介護士を辞めたいと思うタイミングは?辞め時はいつ?

介護士を辞めたいと思うタイミングは?辞め時はいつ? 介護士のお仕事

仕事をしていれば誰しも辛い思いをする事はあります。特に介護の仕事ではデリケートな問題に直面しやすく、時には自分の人生を鑑みて仕事を辞めるという選択が必要になるでしょう。

今回は介護士が仕事を辞めたいと思うポイントや、思い切って退職に踏み切るのに適したタイミングをご紹介します。

介護士を辞めたいタイミング

介護士という仕事は同僚や上司、サービス利用者とその家族など人と接する機会が非常に多く、加えて日常生活の介助という特殊な業務内容故に一般的な接客業とは少し様相が異なる場面も多々あります。

「こういう時に介護士を辞めたいと思ったけど、自分だけなのかな」という不安を抱える人も多いのではないでしょうか。一人で悩みを抱え込んでしまわない為にも、一般的に介護士が仕事を辞めたいと思うタイミングを知っておきましょう。

職場の人間関係

公益財団法人介護労働安定センターが平成28年に実施した介護労働実態調査というアンケートの「介護の仕事を辞めた理由」という質問に関して「職場の人間関係」と回答した人が23.9%で最も多い退職理由となりました。

介護関係の仕事をやめた理由
出典 平成28年度「介護労働実態調査」-介護労働安定センター

人間関係の悩み自体はどんな仕事の職場でも起こりうる事ですが、介護士の職場は職員の年齢層が広い場合が多く様々な世代の価値観が混在します。施設内勤務の場合は閉鎖的な労働環境になりがちで、ささいな衝突を大事に捉えすぎてしまうケースも珍しくありません。

こうした事からもチームで連携して業務にあたる事の多い介護士の職場では、意見の食い違いが大きな悩みのタネになりやすいと言えるのではないでしょうか。

また、施設内に限らず被介護者と上手くそりが合わなかったり、利用者の家族とトラブルになってしまう事で介護士を辞めたいと思ってしまう人も少なくありません。

介護施設の風土が合わない

職場環境の実態というものは、実際に自分が入職してみないと中々分からないものです。

自分が思い描いていた職場像と現実とのギャップが大きいと仕事に対するモチベーションは維持し辛くなってしまうでしょう。

特に介護職は「人を支える」という事にやりがいを感じている人が多く、会社側の都合や事務的な対応で仕事に対する熱意に水を差されたと思ってしまいそうな場面も多いです。

自分から動いて改善しようにも「うちの施設では昔からこうだから」「会社からの指示だから」という理由で取り合ってもらえない事も珍しくなく、そうした現状が嫌になって介護職を離れてしまう人が多いのでしょう。

自分のライフステージが変わった

男女共同参画社会という世間の流れから共働きの家庭も増え、家庭の生活スタイルはより一層多種多様のものとなって来ています。プライベートの生活が変動した事で仕事のスケジュールとの折り合いが付かなくなってしまい、今後の人生を考えて一旦仕事を離れる人も多いです。

職場の仲間が協力してくれて問題なく仕事をこなせているとしても、かえって気を遣わせてしまって申し訳ないという気持ちから肩身が狭いと感じてしまうケースもあります。

介護職は神経も体力も消耗する仕事なので、プライベートとの両立に悩みを抱える職員が多いのもまた現状です。

介護士の辞め時

職場の人間関係、施設の運営方針、自己都合、介護士が仕事を辞めたいと思う理由は様々で致し方ない場合もあります。

無理に仕事を続けて心身を壊してしまっては今後の人生に良くない影響が出てしまう事も多いに予想出来るでしょう。人手不足を心配して自分が抜けた後の事を憂慮する気持ちもあるでしょうが、現状を改善する為には退職という選択肢も視野に入れても良いのではないでしょうか。

適切な辞め時というのは中々追い詰められた状態で見極める事が難しいので、退職に踏み切る4つのタイミングをまとめてみます。

貯蓄が十分にある

仕事を辞めるという事は当然安定した収入が無くなるという事、日常生活を送るのにも次の仕事を探すのもお金は必要になります。辛い思いをしながら仕事をしている時、自分に十分な貯蓄があるならば思い切って退職を申請してみても良いでしょう。

具体的な目安として、3か月分の生活費が貯蓄として残っているならば金銭的な退職準備は整っていると言えます。これは失業保険が適応されて給付されるのが退職の3ヶ月後になる為です。生活費を確保しておけば当面は疲れた心身を落ちつけて転職の準備が出来ると言えるでしょう。

また、金銭的な退職タイミングとしてボーナスが給付された直後というのも挙げられます。ボーナスは勤続に対する報酬なので後ろめたさを感じる事はありませんし、それが貰えるまで頑張ってみるのも良いでしょう。

仕事仲間に後ろ指を指される心配がある場合はボーナス給付の1ヶ月後に退職の申請を行うとあまりネガティブな印象を与えずに転職活動へ移行出来ます。

現場の組織体制の変更

人事異動などで組織体制の変更が行われた時も、退職を申し出る良いタイミングです。人間関係が新しい環境に切り替わる際に引継ぎが行われる事が多く、このタイミングで退職を申請する事で自分が抜けた後の職場環境に影響を残しにくくなります。

会社側としてもいっぺんに人事管理が済む為人員配置を作りなおす二度手間も省けるので、ある意味でお互いにとって一番都合の良いタイミングです。精神的な面でも、慣れ親しんだ環境が変わる事で自分も新しい道へ進む決心を付けやすいと言えるのではないでしょうか。

仕事にやりがいを全く感じない

自ら志願して入った介護職にも関わらず、毎日辛い思いをしながら仕事にやりがいを感じられずに「ただお金を稼ぐ為の手段」としてしか見られなくなってしまったら退職を考えましょう。仕事は仕事として割り切って日々の業務をこなしていくのも一つの生き方ですし、そうした考え方も時には必要となるでしょう。

しかし、空しさを抱えたまま仕事を続ける事はあまり好ましい状況とは言えません。そうした思いからサービス利用者との触れあいや職場仲間とのやりとりでほころび始め、いつか爆発してしまい思いがけない心の病気やトラブルになり兼ねません。今の職場だけが介護士の仕事ではありませんので、思い切って一度状況をリセットしてみる選択肢を考えておく事も大切です。

仕事で健康を著しく損ねている

仕事で溜め込んだストレスや疲れが日常生活に支障を来たしているのであれば、早急な対応が必要と言えるでしょう。休日も次の出勤が憂鬱で心が休まらない、家族や友人との会話に愚痴が増えた、食欲不振や睡眠障害など心あたりはありませんか?普段の仕事柄他人に気を遣う事に慣れすぎて自分自身の事を見失いがちになってしまう事もあるでしょう。

心身の健康に支障が出ているのは外から見ると意外と顕著なもので、家族や友人にも心配をかける事になってしまいます。

自分一人でどうにも出来なさそうになる程に弱ってしまったならば、心の許せる人や転職アドバイザーに相談してまずは心の荷を少しでも軽くしてみましょう。

介護士の仕事はストレスだらけ!「辞めたい」なんて声も
介護士として働いていると様々な角度からストレスを受けてしまい、最終的には辞めたいと言う人もいます。どのようなストレスが現場にあるのかを一通り確認しておきましょう。転職を検討する上でも一般的な状況を知っておくことが大切です。 他の職種より介...

まとめ

介護士の仕事は求められるスキルの多さや複雑な人間関係からストレスを溜め込んでしまう事も多いでしょう。人の入れ替わりが激しい職場では自分が抜けた後の人手不足や業務の引継ぎが気がかりで中々身動きが取れないという人も珍しくありません。

しかし、そうした人員管理や業務改善は本来事業所の管轄であり、介護士であるあなたが必要以上に憂慮する事はありません。規則や法律に沿って退職を申請する事は働く人の当然の権利なのです。歩んできた人生も価値観も人それぞれですから、退職したいという動機もまた十人十色でしょう。

一人で判断できない場合は転職アドバイザーという心強い味方もあなたを助けてくれます。近年では介護職専門の転職アドバイザーも増えており、より的確なアドバイスやカウンセリングを受ける事が可能です。

限られた人生の中で後悔しない為にも、今一度自分自身が置かれた状況や気持ちを整理してみましょう。

コメント