ニートでも介護の正社員になれるのか?

ニートでも介護の正社員になれるのか? 介護士のお仕事

現在ニートの方で、本当は働きたいのにニートなんて雇ってくれる所がないと諦めている方はいませんか?一度ニートになってしまうと、なかなか就職するのが難しいイメージがあると思います。

しかし、介護職なら正社員として雇ってもらえる可能性が十分あります。

ニートからでも介護士になることができる

ニートの方のように、職歴がないとなかなか就職は難しいと言われています。職歴に間が空いてしまえばその分再就職がしにくくなるというスパイラルに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、中には前職を気にせず雇ってくれるような職種もあります。その一つが介護職です。他の職に比べると、職歴に空きがあったり一度も職についた事がないという人でも、雇ってもらいやすくなっています。もし、どうせどこも雇ってくれないと諦めているニートの方がいたら、一度介護職の求人を探してみてはいかがでしょうか。

介護業界は人手不足

なぜ介護職がニートでも雇ってもらいやすいかというと、現在人材不足が問題になっている業界だからです。介護を行っている事業所へのアンケートでは、6割以上の事業所が人手が足りないと答えている程です。

またこれは年々増加傾向にあり、社会的な問題にもなっています。日本は高齢化社会が進み、年々介護を必要としている人達が増えているのですが、介護をする側の人材がそれに追い付いていないというのが現状です。

こういった背景もあり、介護業界では一度も働いた事がないニートだったとしても、貴重な人材と考え積極的に受け入れているというわけです。

介護職は無資格・未経験でも雇われる

介護の仕事は専門分野という事で、資格がなければ働けないと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際は資格がなくても介護の仕事をする事は可能です。確かに介護職員初任者研修修了者や介護福祉士など、介護に関する資格は様々あります。こういった資格を持っていれば、より良い条件の求人も見つかるでしょう。

ただし、資格がない方でも介護の資格に関わる事はできます。仕事内容は制限されますが、無資格でも人材を求めている所も多いので、まずは無資格で働き始めて、後々資格を取得して上を目指すという事も可能です。

介護業界は男手を求めている

介護というと女性の仕事というイメージが昔はありましたが、最近は男性の介護士も増えています。介護の仕事というのは、介護者をお風呂に入れたり着替えさせたりと、体力仕事も多いです。そのため、力のある男性の人材も求められています。

介護はやり直しの条件が揃っている

一度も働いた事がないという方はもちろん、一時期は就職していたが職がない状態が長く続いてしまったという方も、介護士としてやり直しをする事は十分可能です。

介護士は求人が多く、職歴を重視しない募集も多いのでやり直しがしやすい条件が揃っています。さらに、経験がない方に向けて研修制度が充実している所も多いので、一から始めやすい職業でもあります。

もしニートから抜け出し、一からやり直したいと考えているなら、介護士はぴったりな職業ではないでしょうか。

介護業界は成長産業

介護業界というのは、成長産業としても注目されています。日本では2010年をピークに人口が減少していますが、75歳以上の高齢者数は急激に増えているという現状があります。

これに伴って介護士の需要は増え、介護業界は今でも成長を続けています。介護サービスを必要としている方は、2000年から2012年の間に200%も増加しています。この数字は今でも増え続けているので、今後も介護サービスの需要は増えるでしょう。

工場勤務もニートの社会復帰の定番だが

介護業界と並んで、ニートの社会復帰の定番になっているのが工場勤務です。介護業界と同じように、工場勤務は前職の影響が少なく、ニートでも積極的に受け入れてくれます。

しかし、基本的には朝から晩まで工場につめて機械を相手にする仕事が多く、なかなかやりがいを見つけられなかったり、長続きしない人も多いです。また、介護の仕事に比べるとスキルアップがしにくいというのも難点でしょうか。

介護のほうが「やりがい」「スキルアップ」の面で強い

工場勤務に比べると、介護職は人を相手にする仕事が多いです。話し相手がいるというのは、仕事のやりがいにも繋がります。特に長年家に閉じこもりがちで、あまり人と接する機会のなかったニートにとっては、社会復帰の練習としても最適です。

また、介護福祉士や実務者研修など様々な資格があり、より上を目指しやすいというのも魅力でしょう。介護士の資格というのは、基本的に学歴が必要ありません。誰でも頑張れば取得ができ、スキルアップがしやすくなっています。

ニートから介護へ就職体験談

私は20歳で専門学校を卒業してから、33歳になるまで一度も就職した事がありませんでした。親の世話になっていたのですが、さすがにこのままではマズイと思い働く事を決意。
社会経験のない私を受け入れてくれる所を探すのは難しかったですが、介護業界はこんな私を受け入れてくれました。
面接に行った時に、ニートだった事をどう話そうか不安だったのですが、今までの経歴を問い詰めるような事はされませんでした。
何とか働きたいと熱意を伝えた所、無事就職する事ができました。
体力仕事という事もあり、最初はすごく大変でしたが、介護者の方と触れ合っているうちに自分でも誰かの役に立てるという実感が沸き、だんだんやりがいも出てきました。
思い切ってニートを抜け出し、介護業界に飛び込んで良かったです。親もすごく喜んでくれています。

まとめ

このように、ニートの方でも正社員として働くという事は十分可能です。介護業界なら今までニートとして暮らしてきた期間も、それほど問題になる事はありません。

何とか今の現状を抜け出したい、新しいやりがいを見つけたいと少しでも思っている方がいたら、介護の仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメント