講談社へ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

講談社 有名企業への転職

講談社へ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

憧れの出版社で働きたいという人の中には、名が通った講談社を目指している人もいるでしょう。

ただ、狭き門と言われる講談社への転職活動はどこから始めていいのかわからないという人も多いようです。

講談社への転職にはどのような準備が必要で、どんな対策をすればいいのでしょうか。

そこで、今回は講談社の転職に役に立つ情報をまとめてみました。

講談社の会社概要から採用情報、転職でおさえておきたいポイントなども交えて詳しく紹介します。

講談社の企業概要

戦前に創業し、少年や青年たちに大きな影響を与えたことから「私設文部省」とも呼ばれた講談社とは、一体どのような企業なのでしょうか。

講談社の企業概要を説明していきましょう。

事業内容

講談社は日本国内における大手の出版会社です。

出版事業を主とする講談社では、出版に関したさまざまな事業を行っています。

まずは、講談社の事業内容を紹介します。

雑誌、書籍、コミックの制作

講談社の事業の核となるのが「雑誌、書籍、コミックの制作」です。

書籍や雑誌の企画から始まり、ライターへ執筆依頼を行います。

その後、原稿が上がるとそれをもとに下版を作り、校正をします。

講談社の代表的な雑誌には「週刊現代」や「フライデー」などがあります。

また、「週刊少年マガジン」や「別冊フレンド」など大人から子供まで楽しめるコミック誌も人気です。

出版物の営業

出版事業によって完成した本や雑誌を販売するためには、多くの書店に並べてもらう必要があります。

そこで重要なのが出版物の営業事業です。

どれだけ売れるのかは営業事業にかかっているとも言われ、各書店への送品数を決める大切な役割を担います。

広告運用

出版物の売上げを上げるためには、広告運用は欠かせない事業の一つです。

広告運用は「マーケティング」と呼ばれる仕事で、購読者の需要を探る事業であるとも言えるでしょう。
さらに、少しでも売上げを上げるため、さまざまな媒体を用いて宣伝活動を行うのも広告運用の仕事です。

宣伝活動はインターネット上の広告や電車のつり革広告などがありますが、それぞれの商品に適した方法が決定されます。

制作した出版物の面白さをいかに知ってもらうかは、広告運用事業にかかっているとも言えるでしょう。

トップのメッセージ、企業理念

出版という事業を通して、人々の暮らしの役に立ち、心の豊かさに資すること。

そして、社会の繁栄と人類の平和に貢献したい、これが講談社の創業以来の、変わらぬ願いです。

この願いを実現させるために、これまで培ってきた経験を財産に、さらに魅力的な作品をより多くの読者の皆様にお届けできるよう、新しい時代に即した出版活動を果敢に続けてまいります。

近年は、コンテンツを展開する幅がどんどん広がっています。

世界に向けての海外事業や、電子書籍はじめデジタル事業の充実、ドラマや映画などの映像化・アニメ化といったライツビジネスの比重もますます高まっており、社の重要な屋台骨となっています。

創業時の原点である「本を創る喜び」を、社員ひとりひとりが胸に抱き、刊行するすべての書籍、雑誌を軸とするコンテンツが、読者の皆様の心に残るものになるよう、社員全員が「世界一おもしろくて、ためになる」をつくる気持ちで一層の努力を重ねます。

読者の皆様の、変わらぬご理解とご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2015年12月17日

代表取締役社長 野間省伸

会社概要

会社名株式会社講談社
所在地〒112-8001 東京都文京区音羽二丁目12番21号
資本金3億円
事業内容出版業
従業員数901名(2017年10月現在)

講談社の採用職種・仕事内容

雑誌や書籍の出版を中心に事業を行っている講談社では、具体的にどのような職種があるのか気になりますよね。

そこで、講談社の職種や、詳しい仕事内容について調べてみました。

知財・契約管理

非常に多くの出版物を扱う講談社では、契約案件に対応する必要があります。

そのため、契約書の審査を行う「知財・契約管理」は非常に重要な仕事として位置づけられています。

この仕事では著作権に関する契約業務や、商標管理、諸作権侵害対応などを行います。

また、英文契約に関する業務もありますので、英語のスキルが求められる仕事です。

契約業務などの実務経験が3年以上あることが条件ですので、経験があるという場合には憧れの講談社で働くチャンスが広がると思います。

デジタルビジネス

各業界でのデジタル化が進む中、出版業界でも電子書籍市場の拡大は目覚ましいと言えるでしょう。

そのデジタル化を支えているのが「デジタルビジネス」という職種です。

デジタルビジネスでは、講談社の電子書籍市場における企画や営業、コンテンツマーケティングなどを手掛けています。

実際にデジタルコンテンツの企画や開発、さらに、営業までをこなす仕事です。

この職種ではこれまでウェブサービスやアプリケーションの開発において、プロジェクト管理や運営を経験している人が求められています。

また、ゲーム会社やネット関連会社でのマーケティングなどを行っていた人も優遇されます。

ライツ事業

アニメが好きという人におすすめの職種は「ライツ事業」です。

ライツ事業は、講談社作品のアニメ化をプロデュースする仕事で、アニメ放送局とのやり取りをし、アニメ化に向けた総合的な作業を担います。

作品の商品化や広告宣伝利用の拡大化を図る仕事でもありますので、大好きなアニメを世の中に広めることができます。

応募にはテレビ局やアニメ制作会社、ビデオメーカーなどでの実務経験が必要です。

ライツ・国際事業

海外における国内アニメの人気の高まりに伴い、講談社では「ライツ・国際事業」にも力を入れています。

この職種では、出版物の海外ライセンスだけでなく海外でのデジタル展開やアニメ配信なども手掛けます。

契約交渉からライセンス実務までを担いますので、やりがいを感じられる仕事だと言えるでしょう。

応募には出版やゲーム事業などにおける3年以上の海外ライセンス経験が必要です。

外国語の能力も活かせる仕事ですので、グローバルな活躍を目指す人におすすめします。

財務・経理

積極的な海外展開を行う講談社では、社内の経理に対する要望が多様化している傾向にあります。

そのため、経理を担当する財務・経理部門は社内でも重要なポジションを担っています。

この部門では、決算や申告業務などに加えて年間計画作成業務や月次管理資料作成業務も担当します。

さらに、国内外にあるグループ関連会社の管理や、シェアードサービス業務のサポートも行うといった幅広い活躍を見せています。

応募には決算や税務申告業務において5年以上の実務経験が必要で、経理知識があると優遇されます。

児童図書編集

講談社では学習書籍にジャンルにも力を入れているようです。

中でも、男子児童向け書籍は業界全体を見ても手薄な傾向にあり、小学生男子の興味を引く科学系の読み物が少ないと言われています。

そこに着目した講談社では、小学生男子向けの学習書籍の編集に力を入れています。

この仕事では、子供たちの好奇心を探るためのコミュニケーション力が求められます。

さらに新しい発想を持った企画力も必要であると言えるでしょう。

学習書籍の編集には幅広い知識と経験が求められますが、子供たちのために楽しみながら学習書籍を作りたいという人にはおすすめの仕事だと思います。

講談社の給与・年収

年収が高いと言われる出版業界において、講談社の給与や年収はどのくらいなのでしょうか。

転職を考える際には年収アップを目指す人も多く、実際にいくらぐらいもらえるのかといった点は気になりますよね。

ここでは講談社の年収について紹介します。

全体の平均年収

出版業界というのは非上場企業ですので有価証券は非公開です。

そのため、年収は公開されてはいませんが、社員の口コミをもとに調査を行ったところ、社員全体の平均年収は1,085万円でした。

ここ数年においても年収は925万円から1,364万円ですので、全体的に高い傾向にあると言えるでしょう。

デジタル化が進み、出版業界は風当たりが強いと言われている中でも安定した高い年収がもらえるのは、大手の強みだと考えられます。

年代別の年収

年代平均年収
20~24歳382.8万円~412.8万円
25~29歳689.7万円~739.7万円
30~34歳748.2万円~848.2万円
35~39歳773.8万円~877.8万円
40~44歳865.3万円~986.3万円
45~49歳982.6万円~1104.6万円
50~54歳1073.5万円~1183.5万円
55~59歳1063.7万円~1173.7万円
60~65歳698.9万円~1173.7万円

講談社の競合企業と平均年収比較

会社名平均年収
講談社1085万円
福音館書店1200万円
小学館1195万円
KADOKAWA641万円
集英社620万円

講談社と他の大手の出版社の年収を比較してみましょう。

まず、福音館書店と小学館が講談社よりも高い年収であることがわかります。

福音館書店というのは児童書などを多く手掛け、独自の販売ルートで展開しています。

また、小学館も児童書に力を入れていますので、学校関係からの需要が高いのです。

そういった背景が年収の高さにつながっていると考えられます。

しかし、大手の中でも講談社の1000万円以上という年収は少ないとは考えられません。

同じく大手の出版社であるKADOKAWAや集英社には400万円に近い差をつけていますので、出版大手の中でも講談社の年収は高いと言えるでしょう。

これは講談社の新しいグローバルな活躍と、長く愛され続ける出版物を守り続ける姿勢が年収にも反映されていると言えると考えられます。

給与に関する口コミ・評判

数ある出版社の中でも給与は高い方だと思います。ただ正社員の給与が高いのに対し、非正社員の給与は期待できません。非正社員は給与が低いだけでなく労働量も多いので、正社員になるのをおすすめします。

自分の仕事が正しく評価され、それが給与として反映されているのだと思います。しっかりもらえる分だけやりがいが感じられます。

残念ながらボーナスは年々下がっている傾向にあります。ただ、給与はたくさんもらえますので満足です。

講談社の福利厚生制度

転職先の福利厚生制度が整っているかどうかは充実した職場環境に大きく影響すると言えます。

そこで、講談社の福利厚生制度はどのようなものであるのか詳しく調べてみました。

各種保険完備

講談社では社会保険をはじめとした各種保険を完備しています。

そのため、ケガや病気の際にも安心であると言えるでしょう。

また、講談社グループの健康保険組合には、全国に直営の保養所やリゾート契約施設などがあり、社員は自由に利用できます。

そういった施設を安く利用できることで、仕事での疲れを癒し、気分を入れ替えて仕事ができると人気があります。

家賃補助

講談社では家賃や住宅に関する費用の補助があります。

補助はそれぞれの環境によって違いがありますが、なかには家賃として月あたり10万円を負担してもらっている社員もいるようです。

そのため、講談社で働くと住居にかかるお金が大きく節約できると言えるでしょう。

高いレベルで社員の暮らしを支えていますので、働きやすさにもつながります。

教育資金貸与

講談社の福利厚生制度の中で注目されているのが教育資金貸与です。

これは、社員が自ら教育制度を利用する際にも使えますので、自分自身のスキルアップにつながります。

教育資金貸与を上手に利用している社員も多く、さまざまな知識を習得して業務内容の向上につなげています。

働きながら学べる制度があることで、新しいことにチャレンジできるチャンスも広がると言えるでしょう。

介護資金貸与

金銭面での福利厚生制度が充実している講談社では、介護に必要なお金も支給しています。

親や配偶者の介護には多くのお金が必要ですので、その費用を会社が負担してくれることは、将来的に介護が必要になった時にも安心だと感じます。

福利厚生に関する口コミ・評判

社員食堂ではカロリー表示などもしてくれているので健康的な食生活が心掛けられる。

健康診断や福利厚生施設は契約社員でも利用できます。健康診断があることで体の異常にもすぐに気付けるので安心です。

サークル活動が充実していて、書道や俳句のサークルを楽しんでいます。

食堂やカフェもレストランや街中のカフェの様な雰囲気です。メニューも充実し、おいしく安く食べられるのが魅力です。

勤務時間・休日休暇

勤務時間や休暇は仕事の質を上げるうえでも非常に重要なポイントであると考えられます。

そのため、講談社への転職で、勤務時間や有休のとりやすさなどに注目している人も多いでしょう。

ここからは講談社の勤務時間や休暇について紹介します。

有給取得率が高い

講談社では社員にしっかりと有給が取得できるよう半期ごとに休暇申請の提出を求めています。

そのため、有給の消化率が高いのが特徴です。

有給休暇の申請はパソコンから行え、前日までに申請すれば有給が取得できます。

有給を取りやすい環境が整えられていますので、上司や同僚に気兼ねすることなく休めます。

働くママに嬉しい休暇が充実

女性社員が多く活躍する講談社では、働く女性を応援する休暇制度を設けています。

産前産後休暇だけでなく妊娠休暇もありますので、妊娠中に体調が悪くなった時も心配は要りません。

また、育児休暇もしっかりと取得でき、職場復帰もしやすい環境です。

そういった理由から子供を持つ女性社員も多く、女性にとって働きやすい環境だと思います。

自分でスケジュールを組む働き方

編集は個人の裁量をこなすだけでなくチームプレーで仕事をします。

そのため、残業が多くなりがちですが早く帰りにくいといった雰囲気がないのが特徴です。

また、タイムカードなどはありませんので、自分でスケジュールを組んで働くことができます。

勤務スタイルは不規則になりがちですが、フレックスタイムのような感覚です。

時間に縛られずに働きたいと考える人にはぴったりであると言えるでしょう。

部署によっては定時勤務も

講談社は部署によって働き方が異なりますが、管理部門で働くと基本的には定時勤務です。

また、営業部門では残業も比較的少なく、休日出勤もほとんどありませんので働きやすいと言えるでしょう。

さらに、近年では企業全体で「時短」スタイルが定着しつつありますので、残業が少ない傾向にもあります。

編集はどうしても不規則になりがちですが、部署を選ぶことで自分に合った働き方が実現すると思います。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

どうしても出社しなくてはいけない日を除けば有給の取得が可能です。1カ月の仕事の流れを把握すると有給が取得しやすくなります。

有給は100%消化しています。部署によっては残業も多いようですが、組合もしっかりしていますので働きやすいと感じています。

編集の仕事をしていますので休日や平日に関係なく仕事をしています。ただ、好きな仕事ですのでやりがいがあります。

社内の教育・研修制度

社内の教育や研修制度は部署によって内容が異なりますが、それぞれの部署で充実した教育や研修を行っています。

  • 新入社員研修
  • 入社3年目研修
  • 新任副部長研修
  • 新任部長研修
  • 海外研修制度
  • 業務関連研修制度

教育・研修制度に関する口コミ・評判

グローバルな社員を育てるための語学研修があります。費用の一部は福利厚生で対応できます。

新入社員は3ヵ月間の研修があり、その後、先輩とのマンツーマンで配属された部署の仕事を覚えていきます。初めにしっかりと学ぶことで出版業界の基礎が分かるようになります。

しっかりとしたマニュアルが用意されていますので前任との引継ぎでも分かりやすく、新しい仕事でも心配はありませんでした。

職場の雰囲気や社風

職場の雰囲気や社風が自分に合うかどうかで働きやすさは大きく変わりますよね。

講談社は一体どのような雰囲気で仕事をしているのでしょうか。

講談社の職場の雰囲気や社風についてまとめてみました。

やりたいことがカタチになる

新しい発想で出版物の制作を行っている講談社では、どの社員にも同じようにチャンスが与えられます。

面白い企画は社員の勤続年数に関係なく通りますので、やりたいことをカタチにできる社風であると言えるでしょう。

自由に仕事ができる環境が整い、一生懸命することで評価にもつながります。

また、社員同士の上下関係もなく、非常に和気あいあいと仕事をしている印象を受けます。

やりたいことを明確に持っている人にとって、仕事への面白さが感じられる職場です。

社員同士のコミュニケーションが充実

講談社へは転職からの入社も多くみられますが、社員それぞれのコミュニケーション能力が高く、すぐに打ち解けられる環境が整っています。

チームワークで仕事をする部署では、常に密な打ち合わせを行う必要がありますので、先輩や後輩とも家族の様な雰囲気で仕事ができます。

そういった環境で働くと毎日が充実し、仕事をするのも楽しくなると言えるでしょう。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

チームでの仕事をしています。チーム内での仲間意識が強く困ったときには相談に乗ってもらえます。

自分のアイディアを世に発信したい、良いものを出版したいという気持ちを持った人が集まっていますので、熱い気持ちを持った人が多いと感じます。

個性的な人材が多く集まっていますので相性はあるかもしれません。私は能力を伸ばしてくれる上司に出会えたので運が良かったと感じています。

講談社への転職で役立つ転職サイトorエージェント

転職は一生のうちに何度も起こることではありませんので、自分一人での転職活動には不安を感じる人も多いでしょう。

特に、講談社のような大企業への就職を成功させるためには、さまざまな対策を練る必要があります。

そのため、転職には転職サイトやエージェントの利用をおすすめします。

転職サイトやエージェントはいくつもありますので、ここでは講談社の転職に役立つものを3つ選んで紹介しましょう。

doda

doda

dodaの最大の魅力は求人数の多さです。

非公開求人が非常に多いことでも知られていますので、ここにしかない求人に出会えると言えるでしょう。

さらに、dodaでは転職活動を効果的に進める方法や、面接での対策などの指導も受けるられます。

講談社への転職において役に立つアドバイスなども得られますので、初めての転職でも心強い味方となってくれると思います。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

転職ナビ

転職ナビ

実際に利用した人からの情報は得られると評判の転職ナビも、講談社への転職を考える人にはおすすめです。

また、転職ナビには通話料無料で相談できる転職ナコウドといったサービスもあります。

この転職ナコウドでは、履歴書や職務経歴書といった書類作成のサポートも依頼できます。

転職に関する相談にも乗ってもらえますので安心です。

転職ナビ(ジョブセンスリンク)の口コミ・評判サービス内容
転職ナビは求人が多く、転職に役立つサイト。転職ナビは求人数が多く、求人の見極めが難しいため、より効率的な転職のためには転職エージェントとの併用をおすすめします。

エン転職

エン転職

講談社の中途採用では前職でのスキルが求められます。

そのため、20代後半や30代といった若い世代の転職者が多いとも言えるでしょう。

そういった世代で講談社への転職を考えている場合にはエン転職を利用してみましょう。

エン転職は若い世代をターゲットにした転職サイトであり、利用者のほとんどが34歳以下といった特徴があります。

また、エン転職では、口コミによる会社の評判が掲載されていますので、活きた情報が手に入り、面接での対策などもしやすくなります。

エン転職の口コミ・評判 サービス内容
大手転職サイト、エン転職のメリット・デメリット、サービスまで説明したページです。業界最大手のリクルートにはかなわないものの、エン転職もかなり大きく、使いやすいサイトとなっています。

まとめ

講談社は出版の大手であり、年収も高いことから転職の競争率が高い企業です。

それに反して採用人数が少なく、転職の難易度は非常に高いと言えるでしょう。

しかし、転職サイトやエージェントを上手に利用することで講談社への転職が成功する確率が高くなります。

講談社でいきいきと働くのを目指すのであれば、転職サイトやエージェントの利用を検討してみるのをおすすめします。

コメント