医療事務は未経験でも転職できる!転職を成功させるコツを紹介!

医療事務アイキャッチ医療事務

医療事務は病院やクリニックの受付業務から、レセプトと呼ばれる保険請求までおこないます。

デスクワークで安定している医療事務は、女性にも人気の職種です。

そのため転職を考える方も多いですが、医療業界となると専門的な知識が必要で未経験での転職は無理なのではと思うかもしれません。

しかし、医療事務の経験がなくても転職は可能です!

未経験で医療事務に転職している方もたくさんいます。

今回は、未経験から医療事務への転職を成功させるコツを紹介いたします。

転職するなら知っておきたい医療事務の業務内容

まずは医療事務の業務内容について知っておきましょう。

医療事務の業務は、大きく分けて以下の4つがあります。

  1. 受付・案内
  2. 会計
  3. レセコン業務
  4. カルテ管理

それぞれ詳しく紹介していきます。

①受付・案内

受付は、患者さんにとって病院の第一印象が決まる一番大切な業務です。

初診の患者さんには診療申込書を記入してもらい、再診の患者さんには診察券や保険証を提示してもらいます。

病院によっては、紹介状の発送や院内資料の作成もおこなうこともあります。

患者さんと直接やり取りをしますので、コミュニケーション能力と臨機応変な対応力が重要です。

②会計

診察後、診療報酬の点数から医療費を算出します。

医療機関の会計であるため、ミスなく円滑に進めることが求められます。

診療報酬点数表は2年ごとに改定されるため、改定のたびに見直しが必要です。

大きな医療機関では受付と会計の担当がわかれていますが、中小の医療機関では同じ人が兼ねていることもあります。

会計業務だけをおこないたいという方は、大きな医療機関に応募しましょう。

③レセコン業務

会計で算出された医療費は、診療報酬明細書に記載されます。

この診療報酬明細書をレセプトといい、レセプトを作成するコンピューターをレセコンといいます。

レセコンを使って、患者が受けた診療の内容と点数を入力していく業務です。

月末になると、保険者ごとにレセプトを合算して各保険者へ医療費を請求します。

レセプトを合算する業務と日常業務を並行しておこなうため、マルチタスクスキルが必要です。

レセコン業務は医療機関にとってお金の出入りをおこなう場所ですので、医療事務の仕事の中でも非常に重要な位置を占めています。

レセプトに不備があると、差し戻されてしまい再度審査を受けなくてはいけません。

正確性と、確実に仕事を進めていくことが求められます。

④カルテ管理

カルテには患者の症状やどのような処置をしたのか、経過はどうかといったことが記載されています。

治療を進めるにあたってカルテは必須ですので、カルテ管理は重要な業務です。

ほとんどの病院で電子カルテを導入しているので、電子上で膨大なデータを管理しています。

その膨大なデータを医師や看護師が使いやすいように分類、保管するのも医療事務の仕事です。

医療事務が未経験でも転職できる理由

医療事務の受付

医療事務というと受付業務のイメージが強いかもしれませんが、他にも多くの業務があります。

病院やクリニックでは、業務内容が幅広いため、医療事務はさまざまな仕事に携わっています。

仕事をしながら必要な知識を学んでいくことができるため、経験が問われないことが多いです。

しかし、経験がなくても応募できる分、資格や求めているスキルがあるかを見られています。

未経験から医療事務に転職できるメリット

冒頭でも述べたように、医療事務は安定しており人気の職種です。

具体的に医療事務で働くメリットが以下の2つありますので、それぞれ詳しく紹介します。

  • 一生働ける専門的なスキルを身に付けることができる
  • ワークライフバランスのとれた働きができる

一生働ける専門的なスキルを身に付けられる

デスクワークが中心ですので、年齢を問わず働くことができます。

実際に、医療事務で働いている人の年齢層も幅広いです。

医療機関は身近なものなので、皆さんの近くに必ずありますよね。

不景気だから病院に行かないということもないので、一度知識やスキルを身に付ければ景気に左右されず一生続けられる仕事です。

ワークライフバランスのとれた働きができる

一般的な企業と比較すると、ワークライフバランスのとれた働き方がしやすいです。

医療事務は、病院が閉まる時間が決まっているため残業も休日出勤もほとんどありません。

正社員だけではなくパートや派遣社員での勤務者も多いので、自分の生活に合わせて勤務形態を選べます。

子育てや結婚などのライフイベントがあっても働けるというメリットがあります。

未経験者から医療事務への転職で身に付けておきたいスキル

図解

医療事務の転職で求められるスキルは、以下の3つです。

この3つをアピールできれば採用の可能性が上がりますので、転職の前にスキルを身に付けておきましょう。

  1. コミュニケーションスキル
  2. パソコンスキル
  3. 薬や医療報酬制度の知識

①コミュニケーションスキル

病院に来る患者さんは、ケガや病気などで不安を抱えている方が多いです。

不安を抱えて病院に来ているのに、受付で不愛想な対応をされたら病院に通いたくなくなってしまいます。

機械的に受付業務をおこなうのではなく、不安を和らげ安心感を与える対応をしましょう。

患者さんだけではなく、医師や看護師が円滑に業務を進められるようにサポートをすることも医療事務の仕事です。

医療行為をおこなわなくても、立派なチームの一員ですので、他のスタッフと連携して仕事をスムーズに回していくコミュニケーションスキルが求められます。

②パソコンスキル

レセプト業務はパソコンを使った作業がメインです。

電子カルテでもパソコンを使いますし、パソコンのスキルは必須です。

高度なスキルが求められるわけではないですが、入力や基本操作ができなければ仕事が進められません。

レセプト業務をおこなうレセコンは、未経験の方は一から作業を覚える必要があります。

操作自体は簡単ですが、パソコンに苦手意識がある方は覚えるのに時間がかかってしまいます。

③薬や医療報酬制度の知識

医療事務に特別な資格は必要ありません。

しかし、最低限の知識は必要です。

レセプト業務では検査結果やカルテ、会計用伝票の整理や入力作業をおこないます。

内容に誤りがあった時に、薬や医療保険制度に関する知識がないとそもそも誤りに気づけません。

また、患者さんに医療保険制度の説明が必要な場面もあります。

そこで説明ができないと、本当に大丈夫なのかと患者さんも不安になってしまいます。

わかりやすく説明できて、患者さんに安心感を与えられる知識を備えておきましょう。

未経験から医療事務に転職するための4つのポイント

医療事務②

人気の医療事務ですが、以下のポイントをおさえることで未経験からでも採用の可能性が高まります。

  1. 採用担当の心に刺さる自己PRを作成する
  2. 医療事務で役立つ基礎知識を学ぶ
  3. 職業訓練を受講する
  4. 早めに行動する

①採用担当の心に刺さる自己PRを作成する

医療事務に必要なスキルを自己PRに記載します。

転職では応募書類でどれだけ自分をアピールできるかが重要ですので、前職での経験や自身が病院に通ったときの出来事など、具体的に伝えましょう。

自分なりの自己PRポイントを見極めて伝えてください。

②医療事務で役立つ基礎知識を学ぶ

医療事務が未経験だからこそ、知識を身に付けておきましょう。

医療事務は医療の知識が必要になりますので、どうしても経験者のほうが有利になってしまいます。

しかし、医療事務に関する資格を取得したり、関連する勉強をしたりすることで、即戦力として判断してもらえます。

③職業訓練を受講する

離職中の場合のみになってしまいますが、職業訓練校で医療事務の資格を取得することもできます。

職業訓練校では、無料で講座を受けることができるメリットがあります。

ただし、医療事務が人気の職種な分、職業訓練校での講座も人気です。

競争率が高いことも把握しておきましょう。

④早めに行動する

医療事務の仕事は人気が高いため、競争率も高いです。

資格を取得しようと思っても、勉強するのも時間がかかります。

未経験からの転職では若いうちに転職をしたほうが有利ですので、医療事務で働きたいと思ったらはやめに行動しましょう。

医療事務未経験者でも取れる転職に有利な資格

医療事務

医療事務が未経験でも、資格を持っていると即戦力として採用される確率が上がります。

医療事務のスキルを証明できる資格は、以下の4つです。

  1. 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)
  2. 医療事務管理士技能認定試験
  3. 診療報酬請求事務能力認定試験
  4. 医療事務認定実務者

①医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)

医療機関での受付業務や、診療報酬請求事務業務のスキルを問われる試験です。

医療事務の資格の中で最も有名で、日本最大級の医療事務試験です。

日本医療教育財団が主催しており、医療業務に関する業種能力と知識を判断されます。

40年以上の歴史があり、医療事務資格といえばこれ!という資格ですので、医療事務への転職を考えている方は取得しておきたい資格です。

②医療事務管理士技能認定試験

医療事務管理士技能認定試験は、日本で最初にできた医療事務資格です。

分野に関わらず、医療関係で幅広く認知されています。

技能認定振興協会(JSMA)が実施しており、主に医療保険制度、診療報酬の仕組みについて知識を持ち、正確な算定をすることができる能力と技術を証明するものです。

③診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務に従事する人材の質向上を目的とした試験です。

公益財団法人日本医療保険事務協会が実施しており、全国一斉統一試験で厚生労働省が唯一認定した資格です。

医療保険関係各法の理解や法律、通知の読解力を基礎に医療に関する幅広い知識が求められます。

特に、診療報酬点数は2年に1度改定されるため、最新の点数表の算定と処理能力が必要です。

④医療事務認定実務者

全国医療福祉教育協会が実施する試験です。

接遇、マナーなど受付業務に求められる知識とスキルの向上を目的としています。

医療機関における各種制度、業務の流れ、診療報酬に関する知識、診療報酬明細書の作成技能を求められます。

試験では珍しいですが、在宅で受験することが可能です。

忙しくて受験会場まで行く時間がないという方でも受験ができます。

医療事務の総合的な慣例が身に付きますので、初心者におすすめの資格です。

医療事務未経験者は転職エージェントを利用しよう

人事担当者-笑顔

未経験から医療事務への転職を成功させるには、転職エージェントの利用をおすすめします。

未経験でも応募可能な求人を紹介してくれますし、応募書類の添削や面接の練習もしてくれます。

医療事務への転職におすすめの転職エージェントサービスは、以下の3つです。

  1. doda
  2. マイナビエージェント
  3. リクルートエージェント

①doda

dodaは、取り扱い求人数が10万件と豊富です。

dodaの一番の魅力は、サポートが二人体制という点です。

通常は専任のアドバイザーだけですが、dodaではもうひとり、採用プロジェクト担当がつきます。

初めての転職という方や、未経験で不安という方はサポートが手厚いので安心して転職活動をおこなえます。

②マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手のマイナビが運営している安心感があります。

20代~30代の若年層の支援に強く、提出諸対の添削や面接の実技練習なども充実しているのも特徴です。

書類選考でいつも落ちてしまうという方にもおすすめです!

③リクルートエージェント

取り扱い求人が20万件と業界トップクラスです。

求人がないと転職もできないので、とにかくたくさんの求人をチェックしたい方におすすめします。

医療事務に限らず、各業界とのパイプが強いことも特徴です。

転職エージェントサービスについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事で詳しく紹介していますのでチェックしてください。

医療事務の転職におすすめのエージェント5選!転職時にチェックしておきたいポイントとは?
憧れの医療事務に転職したい…! それならば、医療事務の転職に強いエージェントを利用することが大切です。 今回は、医療事務への転職を考えている方向けに、おススメのエージェントをご紹介していきます。 この記事で分かること ...

未経験からでも医療事務への転職を目指せる!

人気の職種である医療事務ですが、必要なスキルをアピールできれば未経験でも転職が可能です。

医療事務の仕事内容を理解し、必要なスキルをアピールしましょう。

医療事務に必要なスキルは以下の3つです。

  1. コミュニケーションスキル
  2. パソコンスキル
  3. 薬や医療報酬制度の知識

未経験だからと不安にならずに、積極的にアピールすることが転職を成功させる秘訣です。

転職が不安な方は、転職エージェントサービスを利用してサポートを受けながら進めていきましょう。

コメント