登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「マイナビエージェント」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
15,492
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
マイナビエージェントの無料登録へ

【楽な仕事ランキング】楽な仕事がしたい方におすすめの仕事は?

転職コラム

仕事で嫌なことがあるたびに、「仕事が辛い」だとか、「もっと楽な仕事がしたい」という欲求にかられるもの。

自分は毎日バリバリ仕事をこなして働いているのに、苦労なく働いている人をみると、「自分ももっと楽な仕事がしたい」と思うのも無理ないことです。

ですが果たして、楽な仕事は本当に存在するのか。

楽そうは仕事に就いている人は、本当に楽だと思って働いているのか。

今回は、どんな仕事が楽な仕事なのか、実際に楽な仕事に就くためにはどうすればいいか。

楽な仕事を探す上において大切なことを説明します。

簡単な仕事しかできないなら簡単な仕事をすればいい
簡単な仕事しかできない人、人並みに仕事を処理することができない人というのは、一定数存在します。 普通の人と同じように仕事しているはずなのに、出来上がる成果は普通の人とはかけ離れている…。 脳の病気、心身のストレスなど、簡単な仕事...

楽な仕事の定義は?

私達は「楽な仕事がしたい」なんてぼんやり願っているものですが、具体的に「楽な仕事」とはどんな仕事のことを言うのでしょうか?

ここで、楽な仕事を簡単に定義付けておいて、「どんな仕事が楽な仕事なのか」を自分のなかではっきりさせておきましょう。

どんな仕事が楽な仕事なのか?

それはその人の価値観、求める仕事の条件によって変わってきます。

自分の価値観と照らし合わせながら、楽な仕事について考えてみましょう。

精神的に楽な仕事

精神的に負担が小さい仕事は、はっきりと楽だと言い切ることができます。

仕事においてプレッシャーがなく、仕事において責任が問われない仕事。

明確にノルマが設定されており、ノルマをクリアすることを余儀なくされているような仕事、多くのタスクに追い立てられるような仕事をしていると、精神的に追い詰められてしまいます。

自分のペースで仕事できる、自分の裁量権でしっかり仕事できるものが、「楽な仕事」といえるでしょう。

人間関係が楽な仕事

人間関係が楽なのも、楽な仕事を選ぶ上でとても大切です。

同僚、先輩、上司との関係が良好で、風通しがいい仕事は文句無しで楽な仕事でしょう。

どれだけ他の条件がいい仕事でも、人間関係が悪い仕事はいい仕事とは言えないのです。

他にも、自分の関わらないところでもセクハラやモラハラが横行しているようなところでは、とても楽な仕事ができるとは言えないでしょう。

「上司が嫌いすぎる」のは転職する理由になるか?嫌いな上司の対処法
誰しも会社で働いている会社員ならば、「上司が嫌いすぎる」と思うこともあるのでは。 たとえ働き始めた当初は好きだった上司でも、何かの表紙に「嫌いすぎる」と思うことも出てくるでしょう。 または、会った当初からずっと嫌いで、しばらく話...

肉体的に楽な仕事

「肉体的に負担が少ない」のは、楽な仕事を形成する時重要です。

体力に自信があって、身体を動かすのがとにかく好きなら良いですが、そうでないなら肉体的に負担が大きいのはとても楽な仕事とは言えません。

特に単純作業が得意なら、一箇所にとどまってできる仕事を行うことで、自分のパフォーマンスを十分に発揮するyほうにしてください。

条件的に楽な仕事

勤務条件がしっかり整っている仕事も、楽な仕事だと言えるでしょう。

最近は特に、仕事と私生活のバランスである「ワークライフバランス」が重要視されています。

残業が多い、休日出勤があるなど、個人のライフが脅かされるような仕事は、楽な仕事とは言いにくいのです。

福利厚生という仕事の土台がしっかり整っていてはじめて、楽な仕事が形どられていくのです。

作業内容が楽な仕事

仕事でこなすことになる作業内容が単純なものが、わかりやすく楽な仕事です。

頭を使わないで行うことができる単純作業をひたすらこなす、人と関わらないで、一つの作業に集中できる仕事が楽な仕事です。

しかしこれは人によっては「飽きる」という問題が出てきます。

仕事内容が少し複雑で頭を使うほうが楽だ、という人も多いですから、仕事内容に関しては一度自分のなかで考え直してみても良いでしょう。

変化を求められない仕事

仕事の中で工夫や変調を求められない仕事も、楽な仕事だと言えるでしょう。

常に進歩と変化を常に求められていると、そのプレッシャーによって、とても楽な仕事だとは思えないはずです。

単純作業が多い仕事が楽である…という話と少し似ていますが、変化を求められない仕事は楽です。

楽な仕事ランキング

具体的に、負担が少ない楽な仕事を、ランキング形式で見ていきましょう。

1位 マンション経営者

マンションの経営者、つまり大家は楽な仕事です。

言うまでもなくその理由は、「大した仕事をしなくても家賃収入が入ってくる」からに他なりません。

日々の作業は、マンションの管理など簡単なルーチンワークのみ。

サラリーマンとして日々仕事に追われているあなたも、大家になるだけで、何もしなくても毎月安定して収入を得ることができるのです。

確実に利益を得られるという点で、投資の面からみるとかなり優秀な部類に入るのではないでしょうか。

ちなみに収入の額面は、経営するマンションの規模によってかわります。

2位 ビルメンテナンス

ビルに異常が起きていないかを点検するのがビルメンテナンスの仕事。

ビルによっては一人ですべての管理をおこなうこともあります。

一人で仕事するのが楽だ、という方におすすめの仕事です。

ビルメンテナンスに必要な資格こそありませんが、ビルに関する様々な知識が必要になります。

雇用形態も正社員からアルバイトまで一通り揃っており、間口の広さも魅力です。

3位 警備員

警備員は、御存知の通りビルや様々な施設で警備を行う仕事。

警備する建物内で何か問題が起きた場合は、その問題を通報して対処します。

ビルや施設内の安全を守る立場なので意外と責任は重大です。

立ち仕事ではありますが、基本的に一人で立っているのがその仕事の大部分です。

ネックはその落さゆえ、給与相場が低いことでしょうか。

4位 社内SE

社内SEの仕事は、社内にてシステム管理や保守運用を行うというもの。

社内でその仕事は完結するので、社外のクライアントからの要望や納期に追われることはありません。

そのため、システムエンジニアの天敵である、残業や休日出勤とも無縁の職業です。

ですがだからこそ、システムエンジニアの中では人気を集める競争率の高い仕事でもあります。

バリバリとエンジニアとして難しい仕事をしたい、という方でも無い限り、のんびりエンジニア業ができる社内SEはかなりおすすめです。

5位 地方公務員

地方公務員は、都道府県内の役所で公共サービスを提供する仕事です。

解雇もなく、ほとんど残業やノルマとも無縁。

仕事内容も基本的にルーチンワークが多いです。

しかもそれでいて平均年収は薬680万円と高水準。

しかし御存知の通り、地方公務員として働くためには、厳しい公務員試験をクリアしなければなりません。

働き始めると楽な仕事も多いですが、働くまでが楽ではないのが地方公務員という仕事です。

6位 ルート営業

ルート営業は、あらかじめ取引のある既存の営業先を回って、自社製品やサービスの紹介を行う仕事です。

営業といっても、飛び込み営業など、自社製品の新規開拓の必要はなく、厳しいノルマが課せられることもありません。

先方はすでに自社と取引のある会社なので、気軽に回って、現在の良好な関係を維持するのが第一の目的です。

ルート営業の外回りは基本的に一人で行うので、一緒に回るメンバーに気を使わなくて良いのもメリットの一つです。

7位 ドライバー

ドライバー、特にトラック運転手は楽な仕事でおすすめです。

トラック運転手は、基本的に仕事は単純。

トラックに荷物を積んで、そのトラックを目的地まで運転して、荷物を届けるというもの。

これが決まったルート配送が楽で、「毎回決まったルートを運転する」のが主な仕事となります。

運転スキル以外の目立ったスキルは求められず、かなり就きやすい仕事だと言えるでしょう。

トラック運転手は、運転する距離が長くなればなるほど給与が高くなる傾向にあります。

短距離のトラック運転手は、給与こそ低いですが労働条件でみるとかなりホワイトです。

8位 図書館スタッフ

図書館スタッフは、公共図書館や大学図書館などで働くスタッフのことです。

仕事内容としては、カウンターで貸し出し、返却業務や、配架、書架の整理、館内巡回などが主な仕事です。

いずれは、肉体的、精神的にもそこまで追い込まれることのない、楽な仕事の部類でしょう。

静かで快適な環境で勤務できる、本好きなら誰もが憧れる環境で働くことができるでしょう。

図書館司書の資格があれば、されに有利に働くことができるでしょう。

もちろん、資格を持っていなくても働くことができます。

本好きならぜひ、一度目指してみてはいかがでしょうか。

9位 事務

事務の仕事は主に、書類作成からExcelでの表作り、電話対応などがその仕事。

社内の業務を円滑にする、主に色んな部署のサポートがその主な仕事です。

事務と一言で言ってもその仕事の幅は広く、総務、人事、経理など様々です。

どこからどこまで関わるかは、企業の規模や業務形態などの要因が関係してきます。

事務員は人手が足りない他部署の手伝いを依頼されることもあり、会社によっては結構忙しく働くことを強いられることも。

10位 データ入力

データ入力は、PCで支持されたデータをテンプレートのなかに入力していくだけの仕事です。

私も経験したことがありますが、その業務内容はかなり単純です。

座ってひたすら行うデータ入力は、単純に労力が少なく楽な仕事ですが、人によっては物足りないと感じることも。

番外編 工場派遣

番外編として、工場派遣の仕事も楽です。

工場は何か製品を組み立てるための現場。

そのなかで、ひたすらルーチンワークを行うのが工場勤務です。

「かなり楽では」

と思う方も多いでしょうが、工場勤務はその現場環境が結構過酷です。

夏場は暑い、冬は寒いなど、働きやすいとは言えない環境なので、楽な仕事と簡単に言うのが難しいなというのが正直なところです。

工場派遣の仕事はきつい?工場で働くメリットは?
工場の仕事といえば、荷物を運ぶなどして体力的にも、そして単純作業が精神的にもきつい仕事だというイメージが強いのではないでしょうか。 工場は常に稼働しているので、夜中に工場で働く夜勤の仕事も少なくありません。 そんな、いろんな面で...

楽な仕事で働くためにはどうすればいい?

ここまで、楽な仕事についての基本的な説明を行ってきました。

それでは、どうすればそれら楽な仕事で働くことができるようになるのか。

楽な仕事で働くためにあなたができることはなんなのか。

ここからはその話をしたいと思います。

楽な仕事で役立つ資格を取る

楽で働きやすい仕事は、実は多くの人が働きたいと思っているもの。

つまり、その仕事は競争率の高い仕事なのです。

未経験で、なんのスキルも経験もない人が、ただ「働きたい」という希望だけもって働くことができるほど楽なものではありません。

楽な仕事への転職で役立つ資格を、多少難関な資格だったとしても努力して取っておくことが求められます。

その資格は、実際にその仕事で働き始めた後でも、給与面など待遇が優遇されるでしょうから、持っておいて損はありません。

多少社会の普通から逸れることを覚悟する

日本社会は特に、社会の中でシステムがしっかり決まっており、「普通」が定まっているものです。

楽な仕事ばかり狙って働くのは、社会で形成されている「普通」と呼ばれることも多いシステムから逸脱してしまいかねないことを、あらかじめ把握しておいてください。

人はどうしても「苦労すること」を良しとしがちです。

楽はいつだって、ある一定の層から嫌われるものなのです。

誰かに相談する

誰かに「楽な仕事に就きたいと思っている」ことを正直に伝えてください。

そして、自分ひとりでは出せない意見を求めてみてください。

転職のような、様々な観点からの意見が必要なものは、一人でも多くの人の意見が大切です。

誰に相談すればいいのか?

具体的に考えてみましょう。

実際に楽な仕事で働く知人

実際に楽な仕事で働いている人に意見を聞くのが一番です。

「どうやって楽な仕事で働いたのか」
「楽な仕事で働いてみて実際どうか」

楽な仕事について、様々な意見を聞いてみましょう。

楽な仕事で働くのも、楽な仕事に働くまでにも、様々な疑問がついてまわるはずです。

転職エージェント

転職エージェントに登録して、そこにいるキャリアコンサルタントに「楽な仕事がしたい」と希望を出すのはどうでしょうか。

楽な仕事というざっくりな要望ではなく、「休日が多い」であったり、「勤務時間が短い」「残業がない」など具体的にどの部分で楽なのかを指定すると、キャリアコンサルタントも仕事を探しやすくなります。

キャリアコンサルタントは仕事探しのプロ。

プロにかかれば、楽な仕事だってすぐに見つけてきてくれるはず。

利用者が選ぶ!おすすめの転職エージェントランキング
「転職活動は転職エージェントを使ったほうが効果的」 なんて意見をネット上では多く目にします。 実際転職エージェントには、求職者を助ける多くのメリットがあります。 しかし、転職エージェントの種類は多く、どれに登録して転職活動...

楽な仕事で働くメリット・デメリット

楽な仕事で働くのは、単純に苦労が少なく気楽でしょう。

しかし、その気楽さには当然代償が伴います。

楽な仕事で働くということのメリットとデメリットを、ここで学んでおきましょう。

メリット

まずは楽な仕事で働くメリットから。

ストレスフリーで働ける

一番の要因はやはりこれでしょう。

「楽な仕事で働くとストレスを感じずに働ける」ということ。

楽な仕事ゆえ、精神的にダメージを受けないので、とても気軽な気持ちで働くことができます。

一人で働くことができる仕事も多く、嫌な他人と関わることもありません。

誰かと関わって仕事したり、仕事のなかでストレスを感じやすい方は、楽な仕事に今すぐにでも転職することを勧めたいです。

肉体的に疲れない

楽な仕事の多くは、肉体的にも楽です。

重いものを持ったり、肉体労働が少ないので、仕事がとにかく気楽です。

精神だけでなく肉体も楽を感じられないと、はっきりと楽な仕事だとは言えません。

精神的、そして肉体的にも楽であることが両立してはじめて、完璧に楽な仕事と言えるのです。

プライペートが充実する

楽な仕事は、退勤時間が早いことも多いです。

それゆえ、自分が自由になる時間も長いです。

自由時間が長くなることによって、プライベートな時間を充実させることに繋がり、つまり人生の充実度が高まるのです。

楽な仕事で働くということはつまり、あなたの人生を幸福なものにするのと同義だと言えるでしょう。

デメリット

楽な仕事で働くことには、多くの代償、デメリットも伴います。

楽な仕事で実際に働き始める前に、楽な仕事で働くとどんなデメリットがあるのか、あらかじめしっかり把握しておきましょう。

年収が低い

やはりこれが大きいでしょうか。

楽な仕事は、その楽さゆえ「年収が低い」のです。

逆に年収が高い仕事というのは、人が嫌がる仕事か、人が持ってないスキルを要する仕事など。

仕事において年収の要素を重要視するならば、楽な仕事で働くべきではないかもしれません。

楽な仕事かつ、給与が高い仕事というのはかなり限られており、しかもその仕事につくためにはかなり難しい条件をクリアしなければならないからです。

キャリアプランがはっきりしない

楽な仕事は、その後昇進などのキャリアアップ要素が少なく、キャリアプランが明確に定まっていないことばかりです。

明確に自分が働くキャリアプランを定めたいなら、楽な仕事に就くべきではありません。

また、楽な仕事はその仕事の経歴が転職で役立たせるのも難しいので、転職でキャリアアップというのも難しいのです。

ストレス耐性が減る

楽な仕事ばかりしていると、楽であることもあり、ストレス耐性が下がってしまいます。

自分の精神を進歩させるために、多少ストレスがかかる現場で働きたい方は、楽な仕事で働くのはあまり良いとは言えません。

ストレス耐性が低い状態で生きていくのは、その後の人生を生きる上においても、結構厳しくなります。

フリーランスという働き方も視野に入れる

休日が多い、プライベートを充実させられるなどの条件を鑑みて、その条件通り楽な仕事で働きたいなら、「フリーランス」という働き方も視野に入れておくべきです。

企業に属さないで、自分の力のみで働くフリーランスは、自分の裁量権が大きいということもあり「楽な仕事」と言える要素も大いにあります。

最近はフリーランスのエンジニア向け案件紹介エージェントがあるなど、フリーランスが働きやすい条件が揃っています。

楽な仕事がしたい まとめ

今回は、「楽な仕事がしたい」と思っている方のために、楽な仕事で働くとはどういうことか。

また、楽な仕事で働くにはどうすればいいかを紹介しました。

楽な仕事がしたいと思って楽な仕事で働いたとしても、実際に楽な仕事のみで働くのは簡単ではありません。

しかし、楽な仕事で働くのは、人によっては多くのメリットを感じながら仕事できるはず。

楽な仕事に就くこと、一度真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

本当にオススメの稼げる資格ランキング!給料が多い仕事に就きたいなら資格取得だけが選択肢ではない!
「稼げる資格って何があるの?」 「給料が多い仕事がしたい」 このように、給料が多い仕事にはどんなものがあるのか気になっていませんか? 年収1,000万円を超えるような仕事には、たとえば医師や弁護士など、難易度の高い国家資格を必...

コメント