リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判の真相は?サポートの充実性や口コミも解説

キャリアカーパー 転職エージェント

転職活動時に利用するエージェントサービスは、自分のスペックに合ったサービスを利用することが大切です。

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職サービスのため、今の年収やキャリアを更にアップしたいというひとにピッタリの転職サービスです。

しかしハイクラス向けといっても、会員制のサイトのため、詳細な情報は公式では明かされていません。

本当にハイクラスの求人が揃っているのか?ヘッドハンターにへんな勧誘はされないのか?など、実際の評判が気になりますよね。

そこで今回は、リクルートダイレクトスカウトの評判について徹底解説すべく、評判からみるメリットデメリットや利用のコツ・注意点や類似競合サービスとの比較を行っていきます。

リクルートダイレクトスカウトの利用を検討している方は、是非チェックしてみて下さい。

  1. リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判とは?
    1. リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)のメリットは?
      1. ヘッドハンターの質がいい
      2. コンサルティングのサポート体制も丁寧
      3. 利用料金は無料で利用できる
      4. 自分でも求人検索が可能
    2. リクルートダイレクトスカウトのデメリット
      1. 転職を急いでいる時は向いていない
      2. 年収の基準をクリアしていないと利用できないことも
      3. ベンチャー求人は少ない傾向
      4. ヘッドハンターの情報に依存した転職活動になりやすい
  2. 他のハイクラス向けの転職サービスとの比較
  3. リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の利用時に注意すること
    1. スキルやこれまでの経歴に虚偽の情報を載せない
      1. 判断に困ったら少し強気で出て相談する
    2. 企業に提出する推薦文は前もって確認させてもらう
    3. 他社で受けた求人に申し込まない
  4. リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)での転職活動を成功させるコツとは
    1. 自分の即戦力となる強みを明確にする
    2. 現職で働きながら転職活動を行う
    3. 複数の転職サービスを活用する
  5. リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の登録の流れ
    1. 公式サイトから登録
    2. 必要事項を入力
    3. レジュメ登録を行う
    4. スカウトを待機
  6. リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)併用にオススメの転職エージェント!
    1. リクルートエージェント
    2. dodaエグゼクティブ
    3. JACリクルートメント
  7. リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミを紹介!
  8. リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の概要
  9. リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)評判まとめ

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判とは?

さっそくリクルートダイレクトスカウトの評判をチェックするために、口コミから見るメリットデメリットを解説していきます。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)のメリットは?

まずはリクルートダイレクトスカウトのメリットをチェックしていきましょう。

  • ヘッドハンターの質がいい
  • コンサルティングのサポート体制も丁寧
  • 利用料金は無料で利用できる
  • 自分でも求人検索が可能

各メリットをもう少し詳しく解説していきます。

ヘッドハンターの質がいい

リクルートダイレクトスカウトのメリット1つ目は、ヘッドハンターの質がいいという点です。

リクルートダイレクトスカウトではサイトへの利用登録後に、ヘッドハンターからのスカウトを待ちます。

実際の転職活動はこのヘッドハンターから求人を紹介してもらい進めていく形になりますが、このヘッドハンターの質がいい傾向にあります。

質がいい理由には、運営元が人材大手のリクルートであることが大きいです。

リクルートダイレクトスカウトの他にもリクルートエージェントやリクナビNEXTなど、数多くの転職サイトを運営しており、取り扱い求人数も業界トップです。

そのため各コンサルティング会社ともつながりが多いため、ヘッドハンターも大手のハイレベルな人材が集まりやすいと言えます。

ハイクラス向けの転職サイトでヘッドハンターに面倒を見てもらいたいけど、どこのサービスがいいかイマイチ分かり辛い…という方は、リクルートダイレクトスカウトの利用がおススメです。

コンサルティングのサポート体制も丁寧

ヘッドハンターによる転職へのコンサルティング体制が丁寧のため、納得のいく転職活動に臨めます。

中小や個人でのヘッドハンターの場合、やはりどうしてもサポート体制に限界があり、時には思う用の転職活動が進まない…なんてことにもなりやすいです。

しかしリクルートダイレクトスカウトでは、大手コンサルティングのヘッドハンターも多く在籍しているため、サポート体制も質が高い傾向にあります。

キャリアを無駄にすることなく納得のいく企業に転職したい、転職活動と言ってもピンときておらずなにから始めればいいか分からない…という方にもおすすめと言えるでしょう。

利用料金は無料で利用できる

リクルートダイレクトスカウトでは追加料金が発生することなく、ヘッドハンターから転職サポートを受けることができます。

ハイクラス向けのサイトの場合、年収1000万円以上と言ったような上層の求人紹介となるため、コストがかかることから利用時に利用料金が発生するケースもあります。

しかしリクルートダイレクトスカウトの場合、登録に料金は発生せず無料でサービスを受けることができるため、金銭面での心配をすることなく転職活動に臨むことができるのも嬉しいポイントですね。

自分でも求人検索が可能

リクルートダイレクトスカウトでは、ヘッドハンターからの求人紹介の他にも、リクルートダイレクトスカウトが保有する求人から検索をかけて、自分で探すこともできます。

一般的な転職エージェントの場合、基本的には担当のキャリアアドバイザーから求人紹介を受ける方式のため、自分で求人検索をすることができないケースも多いです。

しかしリクルートダイレクトスカウトでは、ヘッドハンターからのスカウトを待ちつつ、自分でも求人を探すことができるため、活動もスピーディーに進めやすいです。

特にヘッドハンターのスカウトの傾向を見ることで、自分の市場価値も明確になるため、自分の需要を調べながら進めることができるのもポイントですね。

リクルートダイレクトスカウトのデメリット

ここまではリクルートダイレクトスカウトのメリットについて詳しく解説してまいりました。

ここからはリクルートダイレクトスカウトのデメリットについても触れていきたいと思います。

  • 転職を急いでいる時は向いていない
  • 年収の基準をクリアしていないと利用不可
  • ベンチャー求人は少ない傾向
  • ヘッドハンターの情報に依存した転職活動になりやすい

さっそく各ポイントを解説していきます。

転職を急いでいる時は向いていない

リクルートダイレクトスカウトは、転職を急いでいるときにはあまりお勧めできない転職サービスです。

よくある転職サイトは自分で条件を入力を行い、希望に合った条件の求人にガンガン応募していくことが可能のため、スピーディーに転職活動を進めていくことができます。

しかしリクルートダイレクトスカウトでは、自分で求人検索を行うことも出来るものの、基本的にはヘッドハンターからのスカウトを待つ受け身での転職活動になります。

よりハイスペックであればあるほど、確かにすぐスカウトが来やすいこともありますが、基本的にあまり急いでいる人には向かない転職サービスと言えます。

年収の基準をクリアしていないと利用できないことも

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職サービスです。

そのため一定以上のキャリア条件を満たしていないと、リクルートダイレクトスカウトの利用は難しい傾向にあります。

基本的にある程度のキャリアのある『即戦力』となる人材向けの転職サービスとなるため、年収での最低ラインを設けている、と言えます。

それではリクルートダイレクトスカウトの利用の一つの指標となる年収はいくらになるのでしょうか。求人検索の際に表示される年収のタブをチェックしましょう。

最低ラインが600万円となっています。全くないわけでは無いですが、ほとんどが600万円以上の求人となるのです。

現在の年収が600万円よりも下まわる場合は、他の転職サイトを利用した方が良いでしょう。

ベンチャー求人は少ない傾向

リクルートダイレクトスカウトは、大手の求人が多い傾向にあります。

そのため大手の管理職ではなく、ベンチャー企業で腕を試したい・役員や幹部となって現場で働きたい、と言ったようなベンチャー思考の人には、あまり求人が揃っていないため、物足りなく感じるかもしれません。

ベンチャー企業のハイクラスでの求人を見つけたい、という人は、同じハイクラス・エグゼクティブの転職サイトの中でもビズリーチの利用がおススメです。

ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介
『即戦力!』というCMでも話題のビズリーチ、高年収や役員向けの求人に特化した転職サービスですが、本当にハイクラスな求人が見つかるのだろうか?と、評判が気になりますよね。 そこで今回は、ハイクラス向けの転職求人サービスのビズリーチの評判...

ヘッドハンターの情報に依存した転職活動になりやすい

リクルートダイレクトスカウトでの転職活動となる場合、基本的にはスカウトされたヘッドハンターから紹介される求人に応募を行っていく形になります。

そのため必然的にヘッドハンターに依存した転職活動となってしまうため、ちょっとあわないな…と感じるヘッドハンターであると、上手く活動が進まない…なんてことになりかねません。

一人のヘッドハンターに依存するのではなく、複数のヘッドハンターに意見を聞く・複数の転職サイトを活用するといったように、様々な情報源を駆使することが大切です。

他のハイクラス向けの転職サービスとの比較

ここまではリクルートダイレクトスカウトのメリット・デメリットについて解説してまいりました。

しかし他のハイクラス向けの転職サイトとはどのような違いがあるのかが気になるところですよね。

そこでここからは同じハイクラス向けの転職サービスとして頭角を現している『ビズリーチ』とリクルートダイレクトスカウトの比較を行っていきたいと思います。

リクルートダイレクトスカウトビズリーチ
求人数53721件92000件
サイトの特徴大手企業の求人が中心大手に限らずベンチャー企業なども豊富
ヘッドハンターの登録数1000名3000名
利用料金無料一部無料、3278円or5478円

それぞれの違いをチェックしてみましょう。

求人数やヘッドハンターの数はビズリーチの方が豊富です。しかしリクルートダイレクトスカウトでは大手求人に特化した転職サービスを展開しているため、この数字になっていると言えます。

まらビズリーチではすべてのサービスを利用するには有料のコースに入会する必要があります。無料会員の場合、ヘッドハンターからのサポートを受けることはできません。

それぞれのサービスはどんな人にオススメなのかをまとめました。

リクルートダイレクトスカウトがおすすめな人ビズリーチがおすすめな人
  • 大手企業のハイクラス求人に転職したい
  • 費用は無料のタイプを利用したい
  • 大手・ベンチャーに関わらず、キャリアアップをしていきたい
  • より高品質なサービスを利用したいので多少なら料金が発生してもいい

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の利用時に注意すること

リクルートダイレクトスカウトでの転職活動をスムーズに進めるためには、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

注意点を考えずに進めてしまうと、転職活動中にトラブルになってしまいかねません。

そこでここからは、注意ポイントについて解説していきます。

  • スキルやこれまでの経歴に虚偽の情報を載せない
  • 企業に提出する推薦文は前もって確認させてもらう
  • 他社で受けた求人に申し込まない

注意点について、もう少し深堀していきたいと思います。

スキルやこれまでの経歴に虚偽の情報を載せない

これまでの経歴や自分のスキルに虚偽の情報を載せるのはやめましょう。

リクルートダイレクトスカウトでの転職活動時には、登録したこれまでの経歴・スキルからヘッドハンターがスカウト活動を行っていきます。

ここに事実とは異なる情報を載せてしまうと、せっかくスカウトされたのに紹介してもらえない…なんてことになりかねません。

多少情報を盛ってもバレないであろう、と思っても実際に紹介される前にこれまでの経歴についての面談や、面接の対策が行われます。事実と異なるのであれば、確実にそこでバレてしまうでしょう。

ヘッドハンターと企業との信頼関係にも関わってくる為、とくに注意して取り組むようにしましょう。

判断に困ったら少し強気で出て相談する

スキルや経歴において、これはここに書くようなものなのか?と気になってしまうこともありますよね。

例えば語学レベルなどの場合、「日常会話レベルなら話せるけど、ビジネス会話って言えるほどかは言いづらい…」なんてケースもありますよね。

その場合は一旦ビジネス会話と記入をしておき、スカウト後のヘッドハンターとの面談で添削してもらい修正していくことでも問題ありません。

あくまで事実とは異なる情報を載せないように気を付けましょう。

企業に提出する推薦文は前もって確認させてもらう

ヘッドハンターから求人を紹介される場合、企業側にヘッドハンターからの推薦文が提出されるケースが多いです。

そのため応募企業に提出がされる前に、推薦文を確認させてもらいましょう。

懸念点としては、下記のようなことが考えられます。

  • よくある推薦文の内容の使いまわしを使われていた
  • 自分が提出した経歴書をそのまま使われていた
  • ヘッドハンターの認識と自分の認識にずれがあり面接ですれ違いが生じた

このようなことが起こり売ります。

リクルートダイレクトスカウトでは質の高いヘッドハンターも多いため、推薦文の使いまわしなどを行われてしまう可能性も低いですが、中にはそのようなことを働くヘッドハンターもいます。

そのようなことで選考に落ちてしまうのは大変もったいないため、事前に確認させてもらいましょう。

また面接時に推薦文に書いてることと、自分の話す内容に相違が発生してしまわないようにするためにも、確認は大切です。

他社で受けた求人に申し込まない

他の転職サービスで受けた求人に再度申し込まないようにしましょう。

リクルートダイレクトスカウトでのヘッドハンターからの求人紹介で転職活動を進めていく中で、中には他の転職サイトで申し込んだ求人を紹介されてしまうこともありますよね。

そういった場合、一度受けた企業の選考は辞退しましょう。違う媒体からもう一度受けてしまうと、トラブルの原因になりかねません

ヘッドハンターはあなたが受けた企業を把握しきれていないケースも多いため、これまでに選考を受けた企業はきちんと控えておき、再度申し込んでしまわないように心がけましょう。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)での転職活動を成功させるコツとは

ここまではリクルートダイレクトスカウトでの転職活動時に注しておくべきことを解説してまいりました。

ここからはさらにリクルートダイレクトスカウトでの転職活動の成功率を高めるためにも、成功させるコツを紹介してまいります。

  • 自分の即戦力となる強みを明確にする
  • 現職で働きながら転職活動を行う
  • 複数の転職サービスを活用する

自分の即戦力となる強みを明確にする

リクルートダイレクトスカウトでの転職活動では、これまでの経歴やスキルを元に転職活動が進められていきます。

そのため、自分の強みを明確にしておくことが大切です。

特にリクルートダイレクトスカウトのようなハイクラス向けの転職サービスでは、高年収やキャリア採用がメインとされているため、即戦力となる人材を求めている企業が多いです。

そのニーズをしっかりと理解をして、まずはヘッドハンタースカウトされないといけません。

まずは自分の強みを洗い出し、ブラッシュアップをしていきましょう。

現職で働きながら転職活動を行う

転職活動を行う場合、源職は退職せずにそのまま並行して活動を行いましょう。

リクルートダイレクトスカウトの場合、急ぎの転職にはあまり向いていません。

長期的な活動を行うことで、より納得のいく転職を行うため、時間をかけて行われるところが多いです。またヘッドハンターからのスカウトも思うようにいかないことがあります。

そのようなことで転職活動が長期化してしまった場合、その間の収入が絶たれてしまうだけでなく、ブランクも大きく広がってしまいます。

そのため余裕をもって転職活動に取り組めるように、現職は退職をせずに、そのまま並行して転職活動を行いましょう。

またヘッドハンターも働きながら活動を行っていることを考慮してくれるので、無理なく進めることができます。

複数の転職サービスを活用する

リクルートダイレクトスカウトでの転職成功の確率を上げるには、複数の転職サービスを活用しながら進めていくことです。

リクルートダイレクトスカウトだけでの転職活動の場合、とくにヘッドハンターだけの見解に偏ってしまうため、合わないときは活動がスムーズに進まないことも多いです。

それこそ転職活動の長期化を引き起こしやすくなってしまうことも。

そのため、リクルートダイレクトスカウトと並行して複数の転職サービスを活用していくことが大切です。

複数のサイトから求人をチェックすることで、単純に応募できる求人の母数を増やすことや、様々な見解を聞くことで、新たな発見が生まれやすいのも事実です。

より成功率を上げたいのであれば、複数のサービスを利用しましょう。

しかし、利用するサイトの相性が合わないと、管理だけが増えてあまりメリットがない…なんてことになりかねません。併用するサービスも、しっかりと選ぶ必要があります。

今回の記事の後半では、リクルートダイレクトスカウトの併用にオススメの転職サービスを紹介しているため、併せてチェックしてみて下さい。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の登録の流れ

ここからはリクルートダイレクトスカウトの登録からサービスの利用の流れを解説していきます。

リクルートダイレクトスカウトの登録の流れ

  1. 公式サイトから登録
  2. 必要事項を入力
  3. レジュメ登録を行う
  4. スカウトを待機

公式サイトから登録

まずはリクルートダイレクトスカウトの公式サイトより、無料の会員登録を行います。

メールアドレス・facebookのいずれかから登録が可能です。

必要事項を入力

メールアドレスかfacebookでの登録が完了したら、つづいて登録に必要な情報の入力を行います。

入力項目は下記の通りです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 都道府県
  • 直近の年収
  • 直近の業種・職種

年収を記入を行う時は手取りの金額ではなく、諸々差し引かれる前の金額を申告するように注意しましょう。

レジュメ登録を行う

会員登録に必要な基本情報の入力が完了したら、転職活動に必要な経歴・スキルなどをより詳しく入力していきます。

このレジュメ登録では、下記のような項目を入力していきます。

  • 学校種別(大卒・大学卒等)
  • 学校名
  • 学部・学科
  • 卒業年月
  • 英語レベル
  • 連絡先(電話番号)
  • 経験社数
  • 企業名
  • 部署名・役職
  • 在籍期間
  • 職務内容

こちらのレジュメの情報を元にヘッドハンターがスカウト活動を行っていくため、記入漏れがないようにしっかりと入力を行いましょう。

また語学レベル・企業名・部署名・在籍期間などは特に重要視されます。

ハイクラス向けの転職サイトのため、即戦力となる人材を特に重視します。

そのためヘッドハンターも特にこういった項目に目を光らせます。

自分の選択肢の幅を広げるためにも、レジュメ登録はきちんと行っていきましょう。

スカウトを待機

すべての入力が完了したら、「リクルートダイレクトスカウトをご利用いただけるようになりました」という表示がされます。

レジュメの登録が終わった時点で、ようやくスカウトがされる状態になります。

レジュメの各項目の回答率が高いほどスカウトが届きやすい傾向にあるため、きちんと入力を行いましょう。

入力後にもいつでも修正が可能のため、時間を見つけたらいつでも修正しておくこともポイントです。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)併用にオススメの転職エージェント!

リクルートダイレクトスカウトでの連職活動を成功させるコツの中に「複数の転職サービスを活用する」がありましたよね。

ここではリクルートダイレクトスカウトとの併用にオススメの転職エージェントをご紹介していきます。

  • リクルートエージェント
  • dodaエグゼクティブ
  • JACリクルートメント

リクルートエージェント

  • 業界トップの求人数
  • キャリアアドバイザーの対応が丁寧
  • 面接までの対策も充実している

リクルートエージェントは、人材大手のリクルートが運営し散る転職エージェントサービスです。

取り扱い求人数は業界トップを誇るため、自分の希望する案件も必ず見つかります。

またリクルートダイレクトスカウトはリクルートが運営する転職サービスです。

あくまでリクルートダイレクトスカウトで第一志望を見つけながら、業界の動向を知るためにリクルートエージェントも利用する、という方法もおススメと言えます。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

dodaエグゼクティブ

  • 専門性の高い職種・管理職・責任者などハイクラス向けの求人を取り扱う
  • 年収1000万円以上の求人に加え、エグゼクティブ向けの非公開求人も充実

転職サイトdodaのサービス一つ、「dodaエグゼクティブ」もおススメの転職サイトです。

dodaもリクルートに並ぶ転職サービスと言えます。

dodaの中でもハイクラス・エグゼクティブ向けの転職サービスとなるため、リクルートダイレクトスカウトでもスカウトを待ちながらdodaでも活動を行うことが可能です。

転職サポート体制にも定評があるため、取り合えず登録してみるのにもおススメの転職サービスです。

JACリクルートメント

  • 外資系企業のハイキャリア案件が多い
  • 担当コンサルタントが企業と直接コンタクトを取る
  • キャリアコンサルタントの質が高い

JACリクルートメントも、ハイクラス向けの求人に強い転職サイトとしてとても人気を集めています。

とくにJACリクルートメントでは、外資系のハイキャリアな案件が多いです。

ハイクラスと言っても、外資系のハイキャリア案件に転職をしたいなといったように、希望が明確になっている人には特におすすめのエージェントです。

またキャリアコンサルタントの質が高いことでも人気を集めています。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
高収入、高キャリアなハイクラス求人を豊富に扱っており、ハイキャリア転職の転職支援が得意なJACリクルートメント。 ハイキャリア転職に特化した転職エージェントは他にもありますが、中でもJACリクルートメントはどんな特色、利用にあたってど...

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミを紹介!

ここからはリクルートダイレクトスカウトの評判をより理解するべく、実際にリクルートダイレクトスカウトで転職活動を行ってきた人の口コミを紹介してきます。

利用料がかからない割には、使い勝手がいい。結構いい案件が来る。

ただヘッドハンターがそもそも厳しいので、まずはそこをクリアできるかどうかということが必要かもしれません。

でも紹介前に厳しくチェックしてもらえるので、安心して選考に臨める。

ヘッドハンターと企業との信頼関係があるからか責任もって最後までみてもらえるし、こちらも信頼して任せられる。

連絡も丁寧だし、その後の案件も変なのところの求人はもってこないので信頼できる。こちらの希望を聞いた上で、案件を紹介してくれるし、レジュメを見た上でしっかり面談してくれるので、認識のズレも起こりにくい。とてもいい。

また面談によっては「もっといい案件も目指せる」といってもらえたので、心強かったです。

企業とのやりとりも基本は間に入ってくれるし、企業の裏側なんかもしっかり教えてもらえるので、面接前の対策も確実な対策ができてとてもよかったです。

ハイクラスな求人を探しているのであれば、とりあえず登録してもいいと思います。無料だし。

ビズリーチとリクルートダイレクトスカウトに登録していましたが、結構紹介される案件が被っていたのが気になりました。

せっかく二つ登録しているのに被ったら意味ないじゃん…というのと、ビズリーチに関してはお金を払っているので有料・無料のサービスで同じ案件配信しないでよ…とは思いますけどね。

あとはビズリーチは質が悪い印象です。正直大手以外にも中小とかベンチャーとも一緒くたでくるので、自分の精査の作業が大変。

その点を考えると、無料で大手案件だけ紹介してくれるリクルートダイレクトスカウトの方が、個人としては使いやすい印象です。まあ挑戦できる案件を紹介してほしい、というひとはビズリーチも一緒に登録してもいいかも。

個人的にはリクルートダイレクトスカウトとかJACで自分の条件にあうものが無ければ、ビズリーチも使ってみれば?と思います。

登録後、頻繁に連絡がくる。結構それが煩わしく感じます。

リクルートダイレクトスカウトは他の似たようなサイトに比べて質がいい、と書いてあったので、意外です。そうると他のサイトはこれ以上に連絡がくるのかと思うと怖いですね。

無料でやっている分、質も下がってしまうのでしょうか?(企業側の払う手数料が高いので、払ってでもいい人材を集めたい優良企業しか来ない、とはかいてあったけど)

でも連絡の中にめちゃめちゃいい案件が紛れ込んでいたりすることもあるので、見逃せないですね…。めちゃめちゃジレンマ。

実際何社かヘッドハンターにアポを取りましたが、ここもまちまちですね。いいヘッドハンターもいれば、一斉送信でとりあえず数集めてるんだろうな~という印象の人もいるといったところです。

とりあえずあってみませんか?系が多すぎる。たしかにレジュメに書いてあることの整合性をチェックする必要があるのかもしれないけど、それだけの文言で会わされるこちらの身にもなってほしい。

それでとりあえず~系は基本的に一斉送信で送られている案件や、質が悪いものが多いので、全然使い物にならない。

無料で使えるサービスだとしょうがないのかな・・・

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の概要

求人数約58000件
対応地域全国・海外
運営会社株式会社リクルート
特徴年収1000万円以上の求人約14000件以上

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)評判まとめ

今回は、ハイクラスな案件向けの転職サービス「リクルートダイレクトスカウト」について解説してまいりました。

改めて、リクルートダイレクトスカウトの評判からみるメリットデメリットを振り返っていきましょう。

メリットデメリット
  • ヘッドハンターの質がいい
  • コンサルティングのサポート体制も丁寧
  • 利用料金は無料で利用できる
  • 自分でも求人検索が可能
  • 転職を急いでいる時は向いていない
  • 年収の基準をクリアしていないと利用不可
  • ベンチャー求人は少ない傾向
  • ヘッドハンターの情報に依存した転職活動になりやすい

無料で利用できたり、他社に比べて大手案件が多い傾向にはあるものの、基本的にはスカウト方式で活動が進められていくため、急いでいる人にはあまり向かないサービスと言えます。

またベンチャーなどの求人はあまり保有していない傾向があるため、そういった企業を志望する場合は同じようなハイクラス向けの転職サービスの「ビズリーチ」などがおススメです。

またより転職成功の確率をアップさせるには、今回ご紹介したリクルートダイレクトスカウトでの転職成功のコツを駆使して、活動を行っていきましょう。

ハイキャリア・エグゼクティブ向けの転職サービスは下記の記事もあわせてチェックしてみて下さい。

ハイクラス転職におすすめのサイト・エージェントランキング!成功率を上げるコツと対策
役員や管理職など、ハイクラスの転職活動を行うためには、ハイクラス向けの転職エージェントを活用することが大切です。 しかしハイクラス向けの転職エージェントが増えてきているため、どの転職エージェントがいいのかわからないですよね。 特...
20代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング
20代の転職活動の成功の確率を上げるには、利用する転職サイト・エージェント選びがカギを握っています。 ここでよい転職サイト・エージェントを利用できないと、なかなか自分の希望の仕事が決まらない、仕事を紹介してもらえない…なんてことになり...