介護職で転職できるのは何歳までなのか?介護の転職と年齢について

介護士のお仕事

転職市場が盛んな現代日本。

中でも、介護業界のような、人材の流動性が高い業界の転職は盛んです。

そして、切っても切れない関係にあるのが、「転職のタイミング」と「年齢」です。

年齢が若ければ若いほど、会社にとって将来性があるとして採用されやすくなります。

介護業界でも、現場では「何歳までの人材が欲しい」といいうような「転職の年齢制限」は存在するのでしょうか?

今回は、介護業界での転職における年齢制限について考えていきましょう。

介護業界における人材の年齢

まずは、本格的に介護業界での転職を考える前に、介護業界で働く人材の年齢を考えていきましょう。

介護業界従事者はどれくらいの年齢帯の人が多いのか?

介護業界でもやはり、年齢によって働きやすい働きにくいが存在するのでしょうか?

若手のほうが働きやすいが、中高年でも働ける

やはり介護業界でも、年齢の若い人のほうができる仕事の幅が広く、働きやすい傾向にあります。

介護業界でも、力仕事が多く、体力を求められる仕事が存在します。

そうした仕事では、当然力のある若者が重宝されます。

しかし介護業界での仕事は、力仕事がすべてではありません。人と人が触れ合う介護業界での仕事は、それまでの人生で培った人生経験を活かすことができます。

そうした「人生経験を活かして高齢者と触れ合える」という観点では、中高年でも有利に働けれる業界だと言えるでしょう。

「年齢」よりも「介護業界への適正」

介護業界従事者により求められるのは、より年齢が若いことではありません。

求められるのは、「若さ」よりも「介護業界への適正」です。

いくら若いとしても、高齢者の細かいお世話を苦痛に感じるような人は、介護業界で働くことはできないのです。

介護業界としては、若者より、介護現場で働くことに苦がない人に働いてほしいと思っているのです。

介護業界は平均年齢が高い

そもそも、介護業界で働く人の平均年齢は、他の業界と比べても高めです。

そこにはもちろんいくつか要因があります。

  • 介護業界は他業界からの中途採用者が多い
  • 中高年より働きやすい条件がある
  • 若者より中高年が話しやすい高齢者も多い

こういった要因で、介護業界で働く人材の平均年齢は高くなっています。

これに加え、介護業界は慢性的な人手不足といった要因もありますね。

介護職での転職の年齢制限は?

それでは本題です。

介護業界における転職活動の年齢制限はあるのか。

何歳までに転職をしないと、転職活動は苦しいのか?

介護業界は基本的に何歳でも転職可能

先に結論を言うようですが、基本的に介護業界において転職に年齢制限はありません。

中高年でも採用される求人が多いことや、介護業界は人手不足に苦しむ現場が多いことなど、介護業界の転職で年齢制限があまりないことの要因は多いです。

定年は一般職と同じく65歳が多いですが、働き方を選ばなければそれ以上の年齢の方でも働くことができます。

介護業界は就職、転職の難易度が低い業界

介護業界は少しでも多く人材を確保したいがために、従事者にとって働きやすい条件を揃えた求人が多いです。

資格を取りながら働ける現場や、給与の相談に乗ってくれるところも多いです。

中高年の転職において、介護業界は難易度が低い業界だと言えるでしょう。

中高年が介護業界へ転職するのは難しいか?

具体的に、中高年が介護業界に転職をすることを考えた時、転職の難易度は高いのか低いのか。中高年の介護業界転職という観点から考えてみましょう。

40代、50代でも介護業界への転職は可能

かなり珍しいですが、介護業界はたとえ40代や50代という中高年でも転職がうまくいった実績が残っています。

たとえ40代後半でも、介護業界は「熱意」や「やる気」といったことをアピールすれば、他業界から中高年での転職が可能です。

熱意をアピールして転職…というと営業職を考えますが、営業職はひたすら「若さ」が求められることを思うと、介護業界は…しやすい業界だとわかるはずです。

介護業界で求められるのは「人間性」

若者は、それまでの経験から、高齢者に優しくするのが難しい…なんてケースも多いでしょう。

それに比べ、中高年なら今までの経験から高齢者に対して優しく接することもできるでしょう。

介護業界で働くのに有利なのは、中高年である…という見方もできるというわけですね。

介護福祉士の資格とやる気、知識も必要

もちろん、「若い」ことが求められないとはいえ、若いことは「将来性」を感じさせる要因となるので転職に有利なのは間違いありません。

もし若くない状態で、介護業界への転職を考えるなら、相応のやる気と知識、そしてそれを裏付ける資格があれば望ましいです。

若さがないかわりに自分には何があるのか。これから自分が何を得るべきなのか考えて、介護業界への転職へチャレンジしてみてください。

介護タクシー事業への転職という手も

介護業界で需要がある仕事の一つに「介護タクシー事業」があります。

高齢者は自分の足で歩くのが難しい人も多いです。

そうした人を介護施設や病院に送り届けるのが介護タクシーです。

介護タクシー事業は、介護現場と比べると比較的特別な資格を求められないため働きやすいです。

車の運転に自信があり、介護業界への転職を考えている方は、介護タクシー事業への転職も視野に入れてみてください。

これからも介護業界は将来性のある業界か

現在介護業界はとても高い需要を誇っています。

介護業界専門の転職サイト、転職エージェントが多いのがその表れでしょう。

とはいえこれからも介護業界は、がんばって転職するほどの価値がある業界なのか?

介護業界の将来性について考えていきましょう。

年々増えつつある高齢者

もう今さら言うことでもないですが、現在日本社会は少子高齢化が進んでいます。

高齢者が多くなればなるほど、高齢者のニーズは高まっていくので、当然介護業界のニーズは強くなっていきます。

今後も介護事業者は、多くの現場で求められる存在になるはず。

求められる介護事業者

2010年から10年後の2025年になる頃には、高齢者の数は1.5倍にもなると言われています。

これでは日本の社会はほとんど機能しません。

年々高齢者が多くなり、日本の社会的機能は下がっていくでしょう。

しかしその中でずっとお金周りの良い業界が思いつきますよね。

そうです。介護業界です。日本社会が高齢者に押しやられていくにつれ、反比例して介護業界が強くなっていく計算になりますよね。

介護士転職サイトで職探し

さて、これから介護業界への転職を行うつもりなら、押さえておくべきなのはやはり「介護士転職サイト」です。

介護士転職サイトは、介護士が転職しやすいサービスが多く揃っているからです。

特に介護士転職エージェントを使って転職することで、無駄なく介護士の転職活動を行うことができるでしょう。

キャリアコンサルタントと相談しながら、二人三脚で転職活動を進めることができるからです。

具体的にどの介護士転職サイトがおすすめなのか?具体例を紹介したいと思います。

マイナビ介護職

人材大手のマイナビが運営する介護士転職サイト「マイナビ介護職」がおすすめです。

業界未経験、無資格でもマイナビ介護職を使えるのも強みです。

未経験、無資格でも、多くの求人から介護職への転職を模索することができるのです。

マイナビ介護職の評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介
マイナビ介護職は、大手転職支援サービスのマイナビが運営している転職サイトで、福祉や介護職を専門として扱っています。キャリアアドバイザーもいて、転職活動のサポートを行ってもらうことができます。 ここでは福祉業界に転職したい方に向けて、マ...

かいご畑

かいご畑も優秀な介護士転職サイトです。

未経験、無資格な方でも登録できる、未経験の求人に対応している、さらにこれからキャリアアップを考える介護従事者には、「キャリアアップ応援制度」という制度まで。

幅広い方の介護業界転職に対応しているのが、このかいご畑です。

給与を早めに受け取れる「給与週払い制度」という制度があるので、現在お金に困っている方にもこの「かいご畑」がおすすめです。

かいご畑の評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介
かいご畑は介護業界への転職をする上で役に立つエージェントサイトです。独自のネットワークを活用してサポートをしてくれるのが特徴ですが、メリットやデメリットとしてどのような点が挙げられるのでしょうか。 登録してコーディネーターのサポートを...

まとめ

介護業界での転職と、年齢の関係について今回は説明しました。

介護業界は転職において年齢制限があまりなく、中高年でも、別業界からでも転職の受け入れに寛容な業界です。

若さが介護業界で働くことの最重要事項でないため、今自分は若くないからなあ…と思っている方でも、やる気や相応の知識、資格を持っていれば、十分転職が可能です。

別業界の転職でも同じですが、「どうして転職したいのか」「自分は何ができるのか」を考えながら、介護業界への転職を行ってください。

コメント