自分に合った仕事の見つけ方!仕事探しに役立つ12のアドバイス

転職コラム

仕事は人生のなかでも重要な要素ですので、ミスマッチな職場で働き続けることは、不幸なことだといえるでしょう。

「自分に合う仕事がしたい」は多くの人の願いですが、希望通りの就職や転職をすることは、なかなか難しいでしょう。

仕事探しの心構えやコツを理解していないことが、原因の一つになっているのではないでしょうか。

以下では、仕事探しに役立つ情報を、項目ごとに詳しく説明します。

ぜひ、実際に仕事を探すときの参考としてください。

  1. 仕事に求めるものを考える
    1. 条件は無数にある
      1. 欲張らずに優先順位を付ける
  2. 才能や得意なことから仕事を選ぶ
    1. やりがいの実感につながるキャリアの棚卸し
      1. 身近な人に助言を求める
  3. 勤務時間や休暇制度を基準にする
    1. 勤務時間などから仕事を選ぶ
      1. スケジュール管理がハイパフォーマンスの源
  4. キャリアアップを意識する
    1. 未経験へのチャレンジもよい
  5. 興味のある業界に挑戦する
    1. 「好き」はやりがいになる
      1. 華麗な転職を遂げた芸能人
  6. 勤務地や通勤距離から探す
    1. 職場への通いやすさは重要
      1. 遠くても工夫次第で快適に
  7. 職場の雰囲気を重視する
    1. 面接は雰囲気を知るチャンス
      1. 自分を変えることも大切
  8. これまでの経験を活かす
    1. 何気ない経験が身を助ける
      1. 学生でも経験が役立つ
  9. 見つかる仕事は探し方で変わる
  10. ハローワークに地元企業を紹介してもらう
    1. ハローワークを利用するメリット
      1. 地元の就職に強い
      2. 自己分析などの相談が無料で受けられる
      3. 採否が必ず通知される
    2. ハローワークのデメリット
      1. 相談員によって対応が違う
  11. 職種も多い転職サイトで検索する
    1. 転職サイトを利用するメリット
      1. 好みの条件で仕事を探せる
      2. 自宅で利用できる
      3. 地域外の求人も見つけられる
    2. 転職サイトのデメリット
      1. 対面で相談ができない
      2. 求人が多すぎる
  12. 自分のこだわりを大切にする

仕事に求めるものを考える

日々の業務に追われている人は、ついその仕事を終わらせることだけに意識が集中してしまいがちです。

上司や顧客から言われた作業を淡々とこなすことにやりがいを感じられるのなら問題ありませんが、不満を感じている人は自分にあう仕事を探すべきです。

条件は無数にある

自分に合う仕事とは、一体どのような仕事でしょうか。

「理想的な将来を気付くために給料が多い仕事」、「才能を活かせるやりがいのある仕事」、「休暇が充実して無理なく働ける仕事」など、要望はいくらでも出てくるものです。

自分に合う仕事の条件とは、これら要望が根底にあると考えてください

欲張らずに優先順位を付ける

これらの条件をすべて満たす仕事を探すことは難しいでしょう。

大切なことは、どの条件が一番重要かを見極めることです。

そのためには、自分の要望に優先順位を付ける必要があります。

そうすることで、自分が仕事に求める要素が、より明確になるでしょう。

才能や得意なことから仕事を選ぶ

仕事を選ぶときには、自分になにができるかを知らなければなりません。

つまりこれまでの経験から身につけた得意なことやスキルをあらためて見直す必要があるのです。

この作業をキャリアの棚卸しと呼びます。

キャリアの棚卸しをすることで、自分の才能や特技をあらためて発見することもあり、仕事を探すときの検討材料となるでしょう。

やりがいの実感につながるキャリアの棚卸し

キャリアの棚卸しにより自分の個性を知ることは、新しい仕事を早く覚えたり、技術を身に付けたりする際に役立ちます。

仕事や職場に早く慣れることができれば、やりがいを実感するためのきっかけになるでしょう。

そのためキャリアの棚卸しは、重要な作業だといわれているのです。

身近な人に助言を求める

自分のキャリアやスキルは、客観的に判断することが難しい場合もあります。

自分の長所や短所は、他人の目で見てもらったほうがハッキリと確認できるのです。

そんな時は身近な人に助言を求めると良いでしょう。

身近に適当な人物が思い当たらない場合は、ハローワークなどでも相談を受け付けているので、活用することをおすすめします。

勤務時間や休暇制度を基準にする

仕事は大切ですが、そのためにプライベートを犠牲にするべきではないでしょう。

家庭がある人は家族との時間を大切にするべきだし、趣味がある人はそれに費やす日々も必要です。

仕事とプライベートの両方を充実させるには、第一に時間の確保をする必要があります。

勤務時間などから仕事を選ぶ

仕事を探すときの基準として、勤務時間や勤務日数を重視する人がいます。

このような人は転職したい企業を見つけたら、月間での残業時間、有給の規定や実際の取得状況、会社で独自におこなっている休暇制度などを詳しく調べるとよいでしょう。

働く時間を明確にすることは、公私ともに充実したスケジュール管理をするためには必要なことです。

スケジュール管理がハイパフォーマンスの源

公私共に考慮したスケジュール管理は、生活リズムを安定させる効果があります

日々のバイオリズムを崩さないことは、仕事でハイパフォーマンスを実現するための条件だともいえるでしょう。

ソフトウエア開発会社のサイボウズは、介護休暇が最長で6年間も取得できる取り組みを実施したことで話題になりました。

このように企業によってはユニークな制度を実施している場合もあるので、仕事を探す際には注目するとよいでしょう。

キャリアアップを意識する

一般的な会社員は定年まで働くことを想定している場合が大半ですが、今の仕事は、定年まで継続して存在する保証はどこにもありません。

あなたが年をとった時、その仕事は若い労働力がやったほうが効率がよいと思われるからです。

会社から必要とされ続けるには、今より高度な仕事に取り組むための経験やスキルを身につける必要があります

未経験へのチャレンジもよい

将来の自分の立場を考慮して、キャリアアップを意識した転職を考える人もいるでしょう。

その時、あえて未経験の仕事に挑戦する選択肢もあります。

なぜなら目標に設定している仕事が未経験では就けない場合、その基礎となる経験を積むことができるからです。

例えばシステムエンジニアを目指している場合、プログラマーとして働くことは基礎を学ぶチャンスです。

興味のある業界に挑戦する

今の仕事に対して興味が薄い人は、たとえ職場環境がよく、満足できる給与や待遇を得ている場合でも、長く働くことは難しいと考えられます。

そしていつかは破綻してしまう可能性が高いでしょう。

人生のうち大きな割合を占める仕事は、長い期間働くものだということを念頭に置いて、後悔しないよう慎重に選択する必要があります。

「好き」はやりがいになる

好きなことを仕事にできれば、やりがいにつながるので、人生を豊かなものとして形成するのに役立ちます。

また興味が持てる仕事であれば、積極的に業務へ取り組めるので、周囲からも認めてもらいやすいでしょう。

華麗な転職を遂げた芸能人

芸能人のなかには、好きなことを仕事にしたいという意欲を持って転職した人がたくさんいます。

歌手のスガシカオさんは広告代理店に勤務していましたが、夢や情熱が捨てきれず、退社して音楽の世界へ飛び込んだといいます。

他にもとんねるずの石橋貴明さんは元ホテルマン、俳優の向井理さんは元バーテンダーなどから、華麗な転職を遂げているといえるでしょう。

勤務地や通勤距離から探す

多くの会社員は、毎日の通勤時間をストレスに感じているのではないでしょうか。

自宅と職場の位置関係によっては、毎日数時間かけて通勤する人も少なくありません。

また頻繁に出張が起こる職種では、対応するために生活スタイルを変える必要も出てくるでしょう。

このように仕事は、実際に業務へ取り組んでいない時間も拘束することがあります。

職場への通いやすさは重要

転職先を選ぶときには、現在の家から近い職場を探したり、引っ越しすることを前提にして住みたい街の職場を選んだりと、勤務地を重視した選び方があります。

また通勤をなくしたいと考える方は、在宅ワークを選ぶ道もあるでしょう。

遠くても工夫次第で快適に

長距離通勤の場合、通勤電車に乗っている間でも、工夫次第で快適に過ごすことができます。

例えばiPhoneやAndroidのスマートホンで利用できる「Netflix」や「Amazonビデオ」などのインターネットビデオオンデマンドは、いつでもどこでも映画やドラマを楽しめるので、通勤のつらさを忘れさせてくれるでしょう。

職場の雰囲気を重視する

職場における人との関係に問題がある場合、仕事で良い成果を出すことは難しいでしょう。

良好な関係とは、個人間だけでなく、営業や事務職など部署間でも必要です。

仕事はチームプレーであるという考えを大切にしましょう。

面接は雰囲気を知るチャンス

就職活動中に面接を受けた際、職場の雰囲気を感じることができる場合があります。

職場の雰囲気は、実際に働かないと本質はわかりませんが、一部分を垣間見るだけでも有益な情報といえるでしょう。

自分がその雰囲気に慣れることができるかどうかの判断は、感覚に従うしかありませんが、仕事を選ぶ際の基準にできるはずです。

自分を変えることも大切

職場の人間関係は常に変化します。

そのため自分と職場の相性が悪いと感じた時でも、すぐに諦めて落ち込まないようにしましょう。

時間がたてば再び良くなるかもしれません。

また、すでにある環境を自分好みに変えることは難しいかもしれませんが、自分自身を変えることはできます。

例えば自己啓発本などで新たな視点を手にいれることも効果があるでしょう。

  • 「7つの習慣-成功には原則があった!」
  • 「嫌われる勇気-自己啓発の源流アドラーの教え」
  • 「スタンフォードの自分を変える教室」

などの自己啓発本は効果があると有名なので、一読しておいて損はないでしょう。

これまでの経験を活かす

未経験の職種へ転職を希望する人は、熱意と体力が備わっていなければなりません。

未経験者は、他の人より多く動くことで、仕事のベースとなる知識やスキルを身に付けていく必要があるからです。

そのため未経験の職種への転職は、年齢が若いほど有利といわれているのです。

逆にある程度の年齢の人は、転職を慎重に考えなければなりません。

何気ない経験が身を助ける

社会人年数が長い人ほど、未経験での転職が楽になる場合もあります。

例えば飲食店で接客経験がある人は、コミュニケーション能力が養われていると考えられるので、未経験でも営業職へスムーズに転職できる可能性が高まるでしょう。

このように、未経験の職種への転職を考えている人は、今まで身に付けたスキルや経験を少しでも多く活かせる職場を選ぶようにしたほうが良いと言えます

学生でも経験が役立つ

どのような仕事でも、実務のなかには共通する部分が少なからずあるものです。

そのため新しい職場でスムーズに働くコツは、現在の職場で幅広い業務に携わり、いろいろな経験を積むことだといえるでしょう。

また学生の場合は、学生としての生活で得た知識や経験を見直すことで、自分に合う仕事を見つけられる可能性が高まります

見つかる仕事は探し方で変わる

働きながら転職活動をする人は、仕事探しにあてられる時間が限られています。

そのような人は、自分の生活に合った仕事探しをしないと、無駄に時間を過ごしてしまう危険性があるでしょう。

仕事を探す方法はたくさんありますが、以下では「ハローワーク」と「転職サイト」について、メリットとデメリット両方の視点から解説します。

どちらも効率的に仕事を探したい人におすすめの方法ですので、参考としてください。

ハローワークに地元企業を紹介してもらう

ハローワークは全国に点在している、地元での就職斡旋を目的とした組織です。

地元での求職を望む方は、まずハローワークを利用するというケースが多いようです。

以下にはハローワークを利用するにあたっての、メリットとデメリットを紹介します。

ハローワークを利用するメリット

地元に根づいたハローワークは、利用することで多くのメリットを得られます。

以下を参考にして実際の仕事探しに役立ててください。

  • 地元の就職に強い
  • 自己分析などの相談が無料で受けられる
  • 採否が必ず通知される

地元の就職に強い

ハローワークでは、全国の求人をチェックできますが、基本的に地元の企業を紹介しています

この特徴は、地元に根付いた生活を希望する人にとってメリットと言えるでしょう。

また、IターンやUターンで地元へ戻る希望を持つ人にとっても、適しているといえます。

自己分析などの相談が無料で受けられる

ハローワークには、職業訓練や自己分析などの相談が無料で受けられる制度が整っています。

職業訓練は、未経験者が転職するときのサポートとして役に立つでしょう。

自己分析については、自分が一人でやるより、第三者の意見を聞きながらおこなったほうが冷静に分析できるという特性があるので、制度の利用をおすすめします。

採否が必ず通知される

通常面接を行えば、採否通知の連絡がくるのは当たり前に思えますが、なかには連絡をしない企業もあります。

そのような対応をする企業は、すすんで働きたいと思うことはありませんが、結果は気になるものです。

その点、ハローワークであれば採否通知は必ずあります。

もし、企業から連絡が遅い場合でも、ハローワークから催促の連絡をするので安心して報告を待つことができます

ハローワークのデメリット

ハローワークには、メリットだけでなくデメリットもあります。

そのことを理解することで、心の準備をしてから利用できるでしょう。

相談員によって対応が違う

ハローワークの相談員は多数おり、担当するスタッフによって対応の質が異なる場合があります。

思ったような対応をしてもらえない場合は、他の相談員に変更してもらうなど、対処が必要になるかもしれません。

職種も多い転職サイトで検索する

転職サイトとは、インターネット上で求人情報を検索できるサイトのことです。

リクナビNEXTやDODAなどが大手として有名ですが、他にもたくさん存在します。

以下では、これら転職サイト全般に関するメリットとデメリットについて解説します。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容
リクナビNEXTは国内最大級の転職サイト。国内最大級がゆえ抱える求人数も膨大です。リクナビNEXTの、他にはないメリットとデメリットを調べてみることにしましょう。
DODAエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職エージェント大手「DODAエージェント」の説明をしています。DODAは求人数も多く、非公開求人の質も良いです。

転職サイトを利用するメリット

転職サイトは、仕事を探すときのメインツールです。

以下では転職サイトを利用することで得られるメリットについてお伝えします。

理解を深めることで、効果的に利用できるでしょう。

  • 好みの条件で仕事を探せる
  • 自宅で利用できる
  • 地域外の求人も見つけられる

好みの条件で仕事を探せる

転職サイトを使うには、会員に登録して希望の条件を入力する必要があります。

希望条件には、給与や勤務地、その他の待遇や職種といった項目があり、細かく設定しなければなりません。

全て設定するには長い時間がかかりますが、ピンポイントで条件に合った仕事を探すことができるでしょう。

自宅で利用できる

ハローワークは実際に足を運ぶ必要がありますが、転職サイトの場合は自宅でも利用することが可能です。

インターネットさえつながればスマートホンからでも仕事探しができるので、空いた時間を有効活用できるというメリットがあります。

地域外の求人も見つけられる

転職サイトには全国各地の求人情報が網羅されています。

例えば、地域を限定した条件をつければ、引越し後の転職先を効率よく探すこともできるでしょう。

転職サイトのデメリット

転職サイトを利用する際、不満に感じやすい点をデメリットとしてお伝えします。

特徴を理解することは、効率的な仕事探しにつながるので参考にしてください。

  • 対面で相談ができない
  • 求人が多すぎる

対面で相談ができない

転職サイトはインターネット上のサービスなので、対面での相談ができません。

不明な点などあれば、個人的に企業へ直接問い合わせて確かめる必要があります。

求人が多すぎる

ベースとなる案件数が膨大なため、自分に合う仕事を選びきれないことがあります。

そんな時には検索条件を見直して、より詳細に設定すると良いでしょう。

転職の相談は転職のプロへ!転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談しましょう
転職の相談を行いたい時には、ぜひ転職エージェントのキャリアコンサルタントを訪ねてください。キャリアコンサルタントに相談すれば、面接の適切なアドバイスから、書類作成のコツまで細かく教えてくれるはずです。

自分のこだわりを大切にする

自分の思いやこだわりを持たずに仕事を探すと、自分に合った仕事が見つからないどころか、ミスマッチな企業への就職が決まることにもなりかねません。

自分に合った仕事を見つけるには、まず自己分析をすることをおすすめします。

キャリアの棚卸しや、希望する条件の優先順位を設定することが大切です。

自分が求めているものを明確にできれば、ハローワークや転職サイトを活用して、理想の転職先を見つけることができるハズです。

仕事は人生を充実させるために必要な要素の一つですので、慎重に選ぶように心がけましょう。

コメント