美容部員の志望動機で好印象を与えるためには?ポイントや例文を紹介!

美容業界の転職

美容部員は、メイクアップ用品からスキンケア用品を販売してお客様に美しくなってもらうためのお手伝いをするお仕事で、華やか職業ですよね。

実際に、新卒や中途で応募する人も多いです。

美容部員の採用面接で「志望動機」は必ず聞かれます。

美容部員として働きたいけど、「志望動機がうまく伝えられない」という人も多いのではないでしょうか?

何も準備せずに、面接に挑んでしまっては内定がもらえない可能性も…。

本記事では、美容部員で好印象を与える志望動機の伝え方について解説します。

例文もあわせて紹介しますので、参考にしてみてください。

企業から志望動機を聞かれる2つの理由

美容部員に限ったことではありませんが、採用面接では必ず志望動機を聞かれますよね。

面接を成功させるためにも、なぜ志望動機を聞かれるのかを知っておく必要があります。

聞かれる理由を知っておくことで、志望動機を考えやすくなりますよ。

では、企業から志望動機を聞かれる理由として、どのようなものが考えられるでしょうか?

下記の2つがあげられます。

  1. 企業に対する志望度の高さを見るため
  2. 企業とマッチしているかを確認するため

では、詳しく解説します。

①企業に対する志望度の高さを見るため

志望動機を聞く1つ目の理由として、「企業に対する志望度の高さを見るため」といわれています。

志望動機は企業を希望した理由やきっかけを聞くだけではありません。

実は、企業に対しての志望度の高さもチェックしています。

どれだけ能力の高い人材であっても、やる気が感じられなければ採用されることはありません。

志望度が低い人は活躍できる想像がつきませんし、企業に対して貢献はできませんよね。

志望動機を伝える際は、企業を希望した理由やきっかけはもちろん、企業に対する志望度の高さをアピールすると良いでしょう。

特に、新卒の方は志望度をアピールすることは大切です。

理由としては、新卒はポテンシャル採用をしている企業が多く、成長性や向上心を評価されて採用決定している企業も多いからです。

「仕事に対してどれだけの熱意があるか」「企業に入社したい意欲はどれだけ高いか」をアピールできるかが重要になりますよ。

志望度が高いことをアピールできないと、好印象にはつながらず合格することは厳しくなるでしょう。

②企業とマッチしているかを確認するため

志望動機を聞く2つ目の理由として、「企業とマッチしているかを確認するため」といわれています。

美容部員は一括りにされてしまうことが多いですが、仕事内容もさまざまで企業によって取り扱う商品が全く違いますよね。

仕事内容や扱う商品が変われば、必要なスキルや求められる人材は違ってくるでしょう。

そのため、志望動機を聞くことで企業とあっている人材かを判断されるので注意が必要です。

能力が高くても企業との相性が合わなければ、活躍できませんよね。

また、企業にあっていないスキルを持っていても意味がありません。

企業と相性が合うからこそ、その人の能力が発揮されて活躍できる環境が整います。

就職後に活躍をするためにも、企業との相性は重要といえます。

お互いの相性が合っているか確認するためにも、志望動機でマッチしている人材かを確認されるので、事前に理解しておきましょう。

美容部員が志望動機を考える前にやるべき3つの行動

美容 看護師

何も準備しないまま面接当日を迎えてもうまくいきません。

自分の考えをしっかりと伝えるためには、事前準備が必要です。

「思ったことが言えない」とならないためにも、志望動機を考える前にやるべき行動を3つ紹介しますね。

  1. どのような商品を扱っているのか調べておく
  2. 実際に売り場に行って、接客を受けてみる
  3. 自分の強みをどのように仕事にいかせるかを考えておく

では、解説します。

①どのような商品を扱っているのか調べておく

まず1つ目に、どのような商品を扱っているのかを調べておく必要があります。

志望する企業やブランドの商品を詳しく理解しておくことで、面接官に好印象を与えられますよ。

ただ、「この化粧品が好き!知っている!」というだけでは何も評価にはつながりません。

「ほかのブランドとは何が違うのか」「使った結果どう思ったのか」など、具体的にエピソードを盛り込むことができればやる気のアピールにもつながります。

ホームページで商品を調べるのはもちろん、実際に商品を手に取ってみると良いでしょう!

実際に使うことで商品に対する知識も深まりますよね。

商品について事前によく調べておくと、面接時に商品の質問をされた場合でも焦らず答えられます。

商品を通してやる気のアピールをするいい機会になるため、事前に商品を調べておくことをおすすめします。

②実際に売り場に行って、接客を受けてみる

2つ目に、実際に売り場に行って接客を受けてみると良いでしょう。

実際に接客を受けてみることで、働く先輩方の接客方法を直接学べて自分が働くイメージが想像しやすくなりますよ。

自分が働くイメージが想像できると、本当に自分に合っている企業なのかを再確認できます。

「売り場の雰囲気」「扱っている商品」「客層」など、直接体験しないとわからないことも多いですよね。

直接売り場に行くことで、企業とのミスマッチも防げます。

一度だけでなく何度も行くことでより企業の理解度を深められますので、何度も売り場に行くことをおすすめします。

また、何度も訪れることで、企業に対して志望度の高さをアピールできますよ。

実際に接客を受けることは、「企業とのミスマッチを防ぐ」という点と「志望度の高さをアピールする」という2つの意味合いがあります。

実際に売り場で接客を受けて、就職活動を成功に導きましょう!

③自分の強みをどのように仕事にいかせるかを考えておく

最後に、自分の強みをどのように仕事に活かせるかを考えておく必要があります。

美容部員として働くために、自分の強みをどのようにいかせるのかを考えておくと面接時に好印象を与えられますよ。

たとえば、「コミュニケーション能力が高い」「向上心がある」「流行に敏感」など美容部員として最適な強みも多いですよね。

志望動機を伝える際に自分の強みを合わせて伝えられると、面接官はあなたが働いているところを想像しやすくなります。

働いているイメージが膨らめば、採用してもらえる可能性は高くなるでしょう。

面接官に自分の強みを理解してもらうためにも、事前に自分の強みをどのように仕事に活かせるのかを考えておくと良いですね!

美容部員が志望動機で伝えるべきポイント3選

美容部員を目指しているけど、志望動機でなにを伝えればいいんだろう…

など、不安になる人も多いのではないでしょうか。

不安に思う人であっても、志望動機を伝えるポイントをおさえておけば問題ありません。

では、どのようなポイントがあげられるでしょうか?

美容部員が志望動機で伝えるべきポイントとして、下記の3つがあげられます。

  1. なぜ美容部員を目指しているのかを伝える
  2. 美容部員としてどのように働きたいかを伝える
  3. なぜその企業・ブランドを担当したいのかを伝える

詳しく解説します。

①なぜ美容部員を目指しているのかを伝える

美容部員が志望動機で伝えるべき1つ目のポイントとして、「なぜ美容部員を目指しているのか」を伝えることが大切です。

美容部員を目指している理由が明確ではない場合、「本当に働きたいの?」と面接官は不安に感じてしまいます。

面接官に不安を与えないためにも、「なぜ美容部員を目指しているのか」をしっかりと伝えられるように考えておきましょう。

美容部員を目指すきっかけは人それぞれですが、単に「美容アイテムが好きだから」という理由では説得力に欠けてしまいます。

その場合、選考で不利になってしまう可能性があるので注意しましょう。

他の応募者との差別化を図るためにも、自分の経験やエピソードをもとに美容部員を目指している理由を伝えられれば好印象につながりますよ。

選考を有利に進めるためにも、オリジナリティのある内容を考えておくと良いでしょう。

②美容部員としてどのように働きたいかを伝える

美容部員が志望動機で伝えるべき2つ目のポイントとして、「美容部員としてどのように働きたいか」を伝えることが大切です。

美容部員として働くうえでのビジョンがはっきりしていると面接官に好印象を与えられます。

どのように働きたいかが明確だと、企業も新しい社員として迎え入れやすくなりますよね。

一方、美容部員として働くビジョンがあいまいだと「やる気はあるのかな?」とネガティブにとらえられてしまう可能性が高いです。

5年後、10年後のビジョンが明確であればあるほど説得力が増して、面接官は安心してあなたを採用してくれますよ。

志望動機を考えるうえで、美容部員としてどのように働きたいかを事前に考えて伝えると就職活動を有利に進められるでしょう!

③なぜその企業・ブランドを担当したいのかを伝える

美容部員が志望動機で伝えるべき3つ目のポイントとして、「なぜその企業・ブランドを担当したいのか」を伝えることが大切です。

志望動機を質問するうえで、面接官は多数ある企業のなかで「なぜここで働きたいのか」を知りたいと考えています。

その疑問に対して的確に伝えることができれば、入社したいという熱意がはっきりと伝えられるでしょう。

他社ではなく、「なぜその企業でなくてはいけないのか」「入社後どのように働きたいか」など納得感のある自分の考えをしっかりと伝える必要があります。

他社でも出来ることを伝えてしまうと「うちの会社じゃなくてもいいんじゃないの?」と面接官は不信感を覚える可能性も少なくありません。

入社後、その企業でしかできない事を明確に伝えると好印象につながるため、競合他社と比較して伝えられる準備をしておきましょう。

また、その企業の商品に関する体験がある場合は積極的にアピールすると良いですよ。

熱意のアピールや説得力に繋がりますので、志望動機に盛り込むことをおすすめします!

【例文】好印象を与える美容部員の志望動機5選

では実際に、美容部員として採用されている人はどのような志望動機を伝えているのでしょうか?

志望動機の例文を5つ紹介していきます。

ぜひ、志望動機を考えることに悩んでいる人は参考にしてみてください。

志望動機①

私が御社を志望した理由として、美容部員を通して大勢の女性を輝かせたいと思ったからです。
化粧品のメーカーはさまざまですが、その中でも御社の商品はオーガニック成分を配合した魅力的な商品ばかりです。
化粧品は見た目を美しくする商品ですが、心も豊かにしてくれる存在だと思います。
私も御社の商品を使って、安らかな気持ちになりました。
御社の商品を通して、1人でも多くの女性をきれいにして心を豊かにしたいと考えております。
私が入社しましたら多くの女性に御社商品を広めて貢献していきたいです。

上記の例文では企業の商品を普段使っているため、商品知識が高いという点をアピールしていることがわかりますよね。

また、自分の考えと企業の考えをマッチさせることで、企業に対しての相性の良さを一緒に伝えている例文です。

美容部員として、商品に対する意欲的な考えを伝えることは非常に好印象を与えるでしょう。

実際に商品を使った志望動機を伝えることは、熱意・商品知識のアピールにつながるので、おすすめですよ。

もし、志望先企業の商品を使ったことが無いようであれば、事前に使用してみると良いでしょう。

志望動機②

私が貴社を志望した理由は、他社の化粧品メーカーに比べて一人ひとりのお客様に寄り添いあっていると感じたからです。
私はメイクが好きで、さまざまな化粧品を購入してきましたが、貴社の売り場では必ず肌の状態を調べて、ファッションやヘアスタイルなど自分に合ったものを見つけておすすめしてくれます。
実際に貴社の美容部員さんにおすすめしてもらったコスメを使うことで肌がきれいに見える効果を感じられて、美容のすばらしさを実感しております。
私も貴社に入社して、多くの女性を美容で笑顔にできる美容部員になりたいです。

上記の例文では、売り場での実体験をもとに志望動機を伝えています。

実際に売り場に行った体験や感じたことを志望動機にすることで、説得力が増しますよね。

「実際に売り場に行ってみてどう思ったのか」「どうなりたいと感じたのか」を伝えると面接官に対して好印象を与えられるでしょう。

志望動機を伝える際は実際に売り場で体験したことを伝えてみるのも良いですね。

志望動機③

私が貴社を志望した理由は、長年肌の悩みがありましたが貴社の商品のおかげで改善されたからです。私自身肌に悩みがありたくさんの商品を購入しては、試していました。
なかなか肌の悩みは改善されなかったのですが、ようやく貴社のスキンケア商品に出会えました。
貴社の商品は使い心地がよく、日に日に肌の悩みが改善されたのを覚えています。
この感動を多くの人に知ってもらいたいと思い、貴社を志望しました。
貴社に入社しましたら、私の経験を活かしてお客様に寄り添ったサービスを心がけていきたいと思います。

上記の例文では、実際に商品を使って悩みを解消されたことを伝えています。

実際に感動したエピソードを伝えて、「この感動を多くの人に知ってもらいたい」とアピールすることで、面接官は「入社後により活躍してくれる存在だ」と感じるでしょう。

肌に悩みを抱えていたということはマイナスな体験になってしまいがちですが、ポジティブに伝えることで好印象につなげられますよ。

肌に悩みがあって解消された経験がある人は、今回の例文を参考にしてみると良いでしょう。

志望動機④

私が貴社を志望する理由は、メイクを通して自分に自信を持てるようになりました。
1人でも多くの女性にメイクを通して、自信を持ってもらいたいと思ったからです。
私はもともと自分に合うメイクが分からず、メイクに対して苦手意識を持っていました。
貴社の美容部員の方から的確なアドバイスをもらうことで、メイクが楽しくなって自信へ繋がるようになりました。
メイクがきっかけで、自信を持つようになり性格も大きく変わって、私の人生も大きく変化しました。
この経験を活かして、たくさんの女性にメイクの楽しさを知ってもらい、より多くの女性がきれいになって喜んでいただくためのサポートを御社でしていきたいと考えています。

上記の例文は、実際に美容部員と関わって人生を大きく変えたということを伝えています。

メイクを通して、自分がどのように変わったなどの体験談は説得力がありますよね。

美容部員として働きたいのであれば、メイクを通してどのように変化したのかを明確にして伝えてみるのもいいでしょう。

志望動機⑤

私は美容部員として〇年間勤務しました。
現在は〇名ほどのお客様を担当させていただき、店舗トップの売り上げを出して、店舗売り上げに貢献していきました。
前職で働いていた際に、貴社のお客様本位の企業理念に興味を持つようになりました。
今まではただ売り上げを伸ばすことを目的に働いていましたが、貴社に入社しましたら、お客様に寄り添った接客を身につけていきたいと思い、志望致しました。

上記の例文は、経験者としてのスキルをアピールしていますね。

経験を伝える際は、具体的な数字などを用いることで説得力は増していきます。

また、前職との比較をしてなぜ転職をしたいのかを伝えられると、より一層面接官は好印象を持つでしょう。

悪印象を与える美容部員の志望動機5選

志望動機は伝え方次第で、悪印象を与えてしまう可能性も考えられます。

では、どのような志望動機が悪印象を与えてしまうのでしょうか?

悪印象を与える志望動機として、下記の5つがあげられます。

  1. メイクが好きだから
  2. 休みが多く待遇面も良いから
  3. 人気のブランドで安定性があるから
  4. 美容について勉強をしたいと思って
  5. 楽しそうな仕事だと思ったから

では、順に解説してきます。

①メイクが好きだから

メイクが好きだから美容部員を目指す人も多いのではないでしょうか?

「メイクが好きだから」という志望動機は、悪印象を与えてしまう可能性があります。

美容部員の仕事は、メイクをすることではなく化粧品を販売することですよね。

美容部員はメイクが好きなこと大前提で、面接官は志望動機を聞いてきます。

もし「メイクが好き」以外の志望動機がないと、面接官は「メイクが好きなのであれば、プライベートで楽しめばいいのでは?」と感じてしまうでしょう。

美容部員で働くのであれば、メイクが好きなことは当然のことなので、なぜその企業で働きたいのかを明確に伝えるようにしましょう!

②休みが多く待遇面も良いから

休みの多さや待遇面から転職を考える人も多いはずです。

ただ、志望動機でそのまま「休みが多く待遇面も良いから」と伝えてしまうのは良くありません。

面接官に対して「仕事内容よりも、休日や待遇を大切にして働いています」と伝えているように思われてしまいます。

また、「うちよりも待遇が良い企業があれば、すぐに辞めてしまうのでは」と面接官は不安になってしまうでしょう。

休みや待遇面を志望動機で伝えることは、面接官には良い印象は与えません。

たとえ本心であっても、違う内容を志望動機で伝えるように心がけましょう!

③人気のブランドで安定性があるから

安定している「大手企業・人気ブランドで働きたい!」ということは多くの人が思うことですよね。

ただ、そのまま志望動機として伝えてしまうのは良くありません。

安定を目的として転職活動をしている人は、「受動的に働く人」という印象を与えてしまいます。

企業が求めている人材は、積極的に売り上げに貢献している人ですよね。

安定を求めている人は企業側からしてみると、魅力的に感じません。

なるべく、「安定しているから」という理由を志望動機で伝えないようにしましょう。

④美容について勉強をしたいと思って

美容について勉強したいという思いは大切です。

ただ、志望動機で「美容の勉強をしたいから入社したいです」といわれたら面接官はどのように感じるでしょうか?

「受け身で積極性はないのかな?勉強したいのであればほかの会社でもいいのでは?」

とネガティブな印象を与えてしまいますよね。

美容について勉強したいという向上心は良いことですが、そのまま伝えないようにしましょう。

勉強をして「その後どうなりたいか」など、具体的な話ができると面接官に好印象を与えられるでしょう。

⑤楽しそうな仕事だと思ったから

働くうえで楽しむことは大切ですよね。

ただ、「楽しい」「やりがいがある」など、具体性のない志望動機を伝えるのは良くありません。

「楽しそうだから入社したい」といわれたら面接官は不安に思うはずです。

面接官は「仕事は楽しいことだけではないので、つらいことが合ったらすぐに辞めてしまうのでは…」と考えてしまうでしょう。

また、「楽しそうだから」だけだと、美容部員の仕事の内容を理解しているのかどうかも伝わりませんよね。

「どうして楽しいと思ったのか」「美容部員としてどのように働いていきたいのか」など、自分のなかの考えを明確に伝えられると面接官から高評価をもらえますよ。

面接時の服装やメイクには注意しよう

美容部員である以上、身だしなみは整えておく必要があります。

面接では受け答えはもちろん、服装やメイクなどの身だしなみも見られていますよ。

では、美容部員の面接にふさわしい身だしなみとはどのようなものがあげられるでしょうか?

美容部員の面接に適した「服装」「メイク」について紹介していきます。

服装は一般的にスーツが多い

美容部員の面接では、一般的にリクルートスーツを着ていくことが多いです。

そのため、美容部員の面接の際はリクルートスーツを着ていくと良いですね。

企業によっては、面接時に服装の指定がない場合も考えられます。

その場合は、社会人としてふさわしい清潔感のある服装を心がけましょう。

また、ブランドのイメージに適した服装を着ていくことが好ましいです。

ブランドのイメージに合っていない服装を着ていった場合、面接官は「うちの会社に合っているのかな?」と不安になってしまいます。

ブランドイメージに合わせた服装を着ることで、企業に対して相性の良さをアピールできますよ。

事前に企業の特徴を調べて参考にしてみると良いですね!

ブランドに合わせたメイクをすることが大事

美容部員の面接で好印象を与えるためには、メイクや髪型にも気を付けなければなりません。

メイクのセンスの良さは自身をアピールするための一つの方法です。

だらしないメイクだと、「センスが無くて活躍できるのかな」と思われてしまいます。

内定をもらうためにも、メイクは大切なポイントといえますね。

また、メイクに関してもブランドに合わせたメイクをすることが大事です。

応募先の商品を使ってメイクをすることで、さらに好感を持ってもらえますよ。

ただ、メイクに力を入れすぎて、派手なメイクになってしまうのは良くありません。

清潔感を意識して、面接に適したメイクをするように心がけましょう!

まとめ~好印象な志望動機を伝えて、美容部員として働こう!~

志望動機は事前に準備をして、自分の考えをまとめておくことが大切です。

美容部員の面接では、下記の内容を意識して志望動機を考えて伝えるようにしましょう。

POINT

  • なぜ美容部員を目指しているのかを伝える
  • 美容部員としてどのように働きたいかを伝える
  • なぜその企業・ブランドを担当したいのかを伝える

    このようなことを面接で伝えるためにも、事前に準備する必要があります。

    事前にできることとして、下記の内容があげられます。

    POINT

    • どのような商品を扱っているのか調べておく
    • 実際に売り場に行って、接客を受けてみる
    • 自分の強みをどのように仕事にいかせるかを考えておく

      事前に行動することで、他の応募者との差別化が図れます。

      あなたの行動次第で、企業に対する志望度ややる気がアピールできて、好印象を与えられますよ。

      面接で志望動機はとても重要といわれています。

      好印象を与える志望動機を伝えて、憧れの美容部員として働きましょう!

       

      コメント