転職活動はいつから始める?成功するための転職スケジュールとは?

転職コラム

希望通りの条件で転職を成功させるためには、事前に転職活動のスケジュールを組み立てておくことが重要です。

会社が嫌になったからと言って闇雲に退職した場合、転職先がなかなか決まらずに、大切な人生を台無しにしてしまう危険性が出てきます。

転職は、人生においてとても大切なものです。だからこそ、転職の実情を把握した上で、しっかりとスケジューリングする必要があるのです。そこで今回は、理想的なキャリアアップを実現するための、転職における最適なタイミングについてご紹介します。

  1. 退職後それとも在職中?転職活動はどっちがおすすめ?
    1. 退職後の転職活動が危険な理由
    2. 在職中に転職活動を始めるメリット
  2. 転職活動の基本的な流れは?
    1. 転職活動の具体的な流れ
  3. 一般的な転職活動期間は?
    1. 転職活動期間が人によって大きく異なる理由とは?
  4. 転職活動を短縮化させるためのポイント
    1. 徹底した転職の準備は、転職活動の短縮化につながる
  5. 転職活動はタイミングが命
    1. 異業界へ転職する時のタイミング
  6. おすすめタイミング1:求人が増える時期に転職
    1. 4月と12月が転職しづらい理由
  7. おすすめタイミング2:新卒なら入社3年以内に転職
    1. 第二新卒が転職しやすい理由
  8. おすすめタイミング3:資格取得できたら転職
    1. 資格の取得が必要不可欠な職種
    2. 幅広い業種に役立つ汎用性が高い資格
  9. おすすめタイミング4:部下育成や目標達成できたら転職
    1. 前職での実績は転職の武器になる
  10. おすすめタイミング5:ボーナスが支給されたら転職
    1. 退職の意思はボーナス支給後に伝える
    2. ボーナス支給後の退職で悪い印象を残さないために
  11. おすすめタイミング6:住宅ローンを組んだら転職
    1. 転職前に住宅ローンを組むべき理由とは?
  12. おすすめタイミング7:繁忙期や大規模プロジェクトが終了したら転職
    1. 繁忙期の円満退社は難しい
  13. おすすめタイミング8:入社したい企業が募集していたら転職
    1. すぐに応募するためには、転職準備を整えておくことが大切
  14. 面接で入社希望日を聞かれたら?
    1. 企業側の事情も把握すること
  15. 入社予定日まで退職できなさそうなときは?
    1. 退職がどうしても困難な場合は、早めに採用担当者に相談する
  16. 余裕のあるスケジュールで転職に取り組もう!
    1. 転職成功の秘訣は、半年前までに転職活動を始めること

退職後それとも在職中?転職活動はどっちがおすすめ?

転職しようと心に決めた時、退職してから転職活動を始めるのか、それとも在職中に始めるのかは、多くの人が迷う部分です。

転職活動に集中したいという理由で会社を辞めてしまう人も、決して少なくありません。しかし、転職先が決まっていない状態で会社を辞めるのは、非常に危険です。

場合によっては転職先がなかなか決まらずに、路頭に迷ってしまうケースがあります。

退職後の転職活動が危険な理由

会社を辞めてしまえば、転職活動にかける時間を十分に確保できます。

これは大きなメリットになりますが、退職したからといってすぐに転職先が見つかるとは限りません。希望条件に合う求人が出ていなければ、どこかで妥協する必要が出てきます。

退職後は収入がゼロになるので、どうしても焦りの気持ちが出てきてしまい、結局は転職の希望条件に妥協してしまうのです。

大切な条件で妥協してしまえば、入職後に後悔してしまい、また転職を繰り返してしまう危険性もあります。退職後の転職活動は、希望に合致する条件で転職できないケースがあることを、十分に認識しておきましょう。

在職中に転職活動を始めるメリット

在職中から転職活動をスタートする最大のメリットは、収入面の不安を抱えることなく、じっくりと転職先を探せることです。

たとえすぐに良い求人が見つからなかったとしても、仕事をしながら待つことができます。

様々な転職情報をチェックしながら、じっくりと転職活動を進められるわけです。焦ることなく活動することは、転職成功への最大のポイントと言っても過言ではないでしょう。”

転職活動の基本的な流れは?

“社会人が転職する時は、基本的にどのような流れで進んでいくのでしょうか。転職は思いつきの行動で決まってしまう程、単純なものではありません。しっかり準備をした上で転職のスケジュールを立て、一つひとつ段取り通りに進めていく必要があります。

転職活動の具体的な流れ

転職活動でまず始めに行わなければならないのが、キャリアの棚卸しと自己分析です。

これまでの仕事内容を見返した上で、スキルとしてアピールできるものを明確にしておきましょう。

また退職理由を考慮した上で、自分がどんな職場に向いているのか自己分析することも大切です。自己分析をして転職先の希望条件が固まったら、次は応募する企業を見つけるための情報収集や、履歴書と職務経歴書の準備に入ります。応募書類は分かりやすく、要点を絞ってまとめることが大切です。

そして働いてみたいと思える企業が見つかったら応募し、面接へと進んでいきます。最初に応募書類による書類選考が行われ、その後面接へと進むのが一般的な流れです。

面接を経て内定が出れば、後は勤めている会社での引継ぎ業務をしっかり行ってから、退職します。円満に退職することで、気持ち良く転職先の企業へ入社できます。

一般的な転職活動期間は?

転職活動期間は、3ヵ月から半年程度が一般的だと言われています。

ただし、これはあくまでも平均的な期間であり、人によっては2ヵ月ぐらいで決まるケースもあれば、1年以上長引く場合もあるようです。このため転職できるまでの期間が一定ではないことを認識し、一歩ずつ転職活動を進めていく必要があります。

「辞めたい」という気持ちを最優先させずに、転職活動が長くかかることも考え、退職時期を決めることが大切です。

転職活動期間が人によって大きく異なる理由とは?

実際に転職した方々の活動期間を見ると、その長さは実に様々です。

一体どうして、期間の長さに差が出るのでしょうか。その理由として挙げられるのが、転職希望の業界の動向と、勤めている会社の状況です。

各業界の求人情報は景気や時期によって左右されることが多く、会社を辞めたい時と、求人情報が数多く出る時期が一致するとは限りません。

また、現在働いている会社が繁忙期である場合、退職話を持ち出すことすら困難なケースがあります。円満退社をするためには、仕事の区切りをある程度把握することも大切です。勤めている会社の状況によっては、すぐに退職できない場合があることも、予め考慮しておく必要があるでしょう。

転職活動を短縮化させるためのポイント

“転職活動を短くし、できるだけ早く転職を実現するためには、どのようなポイントが必要なのでしょうか。

まず応募の仕方ですが、一つの企業への応募結果が出てから次の企業に応募した場合、転職活動がかなり長期化してしまうかもしれません。このため一社ずつ応募するのではなく、複数の企業へまとめて応募する事も考えておきましょう。

また面接日を調整する時は、有給休暇の活用がおすすめです。

徹底した転職の準備は、転職活動の短縮化につながる

転職活動を可能な限り短縮化させるためには、転職の準備を徹底して行うことも大切なポイントです。

転職の準備は、履歴書や職務経歴書の作成だけではありません。

自己分析をした上で転職目的を明確にし、応募先となり得る様々な企業について情報収集しておくことも、歴とした転職の準備です。応募先の企業が求めるスキルや知識を把握できれば、事前に勉強を進めておくことも可能です。

また、転職の準備を入念に実施しておくことで、良い求人が見つかった時にすぐに応募できます。フットワークの軽さは転職成功の大切なポイントなので、転職の準備はしっかり済ませておきましょう。

転職活動はタイミングが命

“転職を成功させるためには、どの時点で転職をするのがベストなのか、そのタイミングを探ることも大切なポイントです。

応募する業界の転職市場の動向によっては、転職時期に適さないケースもあります。どのような人材の需要が高いのか、そして転職に適している時期はいつなのか、そのタイミングをしっかり見極めましょう。

また、転職は自分自身のタイミングも考慮しなければなりません。例えば結婚を控えていたり、将来UターンやIターンで転職したいと考えているのであれば、プライベートな部分も考慮する必要があります。

異業界へ転職する時のタイミング

異業界へ転職したいと考えている場合は、年齢のタイミングも十分に考慮しなければなりません。

一般的に、異業界への転職は30歳ぐらいまでが無難とされています。新しい業界の仕事や技術を身に付け、キャリアアップを目指していくためには、若い方が断然有利です。企業側も社員育成の観点から、若い人を採用する傾向にあります。

ただし、事前に資格を取得するなど準備をしておくことで、30歳以上で異業界への転職することも可能です。また、異業界でも活用できる経験やスキルを持っていれば、異業界へ転職できる可能性が高まります。”

おすすめタイミング1:求人が増える時期に転職

求人数が増える時期に合わせて転職活動を進めることは、実に理にかなった方法です。

1年のうちで求人数が多くなるのは、1月~3月です。1月から求人数が右肩上がりに増え続け、3月でピークを迎えます。企業は新年度に向けた組織改変を行うため、新卒だけでなく中途採用も増える傾向にあります。

年度末である3月は、最も求人数が多くなる時期です。次いで求人数が多いのが、7月~9月です。新入社員の教育が一段落したことや、ボーナス受領後に退職する人が多いことが、理由として挙げられます。

求人数が非常に多くなるため、転職活動にはおすすめな時期になります。

4月と12月が転職しづらい理由

1年の中で最も転職しづらいと言われているのが、4月と12月です。まず4月は新卒や中途でたくさんの社員が入社した後なので、社内は組織運営や教育で非常に忙しくなります。新しく社員を採用している暇がありません。

また12月は、年末に向けて繁忙期を迎える企業が多いです。下半期での人材採用も一段落するため、12月に求人を出す企業は少ないと言えるでしょう。

求人数が減ることで、一般的に転職活動に関しても向いていない時期となります。

おすすめタイミング2:新卒なら入社3年以内に転職

入社してから3年以内に会社を辞めることは、少し気が引けるものです。1つの会社における在籍期間が短い場合、転職市場では不利になります。

1つの企業に長く勤めた方が信頼感がアップし、転職しやすくなるというのが一般的な考え方です。しかし、新卒で入社してから3年未満の第二新卒の場合、実は転職しやすい傾向にあるのです。転職市場では、社会経験がある第二新卒に熱い視線が注がれています。

第二新卒が転職しやすい理由

第二新卒とは、新卒で入社してから3年未満のうちに転職を希望している人を意味しています。

4年生大学を卒業した人であれば、年齢は25~26歳ぐらいです。就職浪人との大きな違いは、たとえ短い年数であっても、会社員として社会生活を送っていることです。

採用する企業側からすれば、基本的な企業のルールやビジネスマナーは身に付けているケースが多く、教育の手間が省けるというメリットもあります。

また社会人としての経験が短いため、新しいことに対して柔軟に対応しやすく、会社に馴染みやすいという特徴もあります。第二新卒は特別な資格やスキルが無くても、十分に転職を実現させることが可能です。

おすすめタイミング3:資格取得できたら転職

“転職活動をいつから始めるかは人によって異なりますが、資格を取得してから転職に踏み切るケースも少なくありません。

仕事に必要な資格を予め取得することは、一定の能力をアピールすることに繋がります。このため資格を取得したタイミングは、転職に成功しやすいと言えるでしょう。

資格の取得が必要不可欠な職種

職種の中には、資格を取得しないと就業できないケースがあります。

例えば医療分野では、医師や薬剤師、看護師、臨床検査技師などが該当します。これらの資格は国家資格であり、取得までに長い年月を要するものです。

一方、社会において高い専門性が求められる資格には、公認会計士や弁護士、司法書士、行政書士などがあります。法律や会計分野は企業にとって重要な項目であり、資格の取得が転職に役立つことは間違いないでしょう。

幅広い業種に役立つ汎用性が高い資格

様々な職種や会社で活かせる資格も、意外とたくさんあります。

有名な資格は、ITパスポート試験や日商簿記、MOS、TOEICなどです。ITパスポート試験は国家資格であり、パソコンスキルをはじめとしたITの基礎知識を証明できます。また、MOSはマイクロソフト社の認定資格です。エクセルやワードなどを使いこなせることを、しっかりとアピールできます。

おすすめタイミング4:部下育成や目標達成できたら転職

仕事の目標を達成できた時や、部下の育成で一つの区切りがついた時も、転職におすすめのタイミングです。仕事で結果を出すことは企業貢献だけでなく、自分の自信にも繋がります。

また後輩に仕事を教え、その後輩が一人前に仕事をこなせるようになれば、自分の仕事を引き継ぐことも可能です。

前職での実績は転職の武器になる

会社で達成してきた実績は、転職活動において大きな武器になります。例えば、営業社員が売上の目標を数ヶ月に渡って達成し続けてきた場合、応募先の企業はこれを評価し、自社でも高い営業成績が望めると期待するものです。

また、仕事でのプロジェクトを成功させた経験がある場合は、その実績が大きなアピール材料になります。成功させたプロジェクトの規模によっては応募企業から高く評価され、収入に反映されるケースも少なくありません。

このように部下の育成やプロジェクトの成功は高評価を得られるので、好条件で転職できる可能性が高まります。なお、このような実績や経験を伝える時は、数字を踏まえて解りやすく伝えることも大切です。

おすすめタイミング5:ボーナスが支給されたら転職

ボーナスを支給された後も、転職するのにおすすめのタイミングです。ボーナスでまとまった金額が支給されれば、経済的にも楽になります。お金があることは精神的な余裕にも繋がるので、じっくりと転職活動を進めることが可能です。

なお、ボーナスをもらってから転職する場合は、事前に賞与の支給規定を確認しておきましょう。ボーナスが支給される時期はもちろんのこと、賞与の算定期間もチェックします。一般的な算定期間はボーナスが支給される前の半年間ですが、会社によっては3ヵ月ごとに査定されるケースもあるようです。

退職の意思はボーナス支給後に伝える

ボーナスの査定期間内に会社へ退職の意思を伝えた場合、これが査定に影響してしまい、賞与の支給額が大幅に下がる可能性があります。このため退職の意思は、ボーナスの査定と支給が終わってから伝えることが大切です。

ボーナスの査定が終わったタイミングで良いという人もいますが、経営者がボーナスの支給額を判断している中小企業の場合、支給日直前に減額される場合があります。ベストな金額の賞与を受け取るためには、支給後に退職を申し出ることが重要なポイントです。

ボーナス支給後の退職で悪い印象を残さないために

ボーナスが支給された後にすぐに退職してしまうと、ボーナスのもらい逃げという悪い印象を会社に残してしまうケースがあります。

この悪印象を防ぐために大切なのが、仕事の引継ぎを丁寧に行うことです。

会社にとって必要であり、自分しか知り得ない情報については、きちんと書面にまとめておきます。一つひとつの仕事をしっかり引き継ぐことで、ボーナスのもらい逃げの印象は少しずつ薄れていくものです。ちなみに引継ぎを行う期間は、1ヶ月ぐらい見ておいた方が良いでしょう。

おすすめタイミング6:住宅ローンを組んだら転職

住宅ローンや車のローンを利用する場合は、転職する前にローン契約を済ませることも大切です。

住宅や車などの金額が大きいローンは、審査も当然厳しくなります。本来であれば問題なく通るはずのローンが、転職によって審査に落ちるケースも実際にあるのです。

転職前に住宅ローンを組むべき理由とは?

住宅ローンの契約を申し込む時、勤務先の情報は非常に重要なポイントです。

もし東証一部の企業から、地域の中小企業に転職した場合、金利が不利になるだけでなく、契約を断られる可能性も出てきます。銀行にとって住宅ローンは、ある意味会社にお金を貸すようなものです。

このため誰もが名前を知っている大企業に勤めていた方が、お金を貸しやすいというのが本音です。また、転職してからの勤続期間が短い場合も、ローン審査に影響します。転職後の住宅ローンはデメリットが大きいことを、予め把握しておきましょう。

おすすめタイミング7:繁忙期や大規模プロジェクトが終了したら転職

繁忙期や大規模プロジェクトが終了した後に転職することは、企業と転職希望者の双方にとって、理想的なタイミングです。

会社側からすれば忙しい時に会社を辞められるのは、これ以上ない痛手です。場合によっては進行中のプロジェクトが、暗礁に乗り上げてしまうかもしれません。

しかしながら繁忙期を過ぎた後であれば、余裕をもって仕事の引継ぎができます。会社のことを考えると、忙しい時期は避けた方が無難だと言えるでしょう。

繁忙期の円満退社は難しい

どのような職種であっても、繁忙期は円満に退職することが困難です。自分が辞めることによって同僚に迷惑をかけますし、チームワークを乱すきっかけになり兼ねません。

自分のことしか考えていないと言われてしまい、人間関係に大きな亀裂が入ってしまうケースもあります。このため会社の繁忙期やプロジェクトの進行具合を事前に確認した上で、転職活動のスケジュールを組み立てることが大切です。

おすすめタイミング8:入社したい企業が募集していたら転職

絶対に転職したいと思えるぐらいの理想的な企業が見つかったとしても、タイミング良くその企業が募集しているとは限りません。

働きやすい優良企業は離職率も低い傾向にあるため、求人がなかなか出ないケースも考えられます。このため入社したいと思える企業を予めリストアップしておき、募集が出たらすぐに応募することも、転職成功のポイントです。

すぐに応募するためには、転職準備を整えておくことが大切

入社したい企業が求人募集を出した時にすぐに応募するためには、転職の準備をしっかり整えておくことが大切です。

履歴書や職務経歴書などの応募書類を完成させておくだけでなく、面接における回答内容についても、事前に準備しておきましょう。志望動機や退職理由は、採用担当者が最も重要視するポイントです。

企業側が採用したい人物像を把握した上で志望動機を考えると、好印象を与えることができます。

また退職理由はネガティブな内容にならないように、前職での失敗を踏まえた上で、前向きな目標を加えて話すことが大切です。

面接で入社希望日を聞かれたら?

“転職の面接では、いつから入社が可能なのか尋ねられるケースも少なくありません。

企業側は入社できる日にちを把握したいだけでなく、本当に入社する意思があるかどうか確認するために、この質問を投げかけてきます。この時の答え方としては、大まかな日程を伝えると共に、その日程になる理由も合わせて話すことが大切です。

例えば現在進行中のプロジェクトがあり、完遂まで2ヵ月の期間を要する場合、そのことを正直に話してしまうのです。きちんと理由を伝えることで、責任感のある人物という印象を与えられます。

企業側の事情も把握すること

円滑に転職を進めていくためには、企業側の事情も把握することが大切です。

人材が不足している企業の場合、出来るだけ早く入社して欲しいと考えているケースが少なくありません。また、半年後に退職者が出るための人材募集では、入社日まで6ヵ月程度の余裕を持てるケースもあります。

入社日のタイミングは、企業側の事情によって異なっています。このため一方的に転職可能日を伝えるだけでなく、企業側の都合を把握した上で、確実に入社できる日を答えることが重要です。

入社予定日まで退職できなさそうなときは?

入社予定日は、退職の予定日を把握した上で決めるのが一般的な流れです。

しかし、退職予定日までに突発的なアクシデントが発生した場合、約束した入社日までの退職が困難になるケースもあります。

このような時は、まずは約束の日に入社できるように、最善の努力を尽くさなければなりません。場合によっては、確固たる意志で退職に踏み切る姿勢も求められます。

退職がどうしても困難な場合は、早めに採用担当者に相談する

どう頑張っても入社日までの退職が困難な場合は、早めに転職先企業の採用担当者に連絡し、相談しましょう。やむを得ない状況であれば、入社日延期の交渉をすることも可能です。ただし、その場合はどうして間に合わなくなったのか、事の経緯もしっかり伝える必要があるでしょう。

余裕のあるスケジュールで転職に取り組もう!

希望する条件で転職を成功させるためには、余裕のある転職スケジュールを組むことが大切です。

また転職には様々なタイミングがあり、数ヶ月で決まる場合もあれば、1年以上かかるケースもあります。

このため焦って転職先を決めることが無いように、退職してからではなく、在職中に転職活動を始めることも重要なポイントです。

転職成功の秘訣は、半年前までに転職活動を始めること

履歴書や職務経歴書を準備して応募し、面接、そして内定へと辿り着くためには、たとえスムーズに進んだとしても、3ヵ月はかかります。

さらに本格的な転職活動を始める前には、スキルの棚卸しや自己分析を行う時間も必要です。しっかり自己分析を行い、妥協せずに理想とする転職先を見つけるまでは、タイミングの問題で予想以上に長くなってしまうケースもあるのです。

このような転職の実情を考えると、転職を成功させるためには、最低でも半年前までに転職活動を始める必要があります。

転職はキャリアアップに役立つだけでなく、悔いの無い人生を送るためにも必要なものなので、大切に転職活動を進めていかなければなりません。余裕のある転職スケジュールで、必ず転職を成功させましょう。

コメント