登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「マイナビエージェント」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
15,492
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
マイナビエージェントの無料登録へ

派遣社員に定年制度はあるの?実際に何歳まで働けるの?

考える女性派遣社員の豆知識

そういえば「派遣社員って、何歳まで働けるのかな?」と思った時に、そもそも派遣社員の定年に関する話って聞いたことないなと思った人もいるでしょう。

正社員には定年制度があるのを聞いたことがあるけれど、派遣社員の定年制度についての情報は、確かにあまり聞く機会が無いと思います。

「派遣って若い人が多いイメージだけれど、年齢制限はあるのかな?」
「派遣という働き方に興味があるけれど、実際いつまで働けるのかな?」

今回の記事では、そんな「派遣社員の定年制度」に関する疑問にお答えしたいと思います!

派遣社員に定年は無い!何歳だとしても登録OK!

ずばり、派遣社員には「定年制度は無いのです!!」

派遣会社も登録に関して、年齢制限を設けていません。

極端な話、本人にやる気があって健康な体があれば、80歳になっても90歳になっても働くことができるのが「派遣社員」なのです。

(まあ、実際には80歳・90歳で働こうという人は、あまり居ないと思いますが…)

現在では、50~60歳代以上を専門に扱う「シニア派遣」専門の派遣会社もあるくらいです。

正社員で働いていた人が定年となった年代も、派遣では貴重な労働力となっているのです。

定年退職をしたけれど「まだまだ元気だし暇だから、もうちょっと働きたい」という人や「もう少し、老後の為の資金を貯めたい」という人が、シニア派遣として働くケースは多いです。

シニア派遣とは?

基本的に、年齢は50~60歳以上で、定年退職をした世代が主です。

社会人としての経験や、人生の経験値も豊富なので、若い世代より「欠勤」や「遅刻」などは少ない傾向にあり、真面目に働いてくれる人が多い印象です。

シニア派遣で多い仕事としては、下記などです。

  • 掃除スタッフ
  • コールセンター
  • 倉庫内スタッフ
  • マンション管理人
  • 食品製造補助
  • 税務・金融などの専門知識が必要な仕事

未経験の場合は、30代後半になると求人が減る

派遣社員に定年制度は無いのですが、例えば未経験の職種にいきなり60代で挑戦するのは、なかなか厳しいものがあります。

未経験の職種については、30代後半になると派遣会社から紹介される求人がぐんと減り、採用率もぐっと低くなります。

理由は下記の通りです。

    • 若い方が、未経験でも飲み込みが早い

若い時の方が、様々なことを吸収する力があります。

その為「未経験でもok」という求人は、20~30代前半の若い世代がほとんどなのです。

    • 未経験の人に仕事を教える場合、年上の人には教えにくい

未経験の人を採用した場合、一から仕事内容を教える必要があります。

教える側が20~30代の場合もあるでしょう。

そういった時に、年下と年上に教えるのであれば前者の方が教えやすいと言えます。

その為、未経験okの求人は20~30代前半の人が、採用される確率が高いのです。

特に、都会の事務職は圧倒的に20~30代前半が有利

派遣の求人の中でも「事務職」は常に人気です。

特に都会では、応募者数も多いので、事務職の求人は圧倒的に「20~30代前半」が有利です。

もし30代後半以上の年齢で、都会で派遣の事務職として働きたいと思うのであれば、今までに事務の経験が豊富にあれば、その経歴で勝負できる可能性があると言えます。

なぜなら、派遣社員を必要としている会社は、即戦力を必要としているケースが多い為です。

若い世代より、事務職としてアピールできる経験が豊富であれば、十分戦っていくことは可能です。

「紹介予定派遣」の求人も、30代後半以降の採用確率は厳しい

派遣の種類の中で「紹介予定派遣」というものがあります。

紹介予定派遣というのは、最長6ヶ月の派遣期間が終了した後に、派遣先企業が「この派遣社員さんを社員として雇いたい!」と思ったとします。

その時に派遣社員の同意も得られると、派遣先企業で社員として採用されるという制度です。

この制度を設ける企業は「若い能力のある人を社員として採用したい!その為に、まずは派遣社員として採用して能力を見た後に、優秀だということが分かれば社員として採用したい」という思惑があることがほとんどです。

その為、20~30代前半の人でないと、紹介予定派遣としての採用確率は非常に厳しいと言えます。

30代後半以降は「経験してきた仕事」や「経験を問わない仕事」で勝負!

30代後半以降でも、いやもっと上の年齢でも「派遣社員として活躍」している人達は沢山います。

この年齢以降で派遣社員として活躍したいのであれば、下記の2つの仕事で勝負することを意識しましょう!

  1. 今まで経験してきた仕事
  2. 経験を問わない仕事

①今まで経験してきた仕事

派遣社員に対しては、基本的に教育をするというより「即戦力」として働いてもらいたいと思う派遣先がほとんどです。

もし教育をして育てていこうと思っている場合には、派遣社員ではなく、最初から「契約社員」や「正社員」を採用しようと動きます。

派遣先が、派遣社員を採用しようと思う目的例を挙げます。

派遣社員を採用しようと思う目的例

  • 社員の急な退職の為、一時的に臨時で仕事をしてほしい
  • 社員の産休や急な事故の間だけ、代わりに仕事をして欲しい
  • 採用しても社員が定着しないので、やむなく派遣社員に来て欲しい
  • 繁忙期なので手が回らないので、この時期の間だけ人員を増やしたい
  • 忙しい職場なので、すぐにでも人が必要。でも教育する時間もないので、職戦力が欲しい

こういった目的を見ると、即戦力を欲していることがよく分かります。

そうすると、派遣社員の年齢は若くなくても構いません。

むしろ年齢を重ねていて、募集している仕事内容についての経験が豊富な派遣社員の方が、好まれることも多いです。

30代後半以降で、派遣社員として働きたい人は、自分が今まで経験してきた職種で勝負することをオススメします。

若くて経験が少ない派遣社員に、差をつけやすいと言えます。

②経験を問わない仕事

30代後半以降でも派遣社員として働きたい場合に、経験を問わない仕事を選ぶということも視野にいれることをオススメします。

これは「大量採用をしていて、すぐにでも人手が欲しいような仕事」を指します。

例えば下記のような仕事で、いわゆる「軽作業」と言われるようなお仕事です。

  • 倉庫内の仕分け
  • 工場内での製造補助
  • 簡単な調理補助

スキルや知識がなくても、誰でも比較的取り掛かりやすい仕事のことを指します。

立ち仕事が辛いという人には向かないですが、まだまだ元気だし体力にも自信があるという人には、採用確率も高いのでオススメします。

30代後半以降で派遣として働きたい場合は、派遣会社に複数登録を!

20~30代前半で派遣社員として働く場合と、30代後半以降で派遣社員として働く場合とでは、やはり状況も変わってきます。

30代後半を過ぎると採用確率は低くなりますし、そこから年齢が上がるほど、更に厳しくなります。

しかし、そういった年齢でも派遣社員として働きたい人はたくさんいるでしょう。

30代後半以降でも派遣社員として働きたい人は、派遣会社に複数登録することをオススメします。

中でも50代・60代以降の人は「シニア専門」の派遣会社にも複数登録することをオススメします。

また、ある程度妥協することが出来る点は、妥協するという意識も大切です。

まとめ

今回の記事では「派遣社員の定年制度」について説明しました。

派遣社員に定年は無いことが分かりました。

しかし、その年代により就業事情は変わってきます。

その為「派遣として長く働きたい」とか「年齢が上だけど、今から派遣で働きたい」という人は、その年齢状況にあったお仕事を探したり、対策をすることをオススメします。

主婦の働き方は派遣社員がベストである説を検証
子供がいても働き口を探さなくてはならない主婦は多いです。 少し子供が大きくなったので、空いた時間を利用して無理せず働きたい。 夫の稼ぎだけで暮らしていくのは少し不安なので、自分なりの働き方を考えたい。 そんな主婦の働き方として...

コメント