、副業の予定が立てやすいです。

「時間いっぱいがんばらないと稼げない」というわけでもないのです。

確かに株式投資にはそれなりの知識と経験が求められますが、うまくいけば生活を変えられるほどの利益を出すことができます。

FX投資

FXは通貨の為替相場を見ながら、通貨の売買で利益を上げるというもの。

為替相場は常に変動していますから、上手なタイミングで為替取引を行うと利益を上げられるはずです。

しかしFXは変動が大きいので、かなりハイリスクハイリターンであること、通貨事態には資産価値がないことなどに注意が必要です。

レバレッジをかけた取引になると、もともとの資産以上の損害が出ることも考えられるのです。

せどり

商品を転売して利益を上げる「せどり」もおすすめです。

せどりも時間拘束されないのがメリットです。

隙間時間をみつけて、その時間を活用しながらお金儲けができます。

だんだんと経験を積んでいけば、「売れるもの」の見極めもうまくなっていくはず。

プログラミング

プログラミング技術を上げて、企業から案件を受注する副業もおすすめです。

プログラミング自体は自分で技術を学ぶことができます。

もちろん、企業の案件に応えられるくらい高い技術は、識者に学ぶ必要があるかもしれません。

しかし副業程度のプログラミング技術なら、自分の力だけである程度なんとかなります。

ブログ運営

ブログでアフィリエイト収入を得る副業です。

ブログはなにも元手がなくても、PC一台あれば始められます。

時間と根気、そして知識も必要ですが、ブログは気軽に始められる割に割の良い副業だと思います。

ユーチューバー

最近特に発展が目覚ましいYouTube。

そのYouTubeで動画配信を行うのがユーチューバーです。

すでに多くのユーチューバーがいるので、競争激しいレッドオーシャンではありますが、これからも動画コンテンツが発展し続けていくことを思うと、十分はじめる価値があります。

単発バイト

仕事の傍ら、単発バイトで働くという方法もあります。

例えば、引っ越しやイベントスタッフなど。

コンスタントに週3で入るだとかのバイトは、副業としては不向きなので、空いた日に単発で入るのがおすすめです。

空いた時間の使い方で、サラリーマンの収入は全然変わってきます。

Uber Eats配達員

コロナショックの影響もあり、最近特に需要が増しているUber Eatsの配達員として働くのもおすすめです。

特に都心部なら、配達先に困ることもありません。

Uber Eats配達員として働くための資格も必要ありません。

ただ、自転車かバイクさえあれば良いのです。

レッスン講師

最近多くなってきた「オンラインセミナー」でオンライン講師として働くのも良いでしょう。

オンライン講師も、自分の空き時間を活用して働くことができます。

講師として教えられるくらいに、卓越した知識や経験があることが大前提ですが、自分の技量に自信があるならぜひ「レッスン講師」を副業にしてみましょう。

サラリーマンが副業するときの注意点

サラリーマンは皆副業で働くべき、とは思っていますが、サラリーマンが副業するときには注意点をあらかじめおさえておきましょう。

サラリーマンが気をつけるべき注意点はいくつかあります。

会社規定に従うこと

まず、会社規定に従うこと。

基本的にサラリーマンが副業してはいけないという法律はありませんが、会社規則として「副業禁止」としているところは多いです。

副業を禁止する理由としては、「人材流出を防ぎたい」「本業をおろそかにさせない」などが理由です。

どうしても本業以外の事業を始めたいなら、もはや会社で働くという選択肢を捨てるしかないのです。

確定申告が必要な場合も

会社の収入は、会社が確定申告を代替わりしてくれるでしょうが、副業の儲けは確定申告が必要になるケースがあります。

本業以外であらゆる所得がある人は、自分の所得に合わせて確定申告の必要があります。

勝てる副業で戦う

サラリーマンの副業ですが、何を副業とするかの選択肢はとても多いです。

副業とはいえ、自分で新しい事業をはじめるに等しいわけですから、「他の人に勝てる事業」を選ぶことが必要です。

投資をはじめるとしても、どこに投資するのか、しっかり考える必要があります。

自分の資産、自分の脳力、自分の適性をしっかり考えた上で、副業をはじめてください。

副業か?独立か?サラリーマンのこれからの働き方

サラリーマンは皆副業をはじめるべきと言いましたが、それと同じく、サラリーマンは自分の働き方をこれから考える必要があります。

メインの仕事以外にも副業で収入を得るのは当然として、サラリーマンという働き方にも疑問を持つべきです。

サラリーマンで働き続けるリスクもある

終身雇用制度がもはや死に体であることは言うまでもありません。

そして、終身雇用制度で働くことができないなら、サラリーマンでいるメリットはもはやありません。

むしろ、サラリーマンでいることには多くのリスクがついて回ります。

サラリーマンは、国にとって、また会社にとって都合の良い人としての生き方を求められます。

ある程度スキルがある人は、むしろ独立して働いたほうが、自分のスキルアップも図ることができるので良いかもしれません。

独立すると会社の庇護を受けられない

とはいえ、フリーランスとして働くことのリスクもあります。

わかりやすいのが、今回のような災害時に、会社からの庇護を受けられないなど、保障が薄いことです。

自分を守れるのは自分だけ、という状態がフリーランスなのです。

生きる上で「安心感」を優先順位の上位に置く方には、会社員という働き方をおすすめしたいです。

どんな働き方、どんな事象にも良し悪しがあるという、良い例です。

貧富の差を生むのは「行動するかしないか」の差です

市民は収入格差、俗に言う「貧富の差」が発生しています。

たくさんお金をもらっている人もいれば、全然お金をもらってない人もいて、差が出ているという話です。

自分がその貧富どちらに位置するかを決めるかというと、それは「行動するかしないか」なのです。

行動すればなんらかの結果がついてきます。

その行動を元に今後自分の行動を考えれば良いので、まずは行動して「結果を確認する」というフェイズが必要なのです。

どれだけ行動できるか、それで今後の人生はガラッと変わります。

とにかく「やってみる」こと

とにかく「やってみる」ことです。

やってみたら意外とうまくいったということ、やってみたけど全然うまくいかない、ということもどちらもあること。

そのどちらかは実際にやってみないとわからないのです。

確認するためにも、とにかく行動に起こすことが大切です。

私も今株式投資をやっていますが、やる前にはここまで成果が出るとは思っていませんでした。

このように、「もっと早くやってみればよかった」ということが見つかることもあるので、一秒でも早く行動に起こすことが大切です。

過去の当たり前で生きるのはやめましょう

一社で勤め上げるだったり、住宅ローンを借りて一軒家を買うだったり、社会が決めた「当たり前」で生きるのはもうやめましょう。

自分の人生を考えてくれるのは、他でもない自分だけです。

世界の価値観は刻一刻と変わっていますから、それに合わせて自分の働き方もメンテナンスして変えていくのは自然なことです。

サラリーマンにおすすめの副業 まとめ

今回考えたのは、サラリーマンが本業の傍らやるべき副業についてです。

サラリーマンにとってかつては当たり前だったことも、今では古い考え方、または誰かにとって集うの良い考え方です。

柔軟に、副業や独立を考えながら、柔軟に働いていきましょう。

コメント