営業がつらいなら無理せず転職!営業がつらい人へのアドバイス

営業の悩み

営業は仕事の向き不向きが大きく、日々の仕事のなかで「つらい」と感じている人もたくさんいると思います。

人生のなかで大きなウエイトを占める「仕事」が、日々プレッシャーで苦しいなら、それは大きな不幸です。

自分に向いていないと感じる仕事で日々働くことほど、ストレスが苦しいことはありません。

そんな少なくない「営業の仕事がつらい」と思っているみなさんのために、営業がつらいと思っているときの対処法について、一緒に考えていきたいと思います。

結論を先に言ってしまえば、向いていない仕事で悩むくらいなら、いっそ転職してしまうほうがいいと私は考えています。

営業がつらいと感じるのはどんな時?

営業職で働く人は、具体的にどんな時「つらい」と思うのでしょうか?

どんな時つらいと思うのかわかってないと、今後の行動の指針も立ちません。

あなたの仕事内容を少し、思い返してみましょう。

ノルマがつらい

新規の営業では避けて通れないのがノルマです。

営業で一定数契約を取れないと、会社での立場が無くなってしまいます。

月のノルマを達成してないと、そのプレッシャーで追い詰められて、ストレスで仕事がつらい…となっても仕方ありません。

営業という仕事は他の職種よりさらに結果主義の仕事です。

数字という結果を出せない営業が悪いのですが、結果を出せない苦しみでつらいと思う営業はかなり多いはずです。

営業でノルマをかんたんにクリアする人とそうでない人には差があります。

ノルマをクリアするのがつらいなら、やり方を変えるなどしなくてはいけません。

飛び込み営業がつらい

特に入社直後は、新規顧客獲得のために企業、または個人宅への飛び込み営業をさせられることがあるでしょう。

飛び込み営業をすることで、追い詰められた状況下で出せるコミュニケーション能力や、何よりメンタルが鍛えられるのです。

とはいえ、いきなりアポもないところに営業をかけるのはつらい…。当然のことです。

飛び込み営業はゲーム感覚で、断れて当然の精神を持って取り組みましょう。

つらい営業の見本のような仕事がこの「飛び込み営業」なのです。

お客に気を使うのがつらい

営業は、相手のニーズを汲み取って、自社の製品やサービスを売りこんで、なんとか契約にこぎつける仕事です。

「そこをなんとか…」

と、相手より下出に出て、なんとか契約を取る仕事です。

そんな営業トークを使って相手とコミュニケーションを取ることにストレスを感じて「つらい」と思う人も多いです。

営業トークで騙している感じがつらい

自社の製品、サービスが本当に素晴らしいものならいいのです。

しかしこれが、あまり魅力を感じない、誰が欲しいのかわからないものだったなら、営業の仕事が「相手を騙すこと」になってしまいます。

騙すとまではいかずとも、自分は全然思ってない言葉で、相手に売り込みをかけることになります。

そんな自分の仕事が「人から必要とされてない」と思ってきついと感じる人も多いです。

たとえ営業をかけて契約を取れたとしても、相手を騙している気がして罪悪感できつい…なんてことになったらもう悪循環です。あ

テレアポがつらい

営業がつらい理由の大きな理由のひとつがテレアポです。

テレアポのしごとは本当につらいことばかりです。

ろくに話を聞いてもらえず電話を切られることもあれば、顧客のクレームで頭を悩まされることもあり、メンタルはボロボロに。

テレアポがうまくいかずへこんでいるときに、ろくに上司からアドバイスももらえず、大したフォローもないようでは営業がつらいと思ってしまっても無理ないです。

法人営業で相手先との付き合いが辛い

法人営業そのものも結構つらく、アポイントメントを取って、担当者への売り込みをおこない、担当者が良いと思ったなら上層部へとかけあってもらうことができます。

社内検討を切り抜ければ実際に契約となりますが、そこからも大変です。

顧客となった企業とは、それからも良い関係を結ぶために定期的に接待があります。

接待は基本的に会食の体をとりますが、この接待の会食は残業扱いにはならず、サービス残業です。

こうした一連の仕事が重なって、「法人営業が嫌だ」と言う人は多いのです。

営業職のつらさランキング

営業職と一言で言っても、どの営業がつらいのか話が変わってきます。

あらゆる営業活動のなかでどれが一番つらいのか、1位から見ていきましょう。

1位 飛び込み営業

やはり、というか「飛び込み営業」がもっともつらいという結果になりました。

アポも取れてない企業に、単身飛び込んでいくストレスは耐え難いものがあります。

アポもないいきなり来た営業と契約を結んでくれる企業のほうが稀です。

ほとんとが無下に追い返される結果になります。

そして契約を取れず帰った会社では、上司から「なんで契約を取れないんだ」と怒られるのです。

いくら新人営業マンの洗礼とはいえ、これが続くとつらさで営業自体が嫌になってしまっても仕方ありません。

2位 テレアポ

テレアポも営業のつらい仕事のひとつです。

電話をかけて相手先企業とアポイントメントを取る仕事ですが、誰でも簡単にできる仕事ではありません。

テレアポがうまい人もいますが、ああいう人は常人は持ち合わせてない特殊なスキルを持っているので、実はあまり当てになりません。

闇雲に一日数百件も電話をかけて、むげに断られるのを続ける…というのにストレスを感じない人はいないでしょうから、テレアポはかなりつらい仕事です。

3位 BtoCの営業

個人向けの営業もつらいです。

電話での営業がつらいのももちろんですが、訪問営業もつらいです。

今どき、必要なものはなんでもネットで手に入るようになっています。

そんな中、自社の商品を買ってもらうまでの道のりはかなり遠いです。

CtoCの営業並か、またはそれ以上きつい言葉をかけられることも多く、精神的にもかなりつらいのがBtoCの営業です。

4位 先物取引の営業

野村證券や大和証券の営業マンもつらいですが、最近は人々の投資への関心が高まっているため、つらさは以前ほどではありません。

本当につらいのは、顧客のお金を使って成果を出せなかった場合のクレーム処理。

顧客はお金を使うことにピリピリしています。

損した腹いせに、営業マンをどなりちらすなんて人の多いこと。

5位 ルート営業

ルート営業が、もっともつらさの少ない仕事です。

なぜなら、ルート営業で回るのは、すでに営業が終わって契約を結んだ相手。

顧客のアフターフォローや新商品の提案など、怒られたり辛いことを言われることの少ない仕事が、このルート営業です。

ノルマが設定されてないことが多いのも、働きやすさを感じるポイントです。

営業職で働くメリット

営業職のつらさばかり取り沙汰してきましたが、ここからは気を取り直して、それでも営業職として働くことのメリットを考えてみましょう。

どんな経験にも意味のないものはないという通り、営業職として働くことで得られるメリットも存在します。

営業がつらいと思っていても、メリットを思い出して「もう一度」と奮起する人もいるかもしれませんよね…。

どの業界でも共通する営業スキルが身につく

営業職が必要ない職種、必要ない業界は存在しません。

「自社の製品やサービスを理解して、他社へと売り込むスキル」

これはどの業界にいったとしても、共通して役立つスキルです。

ひとつの職種で営業職を極めれば、今後ずっと転職で困ることはありません。

メンタルの強度が上がる

テレアポや飛び込み営業を続けていれば、どんな相手とも話せる度胸がつきます。

「冷たくあしらわれて当然」と思いながら働くことで、今後はしばらく誰と話すときもこわくないでしょう。

精神力も、多少の違いはあるものの筋肉と同じです。

鍛えれば打たれ強くなっていくものなのです。

コミュニケーションスキルが上がる

「相手が何を求めているのか」
「こちらに対してどんな印象を持っているのか」

それを考えながら話し続けていれば、普段の生活でも円滑にコミュニケーションを取ることができます。

このスキルも、どの業界、どの職種で働いたとしても役立つスキルです。

コミュニケーションスキルが役立たない場面なんてなかなかありません。

営業がつらくて続かない時は

本格的に営業がつらいと思った時は、その後の自分の身の振り方を考えなくてはいけません。

記事冒頭でも言ったように、「つらい」と思って続ける仕事ほど苦しいものもないのです。

成果が出るまでがんばってみる

どんな仕事も、やり始めた当初は苦しいものです。

つらい仕事でも、成果が出ればとたんに楽しくなることもあります。

最初はつらくてもなんとか踏ん張ってがんばってみて、成果をあげるまでがんばる。

すると今までずっとつらいと思っていた仕事も、とたんに楽しくなってくるかもしれませんよね。

転職で異業種へ転職してみる

営業がつらいなら、いっそ転職することで、つらい仕事から一気に離れるべきかもしれません。

最近は日本経済も上向いてきて、どの企業も人手不足です。

あまりにも的外れなことをしなければ、問題なく転職できるはず。

自分がどの業界に転職するべきかわからない、何ができるのかわからないなら、転職エージェントに申込んでキャリアコンサルタントのアドバイスを受けると良いかもしれません。

営業からの転職で役立つ転職エージェント「リクルートエージェント」

営業からの転職を考えたとき利用するべき転職エージェントはまず「リクルートエージェント」でしょう。

他の転職エージェントよりも多くの求人を扱っており、過去の実績も多いのでキャリアコンサルタントのサポート、アドバイス力も高いです。

転職を考えたらまずはリクルートエージェントを頼りましょう。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

営業からの転職で役立つ転職エージェント「dodaエージェント」

営業から転職する時「dodaエージェント」も役立ちます。

業界第二位の実力は馬鹿にできません。

豊富な求人、豊富な実績で利用者の転職を促します。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

営業からの転職で役立つ転職エージェント「キャリトレ」

20代の転職なら「キャリトレ」を使うべきです。

20代でも働きやすい、スキルや過去の実績が求められない仕事の求人が多く、若者の営業から異業種への転職に役立ちます。

そして何より営業として働いていれば「コミュニケーションスキル」が身についていることでしょう。

それを役立ててください。

キャリトレの口コミ・評判サービス内容はどうなのか?求人、サポート内容も調査
AIのレコメンドなど、独自のサービスを展開しているのが、この「キャリアトレック」です。利用し続ければ続けるほど精度の上がるレコメンド機能、上手に活用してください。

営業がつらい まとめ

今回は、営業がつらいと思っている方のために記事を作りました。

どんな仕事でもつらいことがあるものですが、営業は独特の常識で働くことになり、独特のスキルが求められる仕事です。

働いているうち「つらい」と思ったとしても無理のない話で、そこで「転職」という選択をしたとしてもそれは誰にも止められない問題です。

自分におっての「働きやすさ」など、いろんな問題を考えた結果無理だと感じたなら、無理せず転職という選択を行ってください。

コメント