転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

第二新卒エージェントneoの評判を口コミから徹底解説!

転職エージェント

第二新卒や既卒での就職活動を行う場合、通常の転職エージェントなどでの活動では取り扱う求人も多すぎてしまいます。

そのため応募を行っても、『実は第二新卒は対象外であった』なんてことが発覚し、そもそも選考に申し込むことすら時間がかかってしまいがちです。

そこで、第二新卒は第二新卒に特化した就職エージェントを活用することが大切。

第二新卒エージェントneoでは、第二新卒の就職活動にピッタリのサービスです。

第二新卒エージェントneoは第二新卒向けの転職エージェントですが、実際の利用者の評判などが気になりますよね。

今回は、実際に第二新卒エージェントneoを利用して転職活動を行った人の口コミを元に、メリット・デメリットや実際のところの評判などをまとめてまいりました。

第二新卒エージェントneoの詳細情報

総合評価☆☆☆☆
公開求人数1,000件
非公開求人数
対応地域全国
サイト創立2000年

第二新卒エージェントneoの評判とは?

第二新卒エージェントneoの利用時に気になるところは、利用者による実際の評判ですよね。

ここでは、実際に第二新卒エージェントneoを利用して転職活動を行った人の口コミを元に、メリット・デメリットを洗い出していきます。

また実際の口コミは記事の後半でもご紹介しているため、併せてチェックしてください。

メリットデメリット
  • 第二新卒だけでなく既卒・フリーターの就職にも対応
  • 内定後のサポートもバッチリ
  • ブラック企業を徹底排除した体制
  • 求人数は少ない
  • 求人対象のエリアが限られている
  • コンサルタントの当たり外れが激しい
  • 30代以上は利用が不可

第二新卒エージェントneoのメリットは?

  • 第二新卒だけでなく既卒・フリーターの就職にも対応
  • 内定後のサポートもバッチリ
  • ブラック企業を徹底排除した体制

さっそく各メリットについてチェックしていきましょう。

第二新卒だけでなく既卒・フリーターの就職にも対応

第二新卒エージェントneoは、サービス名でもわかる通り第二新卒向けの就職サポートを行っている就職支援サービスですが、既卒やフリーターの利用も可能です。

一般的な就職・転職支援のサービスの場合、様々な条件の求人が揃っています。

そのため一見すると取り扱う求人も多く、多くの求人をチェックできるようにも感じますが、いざサービス利用を進めていくと、第二新卒は対象外が多い…なんてことも多いですよね。

求人サイトには特に記載がなかったのに、いざ応募を行うと「既卒はちょっと…」と断られてしまった…

しかし第二新卒エージェントneoは、『第二新卒に特化した就職サービス』のため、上記のように応募後に第二新卒を理由に断られてしまった…なんてことは起こりません。

第二新卒や既卒をターゲットとしており、求人を出す企業も第二新卒や既卒の求人を求めて求人を出しているため、効率よく就職活動を進めていけるメリットが特徴です。

【第二新卒特化型なのでスムーズに活動できる】

新卒で入社した会社がどうしてもミスマッチ感が否めず、再就職活動を始めました。

しかし新卒半年も働いていないし、学歴もそこまで良いわけではないため、普通の転職サイトでは門前払いされることも多く…。そこで同じ境遇の友人にネオキャリアのこのサービスを紹介されました。

基本的に第二新卒や既卒をターゲットとしているため、書類で落とされるなんてことも起こらずスムーズに進んでよかったです。

24歳・男性・ルート営業

内定後のサポートもバッチリ

第二新卒エージェントneoのメリット二つ目は、内定後のサポート体制も手厚いことです。

一般的な就職エージェントは、内定ゲットがゴールとなります。

そのため就職が決まったら、そこでサポートは終了となってしまうのです。

しかし第二新卒エージェントneoでは、内定後のサポートサポート体制も充実。具体的には、下記のようなサポートを行って貰えます。

  • 入社日の調整
  • 入職後の条件交渉
  • 内定後研修

面接などは自分が受けに行くものの、いざ内定が決まった後に入社日や条件の交渉を行うのはハードルが高いですよね。

第二新卒エージェントneoでは内定後もこういった交渉を利用者に変わって対処してもらえるため、安心して入社に臨むことができるのです。

面接前にしっかり練習を行って貰えますが、内定後に企業とのやりとりも対応して貰えました。

実際内定が決まった後は浮かれてしまっている自分もいるため、条件の確認まで頭が回らなかったりします。そのため、そういった決まった後の対処も対応して貰えるのは大変ありがたい。

就職後の基本的なマナーや、入社日までにやっておくことなどもまとめてもらえたので、安心して入社に臨むことができました。

26歳・男性・システムエンジニア

ブラック企業を徹底排除した体制

第二新卒エージェントneoのメリット3つ目は、ブラック企業を徹底排除した体制という点です。

既卒や第二新卒となると、経験重視のなりやすい転職活動ではどうしても不利になってしまいやすいとされます。

そのため条件のいい求人への転職は難しく、いわゆるブラックと呼ばれるような求人ばかり集まってしまうという背景があります。

しかし第二新卒エージェントneoは、実際の企業へと担当者が足を運び、企業側と長時間のミーティングを行うことで、ブラック企業かどうか慎重に見極めます。

ブラック企業と呼ばれるような条件の求人は出来る限り排除されているのです。

そのため、他の第二新卒向けのエージェントに比べても質のいい求人があつまっているメリットがあると言えます。

ハローワークで紹介された求人が正直あまり良くなくて、無料で求人を出せるところにいい案件は揃わないか…と思い立ち、とりあえず登録をしてみました。

給料がめちゃくちゃ良い!ホワイト企業!というような求人はさすがにありませんが、かといってめちゃめちゃブラックみたいな企業も見受けられない印象でした。

質はそれなりに良いと思います。

25歳・男性・職業未回答

第二新卒エージェントneoのデメリット

第二新卒エージェントneoのメリットについてご紹介してまいりました。

ここからは第二新卒エージェントneoのデメリットについても触れていきたいと思います。

  • 求人数は少ない
  • 求人対象のエリアが限られている
  • コンサルタントの当たり外れが激しい
  • 30代以上は利用が不可

取り扱い求人数は少なめ

第二新卒エージェントneoでは、競合に比べると取り扱い求人数が少ない傾向にあります。

最新の求人数は170件程度と、就職エージェントとしては決して多くない数字であることが分かります。

人材大手のリクルートやマイナビでも、5万~10万件ほどの求人を保有している点を考慮しても、如何に少ないかがわかりますね。

しかし第二新卒エージェントneoの場合、取り扱う求人を大分絞っているということも、要因に挙げられます。

  • 第二新卒・既卒・フリーター向けの求人
  • ブラック企業の求人は出来るかぎり取り除く

このような求人のフィルターが掛けられているため、取り扱い求人数が競合に比べても少ないという印象が与えられます。

確かに求人が少ないものの、良い求人が厳選されていると言えるでしょう。

こういう就職エージェントって何件も紹介されて、そこから申し込む求人を選ぶイメージがあったんですけど、第二新卒エージェントneoで紹介された求人は結構少ない印象でした…。

最初に3件紹介されて、そのあとポチポチ紹介される…って感じです。

とにかく色々な求人をみたい・ガンガン応募したいという人は、いくつかの転職サイトを並行していくことが良いと思います

25歳・男性・営業

求人対象のエリアが限られている

第二新卒エージェントneoのデメリット2つ目は、求人対象のエリアが限られている点です。

エリア自体は全国対応を行ってはいますが、全体の求人数のほとんどが東京・大阪の求人で埋まってしまっています。

実際の取り扱い求人数をチェックしていきましょう。

東京46件
大阪58件

※2020年9月現在

取り扱い求人の全体が170件程度であることを考慮しても、半分近くが東京と大阪の求人が占めていることが分かります。

そのため上記の2つのエリア以外での就職を検討していると、中には自分の希望の求人数が0…なんてことも起こりえます。

東京や大阪以外のエリアで就職を考えている人は、あまり第二新卒エージェントneoでの就職活動はおすすめできないでしょう。

第二新卒エージェント、とサービス名に名前が入っているほどなので、第二新卒に特化した求人を紹介してもらえるのかと思ったのですが、すごくたくさん紹介されるわけでもなくて微妙でした。

ここだけのサービスで就職活動を完結させてしまうのはとても勿体なく感じます。

ただ面接などの対策はとても丁寧にとりあってくれた印象なので、ここも活用しつつ、他でも求人は探したほうがいいんじゃないかな。あくまで面接とか書類の書き方だけ教わる感じがいいと思います。

27歳・男性・営業職

コンサルタントの当たり外れが激しい

第二新卒エージェントneoでは、担当のコンサルタントからの求人紹介や、選考対策のレクチャーを受けることになります。

そのため、コンサルタントとの相性がとても重要となってきます。

あまり馬が合わないコンサルタントにあたってしまうと、良い求人があっても、自分の希望がうまく伝わらず、求人に巡り合わない・就職活動がスムーズに進まないということにもなりかねません。

また中には質の悪いコンサルタントにあたってしまうことも。

その場合、せっかくいい案件があっても自分に紹介されない…時間だけかかってしまい、転職活動がスムーズに進まない、なんてことになりかねません。

長年フリーターでふらふらしていたので、そろそろ定職につかねばと思って居たところ、口コミでもとにかくコンサルタントがいい!みたいなコメントが多かったので登録をしました。

ですが実際に利用した所、コンサルタントがフランクというか、とても軽い印象という感じ。フリーターだから舐められているのか、ただ親しみを込めているのかわかりませんが、なんか信用しづらいという印象でした。

個人的にはしっかりしたひとにサポートしてもらいたいと思ったので、残念でした。

ただ一緒に利用していた知り合いは、「そんなことはなかった、なにかといろいろよくしてもらった」といっていたので、担当者によっては当たりはずれがあるのかもしれません

23歳・男性・未回答

30代以上は利用が不可

第二新卒エージェントneoは、第二新卒や既卒が対象となる就職エージェントとなります。

そのため、求人をだす企業としても、20才~28才程度を採用の対象としているため、30代以上は利用を断られてしまう可能性が高いです。

一般的に第二新卒も、新卒から3年以内と定義されることが多いため、必然的に20代の利用がターゲットとなる可能性が高いのです。

第二新卒エージェントneoとしても、企業側から20代での利用緒想定としているため、なかなか30代には求人を紹介すること自体が難しくなってしまう事情もあります。

30代は、30代に対応した就職・転職エージェントを利用するのがおススメです。

30代向け転職エージェントランキング!30代の転職を戦略的に進めるコツも併せて解説
転職活動を行う方法には、求人サイトから求人のチェックを行うことやハローワークや転職エージェントに登録を行って、転職サポートを受けるという方法などがあります。 しかし転職エージェント・サイトも多くのサービスが乱立している現在、本当に良い...

第二新卒エージェントneoの求人の傾向とは

第二新卒エージェントneoが扱う求人の約半数が「営業・企画系」です。

業種で言えば、自動車、不動産、商社、メーカー企業、IT企業などその種類は多いです。

営業や企画は、比較的専門知識が必要ない職種なので、第二新卒を受け入れる体制があるのです。

求められるのは主に、ポテンシャルやガッツ等、若さがものを言うスキルばかり。

人手不足に悩む企業が多いので、第二新卒は営業・企画系の仕事に就きやすいのです。

第二新卒エージェントneoに向いている人

第二新卒エージェントneoの口コミから分かるメリット・デメリットをご紹介してまいりました。

ここからは、メリット・デメリットを踏まえて第二新卒エージェントneoがおススメの人はどのような人なのかを紹介していきたいと思います。

  • 第二新卒向けの求人を知りたい
  • 正社員経験がない
  • 選考へ手厚いサポートを受けたい

第二新卒向けの求人を知りたい

第二新卒向けの求人を知りたい!という人には、ピッタリのエージェントです。

大手のエージェントの場合、求人数は多いもののその中でさらに第二新卒や既卒の求人を求めるとなると、求人自体も絞られてしまう可能性が高いです。

しかし第二新卒エージェントneoの場合、第二新卒や既卒向けの求人だけを取りあつかっているため、第二新卒求人だけを効率良くチェックすることができるのです。

正社員経験がない

新卒で入社した会社をすぐに退社してしまった…

これまでずっとフリーターで働いてきたから正社員経験が無い…

そんな方は第二新卒エージェントneoの利用がおススメです。

第二新卒やフリーターなど、若年層の正社員への就職に特化した就職エージェントサービスのため、より効率的に就職活動を進めていくことができるでしょう。

就職活動へ手厚いサポートを受けたい

いざ正社員を目指したいと思っても、ろくに就職活動を行ったことが無いから履歴書の書き方がわからない…。面接のマナーがわからないから、どのように対処をすればいいか分からない…

そんな方でも、第二新卒エージェントneoでは、手厚いサポート体制で就職のサポートを行って貰えます。

特にコンサルタントによる履歴書・職務経歴書の書き方、実際の書類の添削の他にも、面接時のマナーや受け答えの仕方なども手取り足取り指導を行って貰えます。

そのため、これまでアルバイトの面接しか受けたことないから、普通の就職の面接の対応の仕方がわからない…という方でも、自身をもって面接に臨むことができるように万全のサポートを行って貰えるのです。

一大決心して就職活動を行うにも、そもそも面接のやり方などがわかりませんでした。

ハローワークで紹介してもらってなんとかネットのマナー対策を読んで臨んでみるも、そもそも書類すら通らなかったり、面接になっても途中からてんぱってしまって思うように受け答えができないなんてことが続いている状況でした。

その時にサイトに紹介されていた就職エージェントで、第二新卒エージェントネオ?neo?が評判がよかったので、利用してみました。

これまで提出した履歴書を添削してもらったところ、すごく具体的に添削をして貰えたし、発見が多かったです。

また書類落ちが続いていましたが、書類の通過率がアップしました。

24歳・男性・エンジニア

第二新卒エージェントneoでの転職活動を成功させるコツとは

ここまでは第二新卒エージェントneoのメリット・デメリットや、どんな人に向いているのかをご紹介してまいりました。

さっそく第二新卒エージェントneoで就職活動を進めていこう!と思っても、ただ受け身でエージェントを利用しているだけでは大変もったいないです。

そこで第二新卒エージェントneoの就職活動の成功率を更にアップさせるための、『成功のコツ』を詳しく解説していきます。

  • 担当のアドバイザーと合わないときは変更してもらう
  • 就職の熱意を伝える
  • 複数のエージェントサービスを並行して活動を進める

担当のアドバイザーと合わないときは変更してもらう

担当のアドバイザーと合わないな…と感じる時は、担当を変更してもらいましょう。

第二新卒エージェントneoでは、自分専任のアドバイザーがつきます。

求人紹介や、相談・面接対策などは、担当のアドバイザーから行われます。

第二新卒エージェントneoのアドバイザーは口コミの評判も高く、基本的にはどのスタッフからも質の高いサポートを受けることができます。

しかし中には、自分とは馬が合わないアドバイザーとあたってしまうこともあります。

相性が合わないだけで、こちらの就職の希望が伝わり辛くなってしまうことになってしまうと、せっかくいい求人があるのに、自分には回ってこず終わってしまう…なんてことにもなりかねません。

せっかく良質な就職サポートを受けられるのに、アドバイザーと合わないだけでうまく進まない…なんてことになってしまっては勿体ないです。

そのため、少しでも合わないと感じた時点で担当変更を依頼しましょう。

就職の熱意を伝える

自分の担当のアドバイザーが決まり、初回の面談時には、就職したい熱意を存分に伝えましょう。

第二新卒エージェントneoのような就職エージェントの場合、一人あたり多くの利用者を抱える抱えることになります。

しかし第二新卒エージェントneoでは、利用者一人当たりにつきトータル8時間ものサポートを行うとされています。

そのため、他社に比べれば十分に時間を割いてサポートを行って貰える傾向にあります。

しかしこちらがあまりやる気を見せない・連絡をとっても返信率が悪いなどの場合、「なんとなく登録しただけで、本当は就職する気が無いのではないだろうか」と判断されてしまうことがあります。

またとにかくすぐにでも転職をしたいと言ったような熱量がある人に優先的に求人を回したい、というのもあります。

少しでもいい案件を回してもらうためにも、就職の熱意はしっかりと伝えましょう。

複数のエージェントサービスを並行して活動を進める

第二新卒エージェントneoでの就職成功率をさらに上げるには、第二新卒エージェントneoだけでなく、複数の複数のエージェントサービスを並行して進めていくことが大切です。

エージェントごとに独占している求人もあるため、利用するエージェントの数を増やすだけで単純にっチェックできる求人数が増えます。

また複数のエージェントを利用するだけで、業界の動向を把握しやすくなるというのも、一つのメリットと言えるでしょう。

「この求人、あのサイトでも募集をかけているを見かけたな…」ということが分かるだけでも、活動を進めやすくなると言えるでしょう。

第二新卒エージェントneo併用にオススメの転職エージェント!

第二新卒エージェントneoでの就職成功の確率を上げるには、複数のサービスを並行して活用させていくことが大切ということが分かりました。

ここでは第二新卒エージェントneoとの併用にも相性がいい就職サービスをご紹介していきます。

  • かつやくカレッジ
  • doda
  • マイナビエージェント

かつやくカレッジ

  • 既卒やニート・フリーターでも正社員内定を目指せる
  • ビジネスマナーやPCスキルなど就職に必要な講義が充実
  • 無料で全てのプログラム受講+内定まで支援
  • 就職後のアフターフォローも充実している

かつやくカレッジは、既卒やフリーターから正社員への就職を目指す就職エージェントです。

かつやくカレッジが他のエージェントと異なるのは、求人紹介だけではなく、ビジネスマナーやパソコンスキルなどの講義を受けることができる点です。

求人紹介よりは、正社員就職のためのノウハウを学び、自信を付けた上で求人紹介を受けることができるサービスです。

実践的なスキルを身につけつつ、就職活動に臨むことができるため、かつやくカレッジの併用がおススメと言えるでしょう。

かつやくカレッジの評判は?口コミから見るメリット・デメリットを徹底解説
大学卒業後、就職できなくてアルバイトばかり。そろそろ正社員を目指したいけど、基本的なパソコンのスキルも無くて困っている。 一念発起して就職活動をはじめたものの、これまで役者目指し...

doda

  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

第二新卒エージェントneoでは自分希望のエリアの求人が少ない場合、dodaの利用がおススメです。

大手転職サービスんのdodaですが、取り扱い求人数が多いだけではなく、地方エリアの求人が多いのも魅力の一つです。

そのため第二新卒エージェントneoで手厚いサポートを受けながら、求人はdodaでもチェックを受けることで、効率よく活動を進めることができます。

とりあえず迷ったらdodaを利用するのがおススメです。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

マイナビエージェント

  • キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれる
  • 非公開求人が多い
  • サービスが充実している
  • 20代など若者の転職に強い

人材大手のマイナビが提供するマイナビエージェントもおススメの転職エージェントです。

マイナビブランドを生かした各業界とのパイプも強いです。またマイナビは他のエージェントに比べて20代の転職・就職支援に強いため、若手の第二新卒・既卒の支援体制も整っています。

そのため、第二新卒でも十分な求人数をチェックすることができるでしょう。

第二新卒エージェントneoとも相性がいいため、一つの選択肢としてもおすすめと言えます。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

第二新卒エージェントneoの評判・口コミを紹介!

ここまでは第二新卒エージェントneoでの就職活動を成功させるためのコツをご紹介してまいりました。

しかし、実際に利用した人の口コミも気になりますよね。

そこでここでは、第二新卒エージェントneoを実際に利用した人の口コミをまとめましたので、ご紹介していきます。

特に文句なしです。(23歳・男性)

転職活動自体は第二新卒エージェントneoで成功させることができたので、感謝しています。しかしキャリアコンサルタントの方が、転職活動のサポートというより、おすすめの求人紹介ばかりで、なんだか押し売りっぽくて嫌でした。第二新卒エージェントneoを利用して転職するなら、自分の中でしっかり転職の軸を持っておくことが大切です!(28歳・男性)

やっぱり夢を捨てきれなくて、第二新卒エージェントneoでWebデザイナー求人を探しました。少し特殊な業界の求人を探したんですけど、第二新卒エージェントneoがちゃんとWebデザイナーの求人を紹介してくれたのを見て、ああいい転職エージェントだなと思いました。(27歳・女性)

紹介された求人に関しては文句なしでした。しかし、少しコンサルタントの態度が悪かった気がしました。合わせて利用していたリクルートエージェントのコンサルタントがとても丁寧だったので、余計気になってしまいました。(26歳・男性)

求人の数が多かったです。結構いろんな業界の未経験可求人が多かったので、無事自分も転職することができました。新卒で入った会社で駄目だった時はもう終わりな気分でしたが、これで再びキャリアを歩めそうです。担当したキャリアコンサルタントの対応がちょっと高圧的だったかな…とは思いました。(26歳・男性)

連絡がちょっとしつこかったかなと思います。あんなにしょっちゅうメールとか電話をしてくる必要があったのか…?今でも疑問。(24歳・男性)

アドバイザーの人がとても親身になって話を聞いてくれて、とても心強かったです。

他の転職サイトだと、第二新卒というだけで急に態度が変わったり、職種選んでいる場合じゃないよ?と追い込むことばかり言われて、ただでさえ退職をしてきもちが落ち込んでいるのに…となかなかしんどいことが多かったです…。

しかしここのアドバイザーの人は、たしかに厳しいのは事実だけど、最大限頑張っていこう!と励ましてくれて、おかげでなんとか頑張れたと思います。

(25歳・女性)

全体の口コミを見ても、アドバイザーが高圧的と捉える人もいれば、とても親切に取り合ってくれたという口コミも散見されました。

質が悪いアドバイザーにあたってしまうこともありますが、単純に自分と相性が合わなかっただけでの可能性もあります。

そのため、担当のアドバイザーがなんとなく合わないな…と感じる時は担当を変えてもらうことも、一つの対処法として検討することも重要なポイントです。

せっかくエージェントを利用するのであれば、最大限活用ができるように工夫をしていきましょう。

第二新卒エージェントneoの2chの評判をチェック!良い評判から悪い評判まで
第二新卒エージェントneoでは就職や転職するときに、不利となる可能性がある人をサポートしています。 そんな第二新卒エージェントneoには色々な評判があります。 特に2chでは良い評判も悪い評判も書かれることが多いです。 ど...

第二新卒エージェントneo評判

今回は、第二新卒や既卒の就職支援に特化している就職エージェントの『第二新卒エージェントneo』の評判について解説を行ってまいりました。

メリット・デメリットを改めて振り返っていきましょう。

メリットデメリット
  • 第二新卒だけでなく既卒・フリーターの就職にも対応
  • 内定後のサポートもバッチリ
  • ブラック企業を徹底排除した体制
  • 求人数は少ない
  • 求人対象のエリアが限られている
  • コンサルタントの当たり外れが激しい
  • 30代以上は利用が不可

既卒やフリーターに特化したサービスのため、求人を効率よく見つけやすいことや、アドバイザーによるサポートが手厚いことがメリットにありました。

しかし一方で第二新卒に求人を絞っていることで、求人数全体の数は少ないことや、対象エリアが限られてしまうデメリットもあります。

またコンサルタントもなかには当たり外れが生じてしまうこともありますが、その時は第二新卒エージェントneoでの就職成功のコツを駆使して、活動を進めていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

第二新卒エージェントneoはニートの就職に対応!
15歳から34歳で一度も働いたことがないという人はニートと呼ばれていて就職するのが難しいと言われています。 しかし、第二新卒エージェントneoはニートの就職活動をサポートしてくれるシステムを持っているので安心です。 どのようなサ...

コメント