転職者の多くがハマってしまうキャリアダウンの罠とは

転職の悩み

転職の目標としてよく掲げられるのが今よりも高い年収で働けるようにしたいということです。この目的を達成して転職に成功した結果としてキャリアップにも成功する人もいますが、キャリアダウンを起こしてしまう場合もあるので気をつけなければなりません。

転職におけるキャリアアップの意味

転職をするときにキャリアアップを目指すのはよくあることですが、その意味を正しく理解できていない人は大勢います。

転職によって高い年収で働けるようにするのも目標として多く、キャリアアップと等価であると考えてしまう人が多いのです。転職で成功するために、重要な要素はキャリアアップであって、必ずしも年収の向上とは一致しないというのは理解しておく必要があります。

キャリアアップとは自分のキャリアを活用してさらに高いレベルへと向かっていくことであり、転職によって年収が下がってしまうことも少なくありません。

最終的なキャリアパスを目指す

最終的に目標としているキャリアを考えて、そこに到達するためのスキルや知識、経験を蓄えていくことこそがキャリアアップです。その結果して能力が評価されて昇給の機会が増え、年収が飛躍的に向上していくことになります。

そのため、理想のキャリアパスを描くためにはあえて年収が下がる転職をした方が良い場合もあるのです。

また、転職によって年収が上げるのを目標としてしまったために、キャリアアップの機会を失うだけでなく、むしろキャリアダウンに苛まれている転職者が増加してきています。

高い待遇でもキャリアダウンが起こるメカニズム

高い待遇を与えてくれる企業からの求人に応募して採用してもらえれば、人材として高く評価されていると考えることができます。

そこで成果を上げれば昇給や昇進の機会が豊富にあって、天井なしに年収も上がっていくと考えられるかもしれません。活躍を繰り返していくことによって仕事の内容が着実に高度なものになっていき、キャリアアップの目標地点に向かって邁進できると期待できるのは確かです。

しかし、必ずしも年収が上がるかどうかとは相関関係がありません。高い待遇で採用してもらったのが逆効果になってしまい、キャリアダウンが起こってしまうことになります。

評価が給与に結びつかないことも

優秀な人材として評価されて現場で働いているため、他の人が上げた成果であれば目を見張るようなものであっても、自分にとっては当然のレベルとして評価されるようになりやすいのです。

それに見合った給与を与えているのだから、むしろその程度の成果は上げられなくては困るという考え方を持たれてしまう場合があります。

そのため、高いレベルを必要とする仕事を山積みにされる状況になっても、それが高く評価されて昇給や昇進につながることがあまりなく、給与は伸び悩んでしまうことになりやすいのです。

これが高い待遇で採用されることによりキャリアダウンが起こるメカニズムとなっています。

評価制度についての考慮がキャリアアップには必須

キャリアアップを目指して転職をし、着実に年収を引き上げていくためには転職先での評価制度についてよく調査をしておくのが必須です。

最初に高めの年収を提示することによって魅力を付与して人材を獲得するのは企業としては典型的な戦略となっています。その後の評価によって昇給の判断がどのようにして行われているのかを確認するのが大切です。

上層部との風通しがキャリアアップの鍵

上層部だけが昇給や昇進に関わっている体系になっていると、何によって評価されているのかが明確ではありません。個人の主張を伝えられる面談の機会などが整えられている企業を選んで転職すれば、もし成果を上げているのに年収が上がらないというときには主張して改善を求めることが可能です。

また、成果によって追加報酬を行う実力主義あるいは成果主義の企業も増えていますが、その評価基準が明確になっているかを調べてみるのは必須となります。

客観的な指標で定められていれば、自分が実力を発揮していけば着実に報酬を手に入れて年収を上げられるからです。それがモチベーションになって仕事にも積極的に取り組めるようになり、スキルや知識を増やして次のステップを目指すこともできるようになります。

キャリアダウンをものともしない戦略もある

キャリアダウンが起こるのを前提にして転職するというのも戦略としては考えておく必要があります。

キャリアアップのために転職したいという場合には年収の高い職場で経験を積み、また速やかに転職してしまうというのも合理的だからです。そこでキャリアアップを行ったことにより、さらに高い待遇で受け入れてくれる企業が見つかりやすくなります。

最終的に行き着いた転職先で着実に年収を上げられる評価制度が整っていれば問題ないという考え方もできるのです。

転職の活用方法を熟慮するのが大切

転職は年収を上げるためにもキャリアアップをするにも有用な方法です。

しかし、年収を上げられるように転職しようと考えると、転職後のキャリアダウンが起こるリスクがあるので、働き続けるつもりなら評価制度を確認して昇給や昇進ができる職場を選ばなければなりません。

ただし、転職を繰り返して年収を上げる戦略も取れることは考慮して、自分の望むキャリアパスに合わせて転職を活用するのが肝心です。

コメント