介護求人パークの評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介

介護求人パーク 介護士転職サイト

介護求人パークは、条件の絞り込みが詳しく設定でき、自分が希望する仕事を検索しやすいと人気の介護専門の転職求人サイトです。

こちらでは、安定した件数の多さや詳細な情報で多くの転職成功者を出している、介護求人パークを利用した人の口コミや、このサイトを利用する上でのメリットやデメリットなどについてご紹介してきます。

介護求人パークの詳細

求人数約60,000件
対応エリア全国対応
雇用形態正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
募集職種介護職・ホームヘルパー、看護助手、介護福祉士、看護師、准看護師、ケアマネージャー、主任介護支援専門員、社会福祉士、生活相談員・支援相談員、サービス提供責任者(サ責)、精神保健福祉士、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、保健師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、栄養士、管理栄養士、調理師・調理補助、施設長など管理職、送迎ドライバー、介護事務・医療事務、営業職、その他
必要資格なし
利用者満足度★★★
運営会社株式会社バリューラボ

扱う職種が豊富

介護求人パークは、介護関連の職種に限らず、介護施設で必要とされる様々な職種も紹介しているところが特徴的です。

介護士やケアマネ、機能訓練士などの検索サイトはたくさんありますが、介護求人パークでは、栄養士や調理師、事務、ドライバーなど介護に関連して必要とされる職種も紹介しています。さらに、雇用形態も正社員や契約社員、パートなど細分化されていますので、自分のニーズに合わせた仕事探しが可能です。

未経験・無資格で利用できるか

介護求人パークでは、未経験・無資格の人でも応募できる仕事が多数掲載されています。検索するときにこだわり条件を指定して、未経験のものを探したいときには必要経験の欄で「介護・福祉・医療実務 未経験OK」にチェックを入れるだけです。

また、無資格でも応募できる仕事を探したいなら、必要資格有無の欄で「介護・福祉・医療の無資格OK」にチェックを入れましょう。もちろん、自分の経験や資格を活かせる仕事に限定して検索することも可能です。

大手の人材派遣会社や総合求人サービスのノウハウを生かしたサイト

介護求人パークの運営会社は株式会社バリューラボといい、全国展開で人材派遣をしている大手のネオキャリアが100%出資をしています。そのため、派遣の求人数も安定して供給していますし、求職者が必要としている情報を的確に提示してくれます。

また、信頼性の高い総合求人サービスであるwebanというサイトを運営しているパーソナルキャリアと業務提携を行っていますので、的確な検索結果や分かりやすさに定評があります。2014年に介護専門の求人紹介を始めたばかりの運営会社ですが、これらのノウハウを生かして急成長を続けています。

介護求人パークの評判・口コミ

介護求人パークは、検索のしやすさが便利な反面、多くのサイトに見られるような専属の担当者によるきめ細かいケアは望めません。そのため、人によっては評価にかなりの差が見られます。そこで、こちらでは介護求人パークを実際に利用した人の口コミをいくつかご紹介していきます。

突発的な支出が激増し、今の仕事だけでは生活ができなくなったので、介護求人パークで掛け持ちの仕事を探しました。
派遣会社や紹介会社の一括登録をしたことで、こちらの希望にぴったりの募集をたくさん紹介してもらい、当初希望をしていた条件よりも良いものがいくつも見つかりました。
おかげで、本業に差しさわりのない範囲で副収入を得ることができるようになり、何とか生活できています。
急ぎで条件通りの仕事を探したいというときにぴったりのサイトだと思います。
(Uさん・40代・女性)

小規模な介護施設で働いていましたが、キャリアアップを目指したいと考えるようになり、目についた介護求人パークに登録してみました。
職種が豊富で自分が希望するような専門職も選択肢に掲載されていましたが、範囲が広い分、希望する専門職の件数はやや少なめだったように思います。
(Sさん・30代・男性)

無資格でも条件の良い介護職が探せるという評価を見て、介護求人パークに登録しました。
検索は初めてでもわかりやすく、無資格や未経験の人の選択肢も多くて良かったと思います。
ですが、コンサルタントがいないため、自分で仕事を探して面接の申し込みや条件の交渉をしなければならず、面倒になって結局利用しませんでした。
(Yさん・20代・女性)

転職サイトは種類が多く、使い方がなかなか理解できません。
ですが、介護求人パークのサイトは説明を見なくても感覚的に操作でき、希望条件通りの就職先を絞り込めました。
一つひとつの仕事に就いて就労条件も細かく掲載してあったため、実際に転職してから後だしで自分に不利な条件を言われるようなこともなく、実際の仕事の内容が予想と違っていたといったトラブルもありません。
やりがいのある仕事ができるようになり、満足しています。
(Hさん・40代・男性)

介護求人パークのメリット

比較的新しいサイトであるにもかかわらず、使いやすさや細かい紹介内容が好評の介護求人パーク。こちらのサイトでは、特にどのようなメリットがあるのでしょうか。以下に、介護求人パークのメリットをいくつかご紹介していきます。

自分が得意な仕事を探せる

介護求人パークは、介護の経験や資格がある人だけでなく、介護施設において自分が得意とする分野の能力を発揮できる仕事探しができるサイトです。

介護に直接かかわるような専門職や介護職員の求人を扱うサイトはたくさんありますが、栄養士や調理師、運転手まで網羅している介護求人サイトというのはなかなか見つからないものです。

また、雇用形態も安定して働ける正社員、掛け持ちをしたいなどの事情で短期の仕事に特化したパート、転勤の予定があるので短期間だけ働きたいという人のための契約社員など、様々なタイプがそろっています。

簡単な手間で多くのチャンス

介護求人パークでは、一括登録というシステムがあります。

これは、複数の派遣会社や紹介会社に自分の情報を一括で登録できるシステムです。
登録は一回だけで済みますが、これを行っておくと、各派遣会社や紹介会社から次々問い合わせが来て、個別面接などを行って新しい仕事を短時間で見つけられます。

あらかじめ希望条件の設定ができ、連絡はメールできますので、働きながら仕事探しをするのにも便利です。

職場見学で自分に合った仕事探し

介護求人パークでは、サイト上でも詳しい情報を提供していますが、応募を迷っている時には職場見学をすることも可能です。

まず職場見学や説明会で興味のある施設について詳しく知り、応募するかどうかを判断できますので、採用されたものの思っていたイメージとは異なっていたというようなトラブルもほとんどありません。

介護職や転職に有益な情報も豊富

介護求人パークのサイトでは、求人情報だけでなく、介護の仕事をするうえで知っておくと便利なノウハウや転職にまつわるコラムなどが数多く掲載されています。

特に、転職の経験や介護職の経験がない人にとっては、これらの情報を仕入れておくことで面接の時にも落ち着いた対応ができますし、実際に働くようになってから役立つこともあるでしょう。

いいね機能が便利

介護求人パークでは、企業からのスカウト機能もあります。これは、自分が登録しているプロフィールを企業の採用側がチェックして、興味のある人材に対して「いいね」を送るシステムです。「いいね」が増えると登録者に興味を持つ企業も増えてきて、スカウトの件数がアップする可能性が高まります。

情報をこまめに更新したり、自分から興味のある求人に「興味あり!」を送るなど、こちらからのアプローチも可能です。

介護求人パークのデメリット

使い勝手の良さや幅広い職種の取り扱いが人気の介護求人パークですが、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。こちらでは、介護求人パークを利用した人の評価などから、どんなデメリットがあるのかを見ていきます。

条件によっては使い勝手が悪いことも

介護求人パークは、全国的に件数が多いですが、地域によっては求人が少なく、気に入った仕事が見つからない可能性があります。

また、職種が広いため、最初から専門職などに特化して仕事を探したい場合、どうしても件数が少ないと感じることもあるでしょう。さらに、運営会社が介護業界に携わって日が浅く、コンサルタントがいないため、応募や面接、交渉などは自分で行わなければなりません。

介護求人パーク利用の流れ

介護求人パークを利用するときには、どのような流れになるのかを知っておくと、忙しい人でも短時間で仕事探しができるようになります。こちらでは、介護求人パークの大まかな利用の流れについてご紹介していきます。

  1. 登録
  2. 求人検索
  3. 施設見学
  4. 応募
  5. 面接
  6. 内定

登録

まず、介護求人パークのサイトで会員登録をします。名前や性別、生年月日、居住エリア、希望職種など簡単な情報を入力するだけですので、ほとんど時間はかかりません。

急ぎで仕事探しをしている人や、本業が忙しくて転職活動の時間が限られているという場合には、優先的に仕事を紹介する「特紹」というサービスもあります。こちらは、電話で希望条件などのヒアリングを受けた後、検索代行で求人探しをしてもらえます。
介護求人パーク会員登録

求人検索

サイトの登録が済んだら、実際に求人検索を行います。まず、大まかに就職希望のエリアを指定すると、そのエリア内の全求人が出てきます。ここで、雇用形態や経験の有無などの細かい条件を設定して検索ボタンを押すだけで、自分の希望にそった就職先が出てきます。

施設見学

求人の内容は興味があっても、実際に自分の目で確認してみたいという場合には、介護求人パークに問い合わせて、希望する施設の見学や説明会の案内をしてもらいます。これらに参加したからといって必ず求人に応募しなければならないわけではありません。

応募

介護求人パークでは、通常は応募してから大体1週間以内に電話やメールなどで連絡が入ってきます。その後、お互いの日程調整をして、面接の日時などを決めていきます。

基本的にこれらの作業は自分で行わなければならないため、メールのように空き時間を利用できる連絡手段が便利です。

面接

予約を入れた日時に企業に出向き、面接を行います。面接自体は通常の就職活動と何ら違いはありませんので、マナーを守った服装や立ち居振る舞いを心がけましょう。

また、サイトで紹介されている情報だけでなく、職場見学をさせてもらうと、現場の雰囲気をつかみやすいです。

内定

内定の連絡が入ったら、このタイミングで給与や勤務時間などの細かい確認や交渉を行います。お互いに納得のいく条件が決まったら、正式に入社という流れになります。転職予定の人は、現在の職場を退職するスケジュールについても確認しておきましょう。

介護求人パークの利用がおすすめな人

介護求人パークは、どのような人が利用するのに向いているのでしょうか。こちらでは、介護の仕事を探している人の中でも、介護求人パークの特徴を活かした、希望通りの求人検索がしやすい人についてご紹介していきます。

求人件数が多い地域にお住いの人

介護求人パークは、掲載している求人の数が多い関東地方の利用者に特におすすめです。他のエリアは数千件の求人数にとどまっているのに対し、関東地方は1万を優に超える件数の求人を取り扱っていますので、これまでなかなか仕事が見つけられなかった人にも興味を惹かれる求人が見つかるでしょう。

介護求人パークの本店が東京に設置されていることもあり、職場見学や情報収集なども、関東の求人の方が利用しやすいです。

面接前に詳しい情報を知りたい人

介護求人パークでは、雇用形態や雇用条件だけでなく、募集を出している企業の経営理念やシフトの条件、職場の雰囲気など他では見られないような詳しい情報が掲載されています。

そのため、表面的な条件で興味を惹かれて応募した結果、考えていた仕事と全く異なった内容だったというようなトラブルに巻き込まれる心配もありません。

職場見学や説明会などの参加もできますので、希望通りの職場が見つけられます。

自分の特技を活かしたい人

介護職に興味があっても、体力仕事は苦手、高齢者のサポートがしたくても、不器用で失敗が怖いというように、希望の仕事とできる仕事が異なる人は少なくありません。

介護求人パークでは、介護施設で必要とされている仕事ならば、介護職に限らず数多く掲載していますので、自分ができる内容で介護施設や入所者を支えていくことができます。

調理師や栄養士、事務員、運転手など、介護求人サービスでは見つけにくい仕事も掲載されていますので、こまめにチェックしてみましょう。

介護求人パーク総評

介護求人パークは、特に短期の仕事や幅広いジャンルの仕事を探している人から評価の高い求人サイトです。掲載情報が非常に詳しい上、条件を指定した検索がしやすく、初めてサイトを利用する人でも手軽に挑戦できますので、ぜひ利用してみましょう。

コメント