「彼女のために転職」は正気の沙汰じゃない!転職は自分のためにするべき!

転職の悩み

彼女との付き合いが長くなって結婚することを考え始めると、共働きをするにはどちらかが転職しなければならないこともあります。

そのようなときに彼女のために転職すると考えてしまう人もいますが、問題を孕んでいるので気を付けなければなりません。

彼女のための転職がNGな理由

彼女のために転職しようと考えるのがNGな理由は、多様なリスクを抱えることになるからです。

転職後彼女と別れてしまうリスクや、彼女のために転職が頭によぎってしまい、それが転職活動の足を引っ張ってしまうリスクなど、挙げればキリがありません。

昨今は、結婚したカップルの離婚率も上がっているニュースもよく目にします。そんな不安定な関係を活かすためにする転職。私はうまくいくと思えません。

彼女のための転職は必ず後悔する

彼女のために転職して彼女と別れてしまったら、何のために転職したのかと後悔するのは必然です。また、うまく円満な関係を続けられたとしても収入面でリスクを抱えることになります。

結婚して子供を生むことになると、彼女の方が離職するのが一般的であり、そのまま専業主婦になってしまうことが多いです。

その後に家計を一人で支えなければならなくなったときに、転職先の給料が少ないと、生活に困窮します。彼女の都合に合わせようと考えると、職場や勤務時間などに厳しい制限があって、その分年収が下がってしまうケースが多いです。

それがその瞬間には良くても、将来的に一家の大黒柱となったときに後悔することになるのです。

転職への姿勢がもたらすリスク

転職への姿勢として彼女を優先して考えようとしていると、転職活動そのものにリスクが生まれるのにも注意しなければなりません。

転職理由が彼女の気持ちを尊重するためと言ったところで採用してもらえるわけではないからです。

書類の上ではうまく取り繕うことができても、面接になると新しい職場で働く意欲が欠如していたり、明確な目的意識が見て取れなかったりして不採用になるリスクが高まります。

退職手続きがうまくいかなくなるリスク

このような他人本位の姿勢は転職活動だけでなく、退職手続きにも影響を及ぼしかねません。

退職理由は一身上の都合によりと一言で済ませられたとしても、職場から重要な人材として認められていたときには上司や同僚から詳細を問われてしまうことは否めません。

長く交渉を行う必要が生じて退職すら難しくなる可能性があります。このようなリスクがあるからこそ、彼女のためという目的を前面に出して転職を決意するのは望ましくありません。

転職後彼女とうまくいかなくなるリスク

潜んでいるリスクは、転職が失敗してしまうリスクだけではありません。

あなたは転職後も、その彼女とずっと一緒にいる自信はありますか?もし、転職後すぐにその彼女と別れてしまうと、あなたが無理して転職した意味がなくなってしまいます。

特に交際初期での転職はリスキーです。結婚するのは、彼女と婚約してからにしましょう。もっと理想を言えば、結婚した後が一番望ましいです。

彼女のために考えているケース

具体的に、どんな人が「彼女」をきっかけに転職を考えているのか。その実例をみていきましょう。

27歳 Yさんの場合

彼女のために転職

27歳の男です。彼女の言葉をきっかけに転職を考えています。

メーカー系企業に勤めているのですが、うちの会社は転勤が多く、同期も多くが地方への転勤を行っています。

最近彼女から、「転勤は困る」と言われてしまいました。彼女はこれからも都内で暮らしたいようです…。今の彼女とは、できれば結婚したいと思っており、できれば別れたくはありません。自分の今後を考えると、やはり転職を行った方が良いのでしょうか。

しかし今の勤務先はそれなりに良い会社だということもあり、親へのメンツなど考えると転職をためらってしまいます…。

転勤を機に転職を考える典型的なパターン

Yさんは、彼女から「転勤族になりたくない」と言われて転職を考えるという、「彼女ため転職」の典型的なパターン。

しかしYさんは、相談内容にもある通り大手メーカー勤務。転職後の生活に心配があるようです。この後でも、彼女ために転職するべきでない理由を説明していきますが、個人的には彼女に意見したい気分です。

「今後Yさんと結婚したとして、子供を養うにはお金が必要。Yさんが転職した後、今以上お金が貰える保障はないですよ」と。

ここでの価値観が2人で合わないようなら、きっぱりと別れた方が2人のためでしょうね。

転職活動は主体的に行うのが必須

転職活動は自分のために行うのが基本であり、主体的に取り組んでようやく達成できるものです。

どのような仕事をしたいのかをまず考え、今の職場での仕事について満足していることや不満に感じていることを列挙し、その問題の解決策として次の職場を選ぶという視点が欠かせません。

それによって各会社で行われている事業内容や仕事について深く知りたいという意欲が生まれます。その結果としてどの会社の求人を選ぶのが最適かを考えられるようになり、書類を書くときや面接を受けるときにも正しい理解に基いて適切な形で自分をアピールできるようになるのです。

他人本位の転職は面接官に見抜かれる

他人本位で考えていると、なかなか全力を持って転職活動に取り組めなくないことが多く、それが面接の言動に現れます。

その影響で転職先が決まらずに彼女の望みも叶えられないという状況に陥る場合もあるので気をつけなければなりません。

あくまで自分の目標や理想を考えて、それを実現する手段として転職するという気持ちを持つのが必須です。

彼女のことも考慮する転職が理想

彼女のために転職、それ自体が悪いわけではありません。勤務先や勤務時間などについて考慮した上で転職先を選ぶのは一向に構わないのです。しかし、それを優先してしまって、自分のやりたい仕事ができなくなるのは元も子もないという意識を持つのは必須です。

また、今の彼女のことだけを考えず、結婚後の将来までよく考えた上で彼女や家族のためになる仕事を選ぶという視点を持って転職先を決めると成功できます。

一人で家族を養えるようにするためには収入にはこだわりを持つ必要があり、昇進して昇給を目指せる職場かどうかを考慮するのは将来的には彼女のためにもなる選択です。

広い視野を持った転職を

昇進のために努力するのがモチベーションになることもよくあり、仕事内容が自分の興味に合っていれば相乗効果で飛躍的にキャリアアップをしやすくなります。

広い視野を持って彼女のことも考慮した上で転職先を決めるのは理想的であり、自分だけのことを考えて転職先を決めないようにするのも大切です。

あくまで自分を中心に考えるのが大切

転職の目的を彼女のためとしてしまうと大きなリスクを抱えることになります。

あくまで自分で主体的に転職を行った結果として、彼女のためにもなったという形を作り上げるのが理想的です。

それが将来的には生計を立てやすくするのにつながり、本当の意味で結婚してから妻のためになる転職につながるのは覚えておかなければなりません。

コメント