一生派遣のまま働き続けるのか?派遣社員の未来は?

派遣社員の女性 派遣社員のお悩み

派遣社員として現在働いている人の頭によぎるのが「一生派遣でいるのか」ということ。

現在派遣社員としての勤務に不満がないなら、ずっとこのままでもいいかな…なんて思ってしまうのも無理ありません。

はたしてそのような、「一生派遣でいる」という働き方は可能か?

一生派遣でいることによって、どんな問題が発生するのか。

独身で、守る家族がない身なら、女性の一生派遣でいる働き方は可能か?

これからの生き方、これからの働き方を真剣に悩んでいる方のために、今回は一緒に一生派遣でいるという働き方について考えていきましょう。

一生派遣でいるリスク

一生派遣でいる、ということは、早めに派遣から切り替えて働くのと比べてかなり難易度が高いです。

派遣という働き方にはかなりの負担が伴うからです。

派遣で働き続けるということの難しさを、具体的に説明していきます。

派遣社員は安定しない

派遣社員という働き方は安定しません。

安定しないその理由はいくつかあります。

給与相場が低い

派遣社員は、正社員と比べて給与相場が低いのがやはり気になります。

給与相場が低いということは、それだけ行動に制限がかかってしまいます。

どころか、要所要所発生したトラブルにも、対応できないのです。

急な出費に耐えられない

冠婚葬祭、家電の故障、急病や怪我など、読めない急な出費に対応できません。

派遣社員ではなく、正社員として安定した給与をもらっていれば、読めない急な出費にも対応できるかもしれないのに…。

派遣社員の多くがカードローンなどのキャッシングに頼っているのは、ここが大きな理由でもあります。

福利厚生が弱い

福利厚生が弱いので、生活が安定しません。

正社員なら、有給休暇から家賃補助など、社員生活を助ける様々な制度があります。

一生派遣でいることが難しい理由の一つがこの「福利厚生が弱い」という点です。

賃金が低いので貯金が難しい

もらえる賃金が少ないのはお伝えした通り。

少ない賃金では、生活を回すので手一杯になるので、貯金にまで気を回す余裕がありません。

多くの給与をもらっていればいるほど、将来のための貯蓄もできるようになるのです。

将来の貯蓄がないということは、それだけ安定しない要因となってしまいます。

大型連休を楽しめない

大型連休に回すお金がないので、連休も楽しくありません。

大型連休でお金を使ったとしたら、その翌月が辛いです。

そもそも派遣社員は「時給制」なので、勤務日数が少ないということは、それだけもらえる給与が減るということを意味しています。

世間が連休で盛り上がる中、気分が盛り下がってしまうのはかなり辛いですよね。

一人暮らしはかなりきつい

派遣社員の状態で一人暮らしは、実際かなり辛いです。

家賃など生活費、交際費や娯楽に使うお金、その他出費を給与から差し引けば、あっという間に給与は無くなってしまいます。

実家ぐらしなら多少は安定するでしょうが、いずれにせよ将来性は乏しいです。

派遣先が見つからないリスク

一般的な派遣社員は、派遣会社に登録して、登録先の派遣会社から派遣先企業を紹介してもらう形です。

しかし問題はこの派遣先企業が、スムーズに紹介されないパターン。

派遣先企業が決まらない期間は、当然給与が発生しませんからその間収入は完全にストップしてしまいます。

先程伝えた「生活だけで手一杯である」ことと合わせて考えると、派遣先が見つからないことはかなり危険です。

ちなみに、年齢を重ねるほど派遣先企業を紹介してもらいにくくなります。

これでは、一生派遣でいるのがいかに難しいかおわかりいただけるでしょうか。

派遣先から切られてしまうリスク

派遣社員の立場は弱いです。

派遣先企業としては、いてもいなくても良い存在。

そのため、常に「契約が切られる」リスクを考えながら働かなくてはなりません。

安定して長期間働くなんてことは、派遣社員のままでは難しいです。

今後の自分の人生を考えて働き方を決めよう

派遣社員として今後も働くことは可能です。

しかし、年々難しくなる派遣社員としての勤務。

私個人の意見としては、長期的な働き方の目安を立てて別の働き方に切り替えることをおすすめします。

年々派遣社員で働くのが難しくなる

さきほども少し言いましたが、年を重ねるほど派遣社員として働くのは難しくなります。

年齢を重ねても働ける派遣求人があるものの、やはり派遣社員として働く上以上、若者のほうが有利です。

一生派遣でいることが難しい理由が、年々派遣社員で居づらいことも挙げられます。

結婚前提で派遣として働く

現在派遣社員で働いている独身の女性の多くが「将来的には結婚を前提に考えている」人が多いでしょう。

確かに、「結婚相手と出会う」目的で派遣社員として働くことは、実はとても効率が良いです。

安定企業の若者とコンスタントに出会える。

一定期間で別の企業に移れる。

いい意味で派遣社員は声をかけやすい。

などなど、派遣社員は効率よく出会える理由があります。

そうでなくても、結婚を機に派遣社員を卒業する方は少なくないのです。

いずれ正社員になる前提

今現在派遣社員として働いているとしても、今後いつか正社員へ働き方をシフトする前提…という方は多いのではないでしょうか。

派遣社員より正社員のほうが安定していることは、さきほど繰り返しお伝えした通りです。

「派遣社員は嫌だ。正社員になりたい」

と考えているなら、正社員へ働き方を切り替えるための行動を今から起こすべきです。

紹介予定派遣として働く

近い将来正社員に切り替わる前提の派遣社員「紹介予定派遣」がおすすめです。

派遣会社に登録するだけで、派遣会社へ勤務できる一般的な登録型派遣とは違い、紹介予定派遣は派遣先企業に「登録予定派遣」として勤務がはじまります。

「正社員雇用」を前提としていることもあり、紹介予定派遣として働くには面接などの採用試験をクリアしなくてはなりません。

紹介予定派遣としての契約期間が終わった段階で、派遣先企業が派遣社員を正式に正社員登用するか決めるのです。

正社員求人で就職

そもそも最初から、派遣社員を離れて正社員求人から就職するという手もあります。

あなたが若者ならば、学歴にあまり関係なく正社員として働くことができるはず。

未経験でも働くことができる求人を多く取り扱っている転職サイト、エージェントの利用がおすすめです。

なるべく早めに正社員への切り替えを行ってしまいましょう。

ハタラクティブ

特に20代の求人取扱が多いのがハタラクティブ。

ハタラクティブなら、学歴、職歴などに関係なく、正社員求人を紹介してもらうことができます。

自分の経歴に自信のない若者はぜひ、ハタラクティブへ登録して相談してみてください。

ハタラクティブの使い勝手は?サポートの充実性は?
ハタラクティブは20代の転職に特化した転職エージェント。正社員経験がなくとも、別のスキル、ポテンシャルがあれば、フリーターでもハタラクティブがサポートしてくれます。
doda

人材大手企業PERSOLが運営する「doda」もおすすめです。

豊富な求人や、担当コンサルタントの手厚いサポートなど、派遣社員の正社員登用を助けるポイントが盛りだくさんです。

「一生派遣は嫌だ」

と思った方はぜひdodaへ登録して相談してみてください。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

「一生派遣」でいるのは難しい

一生派遣でいる未来について、今回一緒に考えているわけですが、はっきり言って一生派遣でいることはかなり難しいです。

一生派遣として働く未来は難しいです。

今後の人生をより良いものにするためにも、派遣社員として働いた後の未来について少し考えてみましょう。

独身でも蓄えは難しい

「独身なら一生派遣でも大丈夫」なんて考える方もいますが、たとえ独身だろうとなんだろうと派遣社員として働き続けるのは難しいです。

独身でいるならなおさら、助けてくれる家族がいないわけですから、自分を助けるためのお金の蓄えが必要になるのです。

しかし何度も言っているように、派遣社員でお金を蓄えるのは難しいです。

独身で安定して暮らすならむしろ、正社員として働くほうがいいのです。

独身でやっていくのは、「自分を助けるだけの力が必要」なのです。

スキルを身に着けて雇用形態切り替えが無難?

派遣社員として今度も働き続ける方は、派遣社員を続ける中で後々役立つスキルを身に着けて、折を見て正社員への雇用形態切り替えを狙うのがおすすめです。

派遣社員で働きながら資格を身に着けて、自分の希望する業界で正社員登用を狙う。

先程紹介した「紹介予定派遣」など、選択肢はいくつかあります。

いつまでも派遣社員として働くのはあまりにもリスキーです。

「なんとなく派遣」はやめてください!

くれぐれも、「なんとなく派遣で働く」のだけはやめてください。

派遣社員として働くなかにも、明確な将来のビジョンを持つこと。

「なんとなく」で生きていても、いつかどこかで限界が来て頭打ちな未来がみえています。

まとめ

一生派遣でいることの難しさについて、今回説明していきましおたが、理解していただけたでしょうか。

「独身だし、一生派遣でもなんとかやれるだろう」

そんなわけはありません。

年齢を重ねるごとに年々厳しくなる派遣社員としての勤務、派遣社員として働くなかで貯蓄の難しさ、一生派遣がいかに難しいことか今回の記事でわかっていただければ幸いです。

コメント