知らないと損をする?派遣社員の基礎知識 誰にも聞けない派遣のメリットデメリット

派遣社員の豆知識

「一生働いていくには正社員でなければならない」そんな正社員の終身雇用神話が日本では通説となっていましたが昨今の経済の流れにより、その終身雇用神話は崩れ始めています。

では正社員として以外に、どのような働き方があるのでしょうか。

「派遣社員」といった働き方も、今後の働き方として選択肢に入れていく必要もあります。

また、今後は様々なライフスタイルが形成されていく世の中で、「正社員」としての働き方が必ずしも自分自身の生活に適しているとも限りません。

そんな時に派遣社員として働く選択をする方も多くなってきています。

ですが、実際に「派遣社員」のシステムはどのようになっているのでしょうか?学校や会社では教えてもらえない派遣社員についての基礎知識を学んで、自分にとって不利にならないように、知識を身に着けていきましょう。

派遣社員と正社員の違いって何?

派遣社員と言われてもいまいちピンとこない方も中にはいらっしゃるかもしれません。

まずは、正社員との違いや、パートやアルバイトとの違いを理解していきましょう。

派遣社員と正社員との大きな違いは、働く会社に直接雇用されているかいないかが挙げられます。

正社員はその会社に直接雇用契約を結び、その会社で働く社員を指します。

一方、派遣社員は「派遣会社」へ雇用契約を結び、その派遣会社から実際に働く会社、いわゆる「派遣先会社」へ勤務する事となります。

そのため、派遣社員は給与や福利厚生は自分が雇用契約を結んでいる「派遣会社」から受けることとなります。

実際に働くのは派遣先会社であるため、仕事の指示などは「派遣先会社」から受けることになります。

仕事内容については派遣先会社と契約をした内容を行うため、契約内容によっては極めて限定的な仕事を任される方や、専門性の高い仕事を行う方もいます。

派遣社員と種類とは?

派遣社員は大まかに3種類に分かれています。

それぞれ雇用内容や働き方等が違うため、派遣社員として働く上で自分がどのスタイルで働きたいのかを理解しておきましょう。

登録型派遣

一般的に多い派遣社員のスタイルとして「登録型派遣社員」があります。

登録型の場合、まず派遣会社が自分の会社へ登録をしてくれる人員の募集を行います。

その後、派遣会社は派遣先会社の求める人材を登録者へ紹介し、派遣先会社とのマッチングを行います。

マッチングが上手くいった場合、派遣会社と派遣先会社は契約を結び、派遣社員が仕事を行います。

契約期間中、派遣社員は派遣会社と雇用契約を結ぶこととなりますが、契約期間が終わると同時に雇用契約は消滅します。

そのため、契約期間中の賃金の発生はありますが、契約期間外は賃金の発生は無くなります。

このようなスタイルを「登録型派遣」と呼びます。

登録型派遣のメリットは、事前のマッチングを行うために自分に合った働き方を選択できる点が挙げられます。

デメリットとして雇用期間は有期となるために、常に契約があるとは限りません。

また、マッチングが上手くいかなかった場合など契約の保証が無いため、契約が決まるまでは無収入になる可能性が生じます。

タイミング良く契約が終了と共に新しい仕事の契約を結ぶことが難しいため、不安定になりやすいと言える点になります。

派遣社員とは?正社員との違いは?どうして「安定しない」と言われがちなのか
「これから派遣社員として働こうかな」 なんて気持ちの方も多いでしょう。 自由度が高く、職種を変えるのも比較的カンタンな派遣社員は、特に女性人気の高い働き方です。 しかし派遣社員は、時折「安定しない」と表されるなど、派遣社員...

無期雇用派遣

無期雇用派遣とは、派遣会社と労働者があらかじめ無期雇用を行い、その後派遣先会社へ派遣するといったスタイルになります。

派遣会社の雇用となるために、雇用する際に一定の基準を定めたり選考を行うことが多いです。

常に雇用されている状態であるために、派遣先会社が無い場合でも派遣会社とは雇用契約があるために毎月の賃金は必ず発生するといったメリットがあります。

また、派遣先企業での契約が終了しても登録型と比べてすぐに新しい派遣先を紹介してもらいやすいといった点があります。

大きなプロジェクトに参加ができたり、専門的な知識が必要となる仕事も多く派遣社員自身の様々なスキルを求められる事があります。

それだけ、やりがいのある仕事となります。

登録型の派遣社員と比べると安定した働き方となっております。

無期雇用派遣という働き方とは?無期雇用派遣のメリット・デメリットはある?
無期雇用派遣という働き方をご存知でしょうか。 無期雇用派遣とは、派遣会社との間に期限を定めることなく雇用契約を結び、派遣社員として働くという働き方です。 「派遣社員は期間が決められた働き方」 という固定概念を打ち破るかのよ...

紹介型派遣

紹介型派遣とは、派遣会社と派遣先会社との契約終了後、派遣先会社は派遣社員の直接雇用を行うとあらかじめ定めている契約を結んだ状態のことを言います。

そのため、派遣先会社は最長6か月間、派遣社員を使用期間として雇うことが可能となります。

派遣社員としても、派遣契約期間にその会社で実際に働くことにより自分に合っているかをじっくりと見極めることが可能となります。

「いずれどこかの企業に直接雇用されたい」と考えている方向けの契約となります。

但し、注意が必要なのは契約終了後に直接雇用をする契約となっていますが必ずしも「正社員」や「無期雇用」での雇用になるとも限りません。

その点は注意したうえで、紹介型派遣を選択するようにしましょう。

「紹介予定派遣」とは?基本的なルールと派遣との違いを詳しく解説!
フリーランスの時代と言われる昨今ですが、安定した雇用を求めるのであれば、やはり企業の正社員が一番です。 しかし、先行き不透明な時代において、企業は正社員を雇用する負担が大きくなっているので、負担の少ない「派遣社員」を雇う状況になってい...

知っておくべき!新派遣法について

「新派遣法」について、一時期ニュースを賑わせていたのは記憶に新しいと思います。

ですが実際に「新派遣法」と言われてもいまいちルールが分からない方が多いのではないでしょうか。

概要についてざっくりと解説していきましょう。

いわゆる「新派遣法」と呼ばれるものは2015年に施行された労働者派遣法の改正のことで、
原則3年以上同一の派遣先に派遣社員として働いてはならない、という法律になりました。

そのため、派遣先の会社は同じ派遣社員を使い続けるために直接雇用をするか、もしくは
派遣を辞めてもらい、新しい別の人を新たに派遣社員として雇うかの二択になってしまいました。

本来、法改正の趣旨としては3年以上同じ職場で働いてきたのだから十分その職場でのスキルを身に着けたのだし、直接雇用に切り替え派遣社員の生活の安定を図るといった意味がありました。

ですが、企業としては直接雇用にかけるコストよりも新しい派遣社員を新たに雇いなおした方が安く済むと考えてしまう場合もあり、契約が終了してしまう場合も少なくありません。

派遣社員としても、派遣先で培ってきたスキルも契約終了と共に失ってしまいます。

派遣社員として働いていくうえで、このルールはしっかりと頭に入れておくことが大事です。

派遣社員から社員になれるの?

派遣社員として働き、「この会社でずっと勤めたい」と思うこともあるかと思います。

社員になれるかどうかが分からなくて不安を抱く方もいるかと思います。

先述の通り「新派遣法」により3年以上同一の派遣先に派遣社員として働いた場合、派遣会社は派遣先に今後は直接雇用をするかそれとも派遣契約を終了するかの打診を行います。

派遣社員自身も派遣会社から直接雇用されたいかそれとも契約を終了するかの打診がされます。

自分自身が直接雇用を希望する場合、派遣会社にその意思を伝え派遣先との意見をすり合わせ、最終的に直接雇用になる場合、雇用条件の提示があります。

ここからは派遣先企業と本人との雇用契約になるため、雇用条件はしっかりと把握したうえで最終判断を行うことになります。

「直接雇用」といっても社員にも様々な種類があるため、注意が必要です。

無期雇用ではない有期契約の「契約社員」や「パートタイム社員」での打診がある場合もあります。

折角派遣社員として勤めてきたキャリアを、派遣社員の時よりも悪い条件で雇用してしまわないように自分自身がどのような働き方をしたいかを含めたうえで契約を行うようにしましょう。

また、紹介型派遣での雇用の場合は、あらかじめ契約に直接雇用をすることが含まれているため、社員を目指す場合は紹介型派遣で働くことも良いでしょう。

但し、この場合も必ず正社員とは限りません。

直接雇用と言えど、慎重に雇用契約を見極めて契約を行うようにしましょう。

派遣社員としての大きなメリットは?

ライフスタイルに合った働き方

正社員で働くというのは、安定した働き方とは言えます。

ですが勤務時間や責任等時に重くのしかかることも多くあります。

派遣社員として働く際は、自分の条件に合った働き方が選べるといった大きなメリットがあります。

個々人のライフスタイルに合った働き方を選択できるのはとても大事な事です。

例えば子供が小さいから休日出勤や残業はできない、けれども培ってきたスキルを活かしていきたいと考えている方などは、今現在はセーブした働き方を行い、将来的に働く時間を増やすことができたり正社員を目指したりしていく事も派遣社員であれば可能になります。

正社員として働くのは難しい、けれどもパート社員では物足りないといった方に向いている働き方ではないかと思います。

職場環境の適度なリセット

また、直接派遣先の社員ではないために人間関係に気を遣うこともなく、契約期間が終わればその企業とは関係が無くなるために、気を使わなくて済むと考えて派遣社員を選ぶ方もいらっしゃいます。

どんなにあこがれた企業だったり、一流の企業で働いても人間関係が原因で悩まれている方は多いですよね。

仕事とは関係ない場面で気を使ったり、会社行事でプライベートを使ったりすることが苦手でも「ずっと働いていくため」に無理をしてしまう方もいらっしゃると思います。

だからといって簡単に仕事を辞めることもできずに悩んだりと、直接雇用されることによってかえって窮屈な思いをすることもあります。

派遣社員であれば、そういった煩わしさが減少するために働きやすいと感じている方も多いと聞きます。

スキルアップを目指せれる

様々な職場を体験することでスキルアップをすることができると実感されている方も多いです。

一つの会社では体験できない様々な業種に関わることができ、時には大規模なプロジェクトなどに参加することができたりと派遣社員ならではの経験を積むことができます。

そのために、様々な知識を得ることができ、人間的にも大きな成長をすることができるのも派遣社員の醍醐味の一つではないでしょうか。

どうしても、一つの企業に長く務めていると同じ環境で同じ仕事を続けていく事となります。

様々な会社でスキルを磨きたいと思い、派遣社員として働く選択をされる方もいます。

派遣社員で働くことは、直接雇用とは違ったメリットも多くあるために、自分自身の生活スタイルや性格などを含め、選択肢の一つとして考えておくと良いでしょう。

派遣社員として働くには?

派遣社員として働くには、まず、自分自身がどのスタイルで働きたいかをしっかりと意思づけておきます。

派遣会社へ登録する際に自分がどのように働きたいかを伝えることで派遣先とのマッチングを成功させることが可能となります。

また、自分が何を目指していくかを考えておくことも必要です。

一時的に仕事を行いたいか、安定した働き方をしたいか、はたまた正社員を目指していきたいかを考え自分の考えに合った派遣会社の選択をすることが必要となります。

自分の方向性が決まったら、自分に合った派遣の種類に強い派遣会社へ登録を行います。

その後、派遣先の紹介を受けマッチングを行い、契約を締結させます。

様々な派遣会社がありますが、自分のスキルや働き方によって派遣会社との相性も変わってきます。

特に、登録型の派遣の場合は一つの派遣会社ではなく複数の派遣会社へ登録する方は多いです。

それぞれの会社で保有している顧客が違うため、できるだけ多くの企業とマッチングする機会を増やしたいと考えている方は複数登録をすると良いでしょう。

どのような働き方を選ぶにしても、派遣社員として働くために、まずは派遣会社へ相談することが大切です。

派遣会社どこがいい?会社選びで重視するべきポイントを紹介
登録型派遣という働き方は、基本的に派遣会社に自分の情報を登録しておけば、派遣会社から派遣の仕事を紹介してもらえる、という働き方。 ということは、自分の希望する条件の仕事を紹介してくれる、福利厚生が整っているなど働きやすい派遣会社を選ぶ...

まとめ

一口に「派遣社員」と言えど、その実態は様々な働き方があり、そして制度も複雑になっております。

自分自身が今後どのように働いていきたいかを考えたうえで、しっかりと派遣社員の仕組みを理解し派遣としてのメリットを最大限に生かして働いていく事はとても大切です。

また、多種多様のライフスタイルがあるように働き方もより柔軟に考えて、様々な選択を考えていく必要があります。

一概に「正社員であればいい」といった考えは改めて見直していく必要がある時代になってきています。

派遣社員とは、働き方の一つとしては優れた点も多く、決して正社員と比べて劣るといった事はありません。

むしろ、今後の時代に合った働き方とも言えます。

よく、派遣社員は「人」ではなく「物」として扱えと言われる事があるかと思います。

ですが決してそのような事はありません。

働き方を柔軟に捉え、高いスキルを保有し様々な経験を得ることができるのが派遣社員であり、仕事のための道具ではありません。

ここで紹介した通り、メリットもあればデメリットもありますがそれらを踏まえたうえで自分らしい働き方の一つとして、派遣社員を検討してみてはいかかでしょうか。

コメント