CAREERCARVER(キャリアカーバー)の使い勝手は?サポートの充実性は?

キャリアカーパー 転職エージェント

ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職サイトとして有名なのが「CAREERCARVER(キャリアカーバー)」です。

ハイクラス向けの中では求人数も多く、そのサポートにも定評があるキャリアカーバーですが。利用者でないと詳しい内情はわからないもの。

今回は、キャリアカーパーの使い勝手、メリット・デメリットに至るまで詳しく調べていきましょう。

  1. CAREERCARVER(キャリアカーバー)の詳細
  2. CAREERCARVER(キャリアカーバー)のメリット
  3. CAREERCARVER(キャリアカーバー)のデメリット
  4. CAREERCARVER(キャリアカーバー)はこんな人におすすめ
  5. CAREERCARVER(キャリアカーバー)のメリットを一つずつ紹介
    1. 年収の高い求人が多いので、キャリアアップを目指せる。求人の対応地域が幅広い
    2. ヘッドハンターの質が高い。スカウトを待つ受け身の転職なので忙しい人にも最適
  6. CAREERCARVER(キャリアカーバー)のデメリットを一つずつ紹介
    1. 求人のランクが高いので、ある程度のキャリアや実績が必要。非公開案件の情報を把握しづらい
    2. 中長期的な転職を支援しているので、急ぎの転職には向いていない
  7. キャリアカーパーのヘッドハンターについて
    1. 国内最高クラスのヘッドハンター在中
    2. ヘッドハンターが提供する情報に依存してしまうデメリットも
    3. 利用者がコンサルタントを選べる
  8. キャリアカーパー利用の流れ
    1. 登録
    2. スカウトを待つ
    3. ヘッドハンターと面談
    4. 面接
    5. 内定
  9. キャリアカーパーで転職を成功させるコツ
    1. 経歴・スキルで嘘をつかない
    2. 一つの案件に複数サービスを通して応募しない
    3. 推薦文はしっかりチェックする
  10. CAREERCARVER(キャリアカーバー)と併用して利用するべき転職エージェント
    1. ビズリーチ
    2. JACリクルートメント
    3. リクルートエージェント
  11. CAREERCARVER(キャリアカーバー)総評
  12. CAREERCARVER(キャリアカーバー)利用者の口コミ

CAREERCARVER(キャリアカーバー)の詳細

求人数約20000件以上
対応地域全国・海外
運営会社株式会社リクルートキャリア
特徴年収1000万円以上の求人約14000件以上

このように、キャリアカーバーでは高年収の求人が多数揃っているのが特徴です。

また、都内に限らず全国各地の求人、海外の案件などもあるので、どのような地域の方でも便利に使うことができます。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)のメリット

キャリアカーバーにはたくさんのメリットがありますが、その中でも特におすすめというポイントを紹介します。

  • 年収の高い求人が多いので、キャリアアップを目指せる。求人の対応地域が幅広い
  • ヘッドハンターの質が高い。スカウトを待つ受け身の転職なので忙しい人にも最適
  • ヘッドハンティングを受け身の姿勢で待てる

CAREERCARVER(キャリアカーバー)のデメリット

メリットがあればデメリットもありますから、どのようなものがあるか見ていきましょう。

  • 求人のランクが高いので、ある程度のキャリアや実績が必要。非公開案件の情報を把握しづらい
  • 中長期的な転職を支援しているので、急ぎの転職には向いていない

CAREERCARVER(キャリアカーバー)はこんな人におすすめ

  • 年収アップのハイキャリア転職を考えている方
  • 現在すでにスキルや実績に自信がある方
  • 中・長期で転職を考えている方

キャリアカーバーは、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職サイトですので、現在の年収が700万円以上というような高収入の方には向いているでしょう。

年収が高い分求められるスキルや能力も比例して高くなっているのが特徴ですので、管理職経験者や専門職、役職についていた方など、しっかりとしたスキルや実績があるという方にもおすすめです。

スカウトを待つというのが、キャリアカーバーを使う上での基本姿勢になりますから、自分の能力に自信がある、もっと高みを目指したいというような、向上心が強い方も良いのではないでしょうか。

キャリアカーバーは中長期的な転職を支援してくれます。

今はまだ転職の時期ではないけれど、早いうちに信頼できる良いヘッドハンターを探しておきたい、定期的にキャリア相談をしたいという方にもおすすめになっています。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)のメリットを一つずつ紹介

キャリアカーバーがどのような方向けの転職サイトなのかわかってもらえたところで、具体的なメリットについて紹介します。

転職サイトを選ぶうえでそのメリットや特徴をしっかりと知ることが、良い転職の第一歩になりますから、理解を深めましょう。

年収の高い求人が多いので、キャリアアップを目指せる。求人の対応地域が幅広い

キャリアカーバーで紹介されている求人は年収600万円以上で、そのほとんどが800万円~1000万円以上と高年収なのが特徴です。

そのため、管理職や会社の役員などの職種も多く、さらなるキャリアアップが目指せるというのがメリットでしょう。

自分のスキルに対しての報酬に不満がある、今よりも年収をあげたいという方だけでなく、高い役職や地位について責任ある立場で仕事をしたいという方でも、希望の求人が探しやすくなっています。

求人の対応地域も幅広いので、都内近郊だけでなく地方での転職にも使うことができます。海外の企業や外資系などにも対応していますから、グローバルな活躍をしたい、外資系で自分の実力を試したいという場合にも問題なく転職活動ができるでしょう。

ヘッドハンターの質が高い。スカウトを待つ受け身の転職なので忙しい人にも最適

キャリアカーバーは通常の転職エージェントと違って、ヘッドハンターからのスカウトを待つといったスタイルになります。

自分のスキルが認められればたくさんのスカウトがきますし、その中からじっくりと自分にある仕事、望んでいる条件の企業を選び取ることが可能です。

ハイクラス向けの転職というのは、すぐに決めるというよりも、じっくりと吟味して自分のキャリアを見つめるという作業になりますから、急かされることなく転職活動をすることができるのはメリットでしょう。

また、スカウトがくるのを待つ受け身のシステムなので、仕事で忙しくてなかなか転職活動をすることができないという方でも便利でしょう。
キャリアカーバーのヘッドハンターは質が高いことでも評判が良いです。

キャリアカーバーでは、自分でヘッドハンターを選んで提携できるというシステムがあるので、自分に合いそうだなと思うヘッドハンターに相談できるのもメリットでしょう。

キャリア形成の支援を目標に掲げているのがキャリアカーバーですから、実際の転職活動をサポートするだけでなく、今の職場でキャリアを積むべきなのか、転職をするタイミング、といったキャリア形成の相談に乗ってもらえるのも安心して任せられる点です。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)のデメリットを一つずつ紹介

求人のランクが高いので、ある程度のキャリアや実績が必要。非公開案件の情報を把握しづらい

キャリアカーバーはその求人のランクが非常に高く、求められるもののレベルも高いという傾向があります。

そのため、20代であまり経験がない、実績やスキルを積んでいないという場合には、応募できる求人はほとんどないと言ってもいいでしょう。

30代半ばからというのが、大体のメインターゲットですから、しっかりとした基盤や実力がないと上手く使うことはできないでしょう。また、スカウトがほとんどこないというケースも考えられます。

その場合は自分の実力がまだ足りない、スキルに不足しているところがあるということですから、しっかりと自分を見つめ直して、キャリアや経験を積んでいくようにしてください。

中長期的な転職を支援しているので、急ぎの転職には向いていない

キャリアカーバーは待ちの姿勢での転職活動が主になりますから、とにかく早く転職したい、今すぐに別の職場で働きたいというような方には向いていません。

ハイクラス向けで、しっかりと準備期間を取って求人を吟味しながら選びたいという方のための、中長期的な転職活動の支援ということを想定しています。

そのため、年収が高いところに早く転職したいと安易な気持ちで登録してもなかなか上手くいきませんし、転職したはいいもののギャップを感じるという結果になる場合もあります。

自分がどのような転職を想定しているのかということを理解してから、登録するようにしてください。

キャリアカーパーのヘッドハンターについて

キャリアカーパー利用者の転職成功の鍵を握る「ヘッドハンター」について、少し詳しく調べていきましょう。

キャリアカーパーは、求人を紹介してもらって利用者が求人を選ぶスタイルの転職サービスではありません。

ヘッドハンターが求職者のスキル・人材価値を見定めて「スカウト」を出すサービスです。

つまり、ヘッドハンターの質が悪くては、利用者が満足に転職することはできないのです。

国内最高クラスのヘッドハンター在中

まず前提として、キャリアカーパーに在籍しているヘッドハンターは、間違いなく「国内トップクラス」です。

運営するリクルートキャリアが過去のノウハウに基づいて教育し、実際多くの実績を残してきました。

知識、経験値ともに、他転職エージェントのヘッドハンターより頭一つ抜きん出ています。

転職エージェントとしては、「利用者の転職が成約すれば成果」となるわけです。

つまり、さっさと転職活動を終わらせてもらえば良いところ、キャリアカーパーのヘッドハンターはじっくりと利用者の転職について話し合います。

「今はまだキャリアをじっくり積む段階ではないか」
「将来を見据えたキャリアアップを考えるべき」

など、建設的なアドバイスをくれるわけですから、もはや人生相談ができるという粋です。

この時点で、キャリアカーパーはかなりクオリティの高い転職サポートを提供しているわけです。

ヘッドハンターが提供する情報に依存してしまうデメリットも

確かにキャリアカーパーのヘッドハンターは優秀です。

ヘッドハンターが持ってくる情報をただ待っているだけ…。

なんて状態でも、十分転職活動をうまく運ぶことができるでしょう。

しかし、ヘッドハンターの情報に依存した転職はリスクもあります。

最悪の場合、「思ったのと違う」という転職のミスマッチが起こりうるのです。

外部口コミサイトを併用するなど、自分なりに情報収集する努力も必要です。

利用者がコンサルタントを選べる

多くの場合、担当するコンサルタントは一方的につけられます。

しかしキャリアカーパーは違います。

キャリアカーパーのコンサルタントは、利用者自らが選ぶことができるのです。

勝手に向こうが選んだコンサルタントと話が合わず、転職活動も結果的にうまくいかない…。

なんてことになったら利用者の不満は爆発です。

キャリアカーパーは600名在籍するコンサルタントの中から、自分にあっているコンサルタントを指名できます。

どんな人なのか、どんな経歴の持ち主か、趣味など人間性まで知ることができれば、いざ会ったときも安心ですよね。

キャリアカーパー利用の流れ

実際に、キャリアカーパーを使って行う転職活動の流れを調べておきましょう。

登録

まずはキャリアカーパーに登録しないとはじまりません。

この「会員登録」ですが、他の転職サイト、転職エージェントより重要です。

なぜなら、ヘッドハンターはこの登録情報をもとにスカウトを出すからです。

この時、簡単なレジュメや経歴も入力します。

しっかり間違いのないように登録してください。

スカウトを待つ

登録が済めば、あなたの情報に興味を持ってもらうのを待つばかりです。

ヘッドハンターごとに届くスカウト内容は違うので、細かく確認して返信を行ってください。

ヘッドハンターと面談

スカウトを受けて、自分でヘッドハンターを選んだら、実際にそのヘッドハンターと会うことになります。

希望条件、これまでの経歴を伝えておけば、さらに制度の高いスカウトを受け取ることも可能です。

当然他の転職エージェントと同じく、職務経歴書の書き方課から面接のアドバイスまで、基本的な転職活動のアドバイスを受けることも可能です。

面接

気に入ったスカウトがあれば、実際にその企業の面接を受けます。

ヘッドハンターに面接日程のスケジューリングをお願いしましょう。

とはいえ、スカウトを受けているわけですから、この面接の採用率はかなり期待して良いものと思ってください。

内定

企業の選考で認められれば、内定獲得です。

その時点で、ヘッドハンターが企業と年収や入社日の交渉も行ってくれます。

ここまでのサービスをヘッドハンターが無料で行ってくれるのはありがたいですよね。

キャリアカーパーで転職を成功させるコツ

キャリアカーパーのヘッドハンターは優秀です。

「任せっきり」の転職活動でも、ある程度うまくいく可能性は高いでしょう。

しかし、よりキャリアカーパーの転職をさせやすくなるコツがあります。

経歴・スキルで嘘をつかない

まず大事なのは、登録時に「経歴・スキル」の項目で嘘をつかないことです。

虚偽の情報を登録するのは、キャリアカーパーにとって嘘の情報を企業に提供することになるのでかなりリスクです。

一つの案件に複数サービスを通して応募しない

複数の転職サイト、転職エージェントを利用しているなら、一つの求人案件に複数サービスから応募しないようにしましょう。

企業にとって、複数のサービスから応募があるのはマイナスの印象です。

マイナスの印象を与えてしまうと、最悪のケースそのマッチングした案件は「破談」となりかねません。

自分で「応募先企業」の管理が求められますね。

推薦文はしっかりチェックする

コンサルタントは、利用者の推薦文を書いてくれます。

しかしこの推薦文にどれくらい力を入れるかは、コンサルタントによってまちまちです。

この推薦文の出来で転職の成功率が変わるのは言うまでもありません。

経歴を丸写ししただけ、のような推薦文を送られることのないように、事前に自分の推薦文をよくチェックしておきたいですね。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)と併用して利用するべき転職エージェント

キャリアカーバーは、ハイクラスの方ならぜひ使ってほしい転職サイトですが、キャリアカーバーだけでの転職活動というのはおすすめできません。

本来転職サイトは、何社かに登録してそれぞれのメリットを上手く使いながら活動していくものですから、一社だけではなく何社かに登録することをおすすめします。

そうすることで、スムーズな転職ができるでしょう。

ビズリーチ

ビズリーチ
まず合わせて使ってほしいのが「ビズリーチ」です。こちらもハイクラス向けの転職サイトとして有名で、その求人数は業界最大手といってもいいでしょう。

キャリアカーバーと同じくスカウトを待つといったスタイルの転職サイトですが、こちらは有料会員にならなければすべての機能を使うことはできません。

しかし、企業側からのスカウトもあるなどメリットもありますので、合わせて使ってほしいサイトになっています。

ビズリーチの使い勝手は?サポートの充実性は?
ビズリーチは、ハイクラスの求人が集まった転職エージェント。スカウトシステムなど、独自の優秀なサービスが揃っていますが、一部サービス利用にはお金がかかってしまいます。

JACリクルートメント

JACリクルートメント
「JACリクルートメント」もおすすめです。

こちらもハイクラス向けの転職サイトですが、スカウトを待つというものではなく、コンサルタントによるマッチングで転職活動を行うものです。

キャリア形成の相談や転職活動への適切なアドバイスを受けることができるので、スカウト型のキャリアカーバーと合わせて使うと効果的でしょう。

また、JACリクルートメントは外資系にも強いという特徴があるので、そちらを目指している方にもおすすめです。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
高収入、高キャリアなハイクラス求人を豊富に扱っており、ハイキャリア転職の転職支援が得意なJACリクルートメント。 ハイキャリア転職に特化した転職エージェントは他にもありますが、中でもJACリクルートメントはどんな特色、利用にあたってど...

リクルートエージェント

また、「リクルートエージェント」などもいいでしょう。こちらは、ハイクラス向けというわけではありませんが、非公開案件として年収800万円以上の求人を多く取り揃えています。

コンサルタントによるサポートも充実していて、面接対策には特に力を入れていますから、面接に自信がないという方は使ってみてはいかがでしょうか。

また、企業の内部情報や事情に明るく、なかなか知ることができない情報を提供してくれますから、キャリアカーバーではわからなかったような事情を知ることもできるかもしれませんので、合わせて登録すると便利に使えます。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)総評

このように、キャリアカーバーはハイクラスの方が転職するには便利な転職サイトになっています。

そのため、転職を考え始めた方はとりあえず登録だけでもしておく、という方も多いでしょう。

求人数も多く質も高いというのは、キャリアアップを目指す方には嬉しいポイントです。

反面、求人のレベルが高くてなかなかスカウトがこないというようなケースも見られますが、ハイクラス向けのサイトとしては仕方のない部分ではあるでしょう。

デメリットを補うようなほかの転職サイトやエージェントに登録して、効率的で失敗の少ない転職を目指しましょう。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)利用者の口コミ

それでは、実際にキャリアカーバーに登録して、転職するための活動をした方の口コミを見てみましょう。

40代を迎えて、もっと自分を評価してくれる企業で働きたいという思いが強くなり転職を決意しました。キャリアカーバーはハイクラス向けということで、年収の高い求人が多く揃っていたことが魅力でした。自分の職務経歴などを登録したら、ヘッドハンターから何件かスカウトをもらうことができて、自分の能力を認められていると思うと自信がつきます。仕事で忙しい中でも、自分から動く必要があまりないのでスムーズに転職活動をすることができました。3か月後には、前職よりも年収も待遇もいい職場に転職することができて満足しています。(40代・人事・東京都)

コメント