福祉用具専門相談員はきつい?仕事内容や必要な資格、やりがいを紹介

介護士転職コラム

「福祉用具専門相談員はきついって聞くけど本当?」
「福祉用具専門相談員がきついと感じる仕事内容を詳しく知りたい!」

上記のように福祉用具専門相談員はきついと耳にすることもあるのではないでしょうか。

福祉用具専門相談員に興味がある方でも、きついと聞くと不安になりますよね。

福祉用具専門相談員の主な仕事内容は、利用者が自立して生活を送るサポートです。

中にはきつい内容もありますが、その分やりがいも大きい仕事です。

そこで今回は福祉用具専門相談員の具体的な仕事の内容や、きついと言われる理由、働くやりがいを詳しく紹介します。

記事の後半では福祉用具専門相談員に必要な資格やよくある質問もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

福祉用具専門相談員とは?

福祉用具専門相談員とは、福祉用具を必要とする高齢者の方に向けて、あらゆるサポートを行う専門職です。

ケアマネージャーと協力することで、最適な福祉用具の選定などを行い、自立した生活のサポートを行います。

福祉用具専門相談員が働く場所としては、介護保険サービスの指定を受けている福祉用具貸与や特定福祉用具の販売事業所があり、必ず2名以上が必要です。

福祉用具貸与は、利用者が自立した生活を送るために、車いすや特殊寝台といった福祉用具貸与の取扱用具を貸し出します。

特定福祉用具販売では、腰掛便座や簡易浴槽といった福祉用具を販売するサービスで、福祉用具貸与や特定福祉用具販売には、福祉用具専門相談員の配置が必要です。

ちなみに福祉用具貸与や福祉用具販売の取扱福祉用具は以下の通りです。

福祉用具貸与の取扱福祉用具福祉用具販売の取扱福祉用具
  • 車いす
  • 特殊寝台
  • 手すり
  • スロープ
  • 歩行器
  • 床ずれ防止用具
  • 体位変換器
  • 腰掛便座
  • 入浴補助用具
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具部分

福祉用具専門相談員の主な仕事内容って?

福祉用具専門相談員は、ケアマネージャーが作成するケアプランに則り、福祉用具の貸与や販売を行います。

介護サービスを受ける利用者にはケアマネージャーが1人つくため、ケマネージャーとの協力が必要です。

福祉用具専門相談員の仕事としては主に以下のことがあります。

  • 仕事内容福祉用具の選ぶサポート
  • 福祉用具サービスの利用計画
  • 福祉用具の取扱説明や調整
  • 福祉用具の利用状況の確認や点検

ではそれぞれの詳しい仕事内容について解説します。

①福祉用具の選ぶサポート

まずは福祉用具選定のサポートです。

利用者の状態や周辺環境を把握することで、利用者に合った福祉用具の選定を手伝います

利用者に必要な福祉道具は何か、ケアマネージャーと相談しながら話し合いを行い、適切な福祉用具を選びます。

ここでは福祉用具専門相談員としての専門知識を活かしたアドバイスが重要です。

また2018年10月からは、厚生労働省によって福祉用具の貸与額に上限が設定されています。

そのため、利用者に対して貸与商品の全国平均貸与価格と、当該事業所における貸与価格の両方を説明することが義務づけられています。

②福祉用具サービスの利用計画

ケアマネージャーによるケアプランと利用者やその家族の希望や相談内容から、福祉用具サービスの利用計画書を作成します。

この計画所は利用者やケアマネージャーに交付される書類であり、福祉用具を利用する場合に計画書の作成が必要です。

福祉用具サービス計画書の内容として、利用者の自立した生活をサポートするために何の福祉用具を使うのか、福祉用具を使うことでどのように生活が変わるのか、などが記載されます。

上記の内容は利用者や家族の希望に沿うもので、実際にどのような福祉用具を利用していくかが分かる内容です。

この福祉用具サービス計画書に利用者が同意することで、福祉用具の利用がはじめられます。

③福祉用具の取扱説明や調整

実際に試用する福祉用具が決まったら、福祉用具の調整や取扱説明が行われます

調整は利用者の状態や周辺環境に合わせて行われます。

また、利用者が福祉用具を正しく安全に利用するために、福祉用具の取扱説明も必要です。

例えば、車いすは福祉用具の中でも特に利用頻度が高く、多くの高齢者に必要とされる用具です。

操作方法の説明やブレーキの調整など、利用開始に当たって必要な情報を全て正確に説明することで、安全に使えますね。

④福祉用具の利用状況の確認や点検

利用者が福祉用具を使い始めた後は、定期的に利用者の自宅を訪ねて福祉用具の安全確認や点検を行います。

他に利用状況や利用者の状態確認も必要です。

福祉用具を長年使うと、もちろん劣化や不備が出てくる場合もあります。

また、利用者の生活環境や日常で必要な動作が変わることもあるので、状況に応じて計画の変更も重要な仕事です。

ちなみに福祉用具専門相談員による、自宅訪問は年に2回実施されることが義務づけられています。

引用元 : 厚生労働省 福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員がきついと言われる理由は?

これまで福祉用具専門相談員の仕事内容について詳しく解説しました。

仕事内容を見ると、どのような部分がきついのか不思議に思う方もいると思います。

そこでこのトピックでは、福祉用具専門相談員がきついと言われる理由について、以下の4つを紹介します。

  • きついと言われる理由専門的な知識が必要
  • ノルマがある場合も多い
  • 肉体的な負担が大きい
  • 福祉用具サービス利用計画書の作成が大変

①専門的な知識が必要

福祉用具専門相談員は、福祉用具の専門的な知識が必要になります。

利用者一人ひとりに合った福祉用具を見極めることや、福祉用具の取扱説明を正確に行う必要があるため、常に専門的な知識を身につけることがきつい理由の1つでしょう。

福祉用具は年々新商品が開発されていて、既存の商品にも新しい機能が多く追加されます。

そのため、常にどのような福祉用具があるのか把握して知識を上書きしないと、福祉用具専門相談員としての仕事ができません。

正確な取扱説明を伝えられなかった場合や適切な福祉用具でなかった場合、万が一利用者に怪我などがあれば、責任も問われます。

自分が勤める事業所で取り扱っている福祉用具については、取扱から価格まで全て知っておくことが必要です。

専門的な知識を常に把握し続けることに関して、きついと感じる方も多いのでしょう。

②ノルマがある場合も多い

福祉用具専門相談員には、ノルマがある場合が多いです。

基本的に多くの事業所では、福祉用具専門相談員にノルマを課しているため、ノルマ達成に追われることもきつさの1つです。

福祉用具専門相談員のノルマには、新規契約やケアマネージャー事業所への営業などがあります。

福祉用具専門相談員の仕事は、ケアマネージャー事業所などから依頼をもらう必要があります。

しかし、多くの事業所で取り扱っている福祉用具に差はあまりないので、福祉用具専門相談員の営業スキルも重要です。

今まで付き合いがあった場合は継続して依頼してもらう必要があり、ノルマ達成を目指すのであれば新規契約を目指さなければなりません。

そのため、ノルマ達成しないといけないという精神的負担が大きいと感じる方も多くいます。

競争の激しい福祉用具事業所で、数字として結果を出さなければならないことは、きついこともあるでしょう。

③肉体的な負担が大きい

福祉用具専門相談員は、福祉用具の搬入や搬出も行うため、肉体的な負担が大きいこともきつい原因になります。

福祉用具専門相談員において、知識や営業力が中心と思っている方も多いですが、意外と体力仕事な部分があるので気を付けましょう。

特に階段しかない集合住宅などは、重い福祉用具を持ち運ぶことで非常に負担があります。

更に、福祉用具の組み立てといった設置作業も行うため、継続して体力が必要です。

中には作業スペースに余裕がないことから、設置が思うように進まない事も多く、より体力面や精神面が削られることもあるでしょう。

利用する福祉用具によって必要な作業は異なりますが、基本的に体力が必要になることは変わりません。

福祉用具専門相談員には腰痛で悩んでいる方も多いため、力仕事だと把握しておくことが必要ですね。

体力面でのきつさは、特に女性にとって大きな負担になる可能性が高いです。

④福祉用具サービス利用計画書の作成が大変

福祉用具専門相談員は肉体仕事以外にも、福祉用具サービス利用計画書といった書類の作成が必要です。

福祉用具サービス利用計画書の作成は義務づけられていて、記載する内容も決まっています。

記載が必要な内容としては、福祉用具の機能や使用方法、利用する目的や注意点などです。

そのため福祉用具専門相談員として働く上で義務づけられていることが多く、仕事内容として負担が大きいと感じる方も多いでしょう。

また福祉用具専門相談員が作成する書類は、福祉用具サービス利用計画書以外にもモニタリングの報告書があります。

力仕事や福祉用具に関する勉強、ケアマネージャー事業所への営業などを行いつつ、書類も作成することは、福祉用具専門相談員がきついと言われる理由でしょう。

引用元 : 第百九十九条の二

福祉用具専門相談員として働くやりがい

上記では、福祉用具専門相談員がきついと言われる理由を紹介しました。

きついと言われる内容を見て、福祉用具専門相談員に興味があったけど不安になった方もいるのではないでしょうか。

そこでこのトピックでは、福祉用具専門相談員として働くやりがいについて、以下の点を紹介します。

福祉用具専門相談員として働くことのやりがいは大きいので、ぜひ一度チェックしてみましょう。

  • 働くやりがい利用者の方から直接感謝してもらえる
  • 利用者が自立した生活を送るサポートができる
  • 営業職としてのやりがいも感じられる

①利用者の方から直接感謝してもらえる

福祉用具専門相談員として働くことの大きなやりがいとして、利用者の方から直接感謝をいただけるということがあります。

日々の仕事がきついと感じても、利用者の方から「ありがとう」と言われるだけで、疲れが取れるという福祉用具専門相談員も多いです。

利用者の方が喜ぶ姿や笑顔をその場で見られることも、魅力の1つですね。

福祉用具専門相談員は、利用者と実際に関わる機会は多くありませんが、関わったタイミングでお礼を言われると、頑張った甲斐があったと感じられますね。

福祉用具専門相談員として、利用者の方のためになる仕事をしていると、改めて実感できる機会でもあるので、誇りにも繋がりますよ。

利用者の方を考えるとモチベーションも上がることも多く、大きいやりがいですね。

②利用者が自立した生活を送るサポートができる

福祉用具専門相談員は、利用者の方の日常的な生活において自立できるようにサポートを行う仕事です。

そのため、利用者の方の自立を長期的に支えられることもやりがいに繋がりますね。

特に、利用する福祉用具が決まった後の定期的なモニタリングにおいて、利用者の状況が把握できるのは嬉しい魅力です。

自分が選んだ福祉用具で、利用者の方が日常生活を便利に過ごせるようになっているのは、自分の仕事の成果を感じられる瞬間でもあります。

福祉用具専門相談員と利用者の方が実際に関わるのは、初めの福祉用具の選択や取扱説明、モニタリングと、機会は少ないです。

しかし、自分が直接利用者の方と関わっていないときでも、自分の仕事が役に立っていると実感できるので、達成感も感じられますね。

自分の仕事でひとりでも多くの方が自立した生活を送れるようになることは、非常に大きなやりがいですよ。

③営業職としてのやりがいも感じられる

福祉用具専門相談員は、利用者の方だけでなくケアマネージャー事業所や介護施設などに営業も行います。

営業においてノルマが課されている場合が多く、精神的な負担に感じる方も多いですが、達成したときの充実感は非常に大きいでしょう。

自分の営業によって新しい依頼を獲得できた場合や、展示会での講師などの協働において、営業職としてのやりがいも感じられます。

自分の営業スキルも磨けるので、自己成長できることも達成感に繋がりますね。

ノルマを達成することで、やりがいを感じるだけでなく給与が上がることも多いです。

自分の努力が数字や協働において明確になることで、目に見えて把握できることは嬉しい魅力ですよ。

福祉用具専門相談員は利用者の方から自分の営業スキルまで、幅広い場面でやりがいや達成感を味わえる仕事といえますね。

福祉用具専門相談員に向いている人

ポイントをいう女性

これまで福祉用具専門相談員がきついと言われる理由や、福祉用具専門相談員として働くやりがいについて紹介しました。

その中で、福祉用具専門相談員に興味はあるけど、自分に務まるか分からないと不安を感じた方もいるのではないでしょうか。

そこでこのトピックでは福祉用具専門相談員に向いている人について、以下の特徴を紹介します。

悩んでいる方も、自分に当てはまるかぜひ一度チェックしてみてください。

  • 向いている人誰かのために働きたい人
  • コミュニケーションを取ることが得意な人
  • 向上心がある人
  • 気が遣えて視野が広い人

①誰かのために働きたい人

福祉用具専門相談員は、自立して日常的な生活を送れるようにサポートすることが主な仕事です。

そのため、誰かのために働きたいと考えている方にはぴったりの仕事ですね。

特に直接お礼を伝えられるときは、自分が利用者のために働けていることを実感できます。

定期的に自分の仕事のやりがいや意義を再認識できるため、誰かのために働きたい気持ちがあれば、モチベーションを維持して働けるでしょう。

また自分が直接関われない時間でも、自分が選んだ福祉用具があらゆる利用者の助けになっているということも、大きい魅力ですね。

福祉用具専門相談員では、常に利用者のことを考えて福祉用具の選定や説明を行います。

人のために働いて人に喜んでもらえる仕事をしたい方に、福祉用具専門相談員は向いていますよ。

②コミュニケーションを取ることが得意な人

福祉用具専門相談員は、定期的に利用者の方と関わる機会があります。

そのため、コミュニケーションが得意な方は安心して働けるでしょう。

また、利用者以外にもケアマネージャーとの協力が必要になる場面も多く、コミュニケーション力は大切になります。

周りと協力して仕事を進めていくことが得意な方にぴったりですね。

さらに福祉用具専門相談員はケアマネージャー事業所や他の施設への営業も行います。

そこで自分の営業力を活かせるコミュニケーション力があれば、結果として営業実績を残せますね。

福祉用具専門相談員の仕事内容には、コミュニケーション力が必要になる場面が非常に多いです。

そのため、コミュニケーションが得意な方は有利に仕事に役立てられますよ。

③向上心がある人

福祉用具専門相談員は、常に新しい福祉用具の知識を身につける必要があります。

そのため向上心が高く自ら積極的に勉強を行える方は向いていますね。

福祉用具専門相談員は、福祉用具を把握するために、時間外でセミナーや展示会に参加する方も多いです。

大変だと感じる方も多いと思いますが、向上心を持って取り組むことで、全ての仕事にいかせる知識が身につきます。

福祉用具専門相談員に必要な情報を能動的に調べられる人は、福祉用具専門相談員として活躍できるでしょう。

勉強を怠らない向上心がある方は、営業や利用者に合った福祉用具選びにおいて、臨機応変な対応ができますね。

④気が遣えて視野が広い人

福祉用具専門相談員は利用者の状況や周辺環境を把握する必要があります。

そのため、広い視野を持って気が遣える人であれば、利用者に適切な福祉用具の選定に役立てられるでしょう。

また、年に2回行われるモニタリングにおいても、利用者の生活はどのように変わっているのか見極めることが重要です。

モニタリングでは、利用状況を把握して、状況に応じて福祉用具サービス利用計画所を変更する必要があるため、視野の広さや気が遣える人は大きく活躍できますね。

福祉用具専門相談員は利用者の方やその家族における希望も細かいところまで、正確にキャッチすることが必要です。

細かい部分にまで気が遣える方は、福祉用具専門相談員にぴったりですよ。

福祉用具専門相談員になるには資格が必要!

転職のポイントを指す女性

上記では福祉用具専門相談員に向いている人について紹介しました。

中には自分が向いていると感じた方もいますよね。

しかし福祉用具専門相談員になるには、福祉用具専門相談員指定講習を受講し、修了試験に合格する必要があります。

そのため無資格では福祉用具専門相談員にはなれないので、覚えておきましょう。

福祉用具専門相談員指定講習は、50時間のカリキュラムで構成されていて、約1週間程度で受講できます。

必要になる費用が5万円前後なので、比較的受講しやすいでしょう。

ちなみに以下の資格を持っている方であれば、福祉用具専門相談員指定講習を受けなくても福祉用具専門相談員として働けます。

  • 働ける資格社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 保健師
  • 看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 義肢装具士

2015年までは介護職員初任者研修の資格を持っている方も、福祉用具専門相談員として働けましたが、現在は不可能なので気を付けましょう。

まずはスクール選びからはじめよう!

福祉用具専門相談員になりたいけど何も資格を持っていないという方は、福祉用具専門相談員指定講習を受けるか資格を取得する必要があります。

キャリアプランを考えると、資格を取得した方が良いと考える方も多いですよね。

資格取得を目指すのであれば、自分に合ったスクールを見つけることが大切ですよ。

資格取得できるスクールは非常に多いので、自分が気になるスクールがあれば、資料請求してみましょう。

スクールを選ぶ際は、料金やテキスト、口コミ等も参考にすることがおすすめです。

福祉用具専門相談員に関するよくある質問

ここでは福祉用具専門相談員に関するよくある質問について、以下の3つを紹介します。

  • 福祉用具専門相談員の給与ってどれくらいなの?
  • 福祉用具専門相談員の1日の仕事の流れは?
  • 福祉用具専門相談員に将来性ってある?

福祉用具専門相談員の給与ってどれくらいなの?

福祉用具専門相談員の給与は、平均月収が約27万円と言われています。

そそのため平均年収は約327万円程度です。

ちなみに初任給は19万円程度が相場となっています。

しかし営業成績によってインセンティブがつく場合は、もっと高い給与も期待できます。

福祉用具専門相談員の給与は基本的に非常に高いわけではないので、とにかく稼ぎたい方にはおすすめできません。

福祉用具専門相談員として給与を上げたい方は、より待遇の良い会社に転職することや、資格取得での昇進を目指すようにしましょう。

福祉用具専門相談員の資格をとるメリットってある?

福祉用具専門相談員の資格をとるメリットは主に以下の通りです。

  • メリット転職の際に資格を持っていることが強みになる
  • 介護や福祉業界での転職で知識があることをアピール出来る
  • 資格取得すればすぐに仕事にいかせる
  • 短期間での学習が可能で合格率も高いため効率が良い

福祉用具専門相談員の資格をとる大きいメリットは、介護や福祉業界の転職で強みになることです。

今後も介護や福祉業界で働きたいと考えている方は、取っておいて損はないでしょう。

また福祉用具専門相談員の資格は、比較的取りやすく取得後すぐに仕事にいかせます。

福祉用具専門相談員としてできるだけ早く働きたい方にとっても嬉しいですね。

福祉用具専門相談員に将来性ってある?

福祉用具専門相談員は将来性があります。

今日本は高齢化が進んでいて、今後ますます高齢化社会になることが予想されます。

高齢者が増えることで、福祉用具への需要も高まるため、福祉用具専門相談員の将来性は高いと言えるでしょう。

また福祉用具専門相談員は、なくなる心配がない仕事なので、長期的に活躍できますよ。

将来性を考えるのであれば、福祉用具専門相談員の資格に加えて関連する資格を取ることがおすすめです。

福祉資格を取得することで、より広い福祉に関する知識を身につけられます。

そのため福祉用具専門相談員以外の業務を任される機会も増えることで、給与や昇進にも繋がりやすいですね。

福祉用具専門相談員はきついこともあるけどやりがいも多い!

福祉用具専門相談員の主な仕事は福祉用具を通じて、利用者が自立した生活を送れるサポートを行うことです。

中にはきついと感じる内容もありますが、その分やりがいも大きい仕事なので、悪いことだらけではありません。

将来性も高い福祉用具専門相談員は、専門的な知識を学ぶ機会が多いため、自己成長もできますよ。

福祉用具専門相談員になるには、50時間の研修を受けて試験に合格する必要がありますが、福祉用具専門相談員の資格は、転職の際にも役立ちます。

福祉用具専門相談員を目指している方は、まず資格取得からはじめることがおすすめです。