登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「マイナビエージェント」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
15,492
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
マイナビエージェントの無料登録へ

「派遣先責任者」と「指揮命令者」って何?それぞれの役割と違いは?

派遣社員の基本情報

派遣社員として、勤務先である「派遣先」との契約が決まったら、所属派遣会社から雇用契約書がもらえます。

そこには【派遣先責任者】と【指揮命令者】の名前が書いてあります。

これらの言葉を見て、何のこっちゃ?と思った人もいるでしょう。

この人達には、それぞれ役割があるのだろうけれど、一見何が違うのか分からない人がほとんどでしょう。

今回の記事では【派遣先責任者】と【指揮命令者】についての違いを説明し、どういった時に誰に相談するのか?についても説明したいと思います!

派遣先責任者とは?

派遣先責任者とは、読んで字のごとく「派遣先の責任者」的な役割をしています。

派遣先とは、自分が働いている就業先のことを指します。
(※所属している派遣会社ではないので、ご注意下さい。)

もし派遣先で派遣社員に何かあれば、この人が責任を取ることになります。

その為「派遣に関する知識」や「人事関係に関する知識」を有するような人物が選任されることが多く、総務や人事の責任者が担当していることが多いです。

派遣先責任者の役割について

厚生労働省によると、派遣先責任者の役割には、下記があります。
参考:厚生労働省の資料より

  • 適用される労働関係法令や、締結した労働者派遣の内容などについて周知すること
  • 派遣受入期間の変更通知に関すること
  • 派遣先管理台帳の作成、記録及び保存等に関すること
  • 派遣労働者から申し出を受けた苦情の処理に当たること
  • 安全衛生に関すること
  • 派遣元との連絡調整に関すること

派遣先責任者を選出する必要がある時とは?

下記条件にあてはまる場合には、派遣先で「派遣先責任者」を選出する必要があります。

派遣先が雇用する「社員」と「派遣社員」の人数を足すと、6人以上である

また、派遣社員100人につき「1人以上」の派遣先責任者を選出する必要があります。

例えば派遣先に派遣社員が300人いれば、最低3人の派遣先責任者を選出しなければいけません。

指揮命令者とは?

指揮命令者とは、派遣先で派遣社員に対して「指導」をする立場の人です。

派遣社員の派遣先での「直属の上司」にあたることがほとんどです。

指揮命令者の役割について

指揮命令者の役割は「派遣社員に業務指示を行うこと」です。

仕事のやり方や進め方は、基本的にこの指揮命令者から受けることになります。

様々な人から業務についての指示があると、派遣社員が混乱する可能性があるので、このように「指揮命令者」が設けられているのです。

とはいえ、指揮命令者以外から業務指導をしてもらっても、何も問題はありません。

実際に指揮命令者以外から業務に関する指示があることも、よくあります。

この場合はその人の指示に従い、業務を行いましょう。

「派遣先責任者」と「指揮命令者」は同じ人が兼任しても良いの?

たいていの会社で「派遣先責任者」と「指揮命令者」は別の人が担当しています。

また、それが望ましいとされています。

しかし派遣法から見ても、同じ人が兼任しても特に問題ないことになっています。

派遣社員は「派遣先責任者」と「指揮命令者」のどちらに相談するの?

派遣社員が派遣先で何か困ったことがあった際に、誰に相談すれば良いか分からないことも多いでしょう。

もし、誰に相談して良いか全く見当がつかない場合は、まずは派遣先ではなく派遣元である「所属派遣会社」の担当者に相談しましょう。

「所属派遣会社」の担当者で解決できることであれば対応してもらえますし、他の人に相談するべき内容であれば、誰に相談した方が良いか教えてくれます。

もし所属派遣会社の担当者の対応が不十分だなと感じたら、所属派遣会社の「派遣元責任者」ないしは「苦情処理担当者」に相談をしましょう。
(※派遣先ではなく「派遣元」ですので、注意して下さい。)

それぞれの担当者名は「就業条件明示書」に記載があります。

それでは、就業先である「派遣先」で困ったことがあった場合に「指揮命令者」と「派遣先責任者」のどちらに相談するのかについて、具体例を挙げます。

指揮命令者に相談するとよい内容

  • 派遣先の業務自体についての質問

派遣先責任者に相談するとよい内容

  • 契約期間に関する質問
  • 派遣先の人事・労務に関する質問

まとめ

今回の記事では【派遣先責任者】と【指揮命令者】についての違いを説明し、どういった時に誰に相談するのか?についても説明しました。

派遣社員として雇用されると、所属派遣会社である「派遣元」と、勤務先である「派遣先」の2つが存在するので、複雑です。

その為、誰に何を聞いたら良いのか分からなくなることも多いでしょう。

しかし基本的には、まず所属派遣会社である「派遣元」の営業担当者に相談すると良いです。

そこから【派遣先責任者】に相談するべきか?それとも【指揮命令者】に相談するべきか?が見えてきます。

それぞれの名前については雇用契約書に記載がありますので、何かあった時の為にしっかり担当者名を把握しておきましょう。

万が一雇用契約書をもらっていない場合には、所属派遣会社に用意してもらうようにお願いしましょう。

派遣社員とは?正社員との違いは?どうして「安定しない」と言われがちなのか
「これから派遣社員として働こうかな」 なんて気持ちの方も多いでしょう。 自由度が高く、職種を変えるのも比較的カンタンな派遣社員は、特に女性人気の高い働き方です。 しかし派遣社員は、時折「安定しない」と表されるなど、派遣社員...

コメント