仕事探しのコツとは?自分にあった仕事を見つけるための注意すべきポイント

転職コラム

転職をしたいと思って闇雲に仕事を探してみても、なかなか自分に合った仕事は見つからないものです。

そもそも、自分に合っている仕事がどのようなものかを正確に把握できているでしょうか。

まずは自分自身を見つめ直して、自分に合った仕事とは何かを掘り下げて考える必要があるかもしれません。

仕事探しにはどのような手段があるかを知っておくことが大切です。

仕事探しの具体的な方法や、注意しておきたいポイントとコツを押さえて、効率よく自分に合った仕事を見つけられるようにしましょう。

今の仕事と関連付けて仕事探しを行う

仕事探しをスムーズに行う上で一番簡単な方法が、現在就いている仕事と関係のある仕事を探す方法です。

現在までの経験があるため、業務内容や待遇に関することが想像しやすくなります。

したがって、全く知らない仕事よりは、求人情報の内容だけでも自分に合っているかどうか判断ができるはずです。

キャリアプランを考える

業務内容を熟知しているからこそ、転職後にどうなりたいかのキャリアプランが考えやすくなるのも一つのメリットです。

どのようにキャリアを積んでいきたいかを自分自身の中で明確にしておくことで、そのプランを実現するためにはどのような会社がいいのか、具体的な条件などがはっきりとしてきます。

条件が明確になると会社も絞り込みやすくなるため、自分に合った仕事探しがしやすくなります。

キャリアプランを語れる人は面接で有利

具体的なキャリアプランを持って転職活動に勤しむ人は、面接官の目からも魅力的に見えるものです。

あなたが面接官だった場合、入社後にどうなりたいか具体的なプランを語れる人と、特にプランなどもなく入社できればそれでいいという態度の人では、どちらが魅力的に見えるでしょうか。

キャリアプランがしっかりある人の方が、入社後に活躍してくれる姿が思い浮かべやすいだけでなく、応募企業に対しての情熱も感じられるものです。

今の仕事と関係のある仕事に転職したいと考えるのならば、どのようにキャリアを積んでいきたいかを明確にしておきましょう。

異なる業界や職種にも意識を向けてみる

なかなか思うように仕事が見つからないこともあるでしょう。

そのような人に多いのが、自分が知っている業界だけに目を向けてしまい、無意識のうちに自分自身で選択肢を狭めているパターンです。

仕事探しがうまくいかないと感じたときには、思い切って今まで選択肢から外していた業種や職種にも目を向けてみましょう

知らなかっただけで、意外と自分に合った仕事が見つかるかもしれません。

転職サイトなどの検索エンジンでは取扱う企業が多すぎるために、業種や職種ごとに設けられたチェックボックスにチェックを入れて検索をすることがほとんどだと思います。

チェックボックスが設けられていると簡単に絞り込みができて便利な反面、少しでも条件から外れた企業は一切目にすることができないのがデメリットでもあります。

いくら検索しても自分に合った仕事を見つけられないときには、チェックを入れる範囲を広げてみるのも、仕事探しをする上での一つのコツです。

特定の業種や職種に縛られすぎると、自分に合った仕事との出会いの機会を減らすことにもなります。

どうしても譲れないこだわり以外は一度見直して、広い視野を持って仕事探しに臨みましょう。

正社員登用制度の活用も検討する

希望の業種や職種で正社員の募集が見つけられないときには、正社員登用制度のあるアルバイトや契約社員の募集も視野に入れて仕事探しを行うのも一つの手です。

正社員登用制度とは?

正社員登用制度とは、アルバイトや契約社員などの雇用形態での勤務を一定期間行った後に、正社員へと登用するシステムのことを言います。

正社員登用制度には法律で定められた決まりがないため、各企業によって条件は異なります。

一定期間が過ぎて正社員を希望すれば登用される場合もあれば、正社員登用のハードルが高く、なかなか正社員に登用されない企業もあります。

また、求人情報に正社員登用制度について記載がなくとも、正社員登用を行っている企業もあります。

正社員登用制度を活用したい企業があるのならば、まずは企業の人事担当に問い合わせてみるのも有効です。

正社員という言葉に縛られない

正社員じゃないことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。

また、非正社員の期間中ずっと正社員に相応しいか試されているように感じる場合もあるでしょう。

しかし逆を言えば、非正社員の期間はあなたがその企業を見定める期間と捉えることもできるのです。

自分に合った仕事かどうかは、実際に業務を行ってみないとわからない部分もあります。

そういう点を確認するための期間だと考えて、柔軟に構えることも時には必要です。

大量募集を行っている企業を見つける

少子高齢化や人口減少に伴い、日本企業全体が働き手を欲している現代では、業種によっては大量募集を行っている企業も珍しくありません。

自分のキャリアや強みになかなか自信が持てず、面接などでうまくアピールができない人には大量募集を行っている企業に応募してみるのも一つの手です。

採用枠が1人や2人だと、どうしても採用のハードルは上がりますが、大量募集している場合のハードルはやや低めに設定されていることが多いです。

そのため目立った強みがなくとも、その企業で働きたい気持ちが強くあることをアピールできれば、採用されることもあるでしょう。

自慢できるようなキャリアや強みがなくとも、企業とうまくマッチングできれば、仕事に対する自信は後からついてくるものです。

物怖じせずに、「大量募集しているのならば自分にもチャンスは巡ってくるかもしれない」とポジティブに捉えてチャレンジしてみてはどうでしょうか?

未経験者でも歓迎している企業を探す

職種によっては未経験者歓迎の仕事もたくさんあります。

今までやったことのない仕事に就いてみたいと考えるのならば、このような未経験者歓迎を謳っている企業に応募するのがコツです。

未経験者歓迎と求人情報に記載されていない場合は、やはりそれなりのキャリアや技術を求められることが多いです。

そのため経験者がたくさんいる選考を未経験者が勝ち抜くには、経験者を出し抜けるほどの魅力を備えていなくてはなりません。

しかし、未経験者歓迎と求人情報に記載されている場合は、そのようなことを気にする必要なく応募が可能です。

仕事への情熱で勝負

未経験者歓迎と謳っている場合は、キャリアや技術よりも、仕事への意欲や人柄などが重要視されることが多いです。

したがって、面接の際にはどれだけその仕事に情熱があるのかを面接官にしっかりアピールしましょう。

なぜその仕事に就きたいと思ったのか、なぜその企業を選んだのかを理論立てて説明できれば、あなたの情熱を根拠のあるものとしてプレゼンすることが可能です。

未経験でも大丈夫!異業種への転職で伝えるべき志望動機のポイント
転職する場合、未経験の異業種への転職というのは、ちょっと勇気がいるものですね。 しかし未経験でも、その異業種の仕事をぜひやりたいという気持ちがあるのなら、思い切ってトライしましょう。 大切なのは、なぜその業種の仕事につきたいと思...

就職のタイミングを見極めてみる

一年中中途採用を募集している企業もありますが、多くの場合は年度が始まる4月と、下半期が始まる10月入社を求めてきます。

そのため、効率よく転職活動を進めたいのならば、それらの時期も考慮しながら転職活動に臨みましょう。

求人数も増えるが、応募数も多い

新年度が始まる4月に向けて企業が社内体制を整えることが多いため、2~3月は中途採用の募集が多くなります。

また同じような理由で10月に向けて、8~9月の採用も多くなります。

そのため、これらの時期は普段滅多に見ることのない企業が求人を出すこともしばしばあり、転職活動をする上で要チェックな時期とも言えます。

ただしこの時期は求人が増える一方で応募者数も増加するため、転職活動に出遅れてしまうと他の応募者に競り負けてしまう可能性があります

準備不足に陥らないように、入社希望月の3ヶ月前頃から準備を始めておきましょう。

転職におすすめなのは何月?最適な時期やタイミングとは?
転職したいと思っても、何の戦略もなしに転職活動を始めてしまうのは効率が悪いといえます。 転職をするのなら、時期やタイミングについてもよく考えるべきです。 何月に求人数が多いのか、逆に何月だと求人数が減ってしまうのか、転職におすす...

インターネットを活用して仕事を探す

仕事を探す方法として代表的なのがハローワークの利用や求人情報誌をみることです。

しかし、最近はインターネット上にもたくさんの求人情報が掲載されているため、それらを活用するのも仕事探しをする上で有効な手段と言えます。

企業のホームページをチェック

もし応募したい企業が具体的にあるのならば、その企業のホームページを確認してみましょう。

求人情報誌などには掲載されていなくとも、企業のホームページ上には求人情報が記載されている場合もあります。

求人情報誌や転職支援サイトなどに求人情報を載せる場合には、企業が求人情報誌などに掲載料を支払う必要がります。

そのため、そのコストを節約するために敢えて求人情報誌には掲載せずに、自社のホームページ上のみで募集を行う企業も稀にあるのです。

求人情報誌で掲載されていないからと諦めずに、一度はホームページを確認するようにしましょう。

転職サイトを活用

転職活動を進めていく中で、マイナビ転職やエン転職といったサイトを目にしたことはありませんか?これらは転職サイトと呼ばれており、様々な企業の求人情報を掲載しています。

転職サイトには日本中のたくさんの企業が登録しているため、求人情報誌やハローワークでは見つけられなかった求人処方を見つけることができるかもしれません。

求職者の登録は無料であるため、積極的に登録して活用するようにしましょう。

マイナビ転職の口コミ・評判サービス内容
豊富な求人情報だけでなく、履歴書作成指導など様々なサポート体制であなたの転職をアシストするのが「マイナビ転職」です。
エン転職の口コミ・評判 サービス内容
大手転職サイト、エン転職のメリット・デメリット、サービスまで説明したページです。業界最大手のリクルートにはかなわないものの、エン転職もかなり大きく、使いやすいサイトとなっています。

複数の転職サイトに登録

一つのサイトにだけ登録していても、あなたに合った企業がそのサイトに登録しているとは限りません。

複数の転職サイトに登録しておいた方が、自分に合った仕事を見つけやすくなります

転職エージェントを利用してみる

転職エージェントという存在を知っていますか?転職エージェントは無料で登録でき、専任の担当者が相談や求人紹介などを行ってあなたの転職をサポートしてくれます。

転職のサポートを専門的に行ってきた転職のプロとも言える人を味方につけておくことで、有利に転職活動を進めることが可能となります。

転職エージェントのメリット

転職エージェントは主に以下のようなことを行ってくれます。

  • 転職相談
  • 求人紹介
  • 履歴書などの応募書類の添削
  • 面接練習
  • 面接のセッティング
  • 待遇に関する交渉

転職エージェントを利用しなければ、個人でこれらのことを行わなければいけません。

特に給与などの待遇に関する交渉を応募者個人が行うには勇気と交渉術が必要です。

また、専門的な目で応募書類や面接にアドバイスをしてくれるのも、転職エージェントを利用するメリットと言えるでしょう。

転職エージェント選びの注意点

転職エージェントと一口に言っても、大きく分けて総合転職エージェントと特化型転職エージェントの二つに分かれます。

自分にはどちらが合っているかを判断して、適した方を利用するよう注意しなければいけません。

総合転職エージェント

総合転職エージェントとは総合という名の通り、業種に関係なくたくさんの案件を持った転職エージェントです。

総合転職エージェントには、DODAやマイナビエージェントなどがあります。

あなたが探している業種や職種以外にも、プロの目線からあなたに合っていると考えられる仕事を提案してくれることがあるため、一人ぼっちの転職活動では見つけられなかった仕事に出会えるかもしれません。

ただし、特有の知識が必要な業界には弱い場合もあるため注意が必要です。

DODAエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職エージェント大手「DODAエージェント」の説明をしています。DODAは求人数も多く、非公開求人の質も良いです。
マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

特化型転職エージェント

特化型転職エージェントは、対象とする業種や職種を絞った案件を持つ転職エージェントです。

外資系企業やアパレル企業での転職には業界独自の知識が必要となるため、特化型転職エージェントを利用した方がいいとされています。

外資系ならばJACリクルートメント、アパレル系ならクリーデンスなどがあります。

専任担当者には業界出身者が多いため、業界に関する知識を提供してくれるだけでなく、業界特有の面接対策なども行ってくれます。

ただし案件数が少なく、総合型と比べて情報量やノウハウが少ない傾向にあります。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
転職エージェント大手「JACリクルートメント」。 利用者数はそれなりに多く、過去の実績もありますが、実際の使い勝手はいかほどのものなのか。それを知るには、過去の利用者が残した口コミ・評判です。 結論からいうと、JACリクルートメ...

自分のアピールポイントを分析しておく

仕事探しは早く始めるに越したことはありませんが、自己分析を疎かにしてもいけません。

自分を見つめ直すことで、自分に合った仕事や企業が見えてくるものです。

アピールポイントを見極める

自己分析で何より大切なのが、自分の強みが何なのかを把握しておくことです。

会ったばかりの面接官は、一目見ただけであなたの強みを見抜いてはくれません。

自分自身で適切にアピールすることが大切です。

そのためには、どんなことをどうアピールするのが有効かを知っておかなければなりません。

根拠のあるアピールを

自分の強みが思い浮かんだら、なぜそれが強みと言えるのかを掘り下げて考えてみてください。

きっと、強みだと思えるようになったきっかけの出来事があるはずです。

そして、面接の際にはその出来事も交えてアピールするように心がけましょう。

ただ「○○が強みです」と初対面の人に言われても、何を根拠に信じればいいかわかりません。

しかし、「××という経験があるため、○○が強みだと言えます」と言われれば、アピールに信憑性が増します。

根拠となるエピソードを交えてアピールできるように準備しておきましょう

資格取得の検討も

希望する職種に就くために有利な資格がある場合には、その資格をあらかじめ取得しておくことも検討しておきましょう。

入社後に資格取得の支援制度がある企業もありますが、やはり事前に取っておいた方が有利になるでしょう。

また、自発的に資格を取得する姿はその仕事に対してのやる気を表すことにもなるため、好印象を与えることはあっても、マイナスな印象を与えることはありません。

そのため、資格取得の余裕があるのならば、あらかじめ取得しておくのも転職活動には有効な手段です。

実際に働いている人の話を聞いてみる

今の仕事と関係のない業種や職種を希望している場合、実際に働いたらどうなのかイメージするのは難しいです。

また、知っている業界でも企業によっては全く雰囲気が異なることもあるでしょう。

そんなときには知人などを通じて、希望する企業や業界に携わっている人から話を聞いてみることが大切です。

希望の業界に関係のある知人がいない場合には、卒業した学校を通じて紹介してもらうのも一つの手です。

実際に働いてみて「やっぱり違った」となってしまっては、転職活動に要した時間や労力が無駄になってしまうばかりでなく、あなたのキャリアに傷をつける場合も考えられます。

そのような悲しい事態を未然に防ぐためには、やはり事前の情報収集が何よりも大事になってくることでしょう。

また、具体的に働いた姿をイメージできるようになると、どんな風に働きたいか、どうやってキャリアを積んでいきたいかもイメージできるようになります。

結果、それが自分に合った仕事探しの手助けとなるのです。

複数の企業を同時に受けてみる

転職活動を成功させるためには、複数の企業を同時に受ける必要も出てくるでしょう。

複数の企業を同時に受けて複数の内定をもらった場合、断るのが心苦しく感じることもあるかもしれません。

しかし、企業に遠慮して転職活動が思うように進まなければ本末転倒です。

内定を辞退しなければいけなくなったときには、そのときに誠心誠意込めて謝罪をすれば良いのです。

まだ起きてもいないことを心配せずに、堂々と転職活動に勤しみましょう。

転職活動の長期化はなるべく避けたいものです。

今も仕事をしていて、仕事の合間を縫って転職活動をしているのならば金銭的には問題ありませんが、そうでない場合には日々の生活のために貯金を切り崩さなければならなくなります。

また、なかなか再就職先が見つからないとなると、焦りが出てきて精神的にも追い詰められやすくなります。

このような事態を避けるためにも、応募したい企業が複数ある場合は順番に応募するのではなく、一気に応募してしまいましょう。

順番通りに応募していては、その間に求人がなくなる可能性もあるのです。

伸び伸びと仕事ができる環境を探す

転職を考える理由は人それぞれですが、誰しもが今の仕事よりも自分に合った仕事見つけたいと思っているはずです。

せっかく時間と労力をかけて転職活動を行ったのに、前の職場の方が良かったなんて事態は避けたいものですね。

そのためには自分に合った仕事は何かを見定めて、妥協のない仕事探しが大切です。

仕事探しのコツをしっかりと押さえて、後悔のない転職活動を行いましょう。

コメント