市場価値の高い人材とは?市場価値を高める方法と今の市場価値を知る方法を徹底解説

市場価値の高い人材転職コラム

あなたは転職について調べた時に、「市場価値」という言葉を聞いたことはありませんか?

市場価値が高い人間ならば、転職でより条件の良い会社で働くことができます。

市場価値と言われても、具体的にどういうことなのか分かりづらいですよね?

私も転職を考えたときに、自分の市場価値について調べたことがありましたが、何を根拠に出しているのか分かりませんでした。

しかし、市場価値を高めることは転職を考えている方にはとても重要。

そこで、この記事では市場価値を高める方法と自分の市場価値を知る方法について解説します。

この記事を読むことであなたは市場価値を高める方法が分かり、社外でも必要とされる人材になることができます。

ぜひ、市場価値を高めて、転職を成功させたい人はご一読ください。

市場価値の意味と価値の高い人間とは

就活における市場価値とは、転職市場におけるあなたの存在価値のことです。

市場価値は年収で判断することができ、あなたにも適性年収があります。

社内だけでなく、社外でも必要とされる人材が価値の高い人間です。

年収が高ければ高いほど、「会社に必要な人材」と評価できます。

つまり、会社が高い給与を払ってでも、雇いたい人が「市場価値の高い人」です。

市場価値は、今までの経歴や経験から評価されます。

具体的には、学歴や就職歴だけでなくスキルや年齢からも判断されるでしょう。

スキルがあっても、業界によって必要なスキルはさまざま。

今勤めている会社でスキルが評価されても、別の業界では評価されない場合もあります。

他社で求めていないスキルが高い場合、その業界からの評価を得ることは難しいでしょう。

転職をする際は、自分の市場価値を把握しておくことが大切です。

把握しておかなければ、自分の理想の年収より低い年収でしか、企業に雇ってもらえない場合もあります。

今の自分の市場価値を診断する4つの方法

市場価値を知ることで、今の自分の適性年収を把握できます。

適正年収を把握することで、適性年収より今の年収が低い場合、転職を検討してみるのも良いでしょう。

また、市場価値が高い場合、自分の行きたい企業にも通用するチャンスがあります。

自分の市場価値を知る方法は以下の4つです。

POINT

  • 求人サイトに経歴を登録し、反応を確認する
  • 転職エージェントに無料相談する
  • 市場価値診断サービスを使ってみる
  • 自分の経歴を棚卸してみる

    上記の4つについて詳しくご紹介いたします。

    いずれかの方法を利用して、自分の市場価値を把握してみましょう。

    方法1:求人サイトに登録し、反応を確認する

    方法の1つ目は求人サイトに経歴を登録し、反応を確認することです。

    求人サイトにあなたの情報を入力して登録することで、「オファー」が来ます。

    オファーとは、転職登録者に企業から「声掛け」のメールが来ること。

    スカウト文と求人情報がセットになっているメールが登録求人サイトの受信ボックスに受信されます。

    オファーが来るということは、企業があなたの経歴を見て、当社に必要であると期待している証拠。

    オファーには求人情報も記載されていますので、給与も確認できます。

    この給与があなたの市場価値です。

    方法2:転職エージェントに無料相談する

    方法の2つ目は転職エージェントに無料相談することです。

    転職エージェントとは転職活動する方をサポートしてくれる方のことです。

    エージェントは求人サイトや転職エージェントサイトに申し込むことで、メールが来ます。

    そのメールに参加する旨を返答することで、転職エージェントに無料で相談することができます。

    転職エージェントとの面談は15分~1時間半程度の時間が行われることが一般的。

    面談方法は電話、オンライン面談、来社面談などがあり、自分で選べます。

    無料でお金はかからないので、気になった方は試してみると良いでしょう。

    転職やキャリアに関する相談もすることができるので、将来のキャリアについて相談したい方はぜひ利用してみてください。

    あなたが転職した場合、年収が上がる見込みがあるのか聞いてみましょう。

    方法3:市場価値診断サービスを使ってみる

    方法の3つ目は市場価値診断サービスを使ってみることです。

    市場価値診断サービスが最も早くあなたの適正年収を把握でき、市場価値を把握できます。

    市場価値診断サービスを行っているメディアにはdodaやビズリーチ、ミイダスなどがあります。

    「市場価値診断サービス」や「適性年収査定」で検索すると、様々なメディアのサービスが表示されるでしょう

    1~5分程度で診断できるので、気軽に試すことができます。

    簡単に自分の市場価値を知りたい方は、サービスを利用してみましょう。

    方法4:自分の経歴を棚卸してみる

    方法の4つ目は自分の経歴を棚卸してみることです。

    過去の経歴をすべて、棚卸ししてみましょう。

    まず、学歴や専攻をはじめ、社会人として経験した職種について、洗い出します。

    仕事については、事業内容や配属された部署で携わった業務を整理し、実績や評価されたことがあれば、そちらもまとめていきます。

    まとめた上で、転職サイトに経歴登録したり、エージェントに無料相談してみたりすると良いでしょう。

    市場価値の高い人の3つの共通点

    市場価値の高い人の共通点は以下の3つです。

    POINT

    • 信頼され、多くの仕事を任される
    • 問題に直面しても、立ち向かうことができる
    • 他社でも必要とされる経験やスキルを持っている

      あなたはいくつ当てはまりましたか?

      一つも当てはまらなかった方は、今後意識して行動を変えていくことで市場価値の高い人を目指すことができます。

      市場価値の低い人になってしまうと、転職しようと思っても、企業から必要とされません。

      転職する予定がない場合でも、業績悪化によりリストラされることも考えられます。

      常に、市場から必要とされる人材になることを意識して仕事をすることが重要です。

      共通点1:信頼され、多くの仕事を任される

      共通点の1つ目は信頼され、多くの仕事を任されるところです。

      社内の他のメンバーより、仕事を任される傾向にある方のことですね。

      多くの仕事を任されるということは、並行して業務を遂行する能力が高いと考えられます。

      また、期日内に質の高い成果物を完成させることができると評価できます。

      信頼できない社員の方には、仕事を任せることが難しいですよね?

      任せても大丈夫だと、判断できたから上司は仕事を任せているはずです。

      仕事をあまり任せてもらえていない人は、まず「納期をより早く仕事を完了させること」や「積極的に仕事を引き受けること」を意識して、取り組みましょう。

      仕事を幅広く経験することで、仕事処理スピードも早められますし、自分に自信をつけることができます。

      共通点2:問題に直面しても、立ち向かうことができる

      共通点の2つ目は問題に直面しても、立ち向かうことができるところです。

      問題に直面しても、周りに協力をまとめて指揮したり、責任をもって最後までやり遂げられたりする人間は市場から必要とされます。

      このように、社内の物事に対しては常に当事者意識を持ち、リーダーシップを発揮できる人は人の上に立つべき人間と評価されるでしょう。

      評価されれば、役職が上がって、人を牽引できる立場になれます。

      人を牽引して、問題を完遂する能力はどのような会社・仕事でも共通に求められる能力です。

      どの業界でも必要とされる能力なので、磨けば磨くほど、市場価値は高まります。

      共通点3:他社でも必要とされる経験やスキルを持っている

      共通点の3つ目は他社でも必要とされる経験やスキルを持っているところです。

      あなたがしている仕事は他社でも、役立てられる仕事ですか?

      あなたが転職したとして、即戦力として会社に役に立てるでしょうか?

      市場価値の高い人は、他社でも必要とされているスキルや経験を身に着けています。

      今の会社でしか必要とされていないスキルだと、今の会社に居続けるしかないので、市場価値を上げることはできません。

      市場価値を上げたいと考えている方は、自分がしている仕事が「今後も需要があるのか?」や「他の会社でも必要とされるものなのか」を考えてみましょう。

      汎用性の高いスキルを身に着けている方は、今勤めている会社が倒産しても、転職することができます。

      市場価値を高めるため3つの方法

      ビジネス上の市場価値は高めることができます。

      市場価値を高めることができれば、より条件の良い会社や志望度の高い会社に転職することができるようになります。

      それでは市場価値を高めるにはいったいどうしたらよいのでしょうか?

      以下の2点が市場価値を高めるための方法になります。

      POINT

      • 客観的評価を得られるものを習得する
      • ビジョンを立て、キャリアプランを練る

        これから上記の方法について、詳しく解説いたします。

        方法1:客観的評価を得られるものを習得する

        方法の1つ目は資格や実績などの客観的評価を得られるものを習得することです。

        資格や実績を得ることは、結果を残していることが誰にでも認識できるので、転職をするときにも企業から評価されます。

        またビジネスをする際に、資格を持っているか持っていないかによっても、相手からの信頼度が異なります。

        信頼度のある人間でないと、仕事を任せることが難しいですよね。

        資格や実績があれば、専門性があると判断され、「この人になら任せても大丈夫だろう」と思ってもらうことができます。

        あなたへの信頼度を上げて、市場から必要とされる人材を目指しましょう。

        方法2:ビジョンを立て、キャリアプランを練る

        方法の2つ目はビジョンを立て、キャリアプランを練ることです。

        キャリアプランとは、将来の自分のビジョンを明確にしたうえで、実現のために具体的に立てる計画のことを言います。

        キャリアプランを立てることで、5年後・20年後の自分が明確になります。

        自分の理想像が明確になれば、そのために今何をすべきかが具体的に考えられるようになりますよね?

        自分の理想を現実にするために、目標と行動計画を立てましょう。

        長期的な目標を持つことで毎日の仕事や生き方に目的を持ち、行動できるようになります。

        一日一日の業務が自分自身の将来につながっていることを実感できるので、主体性が増します。

        キャリアプランを立てることは仕事のモチベーションを維持することができるので、より成長しやすい状態になれます。

        キャリアプランは市場価値を高める以上の意味があるので、ぜひ計画してみてください。

        今後、市場価値が高くなる職種とは

        現在している仕事に関心が持てなくていずれ転職しようと考えている人はどうすればよいのでしょうか?

        転職後の職種でキャリアを積んで、市場価値を高めていくのが良いでしょう。

        これから転職して市場価値を高めたい方は、今後伸びる業界を狙って転職するとよいでしょう。

        今後市場価値が高まると考えられる仕事は、生活していくうえで必要不可欠なものを考えるとよく分かります。

        例えば、ITです。

        企業が何かを宣伝する際は、デジタル領域でマーケティング活動を行うようになっています。

        あなたは毎日、スマートフォンでSNS閲覧やネット通販をしていますよね?

        インターネットを介したビジネスは今後も需要が増していくと予想されています。

        2019年のインタ―ネット広告費は、テレビメディア広告費をついに抜きました。

        テレビの広告費は例年あまり変わりがないですが、インターネット広告費は2015年から2020年にかけて伸び続けています。

        今後、多くの企業がテレビの広告からインターネットの広告に予算を投資すると考えられます。

        ネットを通して、マーケティング活動を行うには、WEBマーケター人材が必要となります。

        今後はさらにWEBマーケターの需要が増えるでしょう。

        まとめ:市場価値を高めて、市場から必要とされる人間になろう

        今回のまとめは以下の通りです。

        POINT

        • 市場価値とは、転職市場におけるあなたの存在価値のこと
        • 市場価値の高い人間とは他社からも必要とされる人のこと
        • 市場価値を知りたいなら、診断ツールや転職エージェントを利用しよう
        • 市場価値を高めるには、汎用性のあるスキルや資格を身につけよう
        • 今後も需要が高まる仕事はインターネットを介するビジネスである

          市場価値を高めることで、会社が倒産した時やリストラの対象になった時も、転職して活躍できる人材になれます。

          あなたが今やっている仕事は汎用性があるかを見極めることも重要です。

          自分の市場価値や業界の将来性を把握したうえで、キャリアプランを考えてみるところから始めてみましょう。

          おススメWEB企業ランキング!口コミ評判が高い企業は
          良い企業とはどのような企業のことを指すのでしょうか。 大手や従業員数が多い企業ももちろん良い企業ですが、転職で中途採用で入社をするのはなかなか難しいところがありますよね。 大手企業や名の知れた中小企業の他にも、良い企業は存在しま...
          自分に合う仕事の見つけ方は?適職探しは自分への追求から
          「今の仕事が楽しくない」 などの理由で、今後転職することを考える方も多いでしょう。 しかし転職したいという強い思いはあるものの、どの仕事に転職すればいいのかわからない。 自分に合う仕事の見つけ方もわからない、という方も多い...

          コメント