キーエンスへ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

大企業への転職

「終身雇用」という考え方は、以前ほど主流ではなくなってきています。

キャリアアップとして転職を考える人が増えてきており、企業も優秀な人材を確保するため積極的に中途採用を行うようになりました。

キーエンスも転職先として人気の企業の一つですが、内定を勝ち取るためには応募前に企業についての知識をしっかりと整理しておくことが必要不可欠です。

この記事では、キーエンスの概要や給与をはじめとする待遇、社風などについて詳しくみていきます。

キーエンスの企業概要

非常に付加価値の高い製品を提供することで有名なキーエンスは、東証1部上場のファクトリー・オートメーション総合メーカーです。

利益率が高いことでも知られており、売上高4.127億円(2017年3月期)に対して2,189億円(2017年3月期)もの営業利益をあげています。

こういった高い利益率をあげているキーエンスはどのような会社であるのか、早速みていきましょう。

事業内容

キーエンスは自動車メーカーや半導体メーカーなど、さまざまな分野の製造業20万社以上に製品を提供しています。

取引先は日本国内にとどまらず、45ヶ国200拠点で事業展開をしています。

ここでは代表的なキーエンスの代表的な事業を解説します。

センサ、測定器

キーエンスの代表的な事業は、高精度なセンサ・測定器によってものづくりの生産現場を支えることです。

半導体や液晶業界を対象として、生産性向上を目的にチップの高さを非接触で検出できる機器を提供しています。

自動車業界には高精度な自動測定装置を提供し、工程改善の手助けを行っています。

化学・プラントのような大規模な設備を持つ業界にも各種の測定器を提供し、環境対策や省エネに貢献しています。

画像処理機器

キーエンスは高い技術力のよって業界最高性能ともいわれるさまざまな画像処理システムを提供しています。

例えば、傷検査で使用する2100万画素のカラーカメラでは、業界最多の14コアによって処理速度を従来型の約3分の1にまで短縮しています。

エリアカメラや2次元検査、ラインスキャンカメラなどの製品でさまざまな課題解決に貢献することが可能です。

また、ロボットビジョンでは業界最多となる16メーカーと直結通信可能というスペックを実現しています。

研究・開発用 解析機器

測定の精度が求められる事業分野もキーエンスが得意とするフィールドです。

形状解析レーザ顕微鏡や非接触のワンショット3D形状測定器は研究機関や大手メーカーの開発現場でも高い信頼を得ている製品です。

三次元測定器や高さ・平面度測定器なども高い精度が特徴です。ハード面だけでなく、クライントのニーズにすぐに対応できるような体制も整えられています。

トップのメッセージ、企業理念

1974年の会社設立以来、当社は「付加価値の創造」こそが企業の存在意義であり、また、そのことによって社会へ貢献するという考えのもと、全社員一丸となって事業活動に取り組んで参りました。

おかげさまで、様々な業界の数多くのお客様に当社製品をご採用いただいております。

結果として、産業界における優良企業の一つの形として、当社の経営モデルは高くご評価いただけるようになりました。

当社の経営において大切にしていることは、「経営にとって当たり前のことを当たり前に実践する」ということです。

構造的変化の起こっているグローバル市場においては、何が当たり前のことなのかは日々変化し確信を持つことは非常に難しい時代を迎えております。

そのような状況下において、当社では、何が当たり前のことなのかを検討・判断する際には、「原理原則で考える」ということを常に心掛けております。

原理原則で考えることで、完璧ではないが少なくとも成功確率を上げることはできると考えております。

会社概要

会社名株式会社キーエンス
所在地〒533-8555大阪市東淀川区東中島1-3-14
資本金306億3,754万円
事業内容センサ・測定器、画像処理機器、制御・計測機器、研究・開発用 解析機器、ビジネス情報機器
従業員数6,602名(2018年3月現在)

キーエンス採用職種・仕事内容

グローバル化を加速させるキーエンスでは、さまざまな人材を募集しています。

設計・開発からコンサルティングまで業務内容が多岐に渡りますが、商品を売るのではなく顧客の課題解決を優先させるという姿勢がどの職種にも共通して求められます。

また、多くの職種で英語力が必要になります。

社内SE職(ITインフラ領域担当)

サーバーやネットワークなど、ITインフラ領域の仕事です。

担当は国内および海外で、企画から設計構築、運用までの幅広い業務内容になります。

事業拡大に伴い、ICTも推進させていきます。

インフラ設計だけでなく、ベンダーとの交渉も求められるポジションです。

給与

  • 年収1000万円~1400万円
  • 月給50万円以上

※月給には時間外手当65時間などの各種手当てを含む

社内SE職(AS400/RPG担当)

AS400の開発や運用、保守を担当する仕事です。

システム立案から開発スケジュール調整、システム管理までの全般を担当します。

IBMPowerSystems(旧AS/400)での設計や開発経験が求められます。

給与

  • 年収1000万円~1400万円
  • 月給50万円以上

※月給には時間外手当65時間などの各種手当てを含む

社内SE職(海外現法向け基幹システム担当)

海外現地法人に向けた基幹システムを担当する仕事です。

システム化計画の立案やスケジュールの調整、システム立ち上げや稼動後のフォローなどの一連の業務を担当します。

海外現地法人とは、メールや電話などの英語を使ったコミュニケーションを行います。

給与

  • 年収1000万円~1400万円
  • 月給50万円以上

※月給には時間外手当65時間などの各種手当てを含む

経理職

単体決算や連結決算などに携わる仕事です。

また、各種税務申告にも対応します。決算短信や有価証券報告書など各種開示も業務に含まれます。

現地法人とは英語でコミュニケーションを行うため、ビジネスレベルの英語力が求められます。

給与

  • 年収1000万円~1400万円
  • 月給50万円以上

※月給には時間外手当65時間などの各種手当てを含む

営業事務職

「チーム」としての営業所をサポートする仕事です。

電話や注文書、見積もり依頼書などへのさまざまな対応を行い、定型業務にとどまりません。

付加価値向上のために工夫や提案をすることが歓迎されます。

給与

  • 月給20万5000円~21万3000円
  • 賞与年4回

※月給には時間外手当65時間などの各種手当てを含む

グローバル経理・税務

キーエンスの海外拠点は北米・南米をはじめ、ヨーロッパ・アフリカ、中国や中東・オセアニアなどに幅広く展開しており、そういった海外子会社管理業務などに携わる仕事です。

国際税務関連業務も行います。

給与

年収600万円~1100万円

キーエンスの給与・年収

キーエンスは日本の企業の中でも非常に高いレベルの給与水準であることが知られています。

営業利益などをみても、かなり高い給与が期待できそうです。

実際にキーエンスの給与・年収はどれくらいであるのかを早速みていきましょう。

全体の平均年収

キーエンスの平均年収1861万円 ※有価証券報告書調べ

実際に調べてみると、日本のサラリーマンの平均年収の4倍以上という驚くべき数字です。

日本で最も年収が高い企業といわれていますが、実際はこれ以上の平均年収の企業が上場企業に限定しても2社存在しています。

しかし、その2社はM&Aを専門に扱うやや特殊な会社であるため、実際の規模などを考えるとキーエンスが平均年収のトップ企業と考えても間違いではありません。

年代別の年収

年齢平均年収
20~24歳約1200万円
25~29歳約1400万円
30~34歳約1620万円
35~39歳約1810万円
40~44歳約1990万円
45~49歳約2190万円
50~54歳約2320万円
55~59歳約2270万円
60~65歳約1770万円

全年代を通して非常に高い水準の年収です。

特に20代前半の時点で高い平均年収であることが目立ちます。

キーエンスの競合企業と平均年収比較

企業名平均年収
キーエンス平均年収1861万円
ファナック平均年収1318万円
ジーエスユアサコーポレーション平均年収1136万円
横河電機平均年収976万円
ソニー平均年収910万円

電機機器メーカーは全般に非常に高い年収水準です。

それでもキーエンスが圧倒的に高く、ファナックを500万円以上も引き離しています。

また、大手メーカーの代名詞であるソニーの2倍以上の数字であることも驚きです。

給与に関する口コミ・評判

他と比較しても高い水準の年収で、満足しています。

業績賞与でかなり変動します。

通常の賞与に業績賞与が加わり、かなり年収が上がります。

夏期と冬期だけでなく、春と夏も加えて4回の賞与があります。

圧倒的に高い水準の平均年収だけあって、給与には満足しているという感想がほとんどです。

賞与が年に4回あるのもキーエンスならではの特徴です。

業績によって年収がかなり上下するという側面もあるようです。

キーエンスの福利厚生制度

転職を考える際にはほとんどの人が給与について詳しく調べます。

しかし、福利厚生については細かく調べないという人も少なくありません。

待遇全体を考えた場合、必ずチェックしておきたいのが福利厚生です。

ここではキーエンスの福利厚生制度についてみていきます。

社員持株制度

キーエンスでは社員持株制度が用意されています。

給与から毎月一定額が引かれ、株式を購入していきます。

無理なく資産形成を行えるほか、会社の株価が上がれば自分の資産が増えるため、仕事へのモチベーションが高まるという効果もあります。

財形貯蓄制度

一般には「財形住宅貯蓄」と呼び、会社を経由して住宅購入資金などを貯蓄していく制度です。

住宅購入だけでなく、リフォームなどでも利用することが可能です。

貯蓄された資金などの条件を満たせば、「財形住宅融資」を利用して住宅ローンを組むことができます。

融資を受ける先は「住宅金融支援機構」となり、金利など融資の条件が一般の金融機関に比べて有利になります。

日本版401k

退職金制度では、「日本版401k」といわれる確定拠出年金が用意されています。

これは毎月積み立てられた退職金を運用し、老後に年金形式で受け取る制度です。

もちろん厚生年金もあり、老後の心配をすることなく仕事に集中することができます。

借上社宅

一般の物件を会社で契約する「借上社宅制度」が導入されています。

これは、自社の寮や社宅だと仕事とプライベートの切り替えがしにくいというキーエンスの考えによるものです。

配属や異動に伴って物件契約時に発生する敷金や礼金、仲介手数料などの諸費用も会社負担なので安心です。

地域間格差を是正するため、世帯主の社員には一定の地域住宅補助を支給する制度も整えられています。

福利厚生に関する口コミ・評判

通常の手当ての他、ゴールデンウィーク手当てというものが支給されます。

医療保険や年金などの制度が充実しているという印象です。
もともとの給与が高いので、福利厚生についてはあまり期待していません。

さまざまな福利厚生制度が設けられていますが、トップ企業にしては普通という声も聞かれました。

かなり給与が高いせいか、あまり社員も気にしていないようです。

標準的な福利厚生制度についてはすべて網羅しており、必要十分という感想が多いようです。

勤務時間・休日休暇

キーエンスは給与の高さが特徴とはいえ、休日休暇なども気になるところです。

特に、最近はワークライフバランスが重視されており、転職先を選ぶポイントに休日休暇をあげている人も増えています。

早速、キーエンスの勤務時間や休日についてみていきましょう。

完全土日祝休み

社員一人当たりの売上が高いことから多忙といわれるキーエンスですが、完全週休2日制を導入しています。

また、土日だけではなく祝日も休日となるため、年間休日は126日になります。なお、年に2回のみ全社的な土曜出勤があります。

長期休暇

ゴールデンウィークや夏季、年始年末の冬季と1年に3回の長期休暇を取得することができます。

長期休暇の間は会社自体もほとんど休みになるため、基本的に全社的に休暇を取得することができます。

7~9日とかなり長い期間の休みを取れるため、旅行や帰省などのさまざまな目的に利用することができます。

特別休暇

有給休暇・慶弔・特別休暇や産休などの制度が用意されています。

休日は十分に設定されていますが、それ以外に有給休暇の消化も推進されています。

全社的な取り組みによって、最低でも3ヶ月に1度以上の有給休暇消化が目安になっています。

勤務時間

休みが多い分、1日当たりの業務量も多くなります。

標準の勤務時間は8:30~17:15分ですが、多少の残業は発生します。

基本的に平日は一生懸命働き休日はしっかり休むことが推奨されており、社員は自ら裁量権を持って仕事に取り組むのがキーエンスのスタイルです。

もっとも、21:30以降の残業は禁止されており、無理な働き方はあらかじめ防止されています。

また、接待も厳禁です。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

長期休暇が他の会社に比べてとても長いと感じています。

定められた休日についてはしっかり休めます。

長期休暇が年に3回あり、満足しています。

休みがあるのは良いのですが、仕事量が多く平日はスピードが求められます。

休日休暇や長期休暇が多いことから、大変に満足しているという意見が大半を占めています。

一方で、平日にしわ寄せがくるという感想もあります。

全体としてはかなり満足度が高いようです。

社内の教育・研修制度

  • 「MDP制度」若手に責任者としての業務を与え、リーダーを育成するプログラムです。
  • 「CDP制度」視野を広げるために一定期間特定のセクションを体験して能力を開発していきます。
  • 「階層別教育」新人から経営リーダー育成研修まで、階層に応じて用意される研修です。
  • 「実務スキル研修」パソコンやマーケティング、商品企画や経営管理など、さまざまな実務を学ぶプログラムです。

教育・研修制度に関する口コミ・評判

営業研修や階層別研修など、かなりの頻度で研修を行っています。

若い世代に向けてか、最近になって研修が増えてきました。

新人研修が充実していると感じました。

研修が定期的にあり、社員のスキルアップを積極的に支援してくれます。

海外留学やMBAなどの長期的な成長につながる研修はありません。

新人の育成など、研修プログラムにはかなり力を入れている様子がうかがえます。

また、営業研修などの実務向上に関する研修も盛んなようです。

自己啓発や将来につながるような研修についてはあまり力を入れていない印象です。

職場の雰囲気や社風

転職先を調べる際は、給与などの条件に加えて企業文化についても十分に調べておくことが大切です。

社内の雰囲気などが合わなかった場合は、せっかく転職に成功してもかえってパフォーマンスを落とすことにもなりかねません。

ここではキーエンスの社風などについてみていきましょう。

「超」付加価値を

キーエンスでは、誰も見たことのない「超」付加価値を生み出し続けることが求められます。

顧客の課題解決のためには、付加価値の創造が社員の役割であるという考え方です。

そのため、常に主体的に問題解決に向かう姿勢が求められます。

与えられた役割を淡々とこなしていきたいというタイプの人には向かない雰囲気です。

逆に、裁量を持って積極的に提案を行っていきたい人にとっては理想的な環境と言えます。

自分を掘り下げる

一般の企業と大きく異なり、キーエンスでは募集要項などで「求める人物像」といったものを開示していません。

面接前の準備すら不要と記しているほどです。

つまり、これがキーエンスの社風とも言えます。

常に付加価値を生み出してグローバル市場で勝ち抜くためには、何事も徹底して掘り下げる姿勢が求められます。

そのため、採用ページでは「自分を深く知ること」をメッセージとして発信しています。

自分を含めたあらゆることを掘り下げ、徹底的に考え抜く姿勢が求められる風土です。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

会社の成長につながる事でれば、いろいろな挑戦が認められました。

やる気があれば評価してもらえる社風です。

仕事がある程度できるというは大前提です。

実現可能なアイディアの提案は基本的に受け入れてもらえます。

個人の実力に応じて目標が設定されます。

基本的に実力主義であるという雰囲気がうかがえます。

モチベーションの高い努力家に向いた社風であるという意見がほとんどのようです。

キーエンスへの転職で役立つ転職サイトorエージェント

キーエンスのような人気企業を目指すためには、主体的に転職活動を行う必要があります。

転職活動のツールといえば転職サイトが一般的ですが、転職エージェントを利用するという方法もあります。

ここでは転職の役に立つ転職サイトやエージェントを紹介していきます。

リクナビネクスト

リクナビNEXT

新卒対象の「リクナビ」でおなじみのリクルートが運営する転職サイトが「リクナビネクスト(リクナビNEXT)」です。

転職業界でも圧倒的なシェアを占め、転職者の約8割がこのサイトを利用したという実績があります。

求人案件を探すだけでなく、登録しておけば企業からメ直接メッセージを受け取ることができるスカウト機能も特徴の一つです。

スカウトには「オープンオファー」「プライベートオファー」などの種類があり、大変に役に立つ機能です。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容
リクナビNEXTは国内最大級の転職サイト。国内最大級がゆえ抱える求人数も膨大です。リクナビNEXTの、他にはないメリットとデメリットを調べてみることにしましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートは転職エージェントの「リクルートエージェント」も運営しています。

専任アドバイザーがつくため、転職サイトではなかなかできない面接対策などをしっかりと行うことができます。

転職エージェントとしては案内総数や内定決定数でNO.1の実績で、非公開案件も多く持っているのが特徴です。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

doda

doda(デューダ)はパーソナルキャリアによる転職サイト・転職エージェントです。

転職エージェントとしてはリクルートエージェントに次ぐ規模で、キャリアカウンセリングなどに強みを持っています。

また、エグゼクティブ専門スタッフなど転職希望者を徹底サポートする体制を整えており、難易度の高い人気企業への転職でも心強い存在です。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

まとめ

このように、キーエンスは国内トップレベルの給与水準に加えて休日休暇も充実しており、大変魅力的な条件を備えた会社です。

その分実力主義であり、最先端の技術を常に勉強することが求められ、転職は決して簡単なものではありません。

キーエンスへの転職を成功させるには、しっかりと手順を踏んで十分な準備をすることが大切です。

転職サイトや転職エージェントを活用して、万全の体制で転職活動を行いましょう。

コメント