結婚後の転職は不利って本当?女性が転職する最高のタイミングは

転職コラム

結婚を機に転職を考える女性は少なくありません。家庭を維持するためには、家事や子育てなど多くの負担を女性が担わなければならないことが多く、独身時代と全く同じキャリアプランを目指して働くことは難しいからです。

しかし、転職のタイミングは婚前と結婚後のどちらの方がよいのかなど、転職に関しての不安は多く存在しています。そこで以下では、転職をするべきタイミングや、転職先を探す際におさえるべきポイントなどを説明します。

ぜひ転職を成功させ、満足のいく職場を手に入れましょう。

  1. 結婚を機に転職を考えるケースは?
    1. 結婚で女性の生活は大きく変化する
  2. 転職するなら結婚前?それとも結婚後?
    1. 転職はタイミングが大切
  3. 結婚前に転職するメリット
    1. 結婚前の転職が有利な理由
    2. 転職するなら結婚1年前くらいがベスト
  4. 結婚前に転職するデメリット
    1. 新しい生活の予定は立てづらい
    2. 結婚前に転職をやめておいた方がいい人
  5. 結婚後に転職するメリット
    1. 結婚後の転職はミスマッチを起こしにくい
  6. 結婚後に転職するデメリット
    1. 結婚後の転職はマイナスに評価される面がある
  7. 転職活動をする際にチェックしておきたいポイント
    1. 転職を成功させるための3つのチェック
    2. 転職先探しでチェックするべき4つポイント
  8. 女性が多い職場かをチェック
    1. 女性が多い職場のチェックポイント
  9. 産休や育休の取得実績をチェック
    1. 産休や育休制度が有名無実化していることもある
  10. 残業や休日出勤・出張の有無をチェック
    1. 働き過ぎは家庭不和の原因に
  11. 時短勤務できるかをチェック
    1. 時短業務は子育ての強い味方
  12. 転職を成功させるためのポイント
    1. 出産や育児まで考慮したキャリアプランを描く
    2. ライフプランは正直に話す
  13. 優先順位を決めておこう!
    1. 転職で譲れない要件を決めておく
    2. 要件には順位をつけておく
  14. 最適な働き方を選択しよう!
    1. 「正社員」を選んだ場合
    2. 「派遣社員」を選んだ場合
    3. 「パート・アルバイト」を選んだ場合
    4. どの働き方にもメリットとデメリットがある
  15. 長く働きたい意思を伝えよう!
    1. 採用担当者が気にするポイントを知っておく
  16. しっかりと情報収集して転職活動しよう!
    1. 転職を成功させるにはしっかりと情報を集めよう

結婚を機に転職を考えるケースは?

“近頃では働く女性の姿を多く見かけるようになり、そのキャリアも重視されるようになっています。

しかし、いまだに家庭生活と仕事を両立することは難しく、多くの女性は結婚を機にキャリアプランの変更を余儀なくされています。

今の仕事をそのまま続けたいと考えていても、新しい生活環境がそれを許さないかもしれません。結婚は人生の大きな転換期です。そのため、結婚で生活環境が変わることをきっかけに、転職を考える人は少なくありません。

結婚で女性の生活は大きく変化する

女性は結婚をすることによって、大きな生活の変化が起こります。

例えば結婚によって、通勤できない場所へ引っ越さなければならないかもしれません。将来のライフプランを考えるにあたって、仕事と家庭とのバランスをどうするのかも難しい悩みです。その結果、仕事を諦めなければならないこともあります。

妊娠や出産を予定しているのであれば、より福利厚生に優れた、子育てに適した会社を選びたいとも考えます。新しい生活を過ごすにあたって、収入は大切な要素です。そのため、結婚を機により多くの収入が得られる会社へ転職を考える人は少なくありません。

多くの女性が、このような理由から、結婚前後に転職を考えます。独身時代と全く変わらない生活スタイルを過ごすことはとても難しいのです。

転職するなら結婚前?それとも結婚後?

結婚を機に転職を考えるにしても、そのタイミングはとても重要です。

結婚前に転職するときと、結婚後に転職をする場合には違いがあるのでしょうか。

転職はタイミングが大切

一般的には、結婚1年前に転職を済ませておくのが、良いタイミングであると言われています。結婚後の転職では、育児休暇や産前・産後休暇をすぐに取るのではないかという心配を、採用担当者に与えるからです。

転職を成功させるためには、自分のキャリアプランや、生活の状況を踏まえた上でタイミングを検討しなければなりません。そのためには、結婚前と結婚後の転職で、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのかを知っておくことは大切です。

最適な転職時期は、今後のライフプランをどうしたいかによっても変わってきます。ですから、ライフプランについて一緒に暮らすパートナーと深く話し合うことはとても重要です。

結婚前に転職するメリット

“転職は結婚前にしておくべきであるという意見は、多くの転職者から聞かれます。

なぜ結婚前に転職する方がよいのでしょうか。次のような理由で、結婚前の転職にはメリットがあると言われています。

結婚前の転職が有利な理由

結婚後の都合によって、希望の労働時間や勤務地などは変わってきます。

結婚前に転職先を探すことによって、より理想的な職場を探しやすくなります。また、ワークライフバランスを考えた結果、結婚によって雇用形態を変えたいと考えている場合も、結婚前の方がより良い条件の職場を探しやすいです。

職を探すのであれば、年齢が若い方が有利です。そのため、結婚後に職場を探すよりも、結婚前に探す方が多様な仕事を選べる可能性が高くなります。また、既婚よりも未婚の女性の方が、職場の都合に対応しやすいと判断されがちです。

現在働いている職場が、結婚後に働き続けるのが難しいのであれば、なるべく早く転職の準備を行うようにしましょう。

転職するなら結婚1年前くらいがベスト

上述したように、転職するならば結婚前1年ほどがタイミングとしてベストであると言われています。

それは、次のような理由からです。まず、結婚前に新しい仕事に慣れておくと、仕事と家事の両立がしやすくなります。結婚後であれば、職場になじむ前に、妊娠をし、産前・産後休暇に入ってしまう場合があります。

結婚前に転職してしまえば、そのような心配はありません。

最適な職場を見つけるためには、自分のワークスタイルの把握が大事です。現在のワークスタイルにどのような変化が必要かを判断し、職場を探すことで、納得のいく転職ができる可能性が高まります。

結婚前に転職するデメリット

“もちろん、結婚前に転職をすることによるデメリットも存在します。

結婚が理由の転職者を採用すると、入職後早い時期に、出産や子育てで職場を離脱するリスクを企業は背負います。

そのため、出産予定が近い女性は採用されづらいです。また、将来の予定によって職場を探すため、結婚後の予定が異なっていた場合には、ミスマッチを起こす可能性があります。

新しい生活の予定は立てづらい

結婚をするにあたっては将来の予定をたてますが、それらは予定通りに行くとは限りません。せっかく結婚後の都合に合わせた職場探しをしたとしても、予定しなかった都合で働き続けられない可能性があります。

新しい生活は、思わぬ時間と体力を使うため、仕事と家事を両立するのは難しいです。入社した後、すぐに妊娠してしまった場合には、産休や育児休暇の申請がしづらいです。

職場の選択を間違ってしまうと、結婚生活に悪い影響を及ぼす可能性があります。予定から導き出される希望の職場と、現実の差が大きいほど、結婚生活に影響を与えてしまいます。

結婚前に転職をやめておいた方がいい人

転職から近い時期に出産を考えている人や、少し働いた後に家庭に入ることを予定している人は、結婚前に転職先を探すのに向いていないでしょう。

また、家事が苦手で、職場との両立を計るのが難しい方も、結婚前に職場を探すのはやめておいたほうがいいでしょう。職場選択を間違え、休職などの働かない期間を作ってしまうと、次の転職に差し障る場合があるからです。

結婚後に転職するメリット

結婚後の転職はミスマッチを起こしにくい

結婚後の転職は、結婚前に比べ、メリットは大きくありません。

年齢が多少なりとも若く、未婚であることによって、会社が雇用しやすいというアドバンテージを失うからです。しかし、結婚後では、現在の事情に合わせた職場探しができます。そのため、職場のミスマッチを起こしにくいです。

結婚後に転職をする最大のメリットは、結婚生活を理解した上で、職場探しができることです。

そのため、実情に即した求職活動ができます。理想と現実との乖離が少なく、家事と育児の両立ができる職場の選択も、難しくはありません。生活状況に合った職場を探すのであれば、結婚後に転職するのが最適だといえるでしょう。

結婚後に転職するデメリット

“結婚後に転職をしたときには、若さや将来の可能性について低く評価されてしまう場合があります。その他にも、採用にあたっては、さまざまなマイナス評価を受けることがあるので注意が必要です。

結婚後の転職はマイナスに評価される面がある

企業は、すぐに辞めない長期間働いてくれる人材を求めています。

ですが、結婚後に転職先を探すと、結婚をしているため、すぐ辞める人材ではないかと勘違いされてしまうことが少なくありません。企業は既婚者を雇うには慎重になりがちです。

妊娠してすぐに退職する心配のある人は、積極的には採用をしてもらえません。

結婚生活が安定してから新しい職場を探すと、職歴に休職期間ができてしまいます。多くの職場では、休職している期間が長いほど、採用されにくくなります。結婚後の転職であれば、マイナス評価を補える資格などを用意しておくとよいでしょう。

また、結婚後は家庭を持つようになるため、家事などに時間を取られ、積極的な職場探しがしづらくなります。働きたい気持ちはあっても、しっかりと腰を据えて求職活動ができなくなるため、あまりよい結果を導き出せない可能性があります。

転職活動をする際にチェックしておきたいポイント

“転職活動を成功させるためには、パートナーの理解がとても重要です。

どのような家庭を築きあげたいのか、将来について、お互いの意見をしっかり交換しておかなければなりません。

そのため、転職活動に入る前にチェックしておきたいポイントがあります。

転職を成功させるための3つのチェック

円満な家庭を築きながら、転職活動を成功させるためには、パートナーの理解と協力は欠かせません。結婚生活を維持する上で大切な、「将来設計」「お金のやりくり」「家事の分担」の3つをチェックしておくようにしましょう。

家庭を持つにあたって、「将来設計」をどうするかは欠かせません。

共働きの夫婦であっても、内心は妻に家庭に入ってもらいたいと思っている人は少なくありません。そのため、子育てや夫婦の目標などの「将来設計」を元にして、お互いに納得のできる未来へ向かえる働き方を選択しなければなりません。

また、家庭にとって収入や支出といった「お金のやりくり」はとても大事です。「将来設計」と合わせて判断し、幾らのお金を稼ぐ必要があるのかを把握して転職先を探すようにしましょう。

最後に「家事の分担」は女性が働く上で非常に重要です。お互いが負担と感じない割合はどの程度かをよく話し合って決めておくようにしましょう。

転職先探しでチェックするべき4つポイント

結婚は生活環境やライフスタイルを大きく変化させる可能性があるため、それを踏まえて転職先を探すことが大切です。

職場とのミスマッチを起こさないためにも、転職先の「女性が多い職場か」「産休や育休の取得実績」「残業や休日出勤・出張の有無」「時短勤務ができるか」、以上の4つの職場チェックをしておくようにしましょう。

女性が多い職場かをチェック

転職先を探すにあたっては、女性の割合は大切な目安といえます。女性が多い職場では、主婦にとって働きやすい施策が多くとられている傾向が高いからです。

女性が多い職場は、出産や育児に対しての理解が得られやすいので、ワークライフバランスを整えやすいです。

女性が多い職場のチェックポイント

女性の人数が多ければ、それだけでよい職場であるとはいえません。

安い人材として女性を多く採用している企業も存在しています。そのため、女性の管理職はいるのか、既婚率はどれくらいなのかをチェックしておくことが重要です。

女性管理職が多く、既婚率が高い会社ほど、女性のワークライフバランスに配慮されている会社が多いからです。また、どのような勤務形態で働いている人が多いのかも調べるようにしましょう。

産休や育休の取得実績をチェック

結婚した後に、出産や子育てを考えているのであれば、産休や育児休暇などの福利厚生がしっかりとした会社を選ぶことで、ワークライフバランスを取りやすくなります。子育ては思ってもないことが次々と起こるものです。

そのような場合に、早退などの対処が取りやすい職場は、主婦にとって強い味方です。

産休や育休制度が有名無実化していることもある

福利厚生制度は準備がされていても、実際に運用されていない場合があります。

そのため、産休や育児休暇の取得率をチェックするのは大切です。一定の取得実績を公表している会社は、女性の働き方についての理解がある会社だといえます。

おおむね大企業の方が制度は充実していますが、個別に柔軟な対応をしている中小企業も少なくありません。転職をする際には、必ずチェックするようにしましょう。

このような情報を自分1人で集めるのは難しいかもしれません。そんなときは、女性の転職をメインにした求人サイトを利用、もしくは転職エージェントへ相談するとよいでしょう。

残業や休日出勤・出張の有無をチェック

働き過ぎは家庭不和の原因に

結婚をすると、新しい生活にたくさんの時間を費やさなければなりません。

家事や子育てもそうですが、パートナーとの時間をいかに過ごすかも、円満な家庭を維持するには欠かせません。

残業や休日出勤が多いと、その大切な時間が持ちづらくなります。家事や子育てをないがしろにしては、よいワークライフバランスであるとはいえません。また、出張などによるパートナーとのすれ違いが続くと、家庭不和になりかねません。

そのため、転職希望先の職場が、どの程度の残業を行っているか、休日出勤や出張については、必ずチェックしておくようにしましょう。

特に「正社員」での転職を望んでいるなら、勤務体系が家庭の時間を持つのに十分であるかを、しっかり確認しておきましょう。

時短勤務できるかをチェック

時短業務は子育ての強い味方

女性は出産後、子育てに多くの時間を費やしがちになります。特に、出産して間もない頃や、子どもがまだ小さい時期は、生活時間のほとんどが子育てに当てられるのも珍しくありません。

結婚や出産の後の生活は、どれだけ綿密にプランを立てていたとしても、予定通りに運ぶのは難しいものです。仕事に追われて家庭生活をおろそかにしたのでは、なんのための家庭なのかわからなくなってしまいます。

そういうとき、時短勤務ができると、仕事と家庭の両立がしやすくなります。

時短勤務とは、「改正育児・介護休業法」による短時間勤務制度、もしくは会社自体が用いている類似の制度のことです。

子どもが3歳になるまで、1日の労働時間を6時間に短縮できます。転職先を探すにあたっては、時短勤務が可能かどうかをチェックするのは重要です。

転職を成功させるためのポイント

結婚前後の女性が新しい仕事を見つけるには、さまざまな難題があります。

転職を成功させるためには、具体的なキャリアプランとライフプランについての考慮が大切です。

女性が働くことについて理解がある職場を探しあてるためには、出産や育児までを考慮して、転職先を探すとよいでしょう。

出産や育児まで考慮したキャリアプランを描く

転職先を探すときは、必ず出産をすることを視野にいれて選ぶようにしましょう。良い職場を探すためには、福利厚生や職種だけでなく、適した勤務形態を選ぶのも大切です。

出産予定日までの期間や、家事の負担率などから、どの程度の仕事量が自分に適しているのかを判断します。思い描いたキャリアプランを実現できる職場であるかを分析しながら、転職先を探すようにしましょう。

プライベートを重視したいのであれば、「正社員」よりも「パート・アルバイト」を選ぶと、家庭での時間が取りやすくなります。「正社員」は給与が安定しやすいので、育児や出産による出費に対する不安が軽減します。

ライフプランは正直に話す

結婚にともなって転職をする際には、ライフプランについて、採用担当者に正直に話すようにしましょう。

面接では必ず、結婚後のライフプランについて尋ねられます。女性が働くにあたって、採用する企業側にはさまざまな不安要素があります。女性は、妊娠や出産、パートナーの転勤などで、急に職場から去ってしまう場合があるからです。

ライフプランを正直に話すと、採用を敬遠されてしまうかもしれないと思うかもしれません。

しかし、企業はそれを知った上で仕事の予定を組めます。そのため、ライフプランを知っている方が、安心して採用できます。

また、結婚を転職の理由としてアピールし過ぎると、職場よりも家庭を優先してしまう人だと思われかねないので、注意が必要です。

優先順位を決めておこう!

転職で譲れない要件を決めておく

転職をするにあたって、新しい職場に期待する要素は色々あります。ですが、すべての要素で満足ができる職場は、なかなか見つかるものではありません。

転職を成功させるためには、新しい職場に期待する要素の中で、絶対に欠かせないものは何なのかを決め、転職先の条件を明確にするとよいでしょう。

要件には順位をつけておく

求められる要件は、1つであるとは限りません。仕事先で出世をしたいのか、家事や育児を優先したいのか、それとも収入アップを目指したいのかなど、転職で求める要素は人によってさまざまです。

そのような要件が多々あったのでは、転職先を決定するのに時間がかかってしまいます。いざ転職先を探そうというときに慌てないためにも、必要な要件には優先順位を決めておくようにしましょう。

最適な働き方を選択しよう!

新しい生活によって自分の求めているキャリアプランも変化しているので、結婚してからの働き方は独身時代とは大きく変わります。

新たに仕事を探すときには、キャリアプランやライフプランに応じた、最適な仕事のスタイルを見つけ出さなければなりません。

では、結婚を機に転職をする人にとって、最適な働き方はどのようなものでしょうか。以下では雇用形態に応じて解説します。

「正社員」を選んだ場合

給与アップを狙うのであれば「正社員」は最も適している雇用形態です。

昇給やボーナスが期待でき、給与も安定しているからです。ただし、仕事の責任は大きく、家事を優先しづらい雇用形態といえます。

残業や休日出勤もしなければならないことがあり、労働に割かなければいけない負担が大きいです。「正社員」を選ぶには、パートナーの理解と協力は必須であるといえます。

また、企業は結婚前後の転職によって「正社員」になろうとする人材は、即戦力として期待を持つ場合が多いです。

期待に応えるためにも、「正社員」での転職を考えているのなら、なるべく仕事のブランク期間は短い方がよいでしょう。

出産などの時期が先で、前職において役職を持っている方やスキルが豊富な人が向いている雇用形態といえます。

「派遣社員」を選んだ場合

仕事も家庭も両方を選択したい、仕事にとらわれ過ぎずプライベートの時間を楽しみたい、そんなワークライフバランスを目指すのであれば「派遣社員」がおすすめです。

「派遣社員」は大手企業での勤務もしやすいので、福利厚生が期待できます。また、将来のキャリア形成のために、仕事の経験を積みたい人にも向いています。

ただし、「派遣社員」は契約が途中で解約される場合もあるため、収入源としては安定さを欠いている雇用形態です。

安定的な収入を考えるのならば「正社員」を探すほうがよいでしょう。

「パート・アルバイト」を選んだ場合

家事やプライベートを生活の中心にしたい、時間の融通を利かせたいと考える人には「パート・アルバイト」が向いています。

時間が短く責任や負担の軽い仕事が多いため、働く時間のコントロールがしやすい雇用形態です。出産や家庭に入ることを考えている人にも向いています。

しかし、労働時間によっては雇用保険の対象外となるので注意が必要です。

どの働き方にもメリットとデメリットがある

どの働き方にもメリットとデメリットがあります。そのため、自分のキャリアプランやワークライフバランスを詳しく分析して、職場を探すようにしなければなりません。

一見して良い職場が自分にとって理想の職場とは限らないからです。前述したように、譲れない要件や優先順位も参考にして勤務形態を選ぶようにするとよいでしょう。

なによりも、自分にとって最適な働き方を選ぶことが重要です。そのため、正社員からパート・アルバイトへと働き方を変える人も少なくありません。

長く働きたい意思を伝えよう!

女性はワークライフバランスを考えた結果、結婚や出産を機に仕事を辞めてしまう人が少なくありません。

せっかく時間とお金をかけて採用した人材を育てても、すぐに辞めてしまったり、育休期間に入ったのでは、企業は大きな痛手を負ってしまいます。

このような理由から、企業は結婚前後の転職者の採用には及び腰になりやすいです。そのため、転職を成功させるには、企業の心配を払拭してあげることが大切です。

採用担当者が気にするポイントを知っておく

企業は結婚前後の女性を採用する際には、採用をしてもすぐに辞めるのではないか、家事や育児が優先されて仕事に支障がでるのではないかという心配をしています。このような企業側の不安を払拭するためにも、質問には明確に根拠を示しながら答えなければなりません。なによりも、長く働きたいという意思を伝えることが重要です。また、履歴書や職務経歴書は、働きたい意思を伝えることのできる大切な書類です。しっかりと記入し、仕事への意欲をアピールするようにしましょう。”

しっかりと情報収集して転職活動しよう!

“結婚前後の転職は、新しい生活とのバランスを考慮した職場を選ぶことが大切です。

そのためには、目指すべきキャリアプランと、ライフプランの理想の形を明確にしておく必要があります。結婚生活を成功させ、無理のないワークライフバランスを保つためにも、転職先の選び方は重要です。

転職を成功させるにはしっかりと情報を集めよう

転職を成功させるためには、しっかりとした情報を集めなければなりません。

そのためには、求人サイトや求人誌、社員による口コミサイトなどを参考にして、応募したい企業を探すとよいでしょう。また、自分がどのような目的を持って転職をしようとしているのかをしっかり理解しておかなければなりません。

キャリアップを目指すのか、プライベートを重視するのかによっても、職場に求められる要件は大きく変わるからです。情報の収集に不安が残るのならば、転職アドバイザーや転職エージェントに相談するのもよい手段です。

コメント