看護師転職サイトを使わずに転職は可能か?

疑問に思う看護師 看護師の転職コラム

最近ではもっぱら、看護師の転職は「看護し転職サイトを使うべき」という言説がまかり通っています。

確かに、看護し転職サイトを使えば、担当キャリアコンサルタントが看護師の転職を手伝ってくれるなど、転職活動の難易度を下げられる要因が多くなります。

看護師の転職活動は、「求人探し」からはじまり、「求人応募」、「面接日程のスケジューリング」「面接」「内定後の交渉」「勤務開始」と、考えることとやることがたくさんあります。

看護師転職サイトを使うことで、それらの面倒ごとを考える必要がなくなります。

看護し転職サイトによっては、キャリアコンサルタントが在籍しており、コンサルタントがそれらの面倒ごとを肩代わりしてくれるからです。

しかし転職した看護師のなかには、「看護し転職サイトを使わずに転職」という選択をした看護師も存在します。

看護し転職サイトを使わない転職、その転職活動におけるメリットとデメリットを少し調べてみましょう。

看護師は転職サイトを使わないで転職可能か?

そもそもとして、「看護師転職サイトを使わない転職」は可能なのか?

転職サイトを使わない看護師の転職活動の進め方について、まずは考えていきましょう。

看護師が転職サイトを使わずに転職することは「可能」である

結論から言ってしまうと、看護師が転職サイトを使わずに転職することは「可能」です。

転職活動とは要するに、「応募してた求人で採用される」ことを目的とします。

この目的を果たすことは、転職サイトを介さなくても可能なのです。

病院に直接応募する

看護師転職サイトには、病院その他医療機関の求人が集まっています。

掲載されている求人の数はサイトごとに異なりますが、看護師にとって魅力的な求人が集まっているのは確かです。

転職サイトをつかわない転職とはつまり、「採用試験を行っている病院」を自分で探して、自分でそこに応募すればいいのです。

ただここに「募集している職場」を探すコストがかかるだけの話なのです。

病院としては「採用コスト」をおさえたい

転職サイトを使わない転職活動は、実は採用する側の方がメリットは多いのです。

転職サイトを介して採用すると、病院側は転職サイトに採用した看護師の年収数十パーセントを報酬として支払わなくてはなりません。

看護師に直接応募してもらうことで、病院側はこのコストを抑えることができるのです。

看護師が転職サイトを使わないメリット

看護師が転職サイトを使わないメリットもあります。

自分のペースで転職できる

「転職エージェント」タイプのサイトを使って転職していると、在籍しているキャリアコンサルタントの言うとおりに転職することになります。

エージェントが考えたペースで転職することになるので、その方が「簡単」だと感じる人良いですが、自分なりに転職活動のペースを決めたい人には向いていません。

コンサルタントに求人を押し付けられない

転職サイトを使わないで転職すれば、「自分で求人の見定め」が可能です。

転職サイトを利用していると、自分の望まない求人の押し付けにあうことも珍しくありません。

あくまで転職する看護師が、自分の望むところに応募して、転職する…という流れを作ることができるのです。

看護師転職サイトを使わなかった体験談

実際に、転職サイトを利用しないで転職活動を成功させた成功例をみていきましょう。

どうしてもいきたい病院があった

私はどうしても行きたい病院があったんです。すごく珍しい病棟で、すごく有名な先生が務めていました。珍しいからか、どの転職サイトを利用してもその病院の求人はなくて…。いちかばちかHPから、「採用活動を行ってますか?」と聞いてみたんです。

そしたら「してる」と言ってもらえて、その後紆余曲折あって、結局その病院で働けることになりました。
思い切って直接聞いてみるのもよさそうです。

過去転職サイトでミスマッチがあった

まえの転職で、転職サイトで紹介してもらった求人で転職のミスマッチがあったので、次の転職では転職サイトを使わないと決めていました。結局ハローワークとか、タウンページからひとつひとつ問い合わせる形で転職しました。

しかし看護師転職サイトにはメリットも多い

ここまで、まるで看護師転職サイトは悪かのように紹介してきましたが、もちろん看護師転職サイトにもメリットがあります。

これだけ看護師転職サイトがビジネスとして成り立っているということは、利用者にとって多くのメリットがあるということにほかなりません。

看護師転職サイトのメリットも知っておいて、そのあと「転職サイトを使うべきか否か」を考えておきましょう。

現時点の自分を確認できる

転職サイトのキャリアコンサルタントと話すことで、現時点の自分をもう一度確認することができます。

自分は回復期病棟で働きたいと思っていたけど、本当に向いているのはクリニックの診察介助やリハビリ介助の方が向いている…なんてことも珍しくありません。

大げさかもしれませんが、キャリアコンサルタントとの話し合いのなかで「自分の真の姿」が見えてくるのです。

自分にぴったりの求人を紹介してもらえる

転職サイトを使う利点はやはりここでしょう。

自分で探さなくても、転職サイトが利用者にぴったりの求人を紹介してくれる…というもの。

自分が応募すべきもの。

実際に働きだして、そこで自分のスキルを活かして働けるもの…。

それらを転職サイト側が選んでくれるのです。

書類作成アドバイスをもらえる

転職活動で避けられない「書類の提出」。

この時提出する書類の出来で、採用率がかなり変わると言ってもいいです。

転職サイトを利用していれば、どのように書類を作れば採用されやすくなるか、というアドバイスをもらうことができるのです。

面接対策をしてもらえる

転職活動で忘れてはいけないのが「面接」です。

面接での受け答えは、かなり採用率に影響を出すので、この時下手な返答はしたくないもの。

転職サイトを利用していれば、適切な回答、よくある質問、面接時の言動の注意点など、面接にて知っておくべきことを教えてもらうことができます。

内定後の交渉もしてくれる

転職すると、「給与の交渉」などを行う場面も多いです。

転職前の給与とのギャップを埋めるためにも、この時行う交渉をしっかり行いたいものです。

お金の交渉はしにくいもの。

この時行う交渉は、やはり慣れている人に任せたいものです。

転職前に考えておくべきこと

転職する看護師が考えておくべきことがあります。

「転職サイトを利用するべきか?」
「転職サイトを使わないで転職するべきか?」

事前の検討事項で、この答えを出すことができます。

自分は転職に対してどんな希望を持っているか

まず考えておくべきなのは、「自分の転職における優先事項」です。

なぜ自分が転職するのか?

それを考えておくことで、適切な求人の見定めを行うことができます。

給与か?
働きやすさか?
仕事のやりがいか?

転職に求めるものは、転職する看護師一人一人でそれぞれことなるはずです。

転職市場の調査を行っておく

看護師は人材が流動的に動く業界です。

つまり、転職活動が盛んということですが、ここで大切なのは「どんな人が転職しやすいのか」「転職のためにはどんなスキルが求められるのか」ということです。

こういった看護師転職市場んじついて考えるのが煩わしいと思うなら、看護師転職サイトを使ってコンサルタントから情報提供を受けてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「看護師転職サイトを使わない」

という転職活動について調べていきました。

転職サイトを使わない転職活動は可能ですが、そこにはデメリットもあります。

しかし、「転職サイトを使ってほしくない」と思っている病院があるのも確か。

自分に合わせた転職スタイルで、転職を成功させてください。

コメント