中卒でも取れる資格20選!本当におすすめできる資格を徹底解説

資格高卒・中卒の就職

「中卒だとバカにされる…」
「中卒でも資格を取ればバカにされなくなるかな?」
「中卒だけど大卒よりも稼いでやりたい!!!」

このような考えを持っている中卒の方が多いです。

資格を取ることによって、中卒というギャップをなくそうと考えているわけですね。

しかし、中卒の方が資格を取るとどのような変化が起きるか、具体的にわかっているでしょうか?

また、そもそも中卒の方が取れる資格と取れない資格があることも知っておきましょう。

この記事では、このようなことをまとめて紹介します!

中卒でも資格を取って、一発逆転したいと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

「中卒は就職できない」の現実は?求人探しや就活のコツを紹介!
「日本は学歴社会じゃない!」 就職や昇進等において、「学歴は関係ない」という言葉を耳にしたことはありませんか? 「人柄やスキルが大事」 「学歴で人のよしあしはわからない」 「学歴だけがすべてじゃない」 院卒が最...
  1. 中卒でも取れる資格を解説!まずは資格の種類を知ろう
    1. 国家資格
    2. 民間資格
  2. 中卒で資格を取得すると決める前に知っておくべき資格の知識
    1. 資格を持っていなくても就活をすることはできる
    2. 高卒認定資格は必要ない
    3. 資格と実務のどちらが重要なのか
  3. 中卒でも取れる資格20選!就活が有利になる
    1. 宅地建物取引士
      1. 宅地建物取引士を取るメリット
      2. 宅地建物取引士をおすすめする理由
    2. 旅行業務取扱管理者
      1. 旅行業務取扱管理者を取るメリット
      2. 旅行業務取扱管理者をおすすめする理由
    3. 行政書士
      1. 行政書士を取るメリット
      2. 行政書士をおすすめする理由
    4. 調理師免許
      1. 調理師免許を取るメリット
      2. 調理師免許をおすすめする理由
    5. 貴金属装身具製作技能士
      1. 貴金属装身具製作技能士を取るメリット
      2. 貴金属装身具製作技能士をおすすめする理由
    6. 保育士
      1. 保育士を取るメリット
      2. 保育士をおすすめする理由
    7. ファイナンシャルプランナー(2級)
      1. ファイナンシャルプランナーを取るメリット
      2. ファイナンシャルプランナーをおすすめする理由
    8. インテリアコーディネーター
      1. インテリアコーディネーターを取るメリット
      2. インテリアコーディネーターをおすすめする理由
    9. マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
      1. マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を取るメリット
      2. マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)をおすすめする理由
    10. 医療事務
      1. 医療事務を取るメリット
      2. 医療事務をおすすめする理由
    11. 准看護師
      1. 准看護師を取るメリット
      2. 准看護師をおすすめする理由
    12. ホームヘルパー
      1. ホームヘルパーを取るメリット
      2. ホームヘルパーをおすすめする理由
    13. 介護事務
      1. 介護事務を取るメリット
      2. 介護事務をおすすめする理由
    14. 製菓衛生師
      1. 製菓衛生師を取るメリット
      2. 製菓衛生師をおすすめする理由
    15. 秘書技能検定
      1. 秘書技能検定を取るメリット
      2. 秘書技能検定をおすすめする理由
    16. 日商簿記(2級)
      1. 日商簿記を取るメリット
      2. 日商簿記をおすすめする理由
    17. 基本情報技術者
      1. 基本情報技術者を取るメリット
      2. 基本情報技術者をおすすめする理由
    18. ネイリスト技能検定(3級)
      1. ネイリスト技能検定を取るメリット
      2. ネイリスト技能検定をおすすめする理由
  4. 中卒でも取れる資格を確実に取得する方法とは?
    1. 通信講座を受ける
    2. 専門学校に通う
    3. 独学は厳しい可能性も…
  5. 中卒でも取れる資格を取るメリットを解説!
    1. 転職するときに学歴を補ってくれる
    2. 転職したい業種に就職しやすくなる
    3. 転職後に資格手当がもらえる
    4. 資格に合格することで自身がつく
  6. 中卒でも取れる資格を取るデメリットを解説!
    1. 資格を取っても就職ができないこともある
    2. 時間と金銭面に負担が掛かる
  7. 中卒が取得するべき資格の際のポイント
    1. 国家資格
    2. 知名度の高い公的資格
    3. 独立に役立つような資格
    4. 希望の職種で必要とされている資格
    5. 学歴不問で受験できる資格
  8. 中卒が資格を取得する際の注意点
    1. 取得する資格によっては取得できるまでに時間がかかることもある
    2. 資格を持っているだけでは会社に必要とされないことがある
    3. 理由や目的なく資格を取る意味はない
  9. 中卒でも取れる資格まとめ!資格を取って有利に就活を進めよう

中卒でも取れる資格を解説!まずは資格の種類を知ろう

転職のポイントを指す男性

中卒の方がはじめに知っておくべき内容としては、資格の種類です。

一発逆転を狙っている中卒の方も多いですが、何でもかんでも資格を取ればいいわけではありません。

まずは、資格の種類を知ることで、取るべき資格も定まってきます。

国家資格と民間資格についてそれぞれ解説しますね。

国家資格

国家資格というのは、その名の通り「国が認めている資格」です。

そのため、資格を取得してから時間が経っても価値が下がりません。

このような点から、とても評価されている資格です。

国家資格の中には、中卒でも受けられるものがあるので、それを持っているだけで企業からの評価が上がります!

中卒の方が転職や就職を考えるのであれば、国家資格を取ることがおすすめです。

民間資格

民間資格というのは、国が認めているわけではありませんが、資格になるものです。

民間資格の場合、学歴不問のものが多いので、中卒の方が受けやすいです。

また、国家資格と比較すると、民間資格のほうが取得しやすい傾向にあります。

ただし、就職を考えている業界に全く関係ない資格を取得しても意味がないことを覚えておきましょう。

民間資格を取得するのであれば、希望している業種で評価されるものを選びましょうね。

中卒で資格を取得すると決める前に知っておくべき資格の知識

転職のポイントを指す女性

中卒で資格を取得すると決める前に知っておくべき資格の知識について紹介します。

中卒で資格を取得するとなると、とりあえず取っておこうと考える方も多いです。

しかし、それではなんの意味もありません。

事前に資格についての知識を頭に入れておくことで、回避することができることもあるので、それらを紹介します。

中卒で資格を取得すると決める前に知っておくべき資格の知識は以下のとおりです。

  • 資格を持っていなくても就活をすることはできる
  • 高卒認定資格は必要ない
  • 資格と実務のどちらが重要なのか

これらについてそれぞれ解説します。

資格を持っていなくても就活をすることはできる

資格を取らなければ就職をできないと考えている方もいるのですが、間違いです。

資格を持っていなくても就活をすることはできることを知っておきましょう。

そのため、無理に資格を取得する必要はありません。

厚生労働省「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る 求人・求職・就職内定状況」によると、以下のような結果が出ています。

中卒高卒
求人数1,503423,731
求人倍率1.492.44

上記の表を見ると、ライバルがかなり少なうことがわかりますね。

とはいっても、中卒で応募できる求人はかなり少ないです。

業種も絞られてしまうことは理解しましょう。

また、同じく、厚生労働省「若年者雇用対策の現状等について」によると、中卒者の離職率は以下のようになっているようです。

  • 1年目:42.6%
  • 2年目:13.0%
  • 3年目:8.5%
  • 3年以内に離職する割合:64.1%

中卒者は、比較的狙っている求人に就職しやすいのですが、離職率が高くなっています。

中卒者の主な退職理由は以下のとおりです。

  • 雇用の条件が悪い
  • 給料が十分にもらえない
  • 健康的な問題
  • 残業時間が多い
  • やりがいを感じられない

資格を持っていなくても就職をすることはできますが、上記の理由で退職をしてしまう方がとても多いです。

やりたくもない仕事をすることになってしまう可能性は高いですが、資格がなくても就職をすることはできると覚えておきましょう。

高卒認定資格は必要ない

中卒の方がまっさきに考える資格としては、高卒認定資格が挙げられますよね。

高卒認定資格とは、高校卒業と同レベルの学力を持っていることを証明する、文部科学省公認の資格です。

高卒認定資格を持っていれば、中卒であろうと、高卒と同じ扱いをしてもらえます。

高卒と同じ扱いにされたいと考える中卒の方が、高卒認定資格の資格取得を考えます。

しかし、結論からいってしまえば、高卒認定資格を取得する必要はありません。

大学進学を目指しているのであれば、高卒認定資格を取る意味はあります。

しかし、就職目的であるならば、高卒認定資格を取る必要はないです。

高卒認定資格が就活に必要ない理由は以下のとおりです。

  • 合格率が約40%しかなく難しい
  • 大学進学に必要なだけで就職ではそこまで役立たない
  • 就活目的であるならば他にもっと役立つ資格がある

この3つの理由から、高卒認定資格は必要ないということがわかりますね!

学力がなくとも、有意義な資格を持っている方が、有利になるので無駄な資格は取らないようにしましょう。

資格と実務のどちらが重要なのか

資格をたくさん取っていくのと、実務経験を積むことのどちらのほうが優先的におこなうべきなのか気になりますよね。

どちらも重要なことに違いはないのですが、それぞれの違いについて紹介します。

資格取得は、取得をしなければ就活で使えません。

ただし、一度取得してしまえば、一生役に立ちます。

一方で、実務経験は1年以上の実務を経験しないと役に立たないことがほとんどです。

ただし、実務経験があって、実績を提示することができるのであれば、かなり優遇されます。

このように、どちらも重要ということがわかりますね。

そもそも、実務経験がなければ就職できない企業もありますし、逆に資格がなければ就職できない企業もあります。

結論としては、資格を持っていれば有利になることが多いし、実務経験を積んでいても有利になることが多いです。

そのため、できることはどちらもやっておくことがおすすめですね!

中卒でも取れる資格20選!就活が有利になる

ここまで、中卒の方が知っておくべき資格についての紹介をしました。

ここからは、実際に中卒の方が持っていることで有利になる資格を紹介します。

中卒の方が持っていることで有利になる資格は以下のとおりです。

  • 宅地建物取引士
  • 旅行業務取扱管理者
  • 行政書士
  • 調理師免許
  • 貴金属装身具製作技能士
  • 保育士
  • ファイナンシャルプランナー
  • インテリアコーディネーター
  • MOS
  • 医療事務
  • 准看護師
  • ホームヘルパー
  • 介護事務
  • 製菓衛生師
  • 秘書技能検定
  • 日商簿記
  • 基本情報技術者
  • ネイリスト技能検定

これらの資格が、中卒の方でも取れておすすめのものです。

それではそれぞれの資格について解説します。

宅地建物取引士

受験資格誰でも受験可能
試験形式50問・四肢択一式による筆記試験
合格率15%程度
難易度難しい
受験料7,000円

通称宅建ですが、中卒の方に一番おすすめしたい資格です。

宅建の試験に合格すると、宅地建物取引士の資格が手に入ります。

宅地建物取引士の資格は、不動産会社が土地や物件の売買や賃貸の斡旋をするさいに、不当な契約にならないように必要な事柄を説明するための資格です。

宅地建物取引士を取るメリット

宅地建物取引士を取るメリットは以下のとおりです。

  • 不動産業界であれば学歴不問なところが多い
  • 不動産業界では学歴による給与の差がない
  • 独立することもできる

宅地建物取引士を持っていると、独立して不動産の専門家になることもできます。
(※不動産の専門家になるためには、宅地建物取引業免許も必要になります)

独立するためには、数百万円必要なので、宅地建物取引士を取得し、企業に務めて改行費用を稼ぐことがおすすめです!

宅地建物取引士をおすすめする理由

宅地建物取引士をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 土地や建物に対する詳しい説明をすることができる
  • 不動産業界で重宝される
  • 独立することもできる
  • 建築や金融業界でも働くことができる

このような点からか、宅地建物取引士をおすすめしています。

ただ、合格率はかなり低いので、勉強は必須です。

独立を目指している方であれば宅地建物取引士の取得を目指してみましょう!

旅行業務取扱管理者

受験資格誰でも受験可能
試験形式マークシート方式
合格率約50%
難易度普通
受験料6,500円

旅行業務取扱管理者の資格は、旅行業務に関わるために必要な資格です。

旅行業務取扱管理者の資格を持っていることによって、旅行の企画立案、取引などに関する知識を持っていることを証明できます。

ちなみに、旅行業務取扱管理者には以下の3種類あります。

  • 国内旅行業務取扱管理者資格
  • 総合旅行業務取扱管理者資格
  • 地域限定旅行業務取扱管理者資格

基本的には、国内旅行業務取扱管理者資格の資格を取る方がほとんどですね!

また、国内旅行業務取扱管理者資格を持っていると、総合旅行業務取扱管理者資格の一部問題が免除されるので、受験する順番を間違えないように気をつけて下さい。

旅行業務取扱管理者を取るメリット

旅行業務取扱管理者を取るメリットは以下のとおりです。

  • 旅行関係の営業所には旅行業務取扱管理者が1人以上必要
  • 旅行会社に務めるのであれば必須級の資格
  • 旅行会社であれば学歴に関係なく評価してもらえる
  • 経験を積むことで独立できる

このようなメリットがあります。

旅行業務取扱管理者をおすすめする理由

旅行業務取扱管理者をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 旅行関係の営業所を運営することができる
  • 旅行の企画をすることができる

旅行業界は人気のある業界なので、旅行業務取扱管理者を持っておくことで、有利に就活を進められるでしょう。

行政書士

受験資格誰でも受験可能
試験形式筆記試験
合格率約11%
難易度難しい
受験料7,000円

行政書士の資格を持っていれば、行政書士として働くことができます。

受験資格は特になく、中卒の方でも受験することが可能です。

行政書士の仕事内容は以下のとおりです。

  • 書類作成
  • 手続きの代理
  • 相談に乗る

この3つのように、国民と行政の間を取り持つ法律の専門家が行政書士です、

行政書士を取るメリット

  • 独立や開業しやすい
  • 法律の知識が身につく
  • 就職や転職がしやすい

このようなメリットがあります。

行政書士をおすすめする理由

行政書士をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 社会的な信頼が大きい
  • 身近で起きたトラブルも解決しやすい
  • 独立に役立つ

行政書士は国家資格なので、社会的な信頼がとても大きいです。

また、弁護士や司法書士と同等程度の地位になれます。

法律を扱う仕事なので、身近で起きたトラブルも解決しやすくなりますね。

独立をする道もあるので、人生の選択肢が増えるでしょう。

調理師免許

受験資格調理師法施行規則に定められた施設で、2年以上調理業務に従事すること
試験形式「公衆衛生学」「食品学」「栄養学」「食品衛生学」「調理理論」「食文化概論」
合格率約60%
難易度易しい
受験料約6,000円

調理師免許は、飲食業界で働く際に役立ちます。

調理師免許を持っていなくても、飲食業界で働くことはできますが、調理師免許を持っていることで、知識を持っていると評価してもらえますね。

中卒の方でも調理師免許を取得することが出来ますが、「調理師法施行規則に定められた施設で、2年以上調理業務に従事すること」が条件になるので注意しましょう。

飲食店で2年間働いてから、調理師免許の取得を目指しましょう。

調理師免許を取るメリット

調理師免許を取るメリットは以下のとおりです。

  • 国家試験なのに合格率が高い
  • 料理の世界で重宝される
  • 大手企業や有名なホテルで働くことができる
  • 自分自身で飲食店を開ける

調理師免許をおすすめする理由

調理師免許をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 実務だけでは学べない部分を学べる
  • 飲食業界で重宝される
  • 食品衛生責任者になることもできる

このような理由からおすすめしています。

特に、飲食関係は、人が食べものを必要としている以上なくなりません。

需要がなくならない業界なので、そのような業界で役立つ資格を持っていれば仕事を失いことはないでしょう。

また、国家資格なので価値も下がりません。

いろいろなおすすめ理由があるので、覚えておきましょう。

貴金属装身具製作技能士

受験資格3級であれば検定職種の実務経験を有するものなら受験可能
試験形式筆記試験
合格率約60%
難易度易しい
受験料実技試験:17,900円
学科試験:3,100円

貴金属装身具製作技能士は、指輪やネックレスのような金属を扱うものの制作をするために必要な国家資格です。

主にジュエリーデザイナーが取得するべき資格です。

貴金属装身具製作技能士を取るメリット

貴金属装身具製作技能士を取るメリットは以下のとおりです。

  • アクセサリー作りは学歴不問
  • 高卒や大卒よりもはやく現場でキャリアを積める

貴金属装身具製作技能士をおすすめする理由

貴金属装身具製作技能士をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 3級だけ取得してキャリアを積める
  • 経験を積むことで独立することができる

ジュエリーデザイナーやアクセサリーに興味がある方であれば、貴金属装身具製作技能士3級の取得を目指しましょう!

保育士

受験資格誰でも受験可能
試験形式筆記試験
合格率約20%
難易度難しい
受験料12,950円

保育士の資格も中卒で取得できる国家資格の一つです。

しかし、保育士を取得するためには、実務経験が必要なので、そちらを忘れないようにしましょう。

また、保育士免許を取得するためには、実技と筆記の両方が必要になります。

資格取得までに長時間かかるということを覚えておきましょう。

保育士を取るメリット

保育士を取るメリットは以下のとおりです。

  • 保育士以外の就職や転職に有利
  • 更新の必要がない
  • 自分や周りの子育てに役立つ

保育士をおすすめする理由

保育士をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 子どもが好きな人からすれば天職に就ける
  • 自分の子育てに役立つ

保育士を目指す人のほとんどが、「子どもが好きだから」という理由でしょう。

子どもが好きなのであれば、おすすめできる資格ナンバーワンともいえます。

また、保育士を取得することで、ご自身の子育てにも役立てることが可能です。

仕事以外でも使えるというメリットがあるので、おすすめです!

ファイナンシャルプランナー(2級)

受験資格AF認定研修の受講修了者
3級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定合格者
2年以上の実務経験者
厚生労働省認定金融渉外技能審査3級合格者
試験形式2級:4答択一式
合格率2級:約45%
難易度普通
受験料8,700円(学科+実技)

ファイナンシャルプランナーとは、個人の夢や目標に合わせて資産の計画をプランニングする仕事です。

適切な資産形成の方法をアドバイスする、お金のプロですね。

ファイナンシャルプランナーは資格がなくても名乗ることは出来てしまいますが、資格がなければ仕事を貰うことはできません。

ファイナンシャルプランナーは3.2.1級と3つあるのですが、転職や就職をするのであれば2級以上の取得が必要になります。

ファイナンシャルプランナーを取るメリット

ファイナンシャルプランナーを取るメリットは以下のとおりです。

  • 転職や就職に有利
  • 自分自身の資産管理に役立つ
  • 副業や資産運用に役立つ
  • 独立することもできる

ファイナンシャルプランナーをおすすめする理由

ファイナンシャルプランナーをおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 自分自身のお金管理に役立てることができる
  • 副業や資産運用にも役立つ
  • 独立できる

ファイナンシャルプランナーは、お金のプロになるので、自分自身のお金を管理するのにも役立ちます。

また、副業や資産運用にも役立てることができるので、それだけで生きていけるようになるかもしれませんね!

開業資金があれば、お金のアドバイザーとして独立することもできます。

このような点から、ファイナンシャルプランナーがおすすめです!

インテリアコーディネーター

受験資格誰でも受験可能
試験形式マークシートの択一式
論文とプレゼンテーション
合格率約22%
難易度難しい
受験料14,850円

インテリアコーディネーターは、快適な家を作るための知識や技術を持ったプロのことをいいます。

インテリアに関する豊富な知識で、住宅やインテリアメーカー、販売店などいろいろな場所で働くことが出来ます。

採用条件は企業ごとに異なりますが、学歴が関係ない場所も多く、中卒でも狙いやすい資格といえるでしょう。

インテリアコーディネーターを取るメリット

インテリアコーディネーターを取るメリットは以下のとおりです。

  • 人に喜んでもらえる
  • インテリアに関する知識が増える
  • 働き口がたくさんある

インテリアコーディネーターをおすすめする理由

インテリアコーディネーターをおすすめする理由は以下のとおりです。

学歴不問で働ける場所が多いのでインテリアコーディネーターを持っておくだけで職に困らない
自宅の内装を考えるときにも役立つ

このようなメリットがあります。

インテリアコーディネーターを持っておけば、自分自身の家をインテリアする際にも役立ちます。

ほかにも働き口がたくさんあるという点がおすすめポイントです。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

受験資格誰でも受験可能
試験形式実技試験
合格率約80%
難易度易しい
受験料9,800円

マイクロソフトオフィススペシャリストは、マイクロソフトのスペシャリストです。

WordやEXCELを使うのであれば、必須級のスキルでしょう。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を取るメリット

マイクロソフトオフィススペシャリストを取るメリットは以下のとおりです。

  • マイクロソフトのスキル証明
  • 国際資格
  • 業務を効率化できる

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)をおすすめする理由

マイクロソフトオフィススペシャリストをおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 国際資格なので日本以外でも役立つ
  • 業務を効率化できるので昇給につながることもある

マイクロソフトオフィススペシャリストは、国家資格を超えた国際資格です。

日本国内以外でも使うことができるという点でとても大きなメリットがありますね!

また、単純に業務を効率化することができるので、それによって昇給につながることも期待できます。

医療事務

受験資格誰でも受験可能
試験形式実技・学科
合格率約50%
難易度普通
受験料7,700円

医療事務とは、病院やクリニックなどで働く際に、患者の対応や医療費の計算をする仕事です。

優しい接客ができる方におすすめの仕事ですね。

医療事務を取るメリット

医療事務を取るメリットは以下のとおりです。

  • 医療業界で働ける
  • 将来的にも求められる人材になれる
  • 社会貢献ができる

医療事務をおすすめする理由

医療事務をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 中卒でも医療業界で働ける
  • 医療に関する需要は減らないので仕事がなくならない

医療事務は中卒でも取れる資格です。

医療業界と聞くと、大卒でなければいけないような印象を持っているかと思いますが、医療事務であれば中卒でも働けます。

医療業界に興味を持っている方にとてもおすすめです!

また、医療関連は人間が生きている限り需要が減りません。

そのような点から、医療事務をおすすめしています。

准看護師

受験資格准看護師になるための専門教育を受ける
試験形式四肢択一
合格率90%以上
難易度易しい
受験料6,000円

准看護師を持っていると、病院や老人ホームなどで働くことができます。

正看護師との違いは、資格を発行している機関です。

正看護師は、厚生労働大臣が発行していますが、准看護師は都道府県知事が発行しています。

また、正看護師と違い、自分の意志だけで看護をすることは出来ません。

しかし、中卒でも資格を取得することができるので、准看護師がおすすめです。

准看護師を取るメリット

准看護師を取るメリットは以下のとおりです。

  • 正看護師よりも簡単に取得できる
  • 働きながら資格を取得できる

准看護師をおすすめする理由

准看護師をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 正看護師になることができる
  • 働きながら取得できる

准看護師として働きながら、正看護師を目指すこともできます。

キャリアアップを狙いやすい点で、准看護師がおすすめです。

また、働きながら准看護師資格を取ることができるので、効率がいいですね。

ホームヘルパー

受験資格誰でも受験可能
試験形式筆記試験
合格率約90%
難易度易しい
受験料15,300円

ホームヘルパーは、介護が必要な方の家に訪問をして、入浴や食事のお手伝いをする仕事です。

ホームヘルパーになるためには、ホームヘルパー資格が必要になります。

ホームヘルパーを取るメリット

ホームヘルパーを取るメリットは以下のとおりです。

  • 働く時間を選べる
  • 圧倒的に需要が高い

ホームヘルパーをおすすめする理由

ホームヘルパーをおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 需要があるので仕事を失わない
  • やりがいが多い

介護を必要とする人はどんどん増えているのですが、その数に介護士が追いついていないため、需要がうなぎのぼりです。

また、人助けをすることができる仕事なので、とてもやりがいを感じられるでしょう。

介護事務

受験資格誰でも受験可能
試験形式マークシート方式・実技
合格率約50%
難易度普通
受験料6,500円

介護事務は、介護サービスを利用した際にかかる費用の利用料金を国に申請する証明書を作成することです。

介護事務の中では最も重要と言えるでしょう。

介護事務を取るメリット

介護事務を取るメリットは以下のとおりです。

  • 働き口が広い
  • 勤務形態が選べる
  • 需要が高い

介護事務をおすすめする理由

介護事務をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • やりがいを感じられる
  • 仕事がなくならない

ホームヘルパーと同様に、介護の仕事は今後もなくなりませんよね。

そのため、仕事を失う心配がありません。

また、介護ほど体力を使う業務ではないので、体力がない方にもおすすめです。

製菓衛生師

受験資格2年以上の実務経験
試験形式マークシート方式
合格率約70%
難易度易しい
受験料約10,000円

製菓衛生師とは、和菓子や洋菓子のような製菓を作る際に必要な資格です。

一度取得すれば一生使える資格なので、とてもおすすめです。

製菓衛生師を取るメリット

製菓衛生師を取るメリットは以下のとおりです。

  • パティシエとして開業できる
  • 海外で働きたいと思ったときにもビザの取得がしやすい

製菓衛生師をおすすめする理由

製菓衛生師をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 就職や転職がかなりしやすくなる
  • 開業もできる

レストランやスイーツショップへの就職がとてもしやすくなります。

また、就職した場合には、資格手当として昇給も見込めますね。

このような点から、製菓衛生師をおすすめしています。

秘書技能検定

受験資格誰でも受験可能
試験形式マークシート
合格率約50%(2級)
難易度普通
受験料4,100円(2級)

秘書技能検定は、ビジネスマナーを向上させるのに役立ちます。

中卒の方の場合、ビジネスマナーを学ぶ機会が少ないですよね。

そのため、秘書技能検定を取ってビジネスマナーを理解することがおすすめです。

秘書技能検定を取るメリット

秘書技能検定を取るメリットは以下のとおりです。

  • 社会的なマナーを証明できる
  • 比較的簡単

秘書技能検定をおすすめする理由

秘書技能検定をおすすめする理由は、社会的なマナーを証明することができる点です。

社会的マナーは、簡単に身につけることはできません。

しっかりとした勉強をして身につけるものなので、中卒の方だと何もわからないと想像できます。

そのため、秘書技能検定を取って、社会にふさわしい人間になりましょう。

日商簿記(2級)

受験資格誰でも受験可能
試験形式筆記試験
合格率約30%
難易度難しい
受験料4,720円

日商簿記は、いろいろある簿記検定の中でいちばん転職や就職に役立つと言われています。

日商簿記を持っていることで、会社の経理をすることができます。

経理は必ず必要なので、需要も高いですね!

日商簿記を取るメリット

日商簿記を取るメリットは以下のとおりです。

  • あらゆる業種で役に立つ
  • 転職や就職で役立つ
  • 税理士に一歩近づく

日商簿記をおすすめする理由

日商簿記をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • どこでも需要がある
  • 昇進にも役立つ

先程も言いましたが、会社をやるとなれば経理が必要になります。

そのため、仕事を見つけることが容易になるでしょう。

また、昇進にも役立つことがあるため、とてもおすすめです。

基本情報技術者

受験資格誰でも受験可能
試験形式四肢択一
合格率約20%
難易度難しい
受験料5,700円

基本情報技術者は、プログラマーになりたいと考えている方におすすめの資格です。

IT企業に務めたい場合には、かなり有利になる国家資格ですね!

ただ、IT企業の場合は大卒が条件になることも多いので注意しましょう。

基本情報技術者を取るメリット

基本情報技術者を取るメリットは以下のとおりです。

  • 自分の知識を底上げできる
  • ITのスキルが体系的に身につく

基本情報技術者をおすすめする理由

基本情報技術者をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 自分のスキルを磨いて独立することができる
  • リモートワークができる

先程も言いましたが、IT企業は大卒募集の場所が多いです。

そのため、基本情報技術者に意味がないと思われるかもしれませんが、自分自身のスキルを高めることはできます。

自分のスキルがあれば、個人事業主として働くこともできるので、そちらを目指すことがおすすめです。

ネイリスト技能検定(3級)

受験資格誰でも受験可能
試験形式マークシート形式
合格率約80%
難易度易しい
受験料6,800円

ネイリスト技能検定は、自宅開業もできるので、かなり独立向きの資格です。

そのため、学歴不問のことが多いので、ネイルに興味がある中卒の方におすすめですね!

ネイリスト技能検定を取るメリット

ネイリスト技能検定を取るメリットは以下のとおりです。

  • ネイルが好きな人からしたら天職
  • 開業がしやすい

ネイリスト技能検定をおすすめする理由

ネイリスト技能検定をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • ネイリスト技能検定は誰でも受験できる
  • 自分や周りの人にもネイルアートをすることができる

ネイリスト技能検定を持っていなくても、ネイリストになることはできます。

だからそこ、資格を持っているだけで有利に進めることが可能です。

周りの人に対しても、ネイルアートをしてあげることができるので、コミュニケーションツールとしてもおすすめです!

中卒でも取れる資格を確実に取得する方法とは?

ここまで、中卒の方におすすめの資格を23個紹介しました。

ただ、簡単に取れる資格ばかりではありませんよね。

そこで、ここからは中卒でも取れる資格を確実に取得する方法について紹介します。

中卒でも取れる資格を確実に取得する方法は以下のとおりです。

  • 通信講座を受ける
  • 専門学校に通う

また、独学では難しいということも覚えておきましょう。

それぞれ解説しますね。

通信講座を受ける

もっともおすすめの方法としては、通信講座を受けることです。

通信講座であれば、自分の好きな時間で勉強を進めることが出来ます。

中卒とはいっても、アルバイトや就職をしている方もいますよね。

そのような方にとっては、通学することが難しいこともあります。

そのため、通信講座で都合のいい時間に勉強を進めることがおすすめです!

また、次に紹介する専門学校に通うよりも、費用を抑えることができます。

カリキュラムが決められていて、教材も用意されているため、独学よりも効率的に勉強することが可能です。

ただし、通信講座なので、義務感が薄いです。

そのため、テキストを購入して終わってしまったり、結局何もせずに終わってしまったりする方が多いです。

モチベーションをしっかりと維持できる方でないと、資格獲得まで続けることが出来ないでしょう。

専門学校に通う

続いてのおすすめの方法としては、専門学校に通うことです。

専門学校に通うとなれば、周りに同じ目標を持った人たちが集まってくるので、自ずとモチベーションを保つことができますね。

また、独学よりも圧倒的に効果的な学習をすることができるので、サポート体制がしっかりしていたり、友人と切磋琢磨したりしたいという方には、専門学校がおすすめです。

ただし、時間や費用が掛かってしまうというデメリットがあります。

専門学校に通うとなれば、決まった時間に通学をして、授業を受けなければいけません。

仮に、アルバイトや就職をしているとしましょう。

その場合には、専門学校に通うことが難しいです。

また、費用も高くなるので、予算やスケジュールに余裕がある方におすすめといえます。

費用や時間を割いている分、必ず受かろうと燃えるのであれば、専門学校に通うことがおすすめですね!

独学は厳しい可能性も…

最後に、独学での勉強は難しい可能性があるということをご紹介します。

もちろん、独学で資格試験に合格できないわけではありません。

しかし、合格できなかったり途中で挫折してしまったりする方が多いというのも現状です。

独学で勉強をするのであれば、しっかりと、資格を取得したい理由や目的を決めて行動することがおすすめです。

自分自身のペースで進められますし、費用も最小限に抑えることができる点では、かなりおすすめの勉強方法ですね。

カリキュラムに縛られることもなく、自分の空いている時間で勉強できるのがおすすめといえます。

しかし、全て1人で進めなければいけないので、モチベーションが保ちにくいです。

わからない部分があっても誰にも聞けない状態になってしまうので、そこも挫折するポイントでしょう。

これらを乗り越えられる自信があるのであれば、独学で資格勉強をすることもおすすめですが、茨の道ということを覚えておいてくださいね。

中卒でも取れる資格を取るメリットを解説!

中卒でも取れる資格をたくさん紹介しましたね。

ただ、どのようなメリットがあるのかわかっていなければ、資格を取るモチベーションが保てません。

そのため、ここからは、中卒でも取れる資格を取るメリットを解説します。

中卒でも取れる資格を取るメリットは以下のとおりです。

  • 転職するときに学歴を補ってくれる
  • 転職したい業種に就職しやすくなる
  • 転職後に資格手当がもらえる
  • 資格に合格することで自身がつく

中卒でも取れる資格を取得することで、上記のようなメリットがあります!

それぞれ詳しく解説しますね。

転職するときに学歴を補ってくれる

資格を取得していることで、転職をするときに学歴を補ってもらえます。

中卒の場合、求人数が圧倒的に少なくなってしまいますよね。

その中から希望の企業に就職するために資格が役立ちます。

学歴で劣っていても、資格の有無で採用になる可能性も大いにあるので、その点で取得するメリットと言えるでしょう。

また、資格を取得していないと就職できない仕事もあるため、そのような場合にもおすすめです。

転職したい業種に就職しやすくなる

転職したいと思っている業種に必要な資格を持っていれば、就職しやすくなります。

資格を持っていれば、戦力になると考えられるため、選考を有利に進めることができるのです。

他にも、中卒の場合には選択肢が少ないですよね。

そのため、自分が就きたいと思っている仕事に付くことができないことが多いです。

しかし、資格を持っていることで、いい職場に出会える可能性が上がるので、就職をしたいと思っている業種が明確であれば、資格取得がおすすめです。

転職後に資格手当がもらえる

転職をしたあとに、資格手当がもらえる可能性もあります。

資格を持っているだけで、給料が増える可能性があるということです。

資格手当以外にも、資格を持っていることで昇給や昇進のチャンスを貰うことができます。

業務に関連深い資格を取ることによって、仕事に対して積極的ということを氷解してもらえることにも繋がりますね!

このように資格手当以外にも、いろいろなメリットがあることを覚えておきましょう。

資格に合格することで自身がつく

中卒の方だと、自分自身に自信がないことが多いです。

なぜなら、周りと比べて勉強ができるわけではないので、劣っていると感じてしまうからですね。

しかし、資格試験に合格することができれば、自分自身に自信をつけることができます。

「中卒」というコンプレックスを解消することもできるので、とてもおすすめですね!

また、資格を取得したという事実が消えることはないので、一生使えるものを手に入れることができます。

たとえ仕事を失ったとしても、資格があればやり直しが効くこともあるので、その面でも自信につながるでしょう!

中卒でも取れる資格を取るデメリットを解説!

ここまで、中卒でも取れる資格を取るメリットについて紹介しました。

しかし、資格を取ることはメリットばかりではありません。

中卒でも取れる資格を取ることによってデメリットが生じる可能性もあります。

中卒でも取れる資格を取るデメリットは以下のとおりです。

  • 資格を取っても就職ができないこともある
  • 時間と金銭面に負担が掛かる

これらのデメリットについてそれぞれ解説します。

資格を取っても就職ができないこともある

頑張って資格を取ったとしても、確実に転職できるわけではありません。

もちろん、資格を持っていない方と比べれば有利になります。

しかし、それだけで就職できるほど、中卒の就活は簡単なものではありません。

あくまでも、就活で使えるアピールポイントの1つだとして考えることがおすすめです。

また、業種は同じだとしても、企業によっては求められている資格と取得した資格が異なる場合もありますよね。

頑張って取得した資格も、思ったより評価されない可能性があります。

このようなことになってしまうと、もったいないので、闇雲に資格を取得することはおすすめできません。

その資格を取得した先に、どのような効果やメリットがあるのかを確認してから勉強を始めましょう!

時間と金銭面に負担が掛かる

資格取得を目指すとなると、かなりの時間と費用がかかります。

宅建を例に出すと、大体300時間程度の勉強時間が必要だと言われていますよね。

300時間あれば、いろいろなことができてしまいます。

仮に、アルバイトや就職をしながら勉強するとなれば、数ヶ月勉強をしなければなりません。

また、中卒の方であれば「若さ」を売りに出して就活を進めることができます。

しかし、資格取得のために時間を使いすぎてしまうと、その若さを活かすことができないかもしれません。

膨大な時間とお金を使うことを覚えておきましょう。

中卒が取得するべき資格の際のポイント

先程、具体的に取得するべき資格を紹介しましたが、結局どの資格を取ればいいのかわからない方もいるでしょう。

そこで、ここからは中卒が取得するべき資格の際のポイントについて紹介します。

中卒が取得するべき資格の際のポイントは以下のとおりです。

  • 国家資格
  • 知名度の高い公的資格
  • 独立に役立つような資格
  • 希望の職種で必要とされている資格
  • 学歴不問で受験できる資格

これらのポイントについてそれぞれ解説します。

国家資格

国家資格であれば、価値が下がりません。

そのため、企業からの信頼も非常に強い傾向にあります。

国家資格を持っているだけでも、社会的な信用度があがるので、迷ったら国家資格を取得しましょう。

ただし、国家資格は総じて難易度が高いので、挫折をしてしまう可能性があります。

それを踏まえても国家資格を取得できたら就活を有利に進められるので、おすすめです。

知名度の高い公的資格

国家資格と同等レベルに知名度のある資格であれば、公的資格もおすすめです。

公的資格と言うと、国家資格と民間資格の中間に位置する資格ですね。

文部科学省や経済産業省が認定しているので、国家資格と同様に信頼度が高いです。

公的資格を所有していることで、一定のレベルがあることを証明できるので、転職を有利に進めることができます!

独立に役立つような資格

まだまだ先の話かもしれませんが、資格を取得した後に、独立をすることができるような資格を取得することもおすすめです。

会社に囚われずに、好きな働き方をしたいと思っている方におすすめは、独立に役立つような資格を取得することをおすすめします。

具体的には、以下のような資格が独立に役立つような資格です。

  • ファイナンシャルプランナー
  • 行政書士
  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • ビジネス実務法務検定

独立を目指したいのであれば、上記のような資格取得を目指しましょう!

希望の職種で必要とされている資格

希望している職種で必要とされている資格もおすすめです。

当たり前ですが、目指している資格と関連深い資格であれば有利に進むことが多いですよね。

その中でも特に、実践的な資格を取得することがおすすめです!

実務で活かせないような資格を取っても、評価されないで終わってしまう可能性があります。

そのため、頑張って取った資格が役立たないことが多いです。

目指している職種があるのであれば、必要な資格だけでなく仕事内容まで確認しておくことが必要だと覚えておきましょう。

学歴不問で受験できる資格

この記事で紹介している資格は、学歴不問で受験できるものです。

中卒の方が受験できるものは、学歴不問のものだけなので、注意してくださいね。

もし、大卒しか受けられない資格がほしいとなった場合には、高卒認定資格を取得してから大学に通う必要があります。

とはいっても、学歴不問で受けられる資格はたくさんあるので、迷ったらそこから選びましょう!

中卒が資格を取得する際の注意点

ここまで資格についていろいろな情報をまとめてきました。

しかし、中卒が資格を取得する際には注意しなければ行けない点もあります。

そこで、中卒が資格を取得する際の注意点について紹介します。

中卒が資格を取得する際の注意点は以下のとおりです。

  • 取得する資格によっては取得できるまでに時間がかかることもある
  • 資格を持っているだけでは会社に必要とされないことがある
  • 理由や目的なく資格を取る意味はない

上記の注意点についてそれぞれ解説します。

取得する資格によっては取得できるまでに時間がかかることもある

取得しようと考えている資格によっては、取得できるまでに時間がかかってしまうことを覚えておきましょう。

何も調べずに資格勉強を始めると、勉強しなければいけない量に驚いてしまうかもしれません。

取得したい資格が決まったら、どのくらいの勉強時間が必要か、受験は年何回で、何月にあるのかを確認しておきましょう。

宅建の場合、一年に一回しか受験するタイミングがないので、あらかじめ知っておかなければ勉強が間に合わないこともあります。

そのタイミングを逃してしまうと、また1年間待たなければいけないので、注意してくださいね!

資格を持っているだけでは会社に必要とされないことがある

資格を持っているだけでは、会社に必要とされない可能性もあります。

資格がなくてもできるような仕事の場合、資格を持っていても役に立たないことが多いです。

頑張って取得した資格が就活に役立たなかったら悲しいですよね。

そのため、資格を取得する前に、その資格を持つことでどのようなメリットがあるのか調べておきましょう!

理由や目的なく資格を取る意味はない

何となくという理由で資格を取ることはやめておきましょう!

面接でも「なぜこの資格を取得したのですか?」と聞かれることがあります。

そこで明確な理由を答えられなくなってしまいますよね。

そのため、理由や目的なく資格を取ることはおすすめできません。

また、単純に理由がないのに辛い勉強を続けることはできないでしょう。

資格を取るときには、しっかりとした理由があるときにしてくださいね。

中卒でも取れる資格まとめ!資格を取って有利に就活を進めよう

この記事では、中卒でも取れる資格について紹介しました。

もう一度、中卒でも取れる資格をまとめておきます。

  • 宅地建物取引士
  • 旅行業務取扱管理者
  • 行政書士
  • 調理師免許
  • 貴金属装身具製作技能士
  • 保育士
  • ファイナンシャルプランナー
  • インテリアコーディネーター
  • MOS
  • 医療事務
  • 准看護師
  • ホームヘルパー
  • 介護事務
  • ITパスポート
  • 製菓衛生師
  • 秘書技能検定
  • 日商簿記
  • 基本情報技術者
  • ネイリスト技能検定

中卒の方が、就活を有利にしたいのであれば、上記の資格を取得することがおすすめです。

資格を取得するだけで、就活が成功するわけではありませんが、有利に進められるのは事実です。

就職をしたいと思っている業種があるのであれば、その業種に合っている資格の取得を目指しましょう!

また、資格を取得しただけでは意味がありません。

しっかりと実務に活かせるようにしておきましょう。

高校中退すると就職は厳しい?中卒との違いや就活のコツを紹介!
「高校を中退したら、就職できないのでは?」 高校中退し、周囲から進路を心配されたことはありませんか? 就職活動を進める際、「学歴」を応募資格に明記している企業があります。 一般的に、「高校卒業」が最低ライン。 書類を...

コメント