ミラエールの面接に落ちた原因とその対処法とは?ほかのオススメ派遣会社も紹介

ミラエール

ミラエールは常用型の派遣会社です。

ミラエールに採用されれば雇用や収入を安定させて長期的に働くことができます。

しかし、通常の派遣会社とは異なってミラエールには面接をはじめとした採用試験があり、ミラエールを利用するためにはその採用試験に通過しなくてはいけません。

中にはすでにミラエールの面接を受けて落ちてしまったという人も多いのではないでしょうか?

そこでこちらの記事では、現在ミラエールの利用を考えている人に向けてミラエールの概要から面接を通過するコツ、面接に落ちた原因とその対処法まで紹介していきます。

ミラエールは雇用が安定する派遣会社

ミラエールは雇用が安定することが特徴の「常用型派遣会社」です。

通常の登録型派遣会社は有期雇用である一方、常用型派遣会社は無期雇用なので長期的に安定した収入・雇用で働くことができます。

有期雇用の場合は派遣先での契約が満期を迎えれば、新しい派遣先を探す必要があり、その間は無職状態となりもちろん収入もありません。

しかし、常用型の場合は派遣先の契約が切れても、新しい派遣先が見つかるまでの期間に給料が発生するので収入や働き口を心配しなくてすみます。

ミラエールはその常用型派遣を採用しています。

派遣先の業務は事務職に限られるものの、未経験者でも働けるので、長く事務職として働きたいと考えている人にはオススメの派遣会社です。

常用型派遣のメリット

ミラエールをはじめとした常用型派遣には以下のようなメリットがあります。

  • 収入や雇用が安定する
  • 福利厚生や昇給制度などが充実
  • 交通費などの手当やボーナスなどの賞与がある
  • 正社員と派遣のいいとこ取り

一般型派遣の場合は賞与や手当が付いていないことがほとんどで、昇給制度も特に決められていないところもすくなくありません。

その点、常用型の派遣会社は賞与や昇給制度は契約内容によって異なるものの、基本的に交通費は支給される上に無期雇用なので安定して長期間働き続けることができます。

このように、正社員のいいところと派遣社員のいいところをうまく取り入れたのが常用型の派遣会社です。

ミラエールには採用試験がある

常用型派遣のミラエールには採用試験があります。

一般的な登録型の派遣会社の場合はWEBや対面でサービスに登録すれば、どんな人でもサービスを利用することができます。

しかし、ミラエールは自社の従業員という形で企業へ派遣する雇用契約です。

つまり、常用型派遣は登録型の派遣よりも人材派遣の責任が重く、できる限り優秀な人材・常識のある人材だけを採用する必要があるのです。

このことが理由で、ミラエールは利用者をふるいにかけるために採用試験を行なっています。

ミラエールで働く流れとしては、運営会社であるスタッフサービスで面接、必要に応じて研修を行った上で採用・入社、その後採用された社員の適正にあった企業へ派遣して就業開始です。

このようにミラエールで常用型の派遣社員として働くためには、ミラエールの採用試験を通過しなければいけません。

ミラエール採用までの流れ

ミラエールの採用までの流れは以下のとおりです。

  1. WEBで応募
  2. 書類選考
  3. 説明会・面接
  4. 内定

まずWEBの応募フォームで名前や最終学歴などを入力して、ミラエールの採用募集にエントリーします。

書類選考が行われ、結果通知が届くのは1週間程度です。

ミラエールの説明会ではESを記入したり会社の説明を受けたり、簡単なグループワークが行われます。

その後、最終的にはマンツーマンの面接が1度だけ行われ、一定の基準を満たせば採用、満たせなければ不採用となります。

ミラエールの面接は厳しい

ミラエールの面接は厳しいと考えられます。

たとえば転職エージェントの評判サイトでは、ミラエールに対して以下のような口コミがあります。

ミラエールに応募しました。求人広告に出ている若い女性に面接をして頂きました。
その方はとても高圧的で、椅子に寄りかかりながら偉そうに座っていました。
こちらも精一杯返答しているのですが、そのすべてに「何故ですか?」と言われました。
ドアも思いっきり大きな音で開閉されました。
節々にこちらを見下している感じがしました。引用:スタッフサービスの評判 | 匿名希望さんの口コミ

このように、実際にミラエールの面接を受けた人の中には面接官の対応に不満を持つ人がおり、口コミによれば面接で厳しいことを聞かれることがあります。

面接官によっても対応は異なりますが、質問内容やその場の雰囲気で圧迫感を覚えることがあるかもしれません。

ミラエールの面接で聞かれること

ミラエールの面接では主に以下のようなことを聞かれます。

  • ミラエールに入社する目的
  • スキルや実績の有無
  • 人生で大切にしていること
  • 人より優れていると思うこと
  • あなたが与えられる価値
  • 就職先を選べないが問題がないか
  • 事務の仕事以外の仕事もやってもらう可能性があるが問題ないかなど

面接官や面接会場によって質問の内容は違いますが、特に「就職先を選べない」ということについて確認を求めることは多いようです。

そのほかは通常の採用面接で聞かれることとさほど変わりはありません。

ミラエールの面接に通過したいのであれば、これら聞かれやすい質問の回答をあらかじめ考えておくことが無難です。

ミラエールの面接に落ちる原因

ミラエールでは採用を決定する前に必ず面接が行われます。

そんなミラエールの面接に落ちる主な原因には以下の3つが考えられます。

  • 面接時のマナーが悪い
  • 協調性がないと判断された
  • 見た目が悪い

ここからは、それぞれの理由について解説していきます。

面接時のマナーが悪い

面接時のマナーが悪い人はミラエールの選考に落とされる可能性が高いです。

初対面でマナーの悪い人は勤務態度も悪いと思われてしまいます。

派遣会社は派遣先企業へあなたという人材を派遣してその報酬をもらうビジネスモデルです。

たとえば派遣された人の勤務態度が悪ければ、ミラエールの質が低いと派遣先企業から思われます。

ミラエールは初心者でも働けるというのが強みですが、「誰でも採用されるんでしょ?」といったスタンスではもちろん面接に通過するのは難しいでしょう。

そのため、スキルや経験がない人は特に面接のマナーで好印象を与えることが必須です。

派遣会社の面接だからと中途半端に受けるのではなく、正規雇用と同じように前向きな姿勢で面接に臨みましょう。

協調性がないと判断された

協調性がないと判断されてしまうと面接に落ちる可能性が高いです。

協調性とは考え方や立場が異なる人とも円滑なコミュニケーションを取れる能力のことです。

自分の主張ばかりで人の意見を受け入れない人は協調性がなく、チームで動く企業にとって非常に扱いづらい存在でもあります。

たとえば「でも」や「私は」が口癖の人は、否定ばかりもしくは自己主張ばかりする人に見え、素直さ・協調性が欠けているように思われます。

雇用する側は従業員の協調性を特に重要視しており、いくら仕事の能力が高くても自己主張ばかりで、うまくコントロールできない人は会社に必要ありません。

逆にいえばスキルや経験がない人でも協調性がある人は、企業としても一緒に働きたいと思ってもらうことができ、採用に一歩近づくことができます。

協調性をアピールするためには素直さが大切です。

そのためミラエールの面接では素直な気持ちで臨み、面接官からの厳しい指摘があってもしっかりと受け入れられるようにしましょう。

見た目が悪い

面接時の服装や髪型など見た目が悪ければ面接に落とされる可能性が高いです。

面接ではお互い初対面なので、見た目が相手に与える印象は非常に大きいです。

たとえば初対面の相手がボサボサの髪の人よりも、しっかり髪をまとめている人の方が清潔感があり、好印象を持たれます。

ミラエールの面接時の服装は基本自由ですが、スーツを着ないにしても清潔感のある服装で望むのがベストです。

面接官は初めの見た目で相手を評価することもあるので、面接時はできる限り見た目に気をつけましょう。

ミラエールの面接で採用されるために大切なこと

ミラエールの面接で採用されるために大切なことには主に以下5つがあります。

  • スキルや経験
  • 協調性
  • 清潔感
  • 素直さ
  • 前向きさ

ミラエールでは仕事に対する姿勢が前向きな人や、チームで動けてコミュニケーションが円滑にできる人を求めています。

スキルや経験があれば面接では有利に働きますが、重要なのはそれだけではありません。

協調性や素直さ、清潔感、前向きさがあれば「この人と一緒に働きたい」と思ってもらうことができます。

ミラエールで採用を受けるためにはあらかじめ面接の対策を行い、これら5つの大切なポイントを積極的にアピールしましょう。

ミラエールの口コミ・評判

ミラエールには以下のような口コミ・評判があります。

ネットでミラエールの事を知り、説明会へ行きました。そこからは書類選考、面接とかなりテンポよく進んで行きました。自分では能動的に動けるタイプではなかったので、テンポ良く進めて頂き感謝しています。
内定が出てからは研修がミッチリあって少しめんどうでしたが、自分のスキルを見直すいい機会になったと前向きにとらえています。
引用:転職エージェント評判サイトBEST WORK

こんな大手でお仕事をさせて頂くのはとても貴重な経験だと思います。企業先にもよるかと思いますが、派遣社員として扱われず1社員として見てもらえるので環境が良いところに派遣されたら素晴らしいかと…
悪い点は、現時点では特に感じていません。
引用:Yahoo!知恵袋

ミラエールの面接に落ちたとき

ミラエールの面接に落ちたときは以下3つの対処法があります。

  • もう一度ミラエールの選考を受ける
  • 正社員を検討する
  • ほかの派遣会社を検討する

ここからは、それぞれの対処法について解説していきます。

もう一度ミラエールの選考を受ける

ミラエールは一度落ちても再度選考を受けることは可能です。

「常用型派遣で働きたい」「ミラエールでしか勤めたくない」というこだわりがあれば、もう一度ミラエールを受けるというのも選択肢の一つです。

ただし、選考結果を変えるのは簡単ではありません。

たとえば前回の選考落ちの原因が改善されていなければ、また同じ結果になるのは間違いないでしょう。

そのため、二度三度ミラエールを受ける場合は、前回選考に落ちた理由を分析し、同じ理由で審査に落ちないよう対策することが必要です。

正社員を検討する

ミラエールの審査に落ちたのであれば、正社員を検討してみましょう。

ミラエールは常用型派遣なので、働き方はほとんど正社員と同じです。

採用難易度は高いものの、フルタイムで働くつもりであれば正社員で働くというのも選択肢の一つです。

正社員として転職・就職活動する方法には主に以下があります。

  • 就活サイトや転職サイトを利用する
  • 企業HPの採用ページから応募する
  • ハローワークを利用する

ただし、経験やスキルがなくても正社員として採用を受けられるのは基本的に20代〜30代前半までの若い人材です。

30代後半以上の人が未経験から正社員になるのは非常に難しいでしょう。

ほかの派遣会社を検討する

ほかの派遣会社を利用するのも選択肢の一つです。

ミラエールのほかの常用型派遣会社には、マンパワーグループが運営する「M-Shine」や、テンプスタッフが運営する「ファンタブル」などがあります。

これらの派遣会社に入社できれば、ミラエールと同様に雇用と収入を安定させて働くことが可能です。

また、通常の登録型派遣会社の紹介予定派遣を利用するという方法もあります。

紹介予定派遣とは正社員になることを前提として派遣先で働く方法です。

未経験やスキルなしの人でも始められる紹介予定派遣はありますし、はじめから正社員の採用募集よりも難易度が低いです。

このように、常用型派遣もしくは紹介予定派遣などを目的として、ミラエール以外の派遣会社を利用するというのも検討してみましょう。

オススメの常用型派遣会社3選

常用型派遣会社はミラエールだけではありません。

そのほかオススメの常用型派遣会社には以下の3社があります。

  1. M-Shine
  2. ファンタブル
  3. キャリアウィンク

ここからは、それぞれの派遣会社の特徴について解説していきます。

1位|M-Shine

M-Shine(エムシャイン)はマンパワーグループの常用型派遣会社で、厳密にはマンパワーグループの正社員として無期雇用派遣契約を結ぶ労働形態です。

ミラエールと同様に事務職への派遣を専門としており、WordやExcelなど事務職に必要なPCスキルを身に着ける講座を行なっているので事務職が未経験の人でも始められます。

M-Shineは週休2日制や定時帰りを大切にしており、プライベートの時間を大切にできることが特徴です。

ミラエールでは残業を科すこともあるので、その点M-Shineはミラエールよりもスケジュール管理がしやすいといえるでしょう。

しかしながら、派遣社員という働き方のため責任のある仕事を任されることが少なく、仕事にやりがいを見出すのが難しいというのがデメリットです。

とはいえ、賞与・手当や福利厚生がしっかりしているので、ミラエールの面接に落ちたらM-Shineを利用するというのも選択肢の一つです。

2位|ファンタブル

ファンタブルは大手派遣会社のパーソルテンプスタッフが運営する常用型派遣です。

人材育成に力を入れており、事務未経験者をテンプスタッフの向い雇用契約で採用し、最終的には企業と直接雇用を結ぶことを目的としています。

そのほかの常用型派遣会社は自社の従業員として囲い込むところがほとんどです。

その点ファンタブルは直接雇用までサポートしているので、ほかの常用型派遣会社よりも可能性を広げられることがメリットです。

ファンタブルは給与が低く昇給制も充実していない点がデメリットですが、将来的にほか企業の正社員で働くことを考えればあまり問題ではないでしょう。

そのため、事務職の正社員として働きたいと考えている人にはファンタブルがオススメです。

3位|キャリアウィンク

キャリアウィンクはリクルートグループが運営する常用型派遣サービスです。

研修や面談などのサポートを行なっており、事務未経験者でも働けるような制度が整っています。

キャリアウィンクの派遣先は大手企業が多いことが特徴で、大手企業での職務経験や、従業員の多い職場でチームワークを学ぶことができます。

また、大手企業は食堂や休憩室、パソコンの設備など事務職として働く環境が整っていたり、労働基準もしっかり守られていることがほとんどです。

そのため、安心して働ける労働環境を求めるのであれば、キャリアウィンクの利用をオススメします。

ただし、キャリアウィンクもファンタブルと同様に給与が低く昇給制も望めないというデメリットがあるので注意しましょう。

紹介予定派遣に強い派遣会社5選

特に紹介予定派遣に強い派遣会社は以下の5社です。

  1. スタッフサービス
  2. テンプスタッフ
  3. マンパワーグループ
  4. パソナ
  5. アデコ

常用型の派遣会社は少ないですが紹介予定派遣を行う派遣会社は多くあります。

さらに紹介予定派遣なら事務職以外にも、営業や販売などの仕事があるので、事務職以外で雇用を安定させたいという人には紹介予定派遣がオススメです。

それぞれの派遣会社で得意分野などが異なるので、自分に合ったところを選びましょう。

ここからは、それぞれの派遣会社についてくわしく紹介していきます。

1位|スタッフサービス

スタッフサービスは「ミラエール」のサービスを運営している派遣会社で、常用型派遣とは別に登録型の紹介予定派遣も行なっています。

仕事内容は受付事務や経理事務、そのほか一般事務ばかりですが、中には介護や営業、販売、物流、製造、秘書などがあります。

スタッフサービスはほかの大手派遣会社よりも給料が比較的高いという点が特徴です。

また、求人数も多いので自分に合った派遣先をきっと見つけることができるでしょう。

そのため、ミラエールの面接に落ちたのであれば、スタッフサービスの紹介予定派遣を利用するというのも選択肢の一つです。

しかしながら、利用者に求人の紹介やアドバイスを行うスタッフサービスの担当者には対応にばらつきがあるので、なかなか派遣先が見つからないということもあります。

担当者の対応が悪ければ、担当者を変えるもしくはほかの派遣会社の利用も検討しましょう。

スタッフサービスの口コミ・評判 サービス内容
スキルを活かすことができる案件を多数取り扱っており、大手の中でも特にある程度スキルが身についている人からの評価が高いスタッフサービス。 紹介してもらえる仕事の量も多く、派遣でもしっかり働ける職場を探している人にとって便利です。 ...

2位|テンプスタッフ

テンプスタッフは創業40年以上の長い歴史を持つ大手派遣会社です。

公開されている紹介予定派遣の数は3,300件以上もあります。

事務職のほかに接客サービス、広告業務、営業、システムエンジニアなどの仕事があり、職種だけでいえばスタッフサービスよりも幅広いといえます。

また、通常正社員として入社するのが難しい企業の求人も多数取り揃えているので、テンプスタッフの紹介予定派遣を利用して、それらの企業に就職することも可能です。

しかし、テンプスタッフは派遣事業に力を入れているので、正社員や紹介予定派遣でのサポートはやや弱めという点がデメリットです。

テンプスタッフの使い勝手は?サポートの充実性は?
テンプスタッフは、きめ細かなサービスに定評のある派遣会社です。利益より、顧客の満足度を最優先にしたサービスで、利用者に満足しながら働いてもらうことを目標としています。

3位|マンパワーグループ

マンパワーグループは「JOBNET」という人材派遣サービスの運営を行なっている派遣会社です。

外資系の人材派遣会社なので事務職のほかに語学力を活かせる派遣先が比較的多いことが特徴です。

さらに、英会話学習のサポートが特に充実しているので、英語ができない人もマンパワーグループのサポートのもと英語を身につけ、翻訳や通訳の仕事に就くこともできるでしょう。

また紹介予定派遣の求人は少なく、事務職がその多くを占めているものの、時給は基本的に他社よりも高いという点が大きなメリットです。

マンパワーグループの使い勝手は?【特徴、評判、口コミ】
マンパワーグループは、無駄な広告費などを削減して派遣スタッフのサポートの質を重視している派遣会社です。 今回はマンパワーグループの特徴や評判、口コミについて紹介します。 マンパワーグループのメリットやデメリット、利用するのに向い...

4位|パソナ

パソナは40年以上の歴史を持ち多くの企業から厚い信頼を得ている派遣会社です。

紹介予定派遣の派遣先企業には大手企業が多く、将来的に大企業で正社員として働きたいと考えている人にはパソナの紹介予定派遣がオススメです。

紹介予定派遣の職種は事務がほとんどですが、中には販売や営業などそのほかの仕事もあります。

ただし、求人を紹介できるエリアが首都圏、東海、関西に限られ、そのほかの地方に在住の人はパソナを利用しにくいという点が大きなデメリットです。

とはいえ、対応エリアに在住しているならパソナの紹介予定派遣の利用をオススメします。

パソナの使い勝手は?【特徴、評判、口コミ】
パソナは、口コミ満足度184%アップ、担当対応満足度158%アップの実績を誇る人材派遣業界の中でも老舗の大手企業です。 派遣スタッフの満足度は向上し続けています。 パソナでは、担当者が面談から仕事中のフォロー、さらにはスキルアッ...

5位|アデコ

アデコは外資系の企業で世界的に利用されている最大手の派遣会社です。

アデコの紹介予定派遣は一般事務を中心とし、接客サービスや営業、販売、製造、物流業務、翻訳・通訳など幅広い職種の求人を取り扱っています。

全国的に求人を展開しているので、地方在住の人や事務以外で働きたいと考えている人など、基本的にどんな人でもアデコの紹介予定派遣を受けることができます。

ただし、アデコの紹介予定派遣は全体的に時給が低く、正直なところ突出したメリットがありません。

そのため、上記で紹介した派遣会社で条件に合う求人が見当たらなければ、アデコの利用を検討するといいでしょう。

アデコ派遣の使い勝手は?【特徴、評判、口コミ】
アデコ派遣は海外の外資系企業を母体に持つグローバルな派遣会社です。 外資系の企業をはじめ、多くの大企業がアデコ派遣と取引をしています。 アデコ派遣の求人のほとんどが高額な時給の求人ばかりです。 「優秀な人材を紹介する」とい...

まとめ

ミラエールは雇用や収入が安定することが特徴の常用型派遣会社です。

未経験からでも始められることから人気がありますが、ミラエールで働くためには面接などの採用試験に通過しなければいけません。

面接に落ちる原因はいくつかありますが、素直な気持ちを持って前向きさや協調性をアピールすれば面接通過に一歩近づけることができます。

とはいえ、ミラエールの面接には誰でも通過するわけではありません。

ミラエールの試験に落ちたら以下の対処を行いましょう。

  • もう一度ミラエールの選考を受ける
  • 正社員を検討する
  • ほかの派遣会社を検討する

また、常用型派遣のほかにも紹介予定派遣という選択肢もあります。

ほかの派遣会社を検討するなら今回紹介した内容を参考にしてみてください。

コメント