リクルートエージェントの電話がしつこい!電話で転職を急かされるの?

電話 しつこいリクルートエージェント

転職の斡旋やサポートをしてくれる転職エージェントが昨今人気になっていることをご存知でしょうか。

特に人気があるのがリクルートエージェント。

ただ、どうやら電話が頻繁にかかってくると口コミで話題になっています。

転職を急かす為なのか、それともそれ以外の理由があるのか、様々な噂が飛び交っています。

今回は、リクルートエージェントの電話について詳しく解説していきます。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

リクルートエージェントからしつこく電話がかかってきやすいタイミングがある

リクルートエージェントからしつこく電話がかかってくるタイミングがあります。

それを知っておけば、そこまで迷惑に感じることはなくなりますよね。

そのため、まずはリクルートエージェントからしつこく電話がかかってくるタイミングについて紹介します。

リクルートエージェントからしつこく電話がかかってくるタイミングは以下のとおりです。

  • リクルートエージェントに申し込んでから1週間程度の間
  • 求人が紹介されるタイミング
  • 求人に応募したタイミング
  • 採用結果が出たタイミング
  • 書類の提出期限が近いor期限を過ぎている

このようなタイミングで電話がかかってきます。

このタイミングで電話がかかってきているのであれば、仕方ないと諦めましょう!

リクルートエージェントからしつこい電話がかかってくる理由

考える女性

転職活動の一環として登録してみたものの、あまり乗り気じゃない時にしつこい電話が掛かってくるとプレッシャーを感じてしまうという人もいるでしょう。

何か伝えたいことがあるから電話を掛けてくることは分かっていても、電話に出る気持ちになれないなんてことも珍しくありません。

そもそも、リクルートエージェントが利用者に対して電話をしてくる理由は以下の理由が一般的です。

  • 利用者とのやり取りがうまくいってないとき
  • 利用者が優秀なとき
  • 利用者が選考に落ちそうなとき
  • おすすめの案件を早く紹介したいとき
  • 早く転職してもらいたいとき
  • スケジュール確認をしたいとき
  • クライアント企業に言われているとき

それぞれの理由について詳しく下記でお伝えしていきます。

利用者とのやり取りがうまくいってない

リクルートエージェントに登録したものの、実際どのように考えているのか利用者と担当者の間にズレが生じている可能性がある為、その確認の電話になります。

担当者としては、利用者が転職に対してどのように考えているのかを知ることは、サポートしていく上でかなり重要な要素となります。

しかし、そのコミュニケーションが取れていない場合は、進ませ方が分からないのです。

例えば、利用者はそこまで急いで転職を考えているわけじゃないとしても、担当者にその意思が伝えられていないと、サポートしなくてはと熱心に連絡をしてくるようになります。

リクルートエージェントの担当者にとっては、転職をサポートするのが仕事ですから、電話やメールで利用者とコミュニケーションをとろうとするでしょう。

じっくり時間をかけて転職活動を行いたい利用者にとっては、これらの行動が煩わしく感じるかもしれませんが、逆に転職を急いでいる人にとってみれば、電話が掛かってこなければ担当者の出来が悪いといった評価に繋がることもあるわけです。

担当者と利用者の意思が合致している場合には、このような電話がしつこいなどと言われる現状はなくなるでしょう。

この場合、利用者側が自分の方向性をしっかり伝えていないことによって生じていると言わざるを得ません。

利用者が優秀なとき

リクルートエージェントに限らず、転職エージェントは転職させた方の年収に比例して報酬がもらえます。

そのため、利用者が優秀な場合には、もらえる報酬が大きくなる可能性がありますよね。

エージェントが報酬をほしいと思っているのであれば、できるだけ早くいい会社に転職してもらいたいと思うはずです。

このような理由で、利用者が優秀な場合には、電話がたくさんかかってくるのです。

利用者が選考に落ちそうなとき

利用者が選考に落ちてしまいそうなときにも連絡が来ます。

また、面接をした企業の結果が出たタイミングでも連絡が来る場合があります。

おすすめの案件を早く紹介したいとき

条件のいい案件が見つかって、それを早く紹介したいという場合もあります。

基本はメールで来るかと思いますが、早急に連絡したい場合には電話がかかってきます。

早く転職してもらいたい

リクルートエージェントとしては、転職を希望している利用者に早く転職先を見つけてもらいたいと思っています。

例えば、条件の良い転職先を見つけた場合、すぐにでも利用者に伝えたいと考えるのは当然のことです。

急募のものであればメールよりも電話の方が良いと判断されますし、急いで伝えなくてはいけないと思うものです。

また、中にはクライアント企業から早く誰か斡旋してくれないかと言われていることも考えられるでしょう。

クライアント企業と利用者の間に立っているリクルートエージェントにとってみれば、クライアント企業側に待ってもらうよりも、利用者に早く転職してもらう方が好ましいのです。

それから、担当者が自分の営業成績を上げたくて連絡をしてきている可能性も少なくありません。

担当者が自分の評価を上げたいと考えた時、利用者の転職率を上げることが早急な課題となります。

営業成績によって給料が上下する場合、締め日と呼ばれる日が近付くにつれ営業電話をしなければいけないのです。

もちろんこれには確証がありませんが、リクルートエージェントの担当者も給料を貰って生活しているので、このような心理が働いている可能性も否めません。

また企業としても転職率をアップすることは評価を上げることに繋がりますので、その点が電話連絡という形で現れているのでしょう。

スケジュール確認

リクルートエージェントからのスケジュール確認の為に電話をしているケースもあります。

クライアント企業への面接日の確認や、リクルートエージェント担当者との打ち合わせについてなど、スケジュールの確認の為に電話をしてくることがあります。

思い当たる節がなければ、違う理由によって電話が掛かってくる可能性も出てきますが、思い当たる節があれば電話に出るようにしてください。

クライアント企業に言われているとき

エージェントがクライアントの企業にせかされていることもあります。

はやく人材を紹介しろと言われてしまったら、電話でその企業の紹介をして、1日でも早く応募させようと考えます。

その場合にも電話がしつこくかかってくるとおぼえておきましょう。

リクルートエージェントからしつこい連絡が来たときの対処法

ポイントをいう女性

リクルートエージェントから電話が掛かってくる理由が何となく分かっても、しつこい電話にイライラしてしまうという人も少なくありません。

どのようにしてしつこい電話を辞めてもらえばいいのでしょうか。

担当者に直接電話をしてこないでと伝えるのが正解なのか、それとも担当者を変更してもらえばいいのでしょうか。

ここで紹介する対処方法は以下のとおりです。

  • 担当コンサルタントに意思を伝える
  • リクルートエージェントに担当者を変えてもらう連絡を入れる
  • 担当コンサルタントと密に連絡を取る

これらについて詳しく下記で解説していきますので、参考にしてみてください。

担当コンサルタントに意思を伝える

リクルートエージェントの担当者に直接自分の意思を伝えるという方法もあります。

例えば、最初の登録の段階で電話ではなくメールで連絡をしてほしい旨を伝えるのも一つの方法です。

まだ、在職中の場合はいつでも電話に出られるわけではありませんし、不都合な時間帯というのもあるでしょう。

電話は何時以降にしてもらいたいという意向を伝えるのもおすすめです。

伝え方としては、最初の段階であれば直接担当者に伝えれば問題ありませんし、電話がしつこいことで伝えたいとなった場合は、電話やメールでその旨を伝えても良いでしょう。

ただ、相手も悪意があって電話をしているわけではありませんので、ぶっきらぼうな物言いなどで伝えないようにしてください。

こちらの真意を汲み取ってもらえるように伝えることが大切です。

リクルートエージェントに担当者を変えてもらう連絡を入れる

上記で説明したように、担当者に伝えてもしつこい電話が止まらないといった場合は、リクルートエージェント側に理由を説明して担当者を変更してもらえないかと打診してみましょう。

電話に対してこちらのニーズを伝えたにも関わらず、電話が鳴りやまないような現状は利用者と担当者の意思疎通が取れていないということです。

万が一、在職中にこのような電話が掛かってきてしまったら、転職しようとしていることがバレてしまい、利用者の立場を危うくさせてしまう可能性だってあるのです。

このような配慮が出来ない担当者ならば、変更してもらう方が賢明です。

もし、担当者を変更しても同じようなことが続くようなら、リクルートエージェント以外の転職エージェントに変更することを考えてみましょう。

担当コンサルタントと密に連絡を取る

これは逆の発想なのですが、こちらからリクルートエージェントの担当者に密に連絡を取るようにすることで電話連絡を少なくさせるという方法です。

担当者からの電話がしつこい理由には上記であげたような理由がありますが、これらを利用者側から先に伝えてしまうことで、電話がくる頻度を減らすことができるのです。

例えば、利用者の希望条件をしっかり伝えたり、どのように転職に向き合っているかのニーズを伝えるだけでも減るでしょう。

また、希望条件をできるだけ細かく設定しておくというのも良いかもしれません。

幅広い条件を出してしまうと、条件にヒットする企業が多くなってしまいますが、ピンポイントの条件であればヒット率も下がりますので、頻回な連絡を防ぐことができます。

ただし、これでは良い条件の企業を見逃してしまう可能性も出てくるので、希望条件をしっかり精査し、どの条件を残すかを検討してみてください。

リクルートエージェントの電話を無視するとどうなる?

あまりにしつこい電話に嫌気が差し、電話を無視してしまおうかと考える人も出てくるでしょう。

しかし、無視することで損する可能性があることをご存知でしょうか。

例えば、優良求人の紹介を受けることができなくなってしまったり、リクルートエージェントからのサポートがなされないようになったりと利用者にとってあまり良くない結果になり得ることも理解しておく必要があります。

実際にどのように損をしてしまうのか下記で解説していきましょう。

優良求人の紹介を受けられない

電話を無視するということは、転職に対して意欲がないと判断される材料になります。

最初はたまたまかと思った担当者でも、毎回無視され続けるようになると、電話をしても意味がない人と認識していくでしょう。

そうなれば、次第に電話も減っていきます。

電話が減るだけではなく、希望条件に合致した優良求人すら紹介してもらうことができなくなってしまうのです。

リクルートエージェントのサポート優先度が下がる

リクルートエージェントにとって、クライアント企業に優秀な人材を紹介することも一つの仕事となります。

利用者の意欲がないと判断すれば、その人に時間を割くよりも積極的に活動している人を優先するようになるでしょう。

電話を無視するというのは、意欲がないと判断される理由の一つです。

やる気のない人をサポートするよりもやる気のある人をサポートする方がよっぽど効率良く仕事をすることができるので、電話を無視するような人のサポート優先率が著しく下がっても仕方ないと言わざるを得ません。

リクルートエージェントからの連絡は無視してはいけない

リクルートエージェントからの電話がしつこいと感じても、転職を望んでいるのであれば無視をするのは好ましくありません。

上記で触れたような理由によって、サポート率が下がってしまう可能性もありますので、無視はやめておきましょう。

しつこい電話に対しては、メールで連絡をくれるようにお願いしたり、時間帯を指定するなどの対策をしてみてください。

どうしてもリクルートエージェントとの連携が取れない時は

ハテナの女性

メールでの連絡にしてほしいと伝えても、相変わらず電話がしつこいなどで対策に困っているという人もいるようです。

担当者に直接伝えても状況が変わらなかったり、担当者を変更しても同じだという場合、退会をするというのも一つの方法です。

もちろん、これは最終手段です。

その前にできることをしてみましょう。

別の転職エージェント利用も検討する

リクルートエージェントは転職サポートとしても優秀な会社ではありますが、担当者と相性が悪いと感じたり、電話がしつこくて辛いなど嫌な気持ちになった時は、別の転職エージェントを利用することも検討してみてください。

電話連絡が嫌ならば、スカウト型の転職エージェントをおすすめします。

スカウト型ならば、不要な電話はほとんどなく、メールでのやりとりがメインとなりますので安心です。

まとめ

リクルートエージェントからの電話がしつこい理由や対処法についてお伝えしてきました。

担当者に伝えるだけでも効果があったという人もいますので、まずは今回お伝えした方法を使用して電話の頻度を減らしてもらいましょう。

もし、それでも同じ状況が続くという場合は、他の転職エージェントの利用も考えることが大切です。

リクルートエージェントの退会方法や退会時の注意点を紹介!
リクルートエージェントは正社員への転職成功実績が高いと言われる反面、登録者の中には紹介された求人内容や担当者との相性に不満を感じる人もいるのが現状です。 希望に沿う転職を実現するには担当者変更を要請したり、別の転職エージェントを活用し...

コメント