医師転職におすすめなのは日経メディカルキャリア!口コミなどもご紹介

日経メディカルキャリア 医師の転職

これまでの医師の転職活動は、医局を通した方法が一般的。

それ以外の方法で転職を行おうとするとなると、知人のツテや、もしくは開業をしてしまうひとも多かったと思います。

しかし最近の医師の転職では、医師の働き方も多様化してきたことにより、より転職の市場も高まってきているのです。

転職活動では複数の転職サイトやエージェントの登録を行い、並行して活用していくことが大切ですが、それは医師の転職活動でも同じこと。

でもいくつもサイトを登録して管理をするとなると面倒だし、ましてや働きながら転職活動を行うとなると、転職の活動に割ける時間も限られてきます。

そんな忙しい医師の方にもおすすめの転職サイトが、日経メディカルキャリアなんです!

今回は最近医師の間でも人気急上昇中な日経メディカルキャリアについてご紹介していきます。

日経メディカルキャリアとは?

「日経メディカルキャリア」は、日経メディカル Onlineが運営しているサイト内コンテンツの一つです。

日本最大級の医師求人専門の求人集合メディアと言われています。

さて、「求人集合メディア」とはどういうことなのでしょうか?

ご紹介していきます!

利用者は16万人!医師の2人に1人が利用している

医者の数は約33万人。

日経メディカルキャリアの利用者数は16万人と、医者の2人に1人は利用していることになります。

そのくらい医師からの信頼も厚い転職支援サービスです。

日経メディカルキャリアの「求人集合メディア」とは?

通常の転職エージェントや求人検索サービスといった転職支援サービスでは、自社で集めている医療機関からの求人を、転職をしたいと考えている登録者に求人紹介を行っています。

しかし前述でもご紹介した通り、医師転職を成功させるためには転職支援サービスを複数登録を行い、並行して活用することが大切です。

日経メディカルキャリアは、通常の転職支援サービスのように自社で各医療機関から求人を集めて紹介しているのではなく、各転職支援サービスが提供する求人をまとめて取り扱い、それらを検索することが出来る仕組みになっています。

このように、日経メディカルキャリアが「転職をしたい先生」・「各転職支援サービス」・「医療機関」を仲介しているのです。

日経メディカルキャリアの会社概要

日経メディカルキャリアを運営している日経HRの会社概要をご紹介いたします。

サービス名日経メディカルキャリア
会社名株式会社日経HR
代表者代表取締役社長  篠原 昇司
所在地〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-6-3 神田三菱ビル
資本金7,000万円
事業内容あらゆるメディア・手段を通して、職業・仕事に関する情報流通の場を提供します。
1. 求人情報サービス
2. 書籍・雑誌の発行
3. コンテンツ提供
4. 人材紹介(厚生労働大臣許可番号:13-ユ-301393)

日経メディカルキャリアは、その名の通り日経グループが運営を行っています。

株式会社日経HRは株式会社日経BPから委託され、日経メディカル Onlineを運営しています。

今回ご紹介する「日経メディカルキャリア」は日経メディカル Online内の求人検索コンテンツなんです。

日経メディカルキャリアの取り扱う雇用形態は?

日経メディカルキャリアでは、取り扱い求人の雇用形態は、以下の通りになります。

  • 常勤
  • 非常勤
  • スポット

基本的な医師の雇用形態をカバーしているため、様々な希望の雇用形態によって求人検索を行うことが出来ます。

日経メディカルキャリアの取り扱い会社数は?

日経メディカルキャリアは、複数の転職エージェントや医師求人サービスを一括で検索し閲覧尻音が出来るとご紹介いたしましたが、実際にどのくらいの取り扱いがあるのでしょうか?

ご紹介いたします。

日経メディカルキャリアの取扱件数

掲載求人数:24877件
取り扱い転職支援会社数:49社

※2019年6月現在

なんと医師転職サービスの49社の取り扱いがあり、求人数はその数25877件もの取り扱いがあるのです!

取り扱い転職支援会社一覧

ここからは日経メディカルキャリアで取り扱いのある転職支援サービスのご紹介をいたします。

ホロニクスヘルスケア
ソフィアメディ
ユーコネクト
ABE
TS工建
クラシス
メディカルパレット
クイック・エージェント
セントメディア
CMEコンサルティング
マイナビDOCTOR
相互美装
Dプラス
日本ドクターズクラブ
プライマリー・アシスト
CONNECT
キャリア・フォース
メディカルインターフェース
ディーキューブ
ベストケア東京
メディカルサポート
プリーマ
エス・ケー・アイ
CBキャリア
メディカルリソース
ドクターズナビゲーター
TKSソリューション
シミックキャリア
Hiro Japan
キャリアコンシェルジュ
リクルートメディカルキャリア
コォエル
A・ヒューマン
マーキュリー
ドクター・エージェント
メディカル・プリンシプル社
パーソナルアシスト
アソシエイツ・ジャパン
DNC
ソシオメディカル
メディウェル
ビズネクスト
ダイヤモンドメディカル
フィデス
エムステージ
MRT
F2F
エイムプレイス
ベリ・マッチ
ホロニクスヘルスケア
※2019年6月現在

日経メディカルキャリアは何故おススメなのか?

ではなぜ日経メディカルキャリアは医師転職に置いておすすめなのか?

ご紹介していきます。

日経メディカルキャリア一つで複数のサービスを利用できるから!

前述でもご紹介した通り、医師の転職時には、日経メディカルキャリアを登録するだけで複数の医師の転職エージェントや求人検索サービスの求人を一括で閲覧することができます。

各転職サイトに登録しては求人を見て、の作業が一括化し、スムーズに転職活動を行うことが出来ます。

そのため医師の転職活動時には日経メディカルキャリアがおススメなんです。

医師転職をを成功させるには、複数の転職サービスを並行して利用することが大切

日経メディカルキャリアはこれひとつで複数のサービスの求確認できるので、自分でいちいち複数登録する手間が省ける!

日経メディカルキャリアの特徴は?

日経メディカルキャリアが、医師の転職におすすめということは分かりましたが、サービスにはどのような特徴があるのでしょうか?
ここからは日経メディカルキャリアのサービスの特徴をご紹介していきます。

忙しい医師の方には全て任せることができる「おまかせお問い合わせ」

日経メディカルキャリアには自分で求人を検索を行うだけでなく、「おまかせお問い合わせ」という機能があります。

「求人は検索してみたものの、イマイチ自分に合った求人が見つからない…」

「求人数があるのは良いけど、働きながら活動をしているので一つ一つ見てられない…」

「コンサルタントに相談に乗って貰いながら求人を見つけたい」

といった先生のお悩みを解決できるのが「おまかせお問い合わせ」です。

日経メディカルキャリアに登録後、おまかせお問い合わせにエントリーを行うだけで、最大4社の医師転職エージェントに自動登録されます。

あとは自動登録されたエージェントからの連絡を待つだけ!忙しい医師の方も安心して転職活動に臨めます。

日経メディカルキャリアのスカウトサービスもある!

日経メディカルキャリアには「おまかせお問い合わせ」の他にもスカウトサービスもあるのです。

日経メディカルキャリアのスカウトサービスに登録を行うことで、サービスをスタートすることが出来ます。

  1. スカウトサービスに登録
  2. 登録した情報をみた各サービスが、先生に合った求人をご案内
  3. スカウトメールが届いたら返信を行う
  4. その後、求人先と面談
  5. 入職

スカウトサービス登録時には、各医師転職支援サービスが登録した情報を閲覧してスカウトを送りますが、その際に見れる情報は以下の通りです。

  • 診療科目
  • 専門医資格
  • 医師免許取得年
  • 現在の就業状況
  • 勤務先都道府県
  • 現在の年収
  • 希望条件

このように、登録した先生個人が分かる情報は公開されないので、個人情報の心配をせずスカウトサービスを利用することができます。

実際に個人がわかる情報が開示されるのは、スカウトメールに返信後、つまりスカウトが来た求人先のスカウトを受けたタイミングです。

日経メディカルキャリアのアプリもある!

日経メディカルキャリアのスマホアプリもあります!

サイトと同様、常勤・非常勤・アルバイトまで求人検索が出来るほかにも、希望条件の新着条件を毎日お知らせが来るなどのサービスもあります。

また希望条件を保存をすることができるため、検索時の手間を省けたり、気になる求人があればキープを行うことが出来たりと、自分の転職状況にあわせてアプリを最大限活用することが出来ます。

「キャリアLabo」というコラムが読める

日経メディカルキャリアには、サイト内コンテンツに「キャリアLabo」というコンテンツがあります。

このサービスは、医師の転職を考えられている方向けに、これからの医師の働き方や、転職市場、転職体験談などのコラム記事を読むことができます。

また日経メディカルキャリア調べのアンケート調査コラムや人気求人ランキングなどもご紹介されています。

求人検索やスカウトと一緒に活用できるコンテンツですね。

求人検索で年収を細かく指定して検索できる

日経メディカルキャリアの求人検索では、希望年収を入れて検索を行うことができます。

医師の転職サイトでは、求人検索の際に年収指定はできても200万円ごとでしたり、2000万円以上は高年収扱いになり、細かく指定できないことが多いです。

しかし日経メディカルキャリアでは、2000万円までは100万円ごとに指定、2000万円からは200万円ごと、最高3000万円で検索がで出来ます。

2000万円以上で転職がしたい!というかたにはぴったりの検索方法です。

日経メディカルキャリアにおすすめな人は?

日経メディカルキャリアを利用するのにおすすめの人はどのような人でしょうか?

医師転職を考えてる人

そのままですが、医師の転職を考えている人にはおススメのサイトです。

40社以上の医師の転職サイトから求人検索を行うことができるので、色んなサイトの求人を閲覧することが出来ます。

転職時にはとにかく閲覧する求人数の数が大事です。そのため日経メディカルキャリアを登録することで他のサイトをいくつも登録する必要が無いので、おすすめです。

自分に合う求人が分からない人

自分に合う求人が分からない人にも日経メディカルキャリアはおすすめの転職支援サービスです。

医師転職エージェントからのスカウト機能をはじめ、「おまかせお問い合わせ」などの自動登録サービス、公式のアプリやメールから新着求人をお知らせしてくれる機能など、とにかくユーザーニーズにあった方法で求人を探すことが出来ます。

現職で働きながら転職活動を行っている忙しい先生の方にもおすすめのサイトとなんです。

日経メディカルキャリアの登録方法は?

日経メディカルキャリアを利用開始するためには会員登録が必要ですが、会員登録では日経メディカルキャリアではなく、「日経メディカル Online」に登録を行わなければなりません。

ここからは日経メディカルキャリアの利用開始をするために、日経メディカル Onlineの登録方法を詳しくご紹介していきます。

  1. 日経メディカル Onlineのトップページにアクセス
  2. 「会員登録をする」をクリック
  3. 赤色の枠の中にE-mailアドレスの入力と、職業を選択
  4. 仮登録の完了
  5. 医師資格の確認
  6. 本登録へ

以上となります。

医師以外の方は仮登録の段階で完了ですが、医師は仮登録の後に医師資格などの確認を行い、完了となります。

日経メディカルキャリアは、医師以外の登録を厳しく取り締まっており、登録を行う際も厳重なステップを踏まないと登録が完了しません。

そのくらい個人情報や求人情報を厳重に扱っているので、登録完了後は安心して転職活動を行うことが出来ます。

本登録ではどのようなことを登録するのか?

では日経メディカル Onlineの本登録はどのような情報を登録するのでしょうか?

ご紹介していきます!

  • 勤務医/開業医 選択
  • 希望するユーザーID
  • パスワード
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 勤務先都道府県
  • 主な勤務先
  • 勤務先住所・電話番号
  • 勤務先病床数
  • 診療科目
  • 卒業大学
  • 卒業年
  • 日経からのメールサービスの有無

これらを入力して、通ると、日経メディカル Onlineの本登録が完了となります。

一般的な転職エージェントの登録内容と変わりません。

日経メディカルキャリアを利用した人の口コミ

ここからは日経メディカルキャリアを実際に利用し、医師の転職活動を行った方の口コミをご紹介いたします。

内科 30代 総合病院→クリニック

今の総合病院から転職を考えて、登録していた日経メディカルオンラインをそのまま活用して利用し始めました。

最近は転職でマッチングとかスカウトなんかも流行っていますが、医師の転職では転職サイトを利用すること自体が異端扱いなので、そのようなサービスが無かったんですよね。

まあ医局での転職とか転科自体がマッチングみたいなものですが。

日経メディカルキャリアは、登録しておいてそのままにしててもスカウトメールが来るので助かりました。求人紹介してもらうのに人を介するのもめんどくさいので、ネットやメールで完結するのは楽だとおもいます。まあそのあとエージェントから連絡が来るので、結局そこで登録はさせられるのですが。

整形外科 40代 大学病院→個人病院

日経メディカルキャリアはエムスリーとかマイナビDOCTORとは違い、これらのサイトの情報を一括に検索できるってだけなので、結局その後の対応は各エージェントごとに異なるって感じです。

いいエージェントはいいし、テキトーなところはテキトーです。なので日経メディカルキャリアはほんとにあまり関係ない…。

まあ転職サイトと病院の繋がりってずぶずぶな感じがあるので、一括で色々検索をできるのはいかもしれません。

あとはスカウトがくるのはありがたいですね。まあきちんと見てくれてる感じと、「テキトーにスカウト送ってんだろうな」というのが顕著にわかるのでそこが難点ですが。結局自分で探して精査するのと変わらない気もしなくはありません…。

日経メディカルキャリアの総評

いかがでしたでしょうか。

今回は医師転職サービスの日経メディカルキャリアについてご紹介いたしました。

  • 日経メディカルキャリアとは医師転職の「求人集合メディア」
  • 取扱件数は日本最大級
  • 医師転職には珍しいスカウトサービスなども充実
  • 複数の転職サービスを利用できるので、忙しい医師の先生にもおすすめのサイト

などがわかりました。

医師転職には、やはり複数の転職サービスを利用することがカギ!

効率よく転職活動を行うためにも、日経メディカルキャリアを利用して医師転職を成功させましょう。

以下の医師転職サイトランキングには、日経メディカルキャリアが取り扱っているサービスも多数紹介しています。

医師の転職サイトおすすめランキングTOP10
「医師向けの転職サイトって、ほんとに使っている人なんているの?」 「転職サイトなんて情報だけ抜き取られるだけの悪質な感じがする」 と言った声も多いです。まだまだ医師転職は医局の繋がりや紹介などで行う先生が多く、まだまだ転職サイト...

コメント