介護職で転職できるのは何歳までなのか?介護の転職と年齢について

介護職で転職できるのは何歳までなのか?介護の転職と年齢について 介護士のお仕事

転職市場が盛んな現代日本。

中でも、介護業界のような、人材の流動性が高い業界の転職は盛んです。

そして、切っても切れない関係にあるのが、「転職のタイミング」と「年齢」です。

年齢が若ければ若いほど、会社にとって将来性があるとして採用されやすくなります。

介護業界でも、現場では「何歳までの人材が欲しい」といいうような「転職の年齢制限」は存在するのでしょうか?

今回は、介護業界での転職における年齢制限について考えていきましょう。

  1. 介護業界への転職は何歳までなのか解説
  2. 介護業界における人材の年齢
    1. 若手のほうが働きやすいが、中高年でも働ける
    2. 「年齢」よりも「介護業界への適正」
    3. 介護業界は平均年齢が高い
      1. 中途採用で平均年齢が上がる
      2. ある程度歳のいった人のほうが介護職に向いている
      3. 介護職に年齢制限はない
      4. 介護は転職しやすい業界
      5. 介護業界は慢性的な人手不足である
  3. 介護職での転職の年齢制限は?
    1. 介護業界は基本的に何歳でも転職可能
    2. 介護業界は就職、転職の難易度が低い業界
  4. 中高年が介護業界へ転職するのは難しいか?
    1. 40代、50代でも介護業界への転職は可能
    2. 介護業界で求められるのは「人間性」
    3. 介護に対する熱意をアピールする
    4. 経験や資格を活かす
    5. 柔軟な対応・意見を出す
    6. 介護福祉士の資格とやる気、知識も必要
    7. 介護タクシー事業への転職という手も
  5. これからも介護業界は将来性のある業界か
    1. 年々増えつつある高齢者
    2. 求められる介護事業者
  6. 介護業界に限らず早めの転職がキャリアアップのカギ
    1. 今後も上がり続けていく介護職のニーズ
    2. 将来性があるが若い人が有利
  7. 介護業界に転職するなら転職サイト・転職エージェントを利用しよう
    1. マイナビ介護職
    2. きらケア介護求人
    3. かいご畑
    4. 介護ワーカー
    5. 介護エイド
  8. 中高年の介護職の転職体験談
  9. 【まとめ】介護転職の年齢制限はない!

介護業界への転職は何歳までなのか解説

介護業界への転職は年齢制限はありません。

転職が難しいと思われているミドル~シニア層の方でも比較的転職がしやすい業界です。

また未経験でも就職・転職がしやすい業界となっているため、年齢以外も制限がゆるいといえますね。

また介護系の資格を持っているのであれば、60代以降でも働くことができます。

とはいえ、介護の業務はハードワークが多いのでたとえ転職はできたとしても、体を壊してしまったり耐えられなかったりということはあります。

何歳でも転職可能ではありますが、体に不可がかかると覚えておきましょう。

介護業界における人材の年齢

まずは、本格的に介護業界での転職を考える前に、介護業界で働く人材の年齢を考えていきましょう。

介護業界従事者はどれくらいの年齢帯の人が多いのか?

介護業界でもやはり、年齢によって働きやすい働きにくいが存在するのでしょうか?

若手のほうが働きやすいが、中高年でも働ける

やはり介護業界でも、年齢の若い人のほうができる仕事の幅が広く、働きやすい傾向にあります。

介護業界でも、力仕事が多く、体力を求められる仕事が存在します。

そうした仕事では、当然力のある若者が重宝されます。

しかし介護業界での仕事は、力仕事がすべてではありません。人と人が触れ合う介護業界での仕事は、それまでの人生で培った人生経験を活かすことができます。

そうした「人生経験を活かして高齢者と触れ合える」という観点では、中高年でも有利に働けれる業界だと言えるでしょう。

「年齢」よりも「介護業界への適正」

介護業界従事者により求められるのは、より年齢が若いことではありません。

求められるのは、「若さ」よりも「介護業界への適正」です。

いくら若いとしても、高齢者の細かいお世話を苦痛に感じるような人は、介護業界で働くことはできないのです。

介護業界としては、若者より、介護現場で働くことに苦がない人に働いてほしいと思っているのです。

介護業界は平均年齢が高い

そもそも、介護業界で働く人の平均年齢は、他の業界と比べても高めです。

そこにはもちろんいくつか要因があります。

  • 介護業界は他業界からの中途採用者が多い
  • 中高年より働きやすい条件がある
  • 若者より中高年が話しやすい高齢者も多い

こういった要因で、介護業界で働く人材の平均年齢は高くなっています。

これに加え、介護業界は慢性的な人手不足といった要因もありますね。

中途採用で平均年齢が上がる

介護業界は、他業界からの転職が多いです。

中途採用が多い業界は、社員の年齢が高めであることもあり、平均年齢が高くなる傾向にあります。

「何歳からでも始めやすい」

という介護職員特有の特徴があることも、中途採用が増える要因です。

ある程度歳のいった人のほうが介護職に向いている

お年寄りのお世話は、若者よりある程度経験を備えた中高年のほうが向いています。

高齢者との接点の少ない若者より、ある程度人生経験のなかで分別がついた中高年のほうが、お年寄りとどう接したらいいか心得ているのです。

介護業界はイメージ以上に苦しいことも多い業界です。

若い人では仕事の中で苦しいと感じることも多いでしょう。

利用者としても、解除を受けるのは若者より中高年が良い、と言っている人が多いくらいです。

介護職に年齢制限はない

基本的に介護業界で働くための年齢制限は存在しません。

もちろん、施設によっては、64歳以下、59歳以下など、働く上で年齢制限をつけている施設も多いです。

そのため、一般職と同じく65歳を超えると働きにくくなるのも確かです。

しかし非正規雇用の介護職員なら70歳で現役職員も珍しくありません。

雇用形態にこだわらなければ、長く働けるのが介護職です。

介護は転職しやすい業界

介護職は比較的転職しやすい業界です。

転職にあたってあまり多くのスキルや経験が求められないのがその理由。

就業時間を柔軟に対応してくれたり、有資格者に対して補助金が出るなど、様々な中途で働きやすい制度が整っています。

たとえ中途採用であっても、たとえ過去介護業界といっさい関わってこなかったとしても、中途採用で働きやすい業界です。

実際介護業界としても、中途採用を受け入れないと回らない状態が続いているのです。

介護業界は慢性的な人手不足である

看護業界は、他の業界にまして従業員の足りない人手不足が続いています。

そのため、異業種からの転職だろうと、未経験だろうと問題なく中途採用を受け入れます。

人手不足の要因は様々ありますが、激務ゆえ従業員がすぐに辞めてしまうなどがその理由です。

未経験でもできるとはいえ、誰でもできる簡単な仕事か、というとそんなことはありません。

ですが逆にいえば「やる気」や「ガッツ」があれば簡単に転職できる介護業界は、転職のハードルが低い業界なのは間違いありません。

介護職での転職の年齢制限は?

介護職での転職の年齢制限は?

それでは本題です。

介護業界における転職活動の年齢制限はあるのか。

何歳までに転職をしないと、転職活動は苦しいのか?

介護業界は基本的に何歳でも転職可能

先に結論を言うようですが、基本的に介護業界において転職に年齢制限はありません。

中高年でも採用される求人が多いことや、介護業界は人手不足に苦しむ現場が多いことなど、介護業界の転職で年齢制限があまりないことの要因は多いです。

定年は一般職と同じく65歳が多いですが、働き方を選ばなければそれ以上の年齢の方でも働くことができます。

介護業界は就職、転職の難易度が低い業界

介護業界は少しでも多く人材を確保したいがために、従事者にとって働きやすい条件を揃えた求人が多いです。

資格を取りながら働ける現場や、給与の相談に乗ってくれるところも多いです。

中高年の転職において、介護業界は難易度が低い業界だと言えるでしょう。

中高年が介護業界へ転職するのは難しいか?

具体的に、中高年が介護業界に転職をすることを考えた時、転職の難易度は高いのか低いのか。

中高年の介護業界転職という観点から考えてみましょう。

40代、50代でも介護業界への転職は可能

かなり珍しいですが、介護業界はたとえ40代や50代という中高年でも転職がうまくいった実績が残っています。

たとえ40代後半でも、介護業界は「熱意」や「やる気」といったことをアピールすれば、他業界から中高年での転職が可能です。

熱意をアピールして転職…というと営業職を考えますが、営業職はひたすら「若さ」が求められることを思うと、介護業界は…しやすい業界だとわかるはずです。

介護業界で求められるのは「人間性」

若者は、それまでの経験から、高齢者に優しくするのが難しい…なんてケースも多いでしょう。

それに比べ、中高年なら今までの経験から高齢者に対して優しく接することもできるでしょう。

介護業界で働くのに有利なのは、中高年である…という見方もできるというわけですね。

介護に対する熱意をアピールする

まずは介護業界に転職したい理由をアピールするのがおすすめです。

先程も言ったとおり、誰でも就職・転職しやすいので特に理由もなく転職しようと考える方もいます。

もしかしたら、特に理由もなく転職が成功するかもしれませんが、介護職はハードワークが多いのですぐに後悔してしまいます。

とりあえず働きたいから働くといった理由であれば、採用はされないと覚えておきましょう。

経験や資格を活かす

年齢が高いということは、それだけ今までの人生経験が豊富ということ。

ミドル~シニア層の方であれば、今までの経験や資格を活かせます。

管理層になることも考えられるため、現場で働く以外にも方法が考えられますね。

資格や経験を活かして志望動機を書いてみましょう。

柔軟な対応・意見を出す

ミドル~シニア層となると、ある程度自分の考え方が固まってきますよね。

そうなると、入職してもその施設のやり方についていけないのではと思われてしまいます。

面接や志望動機の時点で、柔軟な対応や意見が出せることを主張するのがおすすめです!

介護福祉士の資格とやる気、知識も必要

もちろん、「若い」ことが求められないとはいえ、若いことは「将来性」を感じさせる要因となるので転職に有利なのは間違いありません。

もし若くない状態で、介護業界への転職を考えるなら、相応のやる気と知識、そしてそれを裏付ける資格があれば望ましいです。

若さがないかわりに自分には何があるのか。これから自分が何を得るべきなのか考えて、介護業界への転職へチャレンジしてみてください。

介護タクシー事業への転職という手も

介護業界で需要がある仕事の一つに「介護タクシー事業」があります。

高齢者は自分の足で歩くのが難しい人も多いです。

そうした人を介護施設や病院に送り届けるのが介護タクシーです。

介護タクシー事業は、介護現場と比べると比較的特別な資格を求められないため働きやすいです。

車の運転に自信があり、介護業界への転職を考えている方は、介護タクシー事業への転職も視野に入れてみてください。

これからも介護業界は将来性のある業界か

現在介護業界はとても高い需要を誇っています。

介護業界専門の転職サイト、転職エージェントが多いのがその表れでしょう。

とはいえこれからも介護業界は、がんばって転職するほどの価値がある業界なのか?

介護業界の将来性について考えていきましょう。

年々増えつつある高齢者

もう今さら言うことでもないですが、現在日本社会は少子高齢化が進んでいます。

高齢者が多くなればなるほど、高齢者のニーズは高まっていくので、当然介護業界のニーズは強くなっていきます。

今後も介護事業者は、多くの現場で求められる存在になるはず。

求められる介護事業者

2010年から10年後の2025年になる頃には、高齢者の数は1.5倍にもなると言われています。

これでは日本の社会はほとんど機能しません。

年々高齢者が多くなり、日本の社会的機能は下がっていくでしょう。

しかしその中でずっとお金周りの良い業界が思いつきますよね。

それが、介護業界です。

日本社会が高齢者に押しやられていくにつれ、反比例して介護業界が強くなっていく計算になりますよね。

介護業界に限らず早めの転職がキャリアアップのカギ

介護業界に限らず早めの転職がキャリアアップのカギ

介護職の転職には年齢制限がありません。

しかし、少しでも若いほうが転職に有利なのもまた事実。

今後人生のなかで一番若いのは言うまでもありません。

施設、企業は少しでも将来性のある人を雇いたいと思うからです。

介護業界に転職を考えているなら、少しでも早いタイミングでの転職をおすすめします。

今後も上がり続けていく介護職のニーズ

介護業界は今現在高いニーズがあります。

少子高齢社会は、医療の発展などで終わる見込みが立たず、今後さらにひどい状況になるはずです。

そんな中、介護職のニーズも下がることなく上り続けていきますから、無資格者、有資格者共に苦せず転職が可能なはずです。

将来性があるが若い人が有利

今後も安定して強いニーズがある看護業界ですが、今後高齢者が多くなることで、対応すべき高齢者の数が増えて、働き方も多少変化を強いられるでしょう。

ずっと「AIに取って代わられる」と言われている介護職ですが、そのAIを制御する機械の操作だって若者のほうが有利です。

中途採用で介護職への転職を行うなら、「今までに積み上げてきたもの」を活かして転職、仕事することを心がけてください。

介護業界に転職するなら転職サイト・転職エージェントを利用しよう

介護の仕事探しは、介護職専門の転職エージェントを使うのがおすすめです。

なぜなら、やはり一番の理由は「キャリアコンサルタントがいるから」です。

転職エージェントに申し込むと、転職活動の専門家キャリアコンサルタントの助けのもと、転職活動を行うことができるのです。

キャリアコンサルタントは介護職の転職について何もかも理解しています。

たとえ中高年の中途での転職でも、キャリアコンサルタントが適切に道のりを一緒に考えてくれるはずです。

具体的には以下のとおりです。

POINT

  • マイナビ介護職
  • きらケア介護求人
  • かいご畑
  • 介護ワーカー
  • 介護エイド

これらについてそれぞれ解説します。

介護士向けの転職サイト・転職エージェント!後悔しない転職をしよう

マイナビ介護職

マイナビ介護職

マイナビ介護職の特徴

  • 無資格OKの求人あり
  • 研修が充実している
  • 資格取得講座が無料で受けられる
  • 給与週払いサービスがある

マイナビ介護職はキャリアコンサルタントのヒアリングが丁寧だと評判があります。

電話面談ではなく、向き合ってしっかり行う面談の後、マイナビ介護職が扱う求人を申し込んだ人への紹介がなされます。

キャリアコンサルタントとしっかり話し合った仕事探しがしたいなら、マイナビ介護職を利用するべきです。

最短60秒で登録!

マイナビ介護職の口コミを徹底分析!評判を元にメリット・デメリットを解説

きらケア介護求人

きらケア介護求人

きらケア介護求人の特徴

  • 求人数が多い
  • 業界に特化したアドバイザーがいるから安心
  • サポートは入職後もある
  • 検索機能が充実
  • 交渉もサイト側が対応
  • 給与前払いサービスがある

きらケア介護求人に掲載されている求人は、対応している地域が広いため地方で転職したい方でも利用できます。

検索機能が充実していて、自分が希望する条件の求人も見つけやすいです!

また無資格で応募できる求人も多数掲載されているため、異業種から介護職へ転職を検討されている方にもおすすめ。

とりあえず介護転職エージェントに登録したいと思っている方はぜひ利用してみてくださいね。

最短60秒で登録完了

きらケア介護求人の評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介

かいご畑

かいご畑

かいご畑の特徴

  • 無資格OKの求人あり
  • 研修が充実している
  • 資格取得講座が無料で受けられる
  • 給与日払いサービスがある

かいご畑では正社員の求人以外にも契約社員やパート、派遣求人も掲載されています。

かいご畑でも無資格や未経験で利用できる求人が多く掲載されているので、初めて介護業界へ転職する方でもおすすめです。

また研修や資格取得支援も無料で受けられるため、スキルアップを目指せる転職エージェントです!

無資格・未経験でも転職可能!

かいご畑の運営会社ニッソーネットと提供サービスついて徹底解説!

介護ワーカー

介護ワーカー

介護ワーカーの特徴

  • 求人数が多い
  • 非公開求人も多い
  • 担当コンサルタントに求人を紹介してもらえる
  • 年収アップが見込める
  • 全国に求人がある
  • 介護施設の内部情報も手に入る

介護ワーカー全国に求人があるため、地方に住んでいる方にもおすすめの転職サービスです。

介護施設の内部情報も教えてもらえるため、入職前と入職後で認識の違いが起きにくいのがメリットです!

また高年収求人もあるため、今よりも年収アップをさせたい方はぜひ利用してみてくださいね。

介護ワーカーの口コミ・評判を徹底解説!「最悪」の意見は本当なのか?

介護エイド

介護エイド

介護エイドの特徴

  • 働きやすい職場を厳選
  • LINEで相談可能
  • キャリアアドバイザーが職場を見学している
  • 転職後のアフターフォロー

転職活動で心配なのは、仕事内容ももちろんですが「人間関係」も頭を悩ませる要因です。

たとえ介護の仕事があっていてもそこで一緒に働く同僚と折り合いが合わなかったら、その職場はいい職場とはいえません。

介護エイドなら大丈夫です。

なぜなら介護エイドは、人間関係を重視した転職活動をサポートするからです。

だからこそ、利用者の入職後の満足度90%以上という高いスコアが出るのです。

介護エイドの評判の傾向とは?利用者の口コミをもとにサービスのメリット・デメリットを解説!

中高年の介護職の転職体験談

未経験で介護業界に転職しました。仕事自体はともかく、できる若者がリーダーなど責任者への昇進を果たしているのを見て、「やっぱり介護でも若さがものをいうのか」と思いました。40代の女では、下っ端仕事でいっぱいいっぱいですね…。

未経験でも楽しく仕事してます。介護福祉士をやってるんですが、この仕事は能力がどうとかではなく、「向き不向き」のほうが大きいんじゃないかと思っています。

【まとめ】介護転職の年齢制限はない!

介護業界での転職と、年齢の関係について今回は説明しました。

介護業界は転職において年齢制限があまりなく、中高年でも、別業界からでも転職の受け入れに寛容な業界です。

若さが介護業界で働くことの最重要事項でないため、今自分は若くないからなあ…と思っている方でも、やる気や相応の知識、資格を持っていれば、十分転職が可能です。

別業界の転職でも同じですが、「どうして転職したいのか」「自分は何ができるのか」を考えながら、介護業界への転職を行ってください。