医療事務の転職を成功させる志望動機は?書き方のコツと例文を紹介!

医療事務①医療事務

医療事務は、医療現場に欠かせない存在です。

ライフワークバランスの観点から、結婚や出産などのライフイベントがあっても続けることができるという理由で女性にも人気の職種です。

医療事務に転職をしようと思った時に、志望動機は欠かせません。

志望動機を書くにはいくつか気を付けたいポイントがあります。

医療事務の仕事内容と適性を理解し、自分の経験を振り返って「会ってみたい」「採用したい」と思ってもらえる志望動機を作成しましょう

転職するうえで知っておきたい医療事務の仕事内容

病院やクリニックなどの医療機関で働く事務職を医療事務といいます。

医療事務の主な業務内容は以下の3つです。

  1. 受付・会計業務
  2. レセプト業務
  3. クラーク業務

それぞれの業務を詳しく紹介していきます。

①受付・会計業務

受付窓口の対応業務全般をおこないます。

来院した患者さんの保険証や、診察券の確認をします。

問診表の記入をお願いしたり、患者さんが訴える症状をもとに診療科の案内をしたり、診察後は診療費の徴収をするのも医療事務の仕事です。

患者さんと接する機会が多いので、安心感を持てるように細かな気配りや思いやりの心、コミュニケーション能力が求められる

②レセプト業務

医療事務の中でも、専門的なスキルが必要です。

医療費の支払いに関する業務をおこないます。

レセプトと呼ばれる、医療機関が保険者に請求する医療費の診療報酬明細書に関わる業務です。

レセプトの作成から点検、医師への確認、保険者への請求までを担当します。

医療機関名のほか、傷病名、おこなわれて処置や薬に応じた診療報酬点数などが記載されています。

③クラーク業務

外来で患者さんと医師・看護師の間にたって橋渡しをしたり、病棟での事務作業全般をおこなったりします。

「外来クラーク」「病棟クラーク」があります。

外来クラークの業務は、患者さんの呼び出しやカルテの準備、診察室への案内です。

病棟クラークは入退院の手続きや食事の管理をおこないます。

患者さん、医師、看護師への気配りのほかに、医師や看護師の指示に迅速に対応する行動力が求められます。

医療事務の転職で求められるスキル

医療事務②

医療事務の業務をおこなっていくなかで、求められるスキルがあります。

スキルを理解して、自分の今までの経験からアピールできるスキルがあれば積極的にアピールしていきましょう。

求められるスキルは以下の4つです。

  1. コミュニケーションスキル
  2. 適格な業務遂行スキル
  3. パソコンスキル
  4. スケジュール管理能力

①コミュニケーションスキル

体調不良を訴える患者さんをフォローしながら、医療スタッフの事務作業をサポートするので、丁寧なコミュニケーションが求められます。

また、忙しいときにも冷静で迅速な行動が重要です。

自分がケガや病気をしたときに、医療事務のひとに無表情で事務的な対応をされたらどう思いますか?

病院やクリニックの信用にも関わりますので、医療事務のコミュニケーションスキルは大切です。

患者さんの痛みや不安を理解して、ひとりひとりに合わせた対応が求められます。

②適格な業務遂行スキル

お金に関わる業務をおこなうため、ミスは許されません。

レセプトが適正なものでなければ、審査支払機関から支払いを受けることができなくなってしまいます。

レセプトの内容に記載漏れや誤った記載があると、レセプトを差し戻されてしまい、再度審査を受けなくてはいけません。

正確性が求められますし、カルテや検査結果の取り違いが起こらないように業務フローを遵守して確実に仕事を進めることが大切です。

③パソコンスキル

医療事務では、パソコンの使用が不可欠です。

カルテも電子カルテも利用している病院がほとんどですし、データ入力もおこないます。

レセプト業務では、「レセプトコンピューター」と呼ばれる、レセプト作成用のパソコンソフトを使用します。

レセプトコンピューターは、患者さんの情報や診療内容を入力するだけで、外来会計用の領収書や診療報酬請求に使用するレセプトを一括で作成できます。

操作自体は簡単ですが、未経験の方は一から作業を覚えなくてはいけません。

パソコンに慣れておかないと、医療事務の業務は難しいです。

④スケジュール管理能力

レセプトの提出は、毎月10日までにおこなわなければならないと決められています。

1日から10日までの間は、日常業務に並行してレセプト点検業務もおこないます。

来院患者が多い大きな病院では、この期間は非常に忙しいです。

10日までにレセプトの提出が終わるように、計画的に業務を進めていかなければなりません。

「この患者さんはもう今月来院しないから先にレセプト点検を済ませておこう」といった先読みをするスキルも求められます。

医療事務への転職を成功させる志望動機のポイント

志望動機

志望動機を作る際には、以下の4つのポイントがあります。

  1. 医療事務で働きたい理由を明確にする
  2. なぜその病院を選んだのかを明確にする
  3. キャリアステップを考える
  4. 自分の強みをどう活かしていくかアピールする

ポイントを押さえた志望動機を作成することで、採用の可能性が高くなります。

それぞれ詳しく解説していきます。

①医療事務で働きたい理由を明確にする

医療事務という職種以前に、なぜ医療業界を志望しているのかを明確に伝えましょう。

医療業界に興味を持ったきっかけを、自分の経験と医療業界の接点を具体的に記載してください。

前職で医療業界と接点がある場合にはその経験でもいいですし、接点がなかった場合には自分が病院に通って感じた経験でも良いです。

②なぜその病院を選んだのかを明確にする

この病院で働きたいという本気度を伝えるために、志望する医療機関の情報収集や研究してきたことをアピールします。

志望している医療機関についてホームページを確認して、院長の考え方やクリニックのビジョンを調べてください。

地域医療に力を入れている病院、専門治療に特化している病院など、志望しちる病院の特性を知りましょう。

③キャリアステップを考える

転職によってどのようなキャリアを形成したいのかも伝えましょう。

キャリステップを伝えることで、意欲がありしっかりとしたビジョンを持って転職活動に臨んでいることが伝わります。

採用担当者にとって一番困ることは、採用してもすぐに辞められてしまうことです。

長期的で具体的なプランを話すことで、長く働きたい意思をアピールできます。

④自分の強みをどう活かしていくかアピールする

自分の経験、能力、スキルを応募先でどのように活かせるかをアピールします。

採用担当者は、応募者を採用することで病院にどんなメリットがあるかを考えて採用を決めます。

自分の今までの経験、スキルを活かして病院やクリニックにどんな貢献ができるのかを伝えましょう。

医療事務への転職で必要な志望動機の注意点

医療事務③

医療事務への志望動機で、気を付けなければいけないポイントが3つあります。

  1. ありきたりな内容
  2. 病院やクリニックの理念と違う内容
  3. 待遇面ばかりに着目している内容

それぞれ詳しく解説していきます。

①ありきたりな内容

採用担当者は何人もの志望動機を聞いています。

みんなと同じような、ありきたりな志望動機では採用担当者の印象に残りません。

応募者自身のオリジナルの志望動機を求めていますので、自身の経験を織り交ぜて、自分だけの志望動機を作成しましょう。

②病院やクリニックの理念と違う内容

理念は、働いていくうえで軸になる大切なものです。

理念と違う内容を志望動機に書いてしまうと、採用しても業務に不満を持たれるのではないか、求めている働き方を嫌がるのではないかと不信感を持たれてしまいます。

また不信感だけではなく、理念はホームページを見ればわかることなので、企業研究が足りないとも思われてしまいます。

意欲が乏しいとの判断を受も受けてしまうので、病院やクリニックの理念に当てはまる内容の志望動機にしましょう。

③待遇面ばかりに着目している内容

「給与が高い」「休みが多い」など待遇面ばかりに着目した内容では、同じ待遇なら他の病院でもいいのではないかと思われてしまいます。

また、給与や休みの待遇面は応募者からのメリットではありますが、採用側にはその人を採用することによってどんなメリットがあるのかが伝わりません。

待遇の良さを重視したい気持ちもわかりますが、それだけが動機にならないようにしましょう。

医療事務に転職する際の志望動機例文

以上のポイントと注意事項を踏まえて、実際に例文を紹介いたします。

例文を参考にして、自分らしい志望動機を完成させましょう!

未経験者の場合の志望動機

前職では総務事務として2年間、資料の作成や接客、電話対応などをおこなってきました。
より専門的なスキルを身に付け、お客様とコミュニケーションが取れる仕事がしたいと思い医療事務を志望いたしました。
貴院は地域医療の充実に取り組んでおり、子どもから高齢の方まで、幅広い年年齢層の患者さんが通院されているとお聞きしました。
貴院を頼りにしている地域の方から、心の拠り所にしてもらいたいと思っています。
総務事務として身に付けた事務処理能力やコミュニケーション能力を活かし、貴院で患者様のお役に立ちたいと考えております。

未経験の場合は、異業界からの転職になります。

なぜ医療業界を志望しているのか、理由を記載してください。

また、未経験でも今までの経験の中で医療事務として活かせる業務経験があれば、具体的に記載しましょう。

医療事務で役立つ業務経験を伝えることによって、採用後にどのような業務で活躍してもらえるか、イメージができます。

また、志望する病院の特性をホームページで調べて、共感できる点について自分の経験と紐づけましょう。

経験者の場合の志望動機

前職では内科クリニックで、3年間医療事務をおこないました。
受付・会計業務以外にも、レセプト業務、クラーク業務にも従事してきました。
知識とスキルの向上のために、「医療事務管理士」の資格も取得いたしました。
更なるスキルアップのために、さまざまな診療科がある貴院で前職の経験を活かして貢献していきたいと考えております。
ゆくゆくは新人や後輩の育成、指導をおこなえるリーダーとして活躍できるようになりたいと思っています。

経験者の場合は、同じ職種へ転職する理由が明確になるように伝えましょう。

今まで経験した業務内容と次の職場で身に付けたい経験、スキルを記載することで同じ職種へ転職する理由が伝わりやすいです。

「細分化されていた業務しか担当できなかったので、他の業務も対応できるようにしたい」

「専門分野の診療しかおこなっておらず、より幅広い患者さんをサポートしたい」

などという理由を伝えましょう。

次の職場で積み重ねたい経験について書き、自分や家族の経験を踏まえて、その病院にこだわりたい理由があると尚良いです。

医療事務に転職する際のNGな志望動機例文

安定した環境で長く働きたいため、医療事務を志望しています。
貴院は他の病院よりも給与が高く家からも近いため、長く働くには最適な環境だったため志望いたしました。
医療事務は未経験ですが、コミュニケーション能力には自信があるので窓口業務に向いていると思います。

待遇面のことだけしか書かれていない志望動機はNGです。

やる気がないように受け取られてしまいます。

なぜ医療業界を志望しているのか、自分の経験をどう活かせるのかを具体的に記載しましょう。

医療事務への転職は面接も大切

面接②

志望動機が完成し、書類選考を通過できたら次のステップは面接です。

未経験者の方は特に面接が重要になりますので、面接のポイントも押さえておきましょう。

「資格も経験もないから不安…。」という方もいるかもしれませんが、面接に進んだということは応募した病院やクリニックがあなたのことを気になっているということです。

面接では、志望動機や履歴書でわかるスキルや経験ではなく、ポテンシャル評価に重きを置いています。

仕事への意欲や挑戦したいこと、自分の強みをアピールしましょう。

医療事務は、患者さんだけではなく医師や看護師など多くの人と関わる仕事です。

職場環境やチームに馴染めるが判断するためにも、コミュニケーションスキルも評価の対象ですので、積極的にアピールしていきましょう。

医療事務の転職には志望動機が重要

志望動機は、自分のスキルややる気をアピールするために最も効果的です。

応募先の病院やクリニックの理念をしっかり把握して、当てはまるスキルをアピールしていきましょう。

志望動機のポイントは以下の4つです。

  1. 医療事務で働きたい理由を明確にする
  2. なぜその病院を選んだのかを明確にする
  3. キャリアステップを考える
  4. 自分の強みをどう活かしていくかアピールする

ポイントを押さえて効果的な志望動機を作成し、医療事務への転職を成功させましょう!

医療事務の転職におすすめのエージェント5選!転職時にチェックしておきたいポイントとは?
憧れの医療事務に転職したい…! それならば、医療事務の転職に強いエージェントを利用することが大切です。 今回は、医療事務への転職を考えている方向けに、おススメのエージェントをご紹介していきます。 この記事で分かること ...

コメント