リクナビ薬剤師は本当に無料なの?紹介料の仕組みについて解説!

リクナビ薬剤師

リクルートが運営するリクナビ薬剤師は、年間100万人以上の利用者数を誇る大手転職支援サイト。

登録することで担当エージェントが付き、希望する条件を窺った上で、求人を紹介してくれるシステムとなっています。

リクナビ薬剤師では様々な病院や企業の求人を取り扱っており、忙しい仕事の合間でもエージェントが求人を探してくれるので、非常に便利で人気のサービスとなっています。

しかし求人を紹介してくれるのであれば、紹介料がかかるのでは?と思う方もいらっしゃると思います。

そこで今回はリクナビ薬剤師のサービスにおける紹介料について、詳しく解説してきたいと思います。

リクナビ薬剤師は使うべき?利用者の口コミから強みを解説
転職業界でも最大手の一つとしてよく知られるリクナビが運営している薬剤師専門の転職サイトがリクナビ薬剤師です。 就職や転職をする上で多くの人が利用している企業だからこそ、薬剤師専門のサイトにも安心できるサポート体制が整っていると期待でき...

リクナビ薬剤師は大手の転職サイトだから紹介料がかかるんじゃないの?

リクナビ薬剤師は豊富な求人数を掲載しており、さらにエージェントのサポートやスピード重視の対応など、大手ならではの充実した支援サービスが揃っています。

忙しい社会人にとってこれらのサービスは非常に便利ですが、普通に考えれば紹介料などの料金がかかりますよね。

充実したサービスであるほど高いお金がかかるのではないかと心配になりますが、リクナビ薬剤師では紹介料などの料金が必要になるのでしょうか?

リクナビ薬剤師は紹介一切なしで利用できる便利なサービス!

結論から先に述べるとリクナビ薬剤師では求人の紹介料は一切かかりません。

また紹介料だけでなく、登録料無料・内定後のフォローまですべて無料となっています。

リクナビ薬剤師で利用できるサポート一覧

  • エージェントによる求人紹介面談・キャリアカウンセリング
  • 企業との交渉
  • 履歴書の添削
  • 面接対策・スケジュール調整
  • 内定後フォロー・相談

リクナビ薬剤師ではこれだけのサポートが揃っていますが、もちろん全て無料で利用することが可能です。

充実したサポート、あるいは求人を紹介してもらった見返りとして、高い紹介料を請求されることは一切ありません。

求職中であってもお金の負担がかかる心配をせずに、転職活動に集中できるシステムとなっているのは非常にありがたいですよね。

リクナビ薬剤師は紹介料なしで利用できるけれどアヤシイ業者じゃないの?

とはいえ普通なんらかのサービスを利用する場合は、お金が必要になるもの。

求人を紹介してくれるサービスが無料なんて本当なの?アヤシイ……という方ももちろんいらっしゃると思います。

そんな方のために、ここではリクナビ薬剤師が、紹介料などの料金なしで利用できる理由について解説してきたいと思います。

リクナビ薬剤師は国から許可された無料職場紹介事業

全てのサービスが無料なんて聞くと、確かに怪しい業者のような響きに聞こえますが、リクナビ薬剤師は違法業者ではなく、ちゃんと国の許可を得て運営しているサービスです。

職業紹介事業には無料職業紹介事業有料職業紹介事業の2種類があります。

このうちリクナビ薬剤師は前者の無料職業紹介事業に分類されます。

一般企業や団体などが無料職業紹介事業を行う場合は、職業安定法第33条により厚生労働大臣の許可を受けることが前提となっています。

もちろんリクナビ薬剤師も、厚生労働大臣の許可を受けた上で運営していますので、れっきとした合法事業と言うことができます。

無料職業紹介事業は登録者から報酬を受け取ることができない

無料職業紹介事業は事業と名が付いているものの、職業紹介などユーザーに対するサービスについて、報酬・手数料を受けないで提供するものを指します。

リクナビ薬剤師が無料で利用できるのも、国の規定に則った上でのシステムであると言えます。

無料職業紹介事業は法律上でも認められている事業であり、以下のような4つの形態が該当します。

  • 一般的の企業が厚生労働大臣の許可を受けて提供する無料職業紹介事業
  • 学校、専修学校等が厚生労働大臣への届出をして行う無料職業紹介事業
  • 商工会議所等が厚生労働大臣への届出をして行う無料職業紹介事業
  • 地方公共団体が厚生労働大臣への届出をして行う無料職業紹介事業

このように無料職業紹介事業は、企業や学校などの団体が厚生労働大臣から許可を受ける、または届出をして行うものとなっています。

簡単に言えばリクナビが厚生労働大臣の許可を受けて運営しているのが、無料職業紹介事業のリクナビ薬剤師ということになりますね。

無料職業紹介事業は法律に沿って合法的に運営されている

無料職業紹介事業についてまとめると以下のようになります。

  • 無料職業紹介事業は厚生労働大臣の許可を必要とする事業である
  • 無料職業紹介事業は法律で登録者から報酬・手数料を請求できない

上記のようにリクナビ薬剤師のような無料で利用できる転職支援サービスは、国からの認可を受けたサービスであり、登録者から報酬を受け取ることはできないと法律で定められています。

よって一般の人が広く安心して利用できるサービスとなっているのです。

一方で有料職業紹介事業も存在しますが、両者の違いは紹介料などの報酬や手数料がかかるか否か程度のものです。

有料職業紹介事業では料金がかかってしまいますので、多くの薬剤師はリクナビ薬剤師のような無料職業紹介事業を利用しています。

紹介料なしで利用できるリクナビ薬剤師の報酬はどうやって発生するの?

リクナビ薬剤師が国の認可を受けたサービスであることはわかったけれど、紹介料などの報酬なしでなぜ運営できるのかと疑問に思うのではないでしょうか。

無料職業紹介事業といってもビジネスですので、もちろん報酬を得る仕組みは存在します。

ここではリクナビ薬剤師をはじめとした職業紹介事業が、どうやって報酬を得ているのかについて解説しましょう。

無料で利用できる転職サイトの報酬が発生するまでの流れ

リクナビ薬剤師をはじめ、多くの人が利用している薬剤師転職サイトも、無料職業紹介事業の一つと言えます。

無料職業紹介事業の報酬が発生するまでの流れは以下のようになっています。

  1. サイト登録者から希望する条件をヒアリングして、求人を探す
  2. 候補となりうる求人をピックアップして登録者に紹介する
  3. 登録者はエージェントが紹介する求人の中から職場を選択する
  4. 登録者が採用担当者と面接し採用となった場合、企業から報酬が支払われる

このように無料職業紹介事業は登録者からではなく、求人掲載を依頼してくる企業から報酬をもらうというビジネスモデルとなっています。
また求人を紹介してくれるエージェントは成功報酬型の収入となっており、相場は厳密に定められていないものの、転職後の年収30%程度がエージェントの報酬となるのが一般的です。

リクナビ薬剤師もこのようなビジネスモデルで運営しています。登録者から紹介料を受け取らなくても企業からお金を得ることで利益を得ているのです。

リクナビ薬剤師は紹介料無料でも安心して利用できる転職サイト!

confident pretty female business woman face to camera smiling when her colleague using whiteboard meeting in background.

以上のことからリクナビ薬剤師は、安心して無料で利用できる転職支援サービスとなっています。

納得のいく転職をするには、まず信頼できる転職サービスを利用することが大前提となります。

リクナビ薬剤師は大手であることと、国の認可を受けていることから、おすすめできる転職支援サービスです。

しかし残念ながら違法な職業紹介会社もいくつかは存在します。

国の認可を受けずに職業紹介を行っている会社まで存在するほか、交通費・残業代が出ないなど紹介される求人の質が低いという会社まであります。

転職サイトを利用する場合は、そのようなブラック業者にひっかからないよう注意しておく必要があります。

安全に利用するなら大手が確実!『職業紹介優良事業者』認定を受けているサイトもおすすめ

とはいえブラックな業者を回避するのはそう難しいことではありません。

最も確実なのはリクナビ薬剤師や薬キャリなど、大手の転職支援サービスを利用することです。

反対に名前も聞いたことが無いような会社の転職サービスには登録しないようにしましょう。

また厚生労働省からの審査を通過した『職業紹介優良事業者』認定を受けている転職サービスもおすすめと言えるでしょう。

こちらの認定を受けている転職サイトは、マイナビ薬剤師やファゲットなどが挙げられます。

リクナビ薬剤師の他に、複数の転職サイトを利用する際の目安にもなるので是非覚えておいてくださいね。

コメント